ほっこり 知恵袋

三軒茶屋の歯医者さん 下馬デンタルクリニックのブログです。詳しくはこちら⇒http://shimouma-dentalclinic.jp/


テーマ:
先週、アクティブシニア向けに「歯と健康寿命」についてお話しする機会を頂きました。歯の本数と噛む力、脳への影響など、お口の機能低下による健康被害などです。

参加者の皆様は、アクティブシニア。
65歳以上でも、現役でお仕事をされている方々です。さすが健康への意識が高く、自分の歯が20本以上ある方がほとんどでした。15人中、30本ある方が2人、28本ある人が1人いました。素晴らしいです。😄
30本ある方は、毎月クリーニングへ行っているそうです。

皆様に是非覚えて頂きたい言葉があります。噛む8大効果です。「ひみこの歯がいーぜ。」(8020推進財団より引用)

ひ:肥満防止
み:味覚の発達
こ:言葉の発音はっきり
の:脳の発達
は:歯の病気を防ぐ(お口の乾燥や歯周病など)
が:がんの予防
いー:胃腸の働きを促進
ぜ:全身の体力向上と全力投球

卑弥呼の時代、弥生時代は一食あたりの噛む回数が約4000回、現代は620回だそうです。クルミや栗、カワハギ、はまぐり、玄米など固いものが多かった時代に比べ、現代はグルメブームもあり、柔らかい加工食品などが増えたこともあると考えられます。食生活の変化は大きいです。

噛むことで、唾液が増え、お口の乾燥や歯周病などを減少させることができます。
噛むと、歯根膜が咬合圧を受けて、その刺激が脳へいきます。歯根膜の圧受容体は、瞬間的に歯根膜繊維を進展させたり、収縮させて、歯槽骨への圧力負担を減らしています。歯根膜は極めて優れたセンサーで、冷温刺激やものが挟まった感覚も(触覚)も感じとります。
その為、噛み応えも感じるのです。発展させると、味覚にも影響があるといえるでしょう。

興味深い質問がありました。
①他医院で自費の治療をした場合、保険ではみてもらえないのか?

保険適応の範囲内ならば可能だが、保険適応外ではできない。

②インプラントは誰でもできるのか?

骨粗鬆症や糖尿病、腎臓疾患などの方は、骨密度が低ため、不適応になる。
他にも、血液疾患や肝炎など感染のおそれがある方も不適応。
CTによる検査など、事前に適応するかどうかを調べる必要がある。

③歯ブラシの硬さは、何がよいのか?
歯周病が進んでいる方や、癌の抗がん剤治療中の方、口内炎のある方などは、柔らかめの歯ブラシがお勧め。
柔らかいと歯茎を傷つけずに磨くことができるため、痛くない。弱い力で十分にプラークは落とすことができる。

④急いでいるとき、効率よく磨くには?

唾液腺開口部が汚れやすい。
上の歯は、奥歯のほっぺた側に、耳下腺乳頭という唾液が出る孔(あな)がある。
下の歯は、前歯の裏側に、舌下小丘(ぜっかしょうきゅう)という孔(あな)がある。よって、上の歯は、奥歯のほっぺた側、下の歯は、前歯の裏側を磨くとよい。

⑤歯を抜いたら、歯根膜はどうなるのか?

歯根膜は、歯と共に抜いてしまうため、顎には残らない。

⑥歯がないときは、噛む圧力をどこで感じとるのか?

顎関節にある、筋紡垂です。アキレス腱にある腱とおなじく、どのくらいの圧力を加えたらよいか圧力のコントロールをします。

⑦歯がなくても顎関節症になるのか?

はい、なります。
どこで噛んだらよいか、噛み合わせの位置認識ができないため、低い位置になれてしまいます。すると、顎関節の中にある、関節円盤(関節をスムーズに動かすためのクッション)が圧迫されたり、変型して顎が動きにくくなります。関節円盤が変形したり、ずれることで、顎関節症が起きるのです。

⑧歯みがきをするタイミングはいつがよいか?

歯みがきは、食後30分ぐらいあけてから行うのがよいです。唾液には緩衝能があり、食後すぐは酸性に傾いているが、次第に中性に戻る働きがある。中性に戻るまでには、大体30分ぐらいかかるそうです。
唾液が酸性のときに、歯みがきなどの機械的刺激を与えると、歯が削れ易くなるのです。

ベル健康寿命を伸ばすには?
⭐よく噛んで、唾液を出す。
⭐よく動くこと。
⭐いつも明るく、前向きに。
⭐お酒は楽しく、会食を。
⭐多少、小太りでもOK❗(ロコモ予防にはよい。)
⭐人のためになることをして、自己肯定。

皆様の健康増進のご参考になれば嬉しいです🎵
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
世田谷介護者ネットワーク主催のイベント「地域まるごとケア」にスタッフ参加しました。

私の担当ブースは、「お口の悩み相談室」。介護者や介護されている本人、介護家族など、様々な方が訪れました。

ひらめき電球介護家族の悩み
Q入れ歯を入れたり、外したりするのですが、それで良いのか?
右矢印どういう時に外しているのか見てください。以下が原因になっていることが多いです。
①ものが挟まって気持ち悪いから外す。
②痛いから外す。
食べる時に入れ歯を入れる場合は、「痛くないが、入れ歯が緩くてものが挟まる。」ことが多いです。その場合は、入れ歯を調整すれば使えるので、歯科医に伝えて下さい。(比較的直ぐに治すことができる。)一方で、食べる時に外す場合は、要注意です。「痛くて、噛めないから。」です。発音は出来るので、とりあえず入れている方もいます。早急に歯科医に診てもらって下さい。

Qシェーグレン症候群と言われたのですが、お口の乾き対策を教えて下さい。
右矢印シェーグレン症候群は、唾液の分泌量が減少します。機能的回復方法としては、唾液腺マッサージが良いでしょう。

http://s.ameblo.jp/shimoumadentc/entry-11392537504.html?frm=theme

その他、保湿対策としては保湿剤を用いる方法がオススメです❗
http://s.ameblo.jp/shimoumadentc/entry-11563373846.html?frm=theme

低刺激性のデンタルリンスもオススメです❗
http://s.ameblo.jp/shimoumadentc/entry-11260344802.html?frm=theme

Q認知症の親のお口のケアをしています。
直ぐに口をとじてしまうのですが、何か対策ありますか?
右矢印認知症の場合は、動機付けが大切です。
お口を綺麗にするからといって、いきなりお口をさわってはいけません❗
緊張をほぐしていくことが大切です。
握手する右矢印腕をさする右矢印肩へ右矢印首へ右矢印頬へ右矢印口への順番で触れていきます。
「この人は、気持ちの良いことをしてくれる人だ。」と態度を以て示す必要があります。信用してもらうまでに、時間をかけることです。
筋肉の緊張が解けると、開いてくれます。



ひらめき電球本人の悩み
Q入れ歯の大きさについて、大きいものは安定するのですか?
右矢印入れ歯は、バネがかかる歯と顎の土手の部分で支えます。顎が痩せている方や、骨粗鬆症の方など、顎の堤防が細くて薄くなっている方の場合は、入れ歯を大きくして、粘膜部分の負担を増やします。すると、入れ歯にかかる圧力が分散されるので、痛くありません。

Q歯が、ギシギシ滑るみたいなんだけど…。
右矢印歯が磨り減って磨耗していることが考えられます。噛み合わせが低くなっている可能性があります。噛み合わせの調整をしてもらって下さい。
Q唾液が口から溢れてくるのですが…。
右矢印お口周りの筋肉が弛んでいると考えられます。お口周りの筋肉を動かし、筋肉を鍛えましょう。

様々な質問を受け、大変勉強になりました。ケアする側、ケアされる側どちらもそれぞれの悩みがあるようでした。
主催の世田谷介護者ネットワークの皆様、及び、共催のケアコミュ二ティ、せたカフェの皆様どうもありがとうございました。地域で、このような機会を与えて頂き感謝しています🎵

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
肺癌を患い、抗がん剤治療を続けている患者さん。薬の副作用で、お腹が弛くなることがあるそうです。歯科治療中に漏れてしまうことを心配され、おむつをはいていてもよいかと質問されました。勿論、OKです。歯科治療は、健康な方でも緊張する場です。まして、体調の悪いかたは尚更でしょう。わざわざ、言って頂いたことに感謝しています。
体調の悪いときは、無理に歯科治療を受ける必要はないと思います。治療を受けても大丈夫そうな時で、ちょっと心配な時は「おむつ」もよいかも知れません。

Q歯科治療中におむつをしてよい点は?
⭐ 緊張したとき、漏れの心配をしなくて済む。
⭐お腹が弛くても、慌てなくて済む。
⭐付き添いの方に気を遣わなくて済む。
⭐治療時間を気にしなくて済む。

サーチたかが「おむつ」❗されど「おむつ」❗
認知症の患者さん治療中は助かります❗
何かと緊張する歯科治療、特に認知症の方の場合は、その恐怖は大きいものでしょう。治療中におむつをして頂いたお陰で助かったことがあります。
緊張した瞬間に漏れたそうなのです。
しかし、慌てず治療を続けることができました。治療後、お手洗いに行くことができ、スムーズに治療を行うことができました。他の患者さんの迷惑にもなりませんでした。付き添いの方に「もしかして」とお伝えしただけでした。

病院緊急時に備えて
病院の場合は、「おむつ」の用意がありますが、歯科で「おむつ」の用意は聞かないように思います。必要な方は、予め自分でしてきますが、緊急時交換用のおむつも用意しておいたほうがよいかも知れません。

患者さんからの勇気ある発言には、考えさせられました。一見関係ないと思われる下の話。口は消化器官の入口です。そう思えば、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸へという流れも納得されるのではないかと思います。口から下まで、消化器官の入口と出口、両者は一つなのです。😅

いいね!した人  |  リブログ(0)