1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月29日(月) 07時12分09秒

shin−1さんの日記

テーマ:ブログ
◯鳥取で足止め
 台風と大雨の影響で出張先の鳥取駅で列車が動かず、足止めを食らって途方に暮れています。午後の予定もあるのでお先真っ暗です。さてどうしたものか?。困った困った小林幸子です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月29日(月) 02時30分43秒

shin−1さんの日記

テーマ:ブログ
◯鳥取市国府町大芽地区楠城集落での出前講座
 楠城ふるさと広場バーベキューハウスで開かれた出前養成講座には鳥取市内から30人ほどの人が集まっていました。中には昨年人間牧場を訪問した顔見知りの人もいて、和気あいあいといった感じでした。この講座は二部構成になっていて、主催者の挨拶と藤原さんの説明に続いて1時間ほどの私の講演、福田京子さんがコーディネーターとなってのパネルディスカッションが行われました。私はまず「地域づくり失敗の10ヶ条」を話しました。

第1条、どんな地域にしたいか夢がない。
第2条、はずみ車でなく振り子時計の原理議論に終始している。
第3条、やらまいことをやれないと言い訳ばかりしている。
第4条、補助金や人の懐を当てにして身銭を切らない。
第5条、失敗や反対があったら直ぐに止めてしまう。
第6条、成功した事例を物真似したがる。
第7条、社会の流れや時代の流れを読めない。
第8条、経済を無視している。(入力と出力のバランス)
第9条、地域を巻き込んでいない。
第10条、人も地域も自立できていない。

 地域づくりで成功するにはこの反対をすればいいと、幾つかの事例を具体的に織り交ぜながらお話しました。その後地元の前田さん、岸本さん、吉永さんが日頃の取り組みと考えを発表し、私がコメンテーターとなり福田さんのコーディネーターで議論を深めましたが、みんな納得の手合いでした。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月28日(日) 21時28分07秒

shin−1さんの日記

テーマ:ブログ
◯鳥取への小さな旅
 自宅から松山まで自家用車で約1時間、松山から岡山まで特急しおかぜで約3時間、岡山から鳥取まで特急スーパーいなばで約2時間、合計約6時間もかかって瀬戸内から海をまたぎ、山陰山脈を超えて日本海に面した鳥取まではるばるやって来ました。

 高速交通の進んだ現代でも、地方に行くとこんなのどかと思えば思える旅を味わうことだってできるのです。鳥取駅には鳥取ふるさと元気塾の藤原さんが出迎えてくれました。旅の一部始終をデジカメで撮影しようとしましたが、私の不注意で内蔵バッテリーへの充電を忘れていて、仕方なく木のカバンに入れていたタブレット端末での撮影となりました。

 鳥取市国府町大芽地区楠城集落での出前養成講座です。講座に先立ち日本の滝百選に選ばれている雨滝の見学に出かけました。地元の人が自慢するだけあって、名瀑で水しぶきを上げて流れ落ちる滝の壮大さに圧倒されました。







 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月28日(日) 05時56分16秒

shin−1さんの日記

テーマ:ブログ
◯岡山へ行ってきます
 今日と明日の2日間岡山へ講演に出かけるため、今朝は早起きして松山駅に向かい、ただいま特急しおかぜ6号に乗車しました。瀬戸大橋を渡り岡山経由で昼前目的地鳥取へ到着する予定です。台風10号の行方が気になります。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月28日(日) 04時32分37秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇公友会総会と夏の勉強会

 昨日は私が会長を務めている、愛媛県内の公民館OBで組織している公友会の総会と夏の勉強会があり、双海町出身の米湊さん、松本さん、赤石さんを誘い、松山市道後の友輪荘へ出かけました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月27日(土) 05時34分03秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

今年の夏エトセトラ(その6)

 ・投薬治療

 もう17年以上も前のことなので、はっきり日時までは覚えていませんが、役場が実施した健康診断で胆のうにポリープが見つかり、精密検査の結果入院し、腹に3ヶ所穴を開ける方法で摘出手術をしました。「胆のうを取っても大丈夫?」と、最初は不安でたまりませんでしたが、手術後急激に13キロも痩せたため、お酒もきっぱり止めたこともあってすっかりスリムになり、54kgの体重を維持して、今に至っています。

 

 相前後した時期に今度はC型肝炎が見つかり、以来3ヶ月に一回県立中央病院に通って検査や観察をしてきましたが、最近新しい治療薬が開発され、ほぼ完治するからと医者に勧められ、思い悩んだ挙句妻とも相談した結果、思い切って医師の指示に従うことにしました。7月7日から3日間入院し、投薬による心臓への副作用影響があるかどうか検査した結果何の疑いもないようなので退院し、自宅で投薬治療を行なっています。

 

 この新薬は一粒8万円と高価なもので、加えて約90日間飲み続けなければなりません。8万円×90日=720万円とは気の遠くなるような金額ですが、幸い申請して認められたため、一ヵ月1万円ほどの治療費しか払わなくてすむのですから有難いことです。毎朝食後に忘れずに飲まなければ体内のウイルスをやっつけることができないので、妻の協力を得ながら毎日忘れないよう二重三重にガードして、服薬しながら2週間に一度病院に通って検査を続けています。

 

 痛くもかゆくもない、ただ忘れないよう毎日薬を飲み、2週間に一度の検査を続けていますが、今のところ何の問題もなく血液検査もいい方向に向かっているようです。この歳になるとあちらこちらに病気が見つかり、自分の余命に黄色や赤の信号が灯りますが、少しでも健康寿命を延ばすため、身体にいいことはしっかりと続けたいと、今日もこれから毎日一万歩を目指して、ウォーキングに出かけます。あと1ヶ月余り、私の投薬治療は続きます。

 

  「新薬で 病気の治療 暑い夏 毎朝欠かさず 妻の協力」

  「三ヶ月 長いと思って いたけれど 早くも二ヶ月 残り僅かに」

  「カレンダー 毎日印し つけて行く ゴールは間近か 楽しみ増えて」

  「一粒が 八万円も する薬 七百万円 聞いてビックリ」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月27日(土) 05時33分09秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

今年の夏エトセトラ(その6)

 ・投薬治療

 もう17年以上も前のことなので、はっきり日時までは覚えていませんが、役場が実施した健康診断で胆のうにポリープが見つかり、精密検査の結果入院し、腹に3ヶ所穴を開ける方法で摘出手術をしました。「胆のうを取っても大丈夫?」と、最初は不安でたまりませんでしたが、手術後急激に13キロも痩せたため、お酒もきっぱり止めたこともあってすっかりスリムになり、54kgの体重を維持して、今に至っています。

 

 相前後した時期に今度はC型肝炎が見つかり、以来3ヶ月に一回県立中央病院に通って検査や観察をしてきましたが、最近新しい治療薬が開発され、ほぼ完治するからと医者に勧められ、思い悩んだ挙句妻とも相談した結果、思い切って医師の指示に従うことにしました。7月7日から3日間入院し、投薬による心臓への副作用影響があるかどうか検査した結果何の疑いもないようなので退院し、自宅で投薬治療を行なっています。

 

 この新薬は一粒8万円と高価なもので、加えて約90日間飲み続けなければなりません。8万円×90日=720万円とは気の遠くなるような金額ですが、幸い申請して認められたため、一ヵ月1万円ほどの治療費しか払わなくてすむのですから有難いことです。毎朝食後に忘れずに飲まなければ体内のウイルスをやっつけることができないので、妻の協力を得ながら毎日忘れないよう二重三重にガードして、服薬しながら2週間に一度病院に通って検査を続けています。

 

 痛くもかゆくもない、ただ忘れないよう毎日薬を飲み、2週間に一度の検査を続けていますが、今のところ何の問題もなく血液検査もいい方向に向かっているようです。この歳になるとあちらこちらに病気が見つかり、自分の余命に黄色や赤の信号が灯りますが、少しでも健康寿命を延ばすため、身体にいいことはしっかりと続けたいと、今日もこれから毎日一万歩を目指して、ウォーキングに出かけます。あと1ヶ月余り、私の投薬治療は続きます。

 

  「新薬で 病気の治療 暑い夏 毎朝欠かさず 妻の協力」

  「三ヶ月 長いと思って いたけれど 早くも二ヶ月 残り僅かに」

  「カレンダー 毎日印し つけて行く ゴールは間近か 楽しみ増えて」

  「一粒が 八万円も する薬 七百万円 聞いてビックリ」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月26日(金) 07時54分13秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇懐かしさ漂う盆踊り

 私たちの地区では、毎年うら盆と言われる8月24日の日に盆踊りが行なわれます。盆踊りはその年に亡くなり初盆を迎えた人の霊を慰めるため行なわれていて、当日は集会所の玄関に飾られた祭壇に、初盆者の遺影と戦没者の遺影が飾られ、お寺のお坊さんを呼んで夕方から読経を上げてもらい、午後7時から踊りが始まりました。

(灘町の盆踊り大会)

(孫たちも参加しました)

 

 親父も初盆でしたが、亡くなったのが7月11日だったので、昨年遺影を飾って追悼してもらっているので、今年は若嫁と孫二人で参加をしました。私が青年団長をしていた若いころは盆踊りの主役は若者で、青年団が仕切っていましたが青年団もいつの間にかなくなり、人混みを感ずるほど盛況だった盆踊りも、今は自治会が引き継いでいるものの細々といった感じです。

 

 レコードのなかった昔は太鼓と口説きに合わせて延々と踊っていましたが、レコードが出来てからは炭坑節や神輿音頭といった踊りが主流となり、役場に勤めたいた頃私の発案で町民に広く歌詞を募集して作った、「双海音頭」が加わって踊られているものの、古いイメージは拭えず、若者や子どもの参加も少なく、近い将来が危ぶまれています。

 

 私も10年前区長として盆踊りの責任者を経験しているので、一踊り子として参加し、知っている炭坑節や双海音頭、神輿音頭など4~5曲をやぐらを囲んで踊り、早々に引き揚げました。勧められたお茶やビールも結局飲まず、イチゴ味の真っ赤なかき氷をいただきました。盆踊りはいいものです。会場には近くの水産加工工場で働く東南アジア系の若い女性も浴衣姿で参加したり、久しぶりに懐かしい人にも出会いました。こうして夏は何事もなかったように過ぎて行くのです。

 

  「盆踊り かつて若者 背負ってた 今は初老が オロオロ背負う」

  「盆踊り 何故か踊るは 炭坑節 ミリオンセラー 三橋美智也も」

  「初盆を 迎えた遺影 戦没者 坊さん読経 懇ろ弔う」

  「合併で 双海音頭も 古くなる それでも昔 懐かし踊る」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月26日(金) 07時54分13秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇懐かしさ漂う盆踊り

 私たちの地区では、毎年うら盆と言われる8月24日の日に盆踊りが行なわれます。盆踊りはその年に亡くなり初盆を迎えた人の霊を慰めるため行なわれていて、当日は集会所の玄関に飾られた祭壇に、初盆者の遺影と戦没者の遺影が飾られ、お寺のお坊さんを呼んで夕方から読経を上げてもらい、午後7時から踊りが始まりました。

(灘町の盆踊り大会)

(孫たちも参加しました)

 

 親父も初盆でしたが、亡くなったのが7月11日だったので、昨年遺影を飾って追悼してもらっているので、今年は若嫁と孫二人で参加をしました。私が青年団長をしていた若いころは盆踊りの主役は若者で、青年団が仕切っていましたが青年団もいつの間にかなくなり、人混みを感ずるほど盛況だった盆踊りも、今は自治会が引き継いでいるものの細々といった感じです。

 

 レコードのなかった昔は太鼓と口説きに合わせて延々と踊っていましたが、レコードが出来てからは炭坑節や神輿音頭といった踊りが主流となり、役場に勤めたいた頃私の発案で町民に広く歌詞を募集して作った、「双海音頭」が加わって踊られているものの、古いイメージは拭えず、若者や子どもの参加も少なく、近い将来が危ぶまれています。

 

 私も10年前区長として盆踊りの責任者を経験しているので、一踊り子として参加し、知っている炭坑節や双海音頭、神輿音頭など4~5曲をやぐらを囲んで踊り、早々に引き揚げました。勧められたお茶やビールも結局飲まず、イチゴ味の真っ赤なかき氷をいただきました。盆踊りはいいものです。会場には近くの水産加工工場で働く東南アジア系の若い女性も浴衣姿で参加したり、久しぶりに懐かしい人にも出会いました。こうして夏は何事もなかったように過ぎて行くのです。

 

  「盆踊り かつて若者 背負ってた 今は初老が オロオロ背負う」

  「盆踊り 何故か踊るは 炭坑節 ミリオンセラー 三橋美智也も」

  「初盆を 迎えた遺影 戦没者 坊さん読経 懇ろ弔う」

  「合併で 双海音頭も 古くなる それでも昔 懐かし踊る」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月25日(木) 05時17分20秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇今年の夏エトセトラ(その4)

 ・亡くなった親父の初盆仏事

 今年の夏は昨年亡くなった親父の初盆でした。ゆえに少し早めの5月に1周忌の法要、8月1日にはお寺に出向いて、施餓鬼供養を行ないました。以来裏盆に当たる昨日の8月24日まで、妻は毎朝居間に飾っている祭壇と、玄関先に設えた精霊棚にお料具膳を作って24日間もお供えし、線香灯明を手向けて般若心経を唱えてくれました。

(妻が毎朝作って供えてくれたお料具膳)

(初盆最後のお祈りをする妻)

 

 長い長い4週間の仏事を終えた昨日の夕方、妻と二人で畑の隅にお料具膳と初盆提灯などを持って行き、まるで送り火のように提灯に火をつけて焼きました。昨日は相前後してボロでねじるほどの夕立が降り地上を濡らしましたが、その足でお寺からいただいた塔婆を持ってわが家の墓地に行き、お墓の隅の塔婆立てに無事お供えしました。

 

 帰宅後居間の祭壇を片付け、親父の遺影や繰り出し戒名の位牌を仏壇に戻し、やっと全ての初盆仏事を終りました。初盆ゆえこの4週間は親類や知人が予告もなしに訪ねて来るので、家を空けることもできず、私と妻が交代をしながら対応しましたが、何とも忙しい夏でした。私と妻は毎日のように親父の思い出を嫌というほど話しました。

 

 不思議なもので思い出話は全てがいい思い出ばかりで、お互い辛かったり苦しかった介護の話なども、今では懐かしい思い出に変っているようです。「お父さん、私たちが死んだら息子たち夫婦はこんな仏事をしてくれるのかしら?」とポツリ話しましたが、妻は嫁いでからこれまでに祖母、母、父と3人の先祖を、長男の嫁というだけで見送り、手厚い仏事をこなしてくれたのです。

 

 多分来年の3年法要や7年法要を含め妻が生きて体が動く限り、仏事はやってくれるものと思いますが、感謝しても感謝しきれない恩義だと、あらためて妻の偉大な存在に気付かされました。長い逗留の末あの世に帰った親父は多分今頃、祖母や母、相次いで近頃旅立った兄弟姉妹や親類縁者と、妻のよくしてくれた仏事の思い出話をしていることでしょう。

 

  「初盆の 長い仏事も 昨日まで 今朝から少し のんびり妻も」

  「長男の 嫁に嫁いで 来ただけで あれやこれやと 難儀しきたり」

  「この仏事 俺たち死ねば 誰がやる? 安堵の末に そんなことまで」

  「最近は 親父の思い出 あれこれと 語り尽くせぬ 程も語った」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。