ほっこり 知恵袋

三軒茶屋の歯医者さん 下馬デンタルクリニックのブログです。詳しくはこちら⇒http://shimouma-dentalclinic.jp/


テーマ:

ベル糖尿病があると歯周病になりやすいの?


糖尿病で高血糖が続くと、免疫力が低下して歯肉が歯周病原菌に感染しやすくなります

一方、歯周病により、歯肉に炎症が起こると、サイトカインという血管刺激物質が作られます。これが血液中に入り、全身に広がるとインスリンの働きが弱くなり、高血糖になります。つまり、糖尿病が悪化するわけです。


   歯周病    リサイクル  糖尿病

炎症右矢印サイトカイン右矢印インスリンダウン右矢印高血糖右矢印免疫力ダウン 右矢印感染しやすくなる 


ベル歯周病治療の効果

歯周組織の改善により、血糖値のコントロールが良くなります。

糖尿病の検査値、ヘモグロビンA1c値が下がります。


*ヘモグロビンA1cとは?

ヘモグロビンは血液中のブドウ糖と結合する性質を持っています。

そのブドウ糖と結合したものの一部分をヘモグロビンA1cといっています。

つまり、この値が高いほど血液中のブドウ糖が多くあったことになります。

このヘモグロビンA1c値は過去1から2カ月の血糖状態を表すため、血糖値よりも正確に血糖状態を知ることができます。

ヘモグロビンA1c値の正常値は5.8%以下です。8%以上になると合併症の危険がありますので、要注意です。      


食事指導や血糖降下薬により糖尿病治療が行われると歯周病は改善されます。           

人気ブログランキング
いいね!した人  |  リブログ(0)

いつでもげんきですさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります