LIVESTOCK STYLE

風琴工房詩森ろばのブログです。


テーマ:
なにしてたのかしら。前回のブログが残花東京初日。
びよっと時間が過ぎ去ったなあ。。。


おかげさまで、残花は連日満員御礼で、
得難い夢のような時間を過ごしました。
ラクできない演目で、
ラクするつもりももちろんないんですけど、
ひさしぶりだ。このズッシリとしたカンジ。
原爆の恐ろしさも、戦争の無意味さも、
それはもちろん伝えたいことではありましたが、
死の直前まで彼らが生きて、笑って、ごはん食べて、
畳のうえにゴロっと寝転がって、
演劇やって、演劇が大好きで、
初日があったら初日までは生きていたいなと願い、
初日があけたら楽日までは生きていたいなと願い、
楽日が終わったら、次の初日までは死ねないと思う。
そうだ。ちょうどいまのわたしとまったく同じ毎日を
送っていたんだ、と、それをいちばん描きたいと思い、
多くのお客さまがそういうふうに受け止めてくれて、
とくべつな作品になるんだろうな、と思ってましたが、
思った以上にとくべつで、
ちょっとまだまとめる言葉が浮かびません。
彼らがやっていたのは戦意高揚のための移動演劇。
でもそこに対しての総括は敢えて書きませんでした。
政治意識の高い彼らが、
その反省を生かして作るはずだった戦後の時間も奪った原爆。
じっさいにそのように必死で戦後に書いた三好十郎のことを
死者となる丸山と生き残った八田が思うシーンにわたしの思想は
留めました。


でもホントにいい座組で、
毎日劇場行くのが楽しかった。
座組の皆さんには感謝しかありません。


あれ。長くなりました。
来てくださったお客さま、ほんとうにありがとうございました。
岩手、秋田、東京で3000人ほどに見ていただいたそうです。
わたしの作品としてはもちろん過去最高の集客です。


そして。終わったら記憶にないくらいカラダがドロドロで、
内臓までビッシリ疲労がたまっているカンジでしたが、
必死でinsiderの執筆をしていました。
わたしにしては珍しく稽古入りまでにホンが上がらず、
連載小説のように持っていき、稽古4日目。
完本いたしました。


みんなラストは知らない状態で通し読み。
ラストが近づくにつれ、
ただごとならない雰囲気が漂いだし、
みんなまっすぐただただテキストを見ています。
あれー。つまんなかったかしら・・・と心配してたら、
涙もろいでお馴染みの主演男優、
某ヒロオさんがティッシュを取り出しました。
とはいえ、あとで聞いたら皆決壊寸前だったそうです。


おわったら口々に、
「ヤバい。これヤバい。」
と大騒ぎになっていました。


あー。よかったー。
脚本家としては、ちょっとホッとしたよー。
俳優はね。呼ばれた以上、
ホン気にいらないんで、とはなかなか
降りられないものですからね。


それにしても。
遅れたのになんですが、
続編楽しかったなー。知識は十分だし、
キャラクターも関係もできてるし、
前回からここがこう変わって、というのもとても楽しい。


でもご安心ください。
続編からの方もまったく問題なく楽しめるようになってます。
そして初演見てる方は初演見てるからこそ、
ますます面白いハズです。


かんちゃんがツイッターで、
「hedge続編」じゃなくて「hedge本題」
と言ってくれてました。
まさに。


ここ、自分のブログだからちょっと俺様発言しますと、
わたし、今年、超ノッテルかもですね。
次に執筆控えてる流山児★事務所「OKINAWA 1972」も
年末の風琴新作「4センチメートル」も、
おもしろくなりそうな気がして仕方ないです。
題材選びが全てだなー。
題材が好きならやれるんだよなー。
あと、じつは、最大の苦手分野であった、
PENALTY KILLING書けたのが作家としては大きいかもですね。
体育会系男子の熱い物語に比べて苦手なものなんて
この世にありませんからね。
にも関わらずお客さまに愛していただいて。
頑張って書かなきゃな。命がけで書かなきゃなって。


というわけで、冷やし中華とほぼ同期して、
insider始めました。
特記事項としては、
初演でお馴染みアレもあります。
そして、座席数がスズナリの約半分。
15ステあるからと安心してるとアッと言う間かなって思います。
どうぞチケット確保はお早目に。



特設サイトはコチラ
チケットはコチラ



お待ちしております!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ツアーファイナル地であるのだから、
もうサッと仕込んで、
場当たりして、
ゲネやって、
ちょっと返して本番。


となるハズでした。



しかしですね。
座高円寺と他会場は、
まったく違う構造で、
大ホール公演だった岩手・秋田から
座席数も10分の1とか5分の1とか。
額縁舞台から額縁なしの見下ろし舞台へ。



場当たりして、
最後のほうは細かい変化なのでゲネで見て修正します、
となってゲネプロ。


ダメでしょ。コレ。
って思いました。
ツアーでやってたものが、
まったく通用しない。
世界が出現しない。


わかってはいたけど。
想像を遥かに超えてる。


スタッフだめ出しありますか、
と言われて
「とあるシーン以降、全部です。」
と通達。
騒めくスタッフたち。


でも全部だから。。。
しょうがない。。。


芝居のほうも。


「とあるシーン以降、全部です。」


騒めく俳優たち。


でも、事実だから。。。
しょうがない。。。


俳優曰く、
そのシーンの音と灯りがあまりにツアーの印象と違ったから、
というのもあるらしい。
なんとかしなくちゃ。
考えなくちゃ。


というワケで、
本番当日。


朝からわたしも立ち合いで灯り作り。
音作り。
照明ツアーチーフの丸さん。
そして盤石のピンスポットチームで、
わたしもこの灯り足したらどうなりますか、
パーカンつけるとどうなりますか、と
あーでもない、こーでもない、
あ。ここ仕込んでみましょうか、
とほんとに献身的にやっていただき、


音も、
このスピーカーからも出して、
エフェクト足して、
と、
こちらもツアーチーフの亮さんと総力戦。
音も灯りもカンタンなものなら仕込める演出家としての
技術をすべて使いきりました。



その後、ガッチリ返し稽古。
ツアー4か所回ってきたあとの初日で
3時間返し稽古って、
それどうなってるの、
という苛酷な稽古をしました。
仕上がってなかったワケじゃないですよ。
でもさらにうえを目指して。
細かすぎる修正をかけていきます。
音階。声量。間。


今回、女優陣のヘアアップや着付けもやっているのですが、
主演の麻里ちゃんとは着付けしながらも、
懸案となっていたセリフの調整。
みな芝居のことしか考えてないです。
アタマ、オカシイです。
(ひとつだけ言い訳。着付けやや着丈短めで着つけてますが
旅の一座だからです。ワザとですよ。着付け師としては
え。着丈短くない?って思われそうで心配。笑。)



そして、本番。



いつも通り最後列から見ていたわけですが、
もちろん本番ならではのアレコレとか、
俳優ごとのアレコレとかいろいろあるにせよ、
座高円寺にチューニングを合わせた
本番をすることができたと思います。
麻里ちゃん懸案のセリフもあまりに可愛らしく決まり、
今日は離れたところで見ているエンジョのサアヤちゃんが
きっと嬉しそうに笑っているだろうなって、思いました。
終演後、スタッフチームには、
舞台を守ってくれてありがとうございます、
と心から頭を下げました。


残花、高円寺バージョン。初日に
ちゃんと初日を迎えることができました。


ちょっと前まで不安だった客席も、
超満員のお客さまに来ていただけました。


暗転と同時の拍手。
そしてありがたくもダブルコール。
俳優たちがすべてを使い切っていました。
美しかった。


おかげさまで、
本日も残席僅かとなっているらしいです。
その後については集計がおっつかないほどの増え方を
しているようです。
4日昼は完売、当日券のみとなっています。
5日昼もそろそろ完売と聞いております。
3日、4日夜がまだダイジョブなのかな。
いずれどの日もお急ぎください、となっております。


今日もちゃんと返し稽古をしてから本番臨みます。
素晴らしいメンバーです。
この俳優たちを見てほしい。


座・高円寺でお待ちしております。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
岩手・秋田での4公演が終わりました。
6月1日~5日まで旅の最終地、
座・高円寺での幕が開きます。

園井さんの故郷 岩手町、
わたしの故郷盛岡、
県境を少し超えたところにある秋田県鹿角市、
そして沿岸の宮古。

移動し、幕を開け、
移動し、幕を開け、
体験したことのないような大ホールだし、
どうなることかと思いましたが、
スタッフさんたちの力量に支えられ、
どんなホールでも俳優が負荷なく声を通すことができ、
照明もシンプルだけれど作品に沿いそれはそれは美しく、
俳優たちも雄々しく戦ってくれました。


どんな公演も、
それはひとつひとつが特別で、
どれかを伝説だなんて言いたくはないけれど、
忘れてしまわないうちに、
宮古での公演のことを書きたいと思います。


会場となった宮古市民文化会館は、
海のすぐそばにあります。
当然津波の被害に遭い、休館を余儀なくされました。
そのように被災した会館としては
いちばん最初に、
それでも3年8か月かけて復旧し、
再オープンしたのだそうです。


わたしは、せっかく宮古まで行くのだから
お隣の田老町で日本最初の震災遺構となった
たろう観光ホテルに行こうと思っていました。
田老は小さい頃、何度も海水浴に行った場所です。


食事会までどう過ごされますか、
と会館の館長さんに聞かれ、
田老を回るつもりです、と言ったところ
車で連れて行ってくださる、ということになり、
急きょメンバーを募ったところ、
熊坂さんが行くというので同乗して
田老に向かいました。
3.11当時は市役所職員で避難所担当をされたという
館長さんにいろいろお聞きしながら
被災地を回りました。
途中で、わたしは知らなかったのですが、
学ぶ防災「語り部ツアー」
に申し込んで参加していたザンさん、林田さんに
行き会い、いっしょに語り部さんのお話を聞くことができました。






たろう観光ホテルです。
小さい頃、おそらく泊まったことがあります。
こんなちいちゃかったかな。
この6階で、「学ぶ防災」ツアーに申し込んだひとだけが
見ることができるという、
まさにその窓から撮ったという津波の映像を見せていただきました。
水門を見に行ってそのまま亡くなったという消防車、
上着を取りに帰って間に合わなかったというおばあちゃんも
映り込んでいました。
津波の映像をじつはわたしはあまり見ていません。
もちろん機会があるときは拝見してきましたが、
テレビのニュースで自分の身を危険に晒されることなく
結果だけを享受することに違和感があるからです。
9.11以来意識的にそうしてきました。
そういう映像を見るときは、
ドキュメンタリー映画など、
きちんと見る意思を持ってみるように。


まさにその窓から撮ったその部屋で映像を見る、
そうでないと公開させない、と言ったホテルのご主人の
素晴らしいご英断だと思いました。
わたしたちはまさに、
身を切られるような思いでその映像を体験しました。
語り部さんの5年経ちましたが、
むしろ辛くなっています、という涙をたたえながらの優しい笑顔に
自分たちがこれから行う芝居の時間が見えました。
この場所で、この芝居をやるんだと身が震えました。
とくべつな時間でした。






これはその窓から、
壊れてしまった第一堤防を見る
園井恵子役 林田麻里と
仲みどり役 ザンヨウコ。
ふたりは田老の駅でやはり今回の出演者である
坂元さんとすれ違ったそうです。


前日、田老を訪れる前に寄った会館は、
横に広くて、広漠としていて、
これはちょっとタイヘンかもしれないな、って
演出家として軽く思っただけでした。
宮古での公演には岩手県出身者として特別な思いは
もちろんありましたが、
田老に行ったあとも会館に対して心持が変わったりは
していませんでした。


しかし次の日、
俳優も入れてのたった1時間半の場当たり。
その最初が始まったときにわたしは気づいたのです。


会館が、その大ホールが、観客なのです。
わたしたちの芝居を、
どんなものかと見ている、
寄り添ってくれている、
これはとくべつな時間が始まるんだな、と覚悟しました。


スピリチュアルなことにはあまり縁のないほうだと思います。
しかし、傷つき、そしていままだここに建っている
この建物のためにも、
いいお芝居がしたいと思いました。


館長さんがほんとに観客が少ないんです、と
心配されていましたが
前日聞いていた人数の約倍のお客さまに来ていただきました。
年配の方が多いので、
どの会場でも多少の出入りは覚悟しているのですが、
そうとう集中してみていただいたような気が致します。
後半で席を立たれる方はほとんどいませんでした。


とあるシーン以降。


わたしと演出助手の大野は
いつでも最後列から芝居を観ているのですが、
この会館全体が、舞台でしかありませんでした。
客席に負けるとさえ思いました。
ここでのこの上演をちゃんとイメージできていたら
むしろ書けないセリフがたくさんありました。
それを言わなくてはいけない俳優たち。
ひとつひとつのセリフに、
未熟でもいい。せめて真実であってくれ、と
この観客たちに嘘だけは聞かさないでくれと祈りました。
身じろぎもせずにお客さまたちは見ていてくれました。


俳優たちも戦っていました。
昨日、田老を体験した麻里ちゃんの目が違いました。


これから見るお客様があるので詳しくは書けませんが、
ある俳優はこの場所で言うには苛酷すぎるセリフをひとつ
もっています。
そのシーンが安定していなかったのもあり、
場当たりでそのシーンだけはきちんと抜いて稽古してありました。
あれほど集中して俳優を見つめていたのは
長い演出家生活でもそうはないと思います。
素晴らしかった。
決まった瞬間をすべての俳優と共有できたのではないかと
思います。
お客さまからはありがたいことにこの地でも、
客電がついても鳴りやまぬ拍手でダブルコールをいただきました。



終演し、楽屋前の廊下で、重責を担った俳優に、
「ダイジョウブだったよ。」と言った瞬間、
その俳優は泣き崩れました。
抱き合いました。
ドアを開けた瞬間、楽屋も粟立っていました。



東京が旅の終わりなのか帰ってくる場所なのか
わたしにはわかりません。
でも旅の一座の話を書いて、
旅をして戻ってきて、
最後の場所が東京である、
わたしたちは戦いぬかねばなりません。


どうぞどうぞ見にいらしてください。
わたしたちの演劇の時間と旅の時間。
ふたつを携えてお待ちしております。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
稽古していた岩手町には宿泊施設がなかったため、
毎日、岩手銀河鉄道で公演会場のいわて沼宮内「森のアリーナ」まで
通いました。






どーですか。この景色。


しかし毎日毎日、一瞬で日々は過ぎていくわけです。
行き帰りの電車のなかはみんなホンを開いて、
話したり、打ち合わせしたり。
カッコつけてる場合じゃなかったね。
稽古毎日この倍くらいやりたい、
そんなコトばかり思っていました。


そんななか、
残響がどうにもならない体育館みたいなホールで
ちゃんとセリフが聞こえるところまでタクヘイさんが
音響デザインしてくれて、
美香ちゃんが、
想定なんか遥かに超える綺麗な明かりを作ってくれて、
初日を開けることができました。


俳優も頑張ってくれました。


心配されていたお客さまの入りも、
あんな山のなか、超満席で、
舞台がカットアウトで暗転になった瞬間に拍手が巻き起こり、
客電がつき、
ドアが開いても鳴り止まぬ拍手でダブルコールをいただきました。


終演後の打ち上げで、
田植えのシーズンで、兼業農家が多いので、
土日は田植え、心配したのですがたくさん入ってというご挨拶を聞き、
来てくださった方々に改めて感謝しました。


しかし、いつでも厄介なのは自分のなかの
厳しすぎる基準値です。
キッチリ開けたつもりの初日ですが、
まだまだ先を目指します。
磨いていきます。
次はわたしの育った盛岡の公演。
わたしの怠惰で
疎遠だった故郷の友人たちも来てくれるようです。
2階以上は閉じるとはいえ、2000人収容のホールです。
あのコンサート、この演劇、
高校生のわたしの文化に対しての餓えを
唯一癒してくれたこの会館で、
いい公演をやりたいです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京での最終稽古が終わりました。
初回通しをして、
もうここでは通しはできないかな、と思ったくらい
いろいろやること満載だったのですが、
前日の長い時間かけて芝居とテクニカルの問題点を洗う稽古を経て、
最後にもう一回、
通すことができました。
もちろん問題はまだまだあるのですが、
美しい通し稽古をすることができました。
一か月間、わたしたちを見守ってくれた稽古場に、
いいお芝居を見せることができてよかったです。


信頼できる俳優たちがたまたま稽古に来てくれて、
最終通しを見守ってくれていたのですが、
終わった瞬間、
「これはものすごいよ。」
と言ってくれました。
わたしはひとの褒め言葉に踊らないほうだと思うんですが、
素直に嬉しかったです。


俳優がよかったそうです。
わたしもそーかなー、とは思っていたのですが、
このひとたちが言うなら間違いないだろう、と思いました。


ものすごいタイヘンな
主催側が遠隔地なこともあり、
恐ろしい美術プランのせいで、
稽古時間も読めないため、
全員稽古場に缶詰になってもらって、
孤島のような稽古。
信じられないくらい献身的にやってくれて、
これをプロデュース公演だなんてカンタンに言わないで欲しい。
ひとりひとりの演劇への愛を捧げざるえない演目ではあるんだけど、
それをちゃんとプロとして遂行してくれました。
そこに和はできますよ。それを和っていうんだと思うんですよ。


おひとりおひとり紹介したいけど、
岩手行ったらいちおうパソコンはあるけど、
できるかまったく自信がないので駆け足で。


ラッパ屋福本伸一さん。
始めてご一緒しますが、
老舗劇団の創設メンバーとして活動されていることもあり、
今回のプロデュース公演らしからぬ
劇団力の中心になってくださったと思っています。
演劇が好きで、映画が好きで、俳優であることを愛してらっしゃいます。
名優丸山貞夫役。
みんなガンさんが大好きなんじゃないかな。


ザンヨウコさん。
長く仲良しですが、舞台ではお初です。
思った以上に人とのあいだに垣根がないひとで、
わたしも稽古場でいつもザンさんを探してしまいます。
彼女がいてくれるだけでみな安心するんじゃないかな。
男まさり、ガサツ、気のいいと評される仲みどりさんを
演じてもらいます。
これがまたステキすぎるくらいステキでさ。
新機軸にして真骨頂。
今回のザンさん。必見ですよ。


大石憲くん。
わたしの本公演は2本目です。
本格的な歴史劇に苦戦しつつがんばってくれています。
ここでひとふんばりできれば
俳優としてまた大きな一歩を刻めるんじゃないかな。
そして、この膨大な美術を扱う隊長として
ほんとに頑張ってくれました。
報われるものにしたいと思っています。
生き残ってしまう槇村浩吉役です。


畠山泉ちゃん
岩手のオーディションからの参加です。
歯に絹着せぬわたしの演出でかなり鍛え上げました。
ビックリしたんじゃないかしら。
でも彼女が岩手に演劇のノウハウを多少でも持ち帰らないと
意味のない企画とも言えますからね。
稽古終盤でバンッとプレイクしたとき、
稽古場みんなが勇気づけられたと思います。
そういうことを喜んでくれる座組です。
島木ツヤ子役を演じます。


竹鼻優太くん。
同じく岩手のオーディションからの参加です。
いちばんキャリアがない俳優で、
最初は立ってることさえおぼつかなく
どーなることか、と思いましたが、
知らないだけってすごいよね。
スクスクドンドン育っております。
最年少、高山象三役。
キリリとした面差しの実在する高山さんとは
ちょっと似てませんが、
優太は優太らしいしょうちゃんとして
ノビノビやってくれると思います。


庄崎真知子ちゃん。
稽古場をお借りした銅鑼のメンバーです。
細々稽古場管理をしてくれました。
早く来たいひと、遅くまで残っているひと、
対応、ほんとにたいへんだったと思います。
銅鑼でずーっとやってきて、
こういう外部の座組ってそんなにないのではないでしょうか。
不器用で、でも誠実で、
とてもとても頑張ってくれているので、
この体験が彼女のキャリアにとって大切なものとなるよう
わたしもしっかり手を携えていきたいです。
島木ツヤ子の母役で親子で被災する笠絅子役です。


熊坂理恵子ちゃん
彼女の芝居に注目したのは、
「長い墓標の列」というお芝居でした。
学者たちの確執を描いた、女性が少ない芝居で、
でも那須佐代子さんと共に、
女性がとても印象に残るお芝居でした。
この役をこんなふうに演じることができるなんて、
と思い、ようやく念願叶ってご一緒しました。
クマちゃんは、ホンに忠実で、相手役にしっかり息を合わせられる
いそうでいない女優さんです。
今回誘って巡り敢えてほんとによかった。
槇村の妻で、スタッフとして同行し、被災する、小室喜代役。
わたしの真ん中とも言えるシーンを演じてくれます。


万里紗ちゃん。
たったふたり現代を生きる、そのうちのひとりを演じます。
岩手の新聞記者役です。
アメリカ人と日本人のハーフで
だから当たり前かもしれませんが、
原爆のお芝居にかかわるのは複雑だったそうです。
ければその複雑さまで役に取り込み、
とてもステキなお仕事をしていただいています。
昨日来た俳優から彼女のとあるシーンを褒められましたが、
そこは動線も含め彼女のアイデアです。
知性と感受性のあるとてもステキな女優さんです。
岩手タイムス記者、吉田雅子を演じます。


坂元貞美さん。
この方が万里紗ちゃんと共に外枠をガッチリ担ってくれたからこそ、
真ん中のさくら隊の人たちが安心して暴れることができています。
はじめてご一緒しましたが、
どの役をやっても自分自身。
でもどの役もその役でしかない、という稀有な俳優さんなんだな、
と思います。
いや。もう坂元さん。見てください、としか言えないです。
チャーミングな座組ですが、
そのチャーミングのさらに9割くらいが坂元さん由来です。
見に来た俳優は、冒頭のシーンから坂元さんのせいで
涙が止まらなかったそうです。
さくら隊の生き残り、佐竹昭夫役を演じます。


酒巻誉洋さん。
言わずとしれた風琴工房のレギュラーにして、わたしのエースです。
今回の役は、わたしとマッキーでやってきたものの
第一期の集大成になるんじゃないかな、って勝手に思ってます。
第一期っていまのいま急に思ったんですけどね。
どんなしちめんどくさいオーダーをしても、
ガッチリ具現化してくれて、
わたしの言葉が通じる俳優が稽古場にいるってほんと、
素晴らしいことですね。
歴史です。
ラストは期せずして原爆の巡礼者となる、
さくら隊の演出家、八田元夫さんを演じます。
ある意味主役。必見です。


林田麻里ちゃん。
タイトルロール園井恵子を演じます。
自分と園井さんは違う違うと言ってますが、
前のめりで、生真面目で、可愛らしくて、
もうわたしのなかでは園井さんが麻里ちゃんに変換されており、
実際の園井さんが目の前に現れたらなんか違う、って
思ってしまうような気さえします。
本末転倒ですが、そのくらい、
現前させてくれているということだと思います。
この園井さんなら、と男優も女優もついていきますよね。
背負いすぎてしまっているものを少しだけラクにしてあげて、
さらにステキな園井さんを岩手でお披露目したいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。