ほっこり 知恵袋

三軒茶屋の歯医者さん 下馬デンタルクリニックのブログです。詳しくはこちら⇒http://shimouma-dentalclinic.jp/


テーマ:

歯周病は関節リュウマチ患者の関節炎症を悪化させるという報告があります。

炎症性関節炎の患者を対象に歯周病のマーカーとなる残存歯数と疾患活動性の関連について第76回米国リュウマチ学会(2012年11月10~14日開催)で英国Birmingham大学のPaola de Pablo氏が発表しました。

「歯の残存歯数が少ないほど、疾患の活動性が高く、歯がまったくなくなった後も歯周病の影響が続くこと。また、何らかの炎症プロセスが関節炎に影響を及ぼしている可能性」が示唆されました。


歯がまったくない群と28本そろっている群を比較すると、「ない群」は発症率が1.9倍も高かったそうです。

発症後1年以内にステロイドを使用した割合も残存歯が少ないほど、高い傾向がみられたそうです。


「歯の本数とリュウマチについて」は以前ブログにてご紹介しました。

右矢印http://ameblo.jp/shimoumadentc/entry-11278313334.html


口腔ケアは口腔の位置が体の入り口になっていることから、細菌感染の発端しなっていると考えられます。皮膚とは、唇と接していますし、食道から胃へとつながっています。呼吸器とは、気道からつながっています。最も汚れやすい場所です。お口のケアを日頃から行うことは、様々な病気を予防することになります。リュウマチに限らず、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞などの予防になります。

口腔ケアは、全身疾患の予防と考えて頂きたいです。

健康寿命を延ばすことにつながります。

元気に長生きを、素敵な人生を送りましょう。音譜

人気ブログランキング
いいね!した人  |  リブログ(0)

いつでもげんきですさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります