LIVESTOCK STYLE

風琴工房詩森ろばのブログです。


テーマ:
岩手・秋田での4公演が終わりました。
6月1日~5日まで旅の最終地、
座・高円寺での幕が開きます。

園井さんの故郷 岩手町、
わたしの故郷盛岡、
県境を少し超えたところにある秋田県鹿角市、
そして沿岸の宮古。

移動し、幕を開け、
移動し、幕を開け、
体験したことのないような大ホールだし、
どうなることかと思いましたが、
スタッフさんたちの力量に支えられ、
どんなホールでも俳優が負荷なく声を通すことができ、
照明もシンプルだけれど作品に沿いそれはそれは美しく、
俳優たちも雄々しく戦ってくれました。


どんな公演も、
それはひとつひとつが特別で、
どれかを伝説だなんて言いたくはないけれど、
忘れてしまわないうちに、
宮古での公演のことを書きたいと思います。


会場となった宮古市民文化会館は、
海のすぐそばにあります。
当然津波の被害に遭い、休館を余儀なくされました。
そのように被災した会館としては
いちばん最初に、
それでも3年8か月かけて復旧し、
再オープンしたのだそうです。


わたしは、せっかく宮古まで行くのだから
お隣の田老町で日本最初の震災遺構となった
たろう観光ホテルに行こうと思っていました。
田老は小さい頃、何度も海水浴に行った場所です。


食事会までどう過ごされますか、
と会館の館長さんに聞かれ、
田老を回るつもりです、と言ったところ
車で連れて行ってくださる、ということになり、
急きょメンバーを募ったところ、
熊坂さんが行くというので同乗して
田老に向かいました。
3.11当時は市役所職員で避難所担当をされたという
館長さんにいろいろお聞きしながら
被災地を回りました。
途中で、わたしは知らなかったのですが、
学ぶ防災「語り部ツアー」
に申し込んで参加していたザンさん、林田さんに
行き会い、いっしょに語り部さんのお話を聞くことができました。






たろう観光ホテルです。
小さい頃、おそらく泊まったことがあります。
こんなちいちゃかったかな。
この6階で、「学ぶ防災」ツアーに申し込んだひとだけが
見ることができるという、
まさにその窓から撮ったという津波の映像を見せていただきました。
水門を見に行ってそのまま亡くなったという消防車、
上着を取りに帰って間に合わなかったというおばあちゃんも
映り込んでいました。
津波の映像をじつはわたしはあまり見ていません。
もちろん機会があるときは拝見してきましたが、
テレビのニュースで自分の身を危険に晒されることなく
結果だけを享受することに違和感があるからです。
9.11以来意識的にそうしてきました。
そういう映像を見るときは、
ドキュメンタリー映画など、
きちんと見る意思を持ってみるように。


まさにその窓から撮ったその部屋で映像を見る、
そうでないと公開させない、と言ったホテルのご主人の
素晴らしいご英断だと思いました。
わたしたちはまさに、
身を切られるような思いでその映像を体験しました。
語り部さんの5年経ちましたが、
むしろ辛くなっています、という涙をたたえながらの優しい笑顔に
自分たちがこれから行う芝居の時間が見えました。
この場所で、この芝居をやるんだと身が震えました。
とくべつな時間でした。






これはその窓から、
壊れてしまった第一堤防を見る
園井恵子役 林田麻里と
仲みどり役 ザンヨウコ。
ふたりは田老の駅でやはり今回の出演者である
坂元さんとすれ違ったそうです。


前日、田老を訪れる前に寄った会館は、
横に広くて、広漠としていて、
これはちょっとタイヘンかもしれないな、って
演出家として軽く思っただけでした。
宮古での公演には岩手県出身者として特別な思いは
もちろんありましたが、
田老に行ったあとも会館に対して心持が変わったりは
していませんでした。


しかし次の日、
俳優も入れてのたった1時間半の場当たり。
その最初が始まったときにわたしは気づいたのです。


会館が、その大ホールが、観客なのです。
わたしたちの芝居を、
どんなものかと見ている、
寄り添ってくれている、
これはとくべつな時間が始まるんだな、と覚悟しました。


スピリチュアルなことにはあまり縁のないほうだと思います。
しかし、傷つき、そしていままだここに建っている
この建物のためにも、
いいお芝居がしたいと思いました。


館長さんがほんとに観客が少ないんです、と
心配されていましたが
前日聞いていた人数の約倍のお客さまに来ていただきました。
年配の方が多いので、
どの会場でも多少の出入りは覚悟しているのですが、
そうとう集中してみていただいたような気が致します。
後半で席を立たれる方はほとんどいませんでした。


とあるシーン以降。


わたしと演出助手の大野は
いつでも最後列から芝居を観ているのですが、
この会館全体が、舞台でしかありませんでした。
客席に負けるとさえ思いました。
ここでのこの上演をちゃんとイメージできていたら
むしろ書けないセリフがたくさんありました。
それを言わなくてはいけない俳優たち。
ひとつひとつのセリフに、
未熟でもいい。せめて真実であってくれ、と
この観客たちに嘘だけは聞かさないでくれと祈りました。
身じろぎもせずにお客さまたちは見ていてくれました。


俳優たちも戦っていました。
昨日、田老を体験した麻里ちゃんの目が違いました。


これから見るお客様があるので詳しくは書けませんが、
ある俳優はこの場所で言うには苛酷すぎるセリフをひとつ
もっています。
そのシーンが安定していなかったのもあり、
場当たりでそのシーンだけはきちんと抜いて稽古してありました。
あれほど集中して俳優を見つめていたのは
長い演出家生活でもそうはないと思います。
素晴らしかった。
決まった瞬間をすべての俳優と共有できたのではないかと
思います。
お客さまからはありがたいことにこの地でも、
客電がついても鳴りやまぬ拍手でダブルコールをいただきました。



終演し、楽屋前の廊下で、重責を担った俳優に、
「ダイジョウブだったよ。」と言った瞬間、
その俳優は泣き崩れました。
抱き合いました。
ドアを開けた瞬間、楽屋も粟立っていました。



東京が旅の終わりなのか帰ってくる場所なのか
わたしにはわかりません。
でも旅の一座の話を書いて、
旅をして戻ってきて、
最後の場所が東京である、
わたしたちは戦いぬかねばなりません。


どうぞどうぞ見にいらしてください。
わたしたちの演劇の時間と旅の時間。
ふたつを携えてお待ちしております。





AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
稽古していた岩手町には宿泊施設がなかったため、
毎日、岩手銀河鉄道で公演会場のいわて沼宮内「森のアリーナ」まで
通いました。






どーですか。この景色。


しかし毎日毎日、一瞬で日々は過ぎていくわけです。
行き帰りの電車のなかはみんなホンを開いて、
話したり、打ち合わせしたり。
カッコつけてる場合じゃなかったね。
稽古毎日この倍くらいやりたい、
そんなコトばかり思っていました。


そんななか、
残響がどうにもならない体育館みたいなホールで
ちゃんとセリフが聞こえるところまでタクヘイさんが
音響デザインしてくれて、
美香ちゃんが、
想定なんか遥かに超える綺麗な明かりを作ってくれて、
初日を開けることができました。


俳優も頑張ってくれました。


心配されていたお客さまの入りも、
あんな山のなか、超満席で、
舞台がカットアウトで暗転になった瞬間に拍手が巻き起こり、
客電がつき、
ドアが開いても鳴り止まぬ拍手でダブルコールをいただきました。


終演後の打ち上げで、
田植えのシーズンで、兼業農家が多いので、
土日は田植え、心配したのですがたくさん入ってというご挨拶を聞き、
来てくださった方々に改めて感謝しました。


しかし、いつでも厄介なのは自分のなかの
厳しすぎる基準値です。
キッチリ開けたつもりの初日ですが、
まだまだ先を目指します。
磨いていきます。
次はわたしの育った盛岡の公演。
わたしの怠惰で
疎遠だった故郷の友人たちも来てくれるようです。
2階以上は閉じるとはいえ、2000人収容のホールです。
あのコンサート、この演劇、
高校生のわたしの文化に対しての餓えを
唯一癒してくれたこの会館で、
いい公演をやりたいです。
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京での最終稽古が終わりました。
初回通しをして、
もうここでは通しはできないかな、と思ったくらい
いろいろやること満載だったのですが、
前日の長い時間かけて芝居とテクニカルの問題点を洗う稽古を経て、
最後にもう一回、
通すことができました。
もちろん問題はまだまだあるのですが、
美しい通し稽古をすることができました。
一か月間、わたしたちを見守ってくれた稽古場に、
いいお芝居を見せることができてよかったです。


信頼できる俳優たちがたまたま稽古に来てくれて、
最終通しを見守ってくれていたのですが、
終わった瞬間、
「これはものすごいよ。」
と言ってくれました。
わたしはひとの褒め言葉に踊らないほうだと思うんですが、
素直に嬉しかったです。


俳優がよかったそうです。
わたしもそーかなー、とは思っていたのですが、
このひとたちが言うなら間違いないだろう、と思いました。


ものすごいタイヘンな
主催側が遠隔地なこともあり、
恐ろしい美術プランのせいで、
稽古時間も読めないため、
全員稽古場に缶詰になってもらって、
孤島のような稽古。
信じられないくらい献身的にやってくれて、
これをプロデュース公演だなんてカンタンに言わないで欲しい。
ひとりひとりの演劇への愛を捧げざるえない演目ではあるんだけど、
それをちゃんとプロとして遂行してくれました。
そこに和はできますよ。それを和っていうんだと思うんですよ。


おひとりおひとり紹介したいけど、
岩手行ったらいちおうパソコンはあるけど、
できるかまったく自信がないので駆け足で。


ラッパ屋福本伸一さん。
始めてご一緒しますが、
老舗劇団の創設メンバーとして活動されていることもあり、
今回のプロデュース公演らしからぬ
劇団力の中心になってくださったと思っています。
演劇が好きで、映画が好きで、俳優であることを愛してらっしゃいます。
名優丸山貞夫役。
みんなガンさんが大好きなんじゃないかな。


ザンヨウコさん。
長く仲良しですが、舞台ではお初です。
思った以上に人とのあいだに垣根がないひとで、
わたしも稽古場でいつもザンさんを探してしまいます。
彼女がいてくれるだけでみな安心するんじゃないかな。
男まさり、ガサツ、気のいいと評される仲みどりさんを
演じてもらいます。
これがまたステキすぎるくらいステキでさ。
新機軸にして真骨頂。
今回のザンさん。必見ですよ。


大石憲くん。
わたしの本公演は2本目です。
本格的な歴史劇に苦戦しつつがんばってくれています。
ここでひとふんばりできれば
俳優としてまた大きな一歩を刻めるんじゃないかな。
そして、この膨大な美術を扱う隊長として
ほんとに頑張ってくれました。
報われるものにしたいと思っています。
生き残ってしまう槇村浩吉役です。


畠山泉ちゃん
岩手のオーディションからの参加です。
歯に絹着せぬわたしの演出でかなり鍛え上げました。
ビックリしたんじゃないかしら。
でも彼女が岩手に演劇のノウハウを多少でも持ち帰らないと
意味のない企画とも言えますからね。
稽古終盤でバンッとプレイクしたとき、
稽古場みんなが勇気づけられたと思います。
そういうことを喜んでくれる座組です。
島木ツヤ子役を演じます。


竹鼻優太くん。
同じく岩手のオーディションからの参加です。
いちばんキャリアがない俳優で、
最初は立ってることさえおぼつかなく
どーなることか、と思いましたが、
知らないだけってすごいよね。
スクスクドンドン育っております。
最年少、高山象三役。
キリリとした面差しの実在する高山さんとは
ちょっと似てませんが、
優太は優太らしいしょうちゃんとして
ノビノビやってくれると思います。


庄崎真知子ちゃん。
稽古場をお借りした銅鑼のメンバーです。
細々稽古場管理をしてくれました。
早く来たいひと、遅くまで残っているひと、
対応、ほんとにたいへんだったと思います。
銅鑼でずーっとやってきて、
こういう外部の座組ってそんなにないのではないでしょうか。
不器用で、でも誠実で、
とてもとても頑張ってくれているので、
この体験が彼女のキャリアにとって大切なものとなるよう
わたしもしっかり手を携えていきたいです。
島木ツヤ子の母役で親子で被災する笠絅子役です。


熊坂理恵子ちゃん
彼女の芝居に注目したのは、
「長い墓標の列」というお芝居でした。
学者たちの確執を描いた、女性が少ない芝居で、
でも那須佐代子さんと共に、
女性がとても印象に残るお芝居でした。
この役をこんなふうに演じることができるなんて、
と思い、ようやく念願叶ってご一緒しました。
クマちゃんは、ホンに忠実で、相手役にしっかり息を合わせられる
いそうでいない女優さんです。
今回誘って巡り敢えてほんとによかった。
槇村の妻で、スタッフとして同行し、被災する、小室喜代役。
わたしの真ん中とも言えるシーンを演じてくれます。


万里紗ちゃん。
たったふたり現代を生きる、そのうちのひとりを演じます。
岩手の新聞記者役です。
アメリカ人と日本人のハーフで
だから当たり前かもしれませんが、
原爆のお芝居にかかわるのは複雑だったそうです。
ければその複雑さまで役に取り込み、
とてもステキなお仕事をしていただいています。
昨日来た俳優から彼女のとあるシーンを褒められましたが、
そこは動線も含め彼女のアイデアです。
知性と感受性のあるとてもステキな女優さんです。
岩手タイムス記者、吉田雅子を演じます。


坂元貞美さん。
この方が万里紗ちゃんと共に外枠をガッチリ担ってくれたからこそ、
真ん中のさくら隊の人たちが安心して暴れることができています。
はじめてご一緒しましたが、
どの役をやっても自分自身。
でもどの役もその役でしかない、という稀有な俳優さんなんだな、
と思います。
いや。もう坂元さん。見てください、としか言えないです。
チャーミングな座組ですが、
そのチャーミングのさらに9割くらいが坂元さん由来です。
見に来た俳優は、冒頭のシーンから坂元さんのせいで
涙が止まらなかったそうです。
さくら隊の生き残り、佐竹昭夫役を演じます。


酒巻誉洋さん。
言わずとしれた風琴工房のレギュラーにして、わたしのエースです。
今回の役は、わたしとマッキーでやってきたものの
第一期の集大成になるんじゃないかな、って勝手に思ってます。
第一期っていまのいま急に思ったんですけどね。
どんなしちめんどくさいオーダーをしても、
ガッチリ具現化してくれて、
わたしの言葉が通じる俳優が稽古場にいるってほんと、
素晴らしいことですね。
歴史です。
ラストは期せずして原爆の巡礼者となる、
さくら隊の演出家、八田元夫さんを演じます。
ある意味主役。必見です。


林田麻里ちゃん。
タイトルロール園井恵子を演じます。
自分と園井さんは違う違うと言ってますが、
前のめりで、生真面目で、可愛らしくて、
もうわたしのなかでは園井さんが麻里ちゃんに変換されており、
実際の園井さんが目の前に現れたらなんか違う、って
思ってしまうような気さえします。
本末転倒ですが、そのくらい、
現前させてくれているということだと思います。
この園井さんなら、と男優も女優もついていきますよね。
背負いすぎてしまっているものを少しだけラクにしてあげて、
さらにステキな園井さんを岩手でお披露目したいと思います。
AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝食に踊ってから、
朝食のことなんて考えるヒマもなくなるのに時間はかかりませんでした。
「残花-1945 園井恵子 さくら隊-」絶賛稽古中。
「insider-hedge2-」企画進行中。
そのほか必要があって真夜中に私塾的な稽古場が。
最後のサラッと書いたけど異常な状態でございます。
その間に岩手まで情報宣伝に行ったりなどしておりまして、
一日がマジ一瞬で過ぎ去る。


まずは残花の稽古について書かなくては。


残花は上演稿の脚本が一か月前くらいにはあったとは言え、
膨大なセリフ量があり、
技術的にもタイヘンな戯曲です。
しかし、舞台美術がもう、
これはもう、
イリュージョンとも言うべきもので、
死闘になるのも最初からわかっていました。
なので、セリフ入れてから稽古来てください、
と始めに言いました。
わたしとしてはわりと異例なことです。
稽古場で解釈しながらゆっくり入れるほうが好きだからです。


しかしそんなコトしていたら絶対間に合わない、
と思いました。
そしてそれはまったく正しかったのですが、
なので、
稽古2日目には
本番用の舞台美術を稽古場に入れてもらってもいたのですが、
わたしも模型で
すべてのシーンを組み立ててから稽古場に入ったのですが、
そこまで準備万端でもエンジョの紗亜耶ちゃんが事前に練ってくれた
稽古計画が絵に描いた餅であったことに気づくのに
そうはかかりませんでした。


告白致しますと、
稽古始まって今日で半月が立ちましたが、
まだ最後まで到達することが出来ていません。


俳優は最初の立稽古で
ほぼ完ぺきにセリフを入れてくれているばかりでなく、
きちんと準備してくれているうえに、
技術も高いので、修正も早く、
ほとんど返し稽古の必要さえないくらいす早く
完成度の高いシーンを作ってくれるにも関わらず、です。
(もちろんフツーに激しいサジェスチョンが飛ぶシーンも
ありますけどね)


ではいったいなにをしているのか、というと、
ひたすら美術を組んでいるのです。


積み木的なものを組み合わせて舞台を作っていく、
といえばなんとなく理解していただけるとは思うのですが、
その積み木が、
なんというか、そう、トリッキーすぎるんです。
そーゆーオモチャ大好き、大好物のわたしが、
プランの段階で息切れして、
模型を投げ捨てそうになったくらいです。


いままで史上最大の作戦だったのは、
おそらく「penalty killing」だと思います。
アレはアレで、
一日中試合シーンを作り、
じゃあ今日作ったトコ通しましょう、
と言って通してみると5分作れてなかった、
などという絶望を何度も味わいながら作った作品ですが、
美術的には基本としては「回るだけ」ですからね。
今回は自由度が宇宙規模とも言えます。
無限。エターナル。


タイヘンという意味では「hedge」のどこでもドア美術もタイヘンでした。






無頼茫々のカラクリ屋敷もハンパなかった。







しかしそんなの子供の遊び道具みたいなものでした。
今回に比べたらまったくどうということもない。
しかもただの転換シーンではなく、
セリフと絡み、
音楽と絡み、
複雑怪奇。
最高難度。


隊長を任命された大石憲くんと、
どういう能力なのかよくわからないけど、
天才的な仕切りを見せるエンジョサアヤが
全力で取り組んでくれ、
俳優たちも信じられないくらいの献身的にやってくれているのに、
比喩でなく、
まったく進みません。


前の日に、
ここまで作ったから明日はシーン稽古だね、
と帰り、
シーン稽古を始めた途端に、
アレ、これ、次のシーンの美術のテも作っとかないと
稽古にならなくない?
と気づく絶望。


でもおかげで、
なんだかものすごい結束力が
最短飛行時間でできつつあります。
参加してくださる方々のパーソナリティも重なり、
俄かの座組とはとても信じられない。


愛のある座組です。


これでいい演劇ができないわけがない。
公演までまだ間がありますが、
まだ最後まで場面も作れていませんが、
ぜったいいいものになると確信しています。


どうぞ、ぜひいらしてくださいませ。


それにしてもなー。
フツー、美術家が、
ここはこう組み合わせてこういうシーンにしますって
基本プラン提示してくれるものだと思うんですが、
中心となるべきものの完成形だけ示して、
あとはヨロシク、わかるよね、的な
雑な渡され方をされ、
わたしも稽古場も死闘に近い戦いをしているのに、
きっとまた至さんが世間様から超ホメられるんだろーなー。
ま。しょうがないよね。
天才だからね。
天才なのは疑う余地がないですからね。


でもそんな至さんの美術のなかでも、
「国語の時間」で読売演劇大賞最優秀スタッフ賞あげちゃって
じゃあなんの賞をあげたらいいんだろう、と
と思うほどの天才美術が今回です。
自分以外の演出家がこのプラン貰ってたら
ぜったいに悔しい。嫉妬する。
この作品で、
これより凄い美術なんてぜったいない。
美術見るためだけにチケット代払っても損はない。
だから美しく使ってみせる、と、
と真剣に思っています。


もちろんそんな美術にぜったい負けないお芝居を作りますケドね。


大好きな舞台が作られつつあります。
わたしたちの作る2016年のさくら隊にどうぞ合いにいらしてください。
公演情報はコチラから。


熱弁をふるってたら書こうと思ってた
「insider-hedge2-」の優先予約が今日までですよ、
っていう情報が超蛇足なカンジになりました。
でも書きます。
今日の22時までです。
どぞどそ。こちらもひっそり、
いやいやジャジャンとヨロシクお願いいたします。
面白くならないワケがない、とダイタンに宣言しちゃいますよ。
特設サイトがコチラから。
チケット予約がコチラから。


いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
と、いうか、朝食に踊らされております。


冷蔵庫を整理し、朝食セットを作ってから
朝食の充実のことぱかり考えるようになりました。
ツイッターを見ると、
園井恵子さんのお芝居、朝食、園井恵子さんのお芝居、朝食
の無限ループです。


マーマレードも作りました。
ちょっとだけ遠くまでいい卵を買いに行きます。
出先では、このあたりに美味しいパン屋がないだろうか、
と検索をする習慣がつきました。


で。まずは。
トーストの焼き加減が気になって仕方なくなりました。
わたしは小さい頃からトーストが好きで、
食パンには一家言持っていました。
しかし現在の環境では、
電子レンジのトースト機能で焼くしかありませんでした。
ハッキリ言って美味しくない。
いいパン買ってもやや無駄なカンジ。


それもあって食パンを食べなくなっていましたが
自分のなかでトースト大ブームが来てしまったので、
毎日その焼き加減について心を痛めていました。


で、
ポップアップトースターを買おう、と
思い立ちました。
うちにはガスオーブンもあるし、電子レンジもあるし
オーブントースターはオーバースペック。


で。調べに調べました。
デロンギのケーミックスが、
ルックスも機能もいいカンジです。
しかし、これではイギリスパンが焼けないのです。
角型ももちろん美味しいですが、
美味しいイギリスパンのトーストは格別です。
焼けないと意味がない、そう思いました。


ポップアップトースターのことなんて
何十年も思い出しもしなかったのに、
調べに調べました。
まあそういう体質なんでしょうね。
いまやたいていのブランドと値段が頭に入っています。


で。ここに書いても仕方ないような
いろんなことで悩んだあげく、
ラッセルホブズというブランドの
トースターを購入しました。





これです。
シンプルで、冷凍焼き機能もついてるし、
多少ペコペコしてますが、
可愛らしいです。
もちろん電子レンジとは比べものにならないカンジで
焼きあがります。
上をみたらキリがないのはわかっていますが、
このお値段なら大満足です。



そして次は食器です。


パンと巣ごもり卵をべつべつに盛っているので、
何往復もしなくてはならなくて、
不便なので、ワンプレートだとステキだと
思いました。
でもいざ買うとなるとなかなかないものです。


別なものを探していて、
とあるネットショップでこれならいいかも、
というものを見つけました。
そら豆型のプレートです。
お揃いのスープマグもありました。
悩みました。
しかし、いまでも十分楽しい朝食に、
スープがついたらどんなにか楽しいだろう、と思いました。
そして、スープマグが来れば
わたしはスープを煮たがるのです。
朝食のためでなくても夕食にスープを煮て、
朝、その残りを食べる。
このスープマグで。
スープがない日はサラダを盛ったり
ヨーグルトを盛ったり
フルーツを切ったりすればいい。


ステキなんじゃないか、と思いました。


そして、ごく最近、
超お気に入りのマグカップの柄が割れてしまいました。
悲しすぎて、ぜひお気に入りを見つけないと、
と思いました。
やはり探しに探して、
これならいいかも、というマグを見つけました。





これです。
イメージよりやや小ぶりでしたが、
飲み口のところが薄くなっていて、
とても飲みやすくかわいらしいマグでした。
満足です。


そして、そら豆型のプレートとスープマグがやってきました。
待ちきれない思いでした。
もちろん届く前日にはスープも煮ました。
このスープは、
お味噌を隠し味にしたホワイトシチューです。
カブがトロトロ。






全景です。


自宅の朝ごはんとはとても思えないありさまになっていますが
満足です。










こんな自己満足、
誰も興味がないだろうことは予測がつきますが、
食器写真を最後に置きます。
明日は新玉ねぎの丸ごと煮を
作るつもりです。

いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。