ほっこり 知恵袋

三軒茶屋の歯医者さん 下馬デンタルクリニックのブログです。詳しくはこちら⇒http://shimouma-dentalclinic.jp/


テーマ:

治り難い口内炎の場合、全身の疾患や不定愁訴からきている場合もあるので、問診をしっかりしましょう。

今回は、漢方薬の「茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)が適応になった場合をお話します。

ひらめき電球問診

便秘傾向

イライラがあり

胃腸障害はなし。

口が渇く

口の中がねがねばする。味覚が変わった。苦い感じがする。

尿量は少なく、色は薄い。


ひらめき電球舌診

紅く、光沢がある。

乾燥している。


ひらめき電球視診

唇の乾燥、ひび割れ


茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)

作用

1.解熱、消炎作用

2.利胆作用

3.肝機能障害に有効

服用の仕方

食前、または食間に白湯がよい。水の場合は、冷えていないほうがよい。

7.5g/日、2週間ぐらいで様子をみます。状態を診て、期間を決めます。



人気ブログランキング
いいね!した人  |  リブログ(0)

いつでもげんきですさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>