ほっこり 知恵袋

三軒茶屋の歯医者さん 下馬デンタルクリニックのブログです。詳しくはこちら⇒http://shimouma-dentalclinic.jp/


テーマ:

口内炎に有効な漢方

歯科でも7種類の漢方が保険適応になりました。


1.リッコウサン 立効散..................................................歯痛、抜歯後の疼痛


2.ハンゲシャシントウ 半夏瀉心湯........................口内炎(便秘なし、口渇なし、吐き気あり)


3.オウレントウ 黄連湯................................................口内炎(便秘なし、口渇なし、胃痛あり)


4.インチンコウトウ 茵蔯蒿湯........................口内炎(体力があって、便秘の人)


5.ゴレイサン 五苓散...................................................口渇


6.ビャッコカニンジントウ 白虎加人参湯............口渇


7.ハイノウサンキュウトウ 排膿散及湯.................歯周病


ベル口内炎での適応があるものについて

ひらめき電球急性期(実証)の場合右矢印体中の熱により、心、胃、肝などの熱を冷ます治療が必要になります。

ひらめき電球慢性(虚証)の場合右矢印虚証の熱による体液の消耗などを補うため、補気剤として、補中益気湯、気血両補剤として、十全大補湯人参栄養湯などを飲んで体力の改善をはかるとよい。


難知性口内炎右矢印清熱補気湯など

抗がん剤の副作用で発生した口内炎右矢印半夏瀉心湯、十全大補湯、人参栄養湯など

歯科領域でも漢方が使えるようになったことで、口腔不定愁訴に対応できるようになりました。まだ、医科のように保険適応内の漢方が出せませんが、これから広がってくると嬉しいです。にひひ

人気ブログランキング
いいね!した人  |  リブログ(0)

いつでもげんきですさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります