ほっこり 知恵袋

三軒茶屋の歯医者さん 下馬デンタルクリニックのブログです。詳しくはこちら⇒http://shimouma-dentalclinic.jp/

第21回、市民と介護を考えるカフェ「オリーブの木」は「高齢者の味覚障害」について、主宰の脇濱由佳がお話させて頂きました。高齢者の味覚障害は、放置しておくと、栄養障害となりフレイル(虚弱)を引き起こし、サルコペニアになり、要介護状態になってしまいます。そうです、摂食嚥下障害になってしまうのです。食事を美味しく食べるというのは、とても重要なことなのです。



サルコペニア
 サルコペニアとは、加齢や病気により、筋肉量が減少することで、握力や下肢筋・体幹筋など全身の「筋力低下が起こること」を言います。または、歩くスピードが遅くなったり、杖や手すりが必要になるなど、「身体機能の低下が起こる」ことを言います。

歯科と味覚障害の関係
なぜ、お口の状態と味覚障害が関係するのでしょうか?
それは、お口の不快症状があると味が感じなくなるからです。
こんな症状はありませんか?
▪美味しくない→「脳」
▪食欲がない→「脳」
▪舌が真っ白→「口」→舌苔→口腔カンジダ症
▪口がねばねばする→「口」→唾液の質(交感神経優位の時に出る唾液)、唾液量の低下
▪口がひりひりする→「口」→唾液の量の減少→舌痛症など
▪口がしみる→「口」→お口の傷、炎症など
▪入れ歯があたって痛い→「口」→義歯性口内炎、義歯性潰瘍など
▪口が乾く→「口」→口腔乾燥症
▪味が判らない→「神経」
味覚は、「口」という味覚受容器が味覚神経繊維による「神経」の伝達によって、「脳で情報が整理され、味として認識されるのです。ですから、味覚障害は「口」「神経」「脳」のどこか1ヶ所でも障害があると起きるのです。



お口の病気と味覚障害
味覚センサー(味蕾:みらい)のダメージよって起きる
味蕾が…「届かない」→口腔乾燥(唾液の分泌が少ない)
   …「傷つく」→口内炎、口腔カンジダ症、義歯性潰瘍など
   …「作られない」または「少ない」→摂食障害(亜鉛欠乏、鉄欠乏など)

ワークショップ
「美味しく食べるための工夫は?」~私たちが日常できること~
グループディスカッション
・五感を使うこと…見た目が美味しそう(視覚)、香りがよい(嗅覚)、歯触り(触覚、聴覚)、旨味など(味覚)
・おしゃれな食器、テーブルコーディネート
・気の合う人とのおしゃべり
・時間…食べたいと思う時間に、好きなものを。
・季節感を出す…旬の食材を使った料理
・旅する
・運動すると美味しく感じる
・新たな出合いが刺激的…交流会
・趣味…センスを磨く
・笑顔でリラックス
・ちょいわる生活習慣もたまにはOK ✌…お酒🍺🎶🍺🎶🍺、ちょい好きなものをたらふく💕
・優等生過ぎない😄


まとめ
味覚障害といわれても、体調によって変化することもあります。
高齢者に限ったことではありません。美味しく食べるため工夫、とてもユニークで多彩なご意見を伺いました。😄
恐らく、これほどの発想ができるのも人間だからでしょうか?

・味覚障害を単一でとらえない❗
・五感をふる活用して、相対的に美味しく感じるようにすること。😄
・楽しい雰囲気や演出の工夫を🎵
・リラックスできる環境を進んで取り入れよう❗
・お口で気になることがあったら、歯科へ行こう
・旨味、薬味、香りを上手く取り入れて食欲をそそる工夫をしよう

本日も楽しい雰囲気のなかのカフェでした💕😘
医療職では絶対に出てこないご意見、やはり一般市民との対話はとても勉強になります。お口は食を支える器官です。喜怒哀楽も伝えるところです。
そう考えると、お口は幸せを運んでくる入り口と言えるでしょう。
そんな「カフェ」を今後も作っていきたいと思います。
市民と介護を考えるカフェ「オリーブの木」も今回で21回目となりました。
教会の庭にある「オリーブの木」と共に、この「カフェ」も成長していきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。😄










いいね!した人  |  リブログ(0)
昨日、サービス付き高齢者住宅リレ府中にて、NPO多摩の医療健康増進フォームさん共催でイベントを開催しました。代表の芝祐信先生にご協力頂きました。

がんにかかる方は若年層から高齢まで様々です。
がんの告知は当たり前になり、治療技術も向上しました。がん=不治の病という印象はなくなりました。しかし、がんの治療を続けながら生活している方も多く、がんになっても安心して生活していくためのサポートは必要です。
緩和ケアと聞くと、末期と勘違いしてしまう人も多いようです。
がん当事者の方も数名ご参加頂きました。時代によっても異なる価値観、医療者と患者はどのように歩みよっていけばよいのかヒントがたくさんありました。

痛みについて
「痛い」と医師や看護師に伝えるには、どうすればよくわかってもらえるか?
自分の言葉で痛みの程度を伝えるのは難しい。
▪持続性の痛みなのか、突発的か?
▪鈍い痛みなのか、鋭い痛みか
▪痛む場所を図で書いたり、指で指したりする。
▪痛みの持続時間は「いつから」「いつまで」
▪痛みがある時間帯はいつ頃が多いか?
▪頓服薬を使用して、痛みは止まったか?薬の持続時間はどのくらいか?
診察時間中に的確に答えられる人はなかなかいない。
しかし、簡単なものでよいので以上のことをメモでよいから、医師や看護師に渡しておいてもよい。



30年前は…。
「痛み」は余程のことでない限り、我慢するものと思われてきたようだ。
戦争を生き抜いてきた世代、80代90代の方に多い。
なぜ我慢してきたか?→わがままと思われてしまうから。
しかし…
「痛み」を我慢することで、支障を来すことが多かった。
▪家族への不安
▪日常生活の不便さ
▪職場での不安

緩和ケアとは
告知から家族も含めて考える痛みのケアである。痛みには、身体的、精神的、社会的な痛みなどがある。つまり、治療も含めた生活を支えるためのケアである。



「痛み」についてのディスカッション
体験者の方
病院のスタッフは忙しそうで、痛みを伝えたくても言葉が出てこなかった。
誰かに聞いてほしくて病院じゅうを歩いていたら、緩和の緩という文字のバッジを着けた看護師がいた。もしかして話を聞いてくれるかも知れないと思い、話しかけた。聞くところによると、緩和ケアの講習を受講した看護師だったようだ。
聞いてもらえて嬉しかったが、その後の医療連携が今一つだったらしい。
チームで患者の情報を上手く共有できていないことがあるそうだ。
チーム連携が大きな課題だ。

職種を越えた連携はできているのか?
繋ぎ役が必要なのではないか?
もしかしたら、体験者かもしれない。
80代の体験者がこう言われた。
「私の体験で良ければ、誰かのために話してあげたい。」と。
「上手く話はできないが、苦痛を共有することはできる。」
医療者が多忙なのはわかっている。一人あたりに時間を避けないのも分かっている。それならば、他の力を借りたい。体験者や市民団体であってもいいのではないですか?

ホスピスってなに?
緩和ケアとホスピスは同格ではない。緩和ケアのほんの一部の終末期に、あえて積極的治療をしないで、その人らしい生活のなかで最期を迎えるまでの居場所です。治療の場ではなく、生活の場であること。
どちらかといえば、自宅療養である。

生活を支える場として
「在宅」か「ホスピス」か?
どちらも同じ意味である。家族との話し合いやご本人の意向が反映される。
介護力やお金の問題もある。

生活相談窓口がホスピスや在宅ケアには必要だと思う。
気軽に相談できる人は、病院ではなくもっと普通の生活の場にいる住民ではないか?

NPO多摩の医療増進フォーラムを主宰されている芝先生は、地域の皆様のお力を是非お貸しくださいと仰っていました。正に、そのための地域活動です。
市民と介護を考えるカフェ「オリーブの木」も発足して2年経ちます。市民の皆様に医療、介護へ関心をもち、自ら関わって欲しいと願っています。
地域の医療介護を支えるのは地域住民のちからです。

今回、サービス付き高齢者住宅にお住まいの皆様や関心を持ってお集まり頂いた皆様方に、感謝します。そして大事なことは、次の一歩をどう踏み出すかです。
市民協働を目指しましょう。





いいね!した人  |  リブログ(0)
親の介護は急にやって来ます。防災グッズを揃えて、防災訓練をしておくように、介護も準備が必要ではないでしょうか?
第18回「オリーブの木」では、「親」を知るきっかけとして『親ブック』を活用した情報の整理しました。ケアポット株式会社、スーパーアドバイザーの磯田明子さんをゲストにお招きしました。
いざというときに、知りたい情報を本人から家族が知ること、または家族が他者へ伝える時にあったらよい情報、ツールに『親ブック』があります。

『親ブック』は家族が本人に聞き書きをしてもよいし、本人に書いてもらってもよいです。または、ボランティアの方やご友人が聞き書きしてもよいのです。極秘情報というよりは施設の方や介護関係の方、医療関係者などに知ってもらいたい情報を、個人の物語として知ってもらうためのツールです。どのような思い出があり、大事にしていること、友人関係、日常生活の過ごし方、趣味、嗜好品などです。


ご本人の素敵なエピソードを語ってくれた方がいました。
90代の女性です。「思い出の場所は、この教会よ。ここで主人と出会ったのよ。もう70年前ですけどね。」頬を赤らめて話す姿は、まるで少女のように可愛らしかったです。❤😘
「年をとって、失うものはなにもないです。家族が財産、みんなが幸せでいてくれることです。」
80代の方は、「一人で暮らしているけれど、娘が心配してくれるのよ。一週間に何度も来て、エアコンの掃除までしてくれるの。面倒くさい時もあるけれど、有難いことです。他にも気付いてくれるように、情報交換することは大事ですね。掃除だけでなく。(笑)」😄
親子参加の方は、子どもの立場よりお話いただきました。
「一緒に暮らしているので、何でも知っているつもりでしたが、エピソードは知りませんでした。本人が大切にしていることを改めて知ることができ、よかったです。書くことはよいですね。」
夫妻で参加の方は、客観的な見方に改めて気付かされたこと、趣向は何で、どの様な介護を好むかにも気付かされたようです。

ジョハリの4つの窓のうち、秘密の窓を解放すると他者との交流がスムーズになります。「自分が知っているが他人は知らない。」を「親は知っているが家族は知らないこと。」に置き換えてみます。
「知っているつもり。」が「実は知らない。」ことに驚きます。
家族であっても、同じことを考えているわけではありません。だからこそ、情報の開示は必要です。その裏にあるエピソードや物語は
個人が最も大切にしている宝物なのです。自分史、家族史は堅苦しくなく、家族の心に響くものであることが重要ではないかと思いました。奥様と自分史づくりをされている方がいました。写真を結婚してからの分を編集しているそうです。長いので、出来たところから毎年結婚記念日に確認しているそうです。素敵なご夫妻ですね。💕😘


それぞれの家族の形で歴史を積み上げていくのですね。
記録すること、それを他者へ知らせるツールがあるのはとても便利です。急に介護が必要になっても、どの様な介護がその人らしくいられるのか知る為に「親ブック」活用したいと思いました。
磯田明子さん、参加者の皆様、ありがとうございました。
いいね!した人  |  リブログ(0)