1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月08日(木) 05時35分13秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇私のパトロン

 渋沢栄一から物心両面の支援を受けた、民俗学者宮本常一ほどではありませんが、地域づくり実践家を自称する私にも、二人のパトロンがいます。パトロンといえば大棚の旦那に囲われた女性に対する、愛情や金銭での支援を思い出す、余りいいイメージの言葉ではありませんが、宮本常一のことを思うと私に対するお二人の長年のご支援はそれに値すると、いつも心の中で感謝しています。

 

 一人は関奉仕財団の関宏成会長さんです。愛媛県福祉部長の藤原茂さんを介して何の前触れもなく、私が主宰する21世紀えひめニューフロンティアグループへ100万円の小切手を貰ったのは、今からもう15年も前のことでした。その後も関教育福祉賞をいただいたり、今日まで毎年30万円の助成をいただき、私の活動を支え続けているのです。お陰様にてグループの活動は勿論のこと、グループを率いる私自身の大きな飛躍となりました。

 

 もう一人はギノー味噌の田中正志社長です。退職をして第一線を退いても活発な活動や慎ましやかな暮らしをしている私は、一年に千枚もの名刺を使っていますが、その名刺の裏に「裏が味噌」というコマーシャル料を出してもらい、加えて年間2000袋もの味噌や商品を提供してもらい、長年物心両面の支援をしてもらっています。今回の第9回地域教育実践交流集会に参加した全員に300個を越える即席味噌汁を、また寒い北風の吹く受付で新商品麹甘酒をウエルカムサービス用に沢山いただきました。

 

 恩義を感じて恩を返すことは人の道です。自称貧乏人の私には、毎年収獲している蜂蜜の瓶詰め程度しかお礼には差し上げられませんが、関わっている様々な活動に対して真摯に向き合い、しっかりとした結果を残して力強く生きることならできるのです。関会長さんと田中社長さんという2人のパトロンの存在は、私の心の支えでもあるのです。さあこれからも大恩に報いるべくもうひと働きしましょうか。

 

  「私には 強力パトロン 二人いて 蔭に日向に 支え続けて」

  「今年も 交流集会 即席の 味噌汁全員 貰い差し上げ」

  「恩返し しなけりゃバチが 当たるから 肝に銘じて しっかりせねば」

  「パトロンは 私に見返り 求めない 私もいつか かくありたいと」    

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年12月07日(水) 07時03分54秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

資料に書いた文章の波紋

 第9回地域教育実践交流集会も、予想を超える参加者と熱い交流で何事もなく無事終わり、今は足繁く届くメールや電話での感想に癒されながら、少しホッとして過しています。今年は讃岐先生の後を受けて実行委員長を務めた故に、過去8回の集会とは少し違った緊張感でしたが、持ち帰った資料を整理しながら、ふと自分が大会資料に書いたあいさつ文が少し気になり、読み返してみました。

 

 大会などでいただく資料には、あいさつ文や趣旨などがスケジュールとともに事細かく書かれていますが、一番目に付くのはスケジュールと自分に関係の深い発表原稿程度で、本当は読んで欲しいあいさつ文や趣旨などには目もくれないのです。集会の数日前親友で実行委員の松本さんがFaceBookで私の書いた実行委員長名のあいさつ文を紹介してくれたので、あれこれとFaceBook上でやり取りがあったばかりでなく、交流会でも随分あいさつ文について議論を深めることができました。

 

 あいさつ文に書いた文章の中に「啐啄」という言葉を使いました。この言葉は「そったく」と呼びますが、「啐啄」とは卵から雛が孵ろうとする時、卵の内側から雛が殻をつつき、その音に呼応してそっと母鳥がつついて、お互いの力で殻を破り雛が誕生する様です。漢字も読みにくいゆえ、また意味さえも知らなかった多くの人から、沢山の意見をいただきいやはや驚きでした。

 

  「集会の 資料に書いた あいさつが 想わぬ反響 いやはや驚き」

  「この熟語 何と読むのと 盛り上がる 知らないことを 知って喜ぶ」

  「難しい 熟語使って 知ったふり 凡人私 少しきどって」  

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月06日(火) 05時30分38秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇忘れ得ぬ人々

 「まあ~嫌らしい~、その歳で?」と思われるかも知れませんが、私はこの歳になっても男ゆえ、女性が大好きです。それは決して不純なものではなく、女性に出会うと女性=妻と同じように、何となく安心して話せるのです。多分私の周りに集ってくれる女性は、その風貌からして、まるでテレビ番組笑点に出てくる落語家のような私を、「危険人物」とは見なさず、無防備で集ってくるのです。

(松田聖子+桜田淳子=松田淳子さんがアップした写真)

 

 ゆえに私には両手両足どころか、数え切れないほどの女性友だちがいて、同年代男性に羨ましがられています。私は自分の周りに集ってくれる女性をファンだと勘違いしている節?(大笑い)もありますが、まあファンレターやファンメールも連日のように沢山届いて、幸せ感に浸りながら毎日せっせとハガキやメールを返して過しています。今朝も大洲の集会のめざましトークで知り合った、秋田県の松田淳子さんのfacebookで、女性に囲まれて目じりを下げている自分の写っている写真を目敏く見つけ、勝手に自分のピクチャーに取り込んでブログに再掲して、楽しんでいます。

 

 大洲の集会ではおんせん県大分・別府の縄田早苗さんから名物の湯の花、うどん県香川県の溝渕雅子さんから名物醤油豆を手土産にいただきました。持ち帰って妻にそのお土産を渡し二人の女性友だちの自慢話をしっかりしてやりました。妻は「お父さんは女性の友だちが沢山いて幸せそうじゃねえ」と笑いながら湯の花を入れたお風呂に一緒に入り、醤油豆を一緒に食べました。ああこの歳になっても何という幸せでしょう。

 

  「集って 来る女性たち ファンだと 勘違いして これも幸せ」

  「私には 女性にもてる 甲斐性あり 顔や姿は いびつだけれど」

  「大洲でも 女友だち また出来た 頭で顔を 思い出しつつ」

  「一儲け いやいや違う 人儲け これが私の 特技なんです」 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月05日(月) 07時09分47秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇久しぶりの心地良い疲れ

 1年間をかけてみんなで作り上げた1泊2日の第9回地域教育実践交流集会を無事終え、昨日の午後自宅へ帰ってきました。これまでは副委員長で少し気楽なかかわりでしたが、今年は過去8回実行委員長を務めた讃岐幸治愛媛大学名誉教授から、及ばずながら委員長職のバトンを受けたため、責任の重さを痛感しながらだったため、極楽トンボの性格ながら多少気配りしたのか、久しぶりに心地良い疲れを感じました。

(壇上でインタビュアーを務める私ー松本さん撮影)

 

 もう一つのお疲れ理由は、2日目の目覚ましトーク・インタビューダイアログのインタビュアー(ファシリテーター)として、ステージに上がったことです。私はまちづくりや社会教育の世界でこれまで数え切れないほど、こうした役割をこなして来ましたが、300人近くの集会には半数以上初心者もいるので、分かりやすい話を分かりやすく、分りやすい言葉で話さないと理解されないので、経験者への深い洞察は、第二部の特別企画トークセッションに委ねることとして望みました。

 

 お陰様にてステージへの反応も、終ってからの声かけ反応も上々で、今はホッとしています。インタビューダイアログという討議方法を取り入れ、私自らがインタビュアーとして関わったのは今年で3年目です。1年目も2年目もそれなりの効果があり、今年も語り部に秋田から松田淳子さん、福島から佐藤房枝さん、愛媛から鍵山直人さんを迎え、1回3分以内という発表時間をしっかりと守っていただき、フロアー担当の柳瀬さん、山口さんにも絡んでいただきました。

 

 1日目は好天、2日目の昨日はあいにく午後から雨が激しく降り、皆さんが岐路の足元を濡らしましたが、私自身は満ち足りた気分で帰りました。それにしても何と多くの人々が、しかも多くの時間を割いて作り上げてきてくれたことでしょう。特に一切を切り盛りしてくれた事務局の仙波さんや、資料の準備をしてくれた長島さん、県外組との折衝を一手に背負った関さんには、感謝しても感謝しきれない恩義を感じています。夕方仙波さんから電話が入り、早くも来年の私の12月のスケジュールに、集会の開催日を入れられました。

 

  「心地良い 疲れを感じ 帰宅する 何事もなく ホッと一息」

  「インタビュー ダイアログにて インタビュアー 三年続けて 重責果たす」

  「委員長 引き受け何とか この1年 いやはや重荷 どうしたものか」

  「来年は 10回記念 ド性っ骨 据えてかかろう 今から準備」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月04日(日) 05時17分57秒

shin−1さんの日記

テーマ:ブログ
◯大洲で朝を迎えました
 昨日から国立大洲青少年交流の家に来ています。ここへは青年の家だった頃からもう40年を越えて来ているので、すっかり馴染みの施設です。今日は特別企画インタビューダイアローグの司会をしなければならないので、旅先といえど午前'4時30分に起床し、物思いにふけっています。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月03日(土) 06時49分43秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇久万高原町の広報に掲載されました

 私は伊予市民です。伊予市の広報にも載らないのに、何と何と久万高原町の11月号広報に載り、このほど広報担当者から掲載紙が送られてきました。しかも見開き2ページに渡って、今号どころか次号にもシリーズでです。載ったのは10月29日に久万高原町産業文化会館で行なわれた中予地域ミニフォーラムin久万高原町において若者・高校生による地域づくりで、「若者と学ぶ地域創生のあり方」という演題で基調講演した内容で、お恥かしい限りです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月02日(金) 04時41分30秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇ウォーキングシューズよさようなら・今日は

 昨日の朝5時30分、いつものようにウォーキングに出かけました。雨は止んでいましたが路面が濡れて、あちらこちらに水溜りがあったので、LEDの懐中電灯で足元を照らしながら歩きました。上灘保育園~老人憩いの家~川向こう~双海中学校と歩いて、高村電器で引き返すころになると、ウォーキングシューズのかかとの部分に少し湿り気のようなものを感じましたが、そのまま自宅まで5835歩を歩いて帰りました。

(寿命がきた古いウォーキングシューズ)

(新品のウォーキングシューズ)

 

 自宅の玄関先でシューズを脱いで靴下を見ると案の定少し濡れていました。早速濡れた靴下も脱ぎましたが、この3年間殆ど毎日一万歩を歩く私のウォーキング行動を、何の文句も言わず足元で支え続けてくれたシューズの寿命が来たのです。靴底は完全に擦り切れていました。3日前に妻と外出した折、「そろそろ靴が傷んできた」ことを伝え、伊予市の靴屋さんで新しいウォーキングシューズを買ってもらっていたので、昨日は早速新しい靴に履き替えて歩いてみましたが、自分の足に合わせて買っただけにフィットして歩き心地もいいようです。

 

 私は左足が外反母趾で、親指が内側に曲がっていて、靴を買う時はつま先が少し広い靴を買わなければならないため、品揃えの豊富な靴屋でないと置いていないのです。何が原因で外反母趾になったのかも分らぬまま、この歳まで少し違和感を感じながら歩いていますが、祖母も母親も外反母趾だったことを考えると、遺伝かも知れないと思ってそのまま放置しています。何はともあれ新しいシューズを手に入れたので、多分そんなに高くない靴ゆえ、これから3年間ぐらいが寿命だと思いつつ、新しいウォーキングシューズで快調な歩きを始めています。古いウォーキングシューズよさようなら、そして新しいウォーキングシューズよ今日はです。

 

  「三年間 毎日毎日 一万歩 文句も言わず 体重支え」

  「靴底が 破れ水濡れ ハプニング 寿命が来たと 新品を買う」

  「わが足は 外反母趾ゆえ 心持ち つま先広い 靴を求める」

  「ありがとう 古いシューズよ さようなら 新しい靴さん よろしくね」 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月01日(木) 07時09分05秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇唐辛子の収獲

 今年は夏も秋も天候不順で、今朝も早朝5時30分に、真っ闇の中をウォーキングに出かけましたが、昨夜少し降った雨の影響でしょうか地面が濡れていて、初冬とは思えない温かさで、上着のジャンバーを脱がなければ汗が出る程でした。そんなこんなの影響で、春4月に植えた唐辛子も、畑の隅で息絶え絶えで、今年は多分収獲ができないだろうと諦めていました。

(収獲した唐辛子)

 

 昨日の昼過ぎ甘夏柑や梅、柿の剪定をしながら畑をよく見ると、唐辛子の真っ赤な実が目に留まりました。早速5株を根元から鋏で切って持ち帰り、実だけをハサミで切り落とし、ザルに入れました。赤い唐辛子に混じってまだ緑のものもありましたが、駄目元で収獲し一緒に天日乾燥することにしました。わが家では鷹の爪をあれやこれやと重宝しています。

 

 一番良く使うのは漬物類で、ラッキョウも沢庵も白菜の漬物も、鷹の爪を入れるとピリリと辛く、その辛さが食欲をそそるのです。特にユズの出来るこの時期は、大根の一夜漬けが美味しく、大根の真っ白い中に黄色いユズと、真っ赤な鷹の爪が見た目にも鮮やかに入って、その存在感を遺憾なく発揮しています。鷹の爪はこれから数日間、雨に合わさぬよう天日干ししてナイロン袋に詰め、冷蔵庫の乾物とともに保存し、鍋物等にも重宝して年中使う予定です。

 

  「唐辛子 今年は天候 不順にて 不作がっかり それでも何とか」

  「鷹の爪 真っ赤な色で 存在感 ラッキョウ大根 それに鍋物」

  「香辛は 手づくり料理の アクセント ピリリと辛い これもまたよし」

  「鷹の爪 見たいな存在 なりたいと いつも思うが 奥が深くて」

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月30日(水) 08時26分35秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇伊方町から人間牧場へのお客さん

 人間の記憶、いや私の記憶も加齢とともに一段と怪しくなって来ました。「いつごろだったかなあ?」と思いつつ、自分の2016Writing Calendarをめくってみて、やっと今年の6月10日に伊方町老人クラブ連具会の総会に招かれ講演したことを思い出しました。最近は老人クラブのお世話は地域の社会福祉協議会が受け持っている所が多いようで、先日も伊方町社会福祉協議会の担当者から、「総会に引き続いて老人クラブの役員さんが人間牧場を訪問したので~」と連絡が入りました。

(人間牧場へやって来た伊方町老人クラブ役員ご一行様)

 

 人間牧場は山道ゆえ、上の道から5分余り歩かなければならないので多少心配はしましたが、まあそこは山坂で鍛えた田舎の高齢者ゆえ、取り越し苦労だと思いつつ引き受けました。待ち合わせ場所を下灘コミセン前で10時20分と決めて、10分前に到着するよう出かけたものの、マイクロバスは既に到着してトイレ休憩をしていました。早速私の軽四トラックで先導し、池久保までの山道を走り、先日まで膝の手術で入院していたという老人クラブの副会長で、公民館時代からの長年の友人松本安幸を、助手席に乗せて人間牧場へ到着しました。勿論後の12人は健脚宜しく歩いてもらいました。

 

 昨日は少し肌寒く眺望もガスがかかってイマイチでしたが、思い切って観音開きの戸を全て開けて1時間ほど、思いつくままの私の話を聞いてもらいました。私が強調したのはこれからの生き方です。老いつつある自分としっかり向き合い、健康や学習心を忘れず、感謝しながら社会に貢献する高齢者になって、楽しく生きて欲しいと締めくくりました。一行はその後の予定もあって次の目的地へ向いましたが、私はバスを停車場まで見送ってから引き返し、12月17日には今年最後の年輪塾が予定されているので、室内の掃除や片づけを行い山を下りました。昨日も元気な高齢者に出会い、心洗われるいい一日でした。

 

  「高齢者 牧場研修 やって来る 山坂平気 さすがさすがと」

  「どう生きる これから先の 生き方が 大事ですよと 力説相槌」

  「帰り際 目から鱗と 言い残す 名前の通り シンパシー受け」

  「膝や腰 不調訴え 日々過ごす 人の多さに 今更驚く」

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月29日(火) 07時54分58秒

shin-1さんの日記

テーマ:人間牧場

〇また一つ消える灯り

 私には子どもが4人と内孫が2人います。いずれも旧双海町内の小・中学校に通い、昼食は学校給食センターで調理した食事を美味しく食べて育ちました。子どもは4人×9年間、孫は1人×2.5年、1人×0.5年ですから、延べ年数39年間もお世話になっていたのです。旧上灘中学校横に学校給食センターがオープンしたのは私が役場に入庁した年の、昭和45年9月1日でした。

(解体工事が始まった双海町学校給食センター)

 

 当時の給食費は今から考えればまるで笑い話のような小学校50円、中学校55円でした。当時は翠小学校180人、由並小学校346人、下灘小学校356人、上灘中学校297人、下灘小学校192人合計1371人というからこれまた驚きで、多くの子どもたちの胃袋と体位を長年支えて来ました。その学校給食センターは平成の大合併後も今年の1学期まで営業を続けていましたが、2学期からは伊予市大平に市営の学校給食センターが設置され、46年の長い歴史に幕を閉じたのです。

 

 数日前、ウォーキングのコースにある学校給食センターの周りに、トタン囲いがされ始めました。どうやら解体工事が始まるようで、昨日は作業員の出入りが慌しくなる姿を横目で見ながら、また一つ消える灯りを寂しく思いつつ通りました。下灘中学校の閉校といい基幹集落センター(町民会館)の取り壊しといい、かつては多くの人の出入りや活気のある業務が行なわれていた場所だけに、この先への不安は募るばかりです。私たちの住んでいる旧双海町は、一体どこへ行くのでしょうか。

 

  「また一つ 灯りが消える 寂しさよ この町一体 どこへ行くのか?」

  「給食費 信じられない 50円 笑い話の ような気がする」

  「トタンにて 囲いいよいよ 解体の 工事始まる 給食センター」

  「子どもらの 学校給食 遠回り 少し冷めるが 仕方がないか」

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。