妊娠中は免疫力が低下するため感染症にかかりやすくなります。

 

妊娠中に感染すると赤ちゃんに影響が出る危険のある病原体のメジャーなものは

・風疹ウイルス

・サイトメガロウイルス

・トキソプラズマ

・ジカウイルス          です。

 

普段の生活で注意していただきたいこと

・手洗い (食事前、おむつ処理後)

・手袋着用(生肉調理時、ガーデニング、猫の糞の処理時)

・食材はしっかり加熱したものを

・食べ物の口移しや子供の食べ残しは×

・外出時は人混みを避け、マスクを着用(特に熱や発疹のある子供には注意)

・妊娠中は風疹ワクチンなど生ワクチンは接種できない

・インフルエンザワクチンは安全に接種可能

 

 

AD