1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-29 10:00:00

ダメ上司の対処法

テーマ:■ ビジネスパーソン仕事術
今週は

≪ダメ上司の対処法≫

をテーマにお伝えします。


■リーダー研修をしているとよく質問をされることがあります。


「嶋津さんのセミナーを私の上司に受けさせたいけど、

たぶん勧めても来ません。

○○なところがあって部下からも信頼がない人なんですが、

部下である我々はどうしたらいいんですか?」


と言った類の、いわゆる

「ダメ上司をどうしたらいいんですか?」

といった質問です。


■まず、大原則であり、残念なお知らせですが、

「他人は変えられない」

ということです。


では、どうにもならないのかというと、そうではありません。

変えられない人である「上司」にフォーカスするのではなく、

自分次第で何とかできる「環境(自分の行為)」にフォーカスをして、

その上司自らがそうしたくなるような環境設定をするのです。


そのためには「ダメ上司」と表現をして、上司そのものにフォーカスをせず、

「ダメ上司の行為」と表現をして、その上司の「行為」そのものにフォーカスをすることです。


■下記の段取りで考えてみてください。


1)
まずは、その上司のストレスになっている「行為」を、下記4軸で仕分けをしてみてください。

 A)自分にとって重要で、コントロールできること

 B)自分にとって重要で、コントロールできないこと

 C)自分にとって重要でなくて、コントロールできること

 D)自分にとって重要でなくて、コントロールできないこと


2)
B)は自分にとって重要なのですが、コントロールできないことなのであれば、

それは「受容」するしかありません。

自分にとっていくら重要でも、どうにもならないことに心を持っていかれると心が疲弊します。


3)
C)は重要ではなく、コントロールできることなのですから、

コントロールをして、自分の心の中から「追放」してしまいましょう!


4)
D)は重要でもなく、コントロールもできないことなのですから、無視してください。

この世になかった出来事として無視してください(笑)


5)
そして、ポイントはA)の、自分にとって重要で、コントロールできることに集中することです。

そして、解決に向けて前向きに取り組むことです。


■下記のように前向きに取り組んでみてください。


6)
まずは、自分がその上司から、その解決に向けて、引き出したい行動が何なのかを明確にします。


7)
次に、その行動をその上司自らがしたくなるために、

可能・不可能に関係なく自分にできることを書き出します。

これは、発想に制限をかけないためです。


8)
書き出したことに、

・すぐにもできることに◯

・少し時間はかかるけど、できることには△を付けて、いつやるかを記載

・現実問題として実行が難しいと思うものには×を付けます


9)
そして、◯を付けたことは、日付を入れてすぐに実行に移していく


こんな段取りでやっていただくと、ダメ上司のストレスのたまる行為に心奪われることも少なくなります。


ダメ上司の行為は、こうやって余計な仕事を部下に増やしていることを上司自身も反省してほしいですね。


■大切なことは、



自分の心を思い悩ませている上司の行為に心を持っていかれて、

何もせず立ち止まらないことです。

立ち止まっていては、何も変わりません。

自分が苦しいだけです。

思い悩んだり、怒りを感じても、自分の心を疲弊させるだけで、何の生産性もありません。

コントロールできることに集中して、自分に何ができるかを考えて解決をしていくことです。



コントロールできないと思っていても、実はコントロールできることだったりします。

ですから、コントロールできないと分類したものでも、

それは「思い込んでいるだけ」かもしれませんので、ぜひ見直してみてください。


たとえダメ上司の行為でも、ちゃんと向き合って協力をしあって頑張っていかないと、

結局は、自分が損をするだけであり、何のメリットもありません。

前を向いて頑張ってください。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆セミナー開催情報◆
----------------------------------------

早稲田大学エクステンションセンターで講座を受け持っていますが、

その夏講座

▼『怒らない技術
~人生・仕事の成果を変えるアンガーマネジメントのススメ~
https://
を開催します!

一般の方でも参加可能ですので、ご興味のある方はぜひいらしてください!

-----------------------------------------

【社長の育成力を高める「最強の三原則」】
http://

10年後も輝き続ける未来であるためにあなたの会社は何をしていますか?

~10年後も成功し続ける社長の「人」と「組織」の作り方~

イノベーションの激しい未来であるがゆえに、

今のあなたの事業が10年後も生き残ることができるかはわかりません。

そのために、なんとしても生き残れる準備を今からする必要があります。

「社長の器が会社の器」とは、よく言われるもの。

会社の成功も、社員の成長も、

すべては社長のリーダーシップと組織づくりにかかっています。

社長の育成力を高める「最強の三原則」では、

「10年後の会社の未来」を決める

・優れた社長のリーダーシップ

・組織のコミュニケーションの質の高め方

・組織の成功循環モデルの作り方

・組織力の発揮の仕方

・組織での成果の作り方

など、そのマインドとノウハウをお伝えします。

http://

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 Facebook 】を始めました!

ぜひ「いいね!」ボタンを押してご参加下さい!

⇒ http://


【無料メールマガジン】を配信しております!

・経営者としてどうあるべきか、

・「どんな」社員を「どのように」育てるべきか

など、マネジメント・経営に関するヒントが満載です。
ご興味をお持ちの方は、下記のURLよりご登録ください!

⇒ http://
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-27 15:30:00

【いよいよ明日開催!in東京】組織で成果をあげるための「3つの力」~社長のための「組織力」養成講

テーマ:■ PR
『社長のための「組織力」養成講座』

皆様のご好評を頂き、
明日、東京にて開催いたします!

ご興味をお持ちの方は、
下記のお知らせをご覧ください。

皆様のお越しをお待ち致しております!!

http://


↓↓↓↓

人材育成・組織変革の専門家

    嶋津 良智  が直接指導!
━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

組織を導き、チームで成果を上げる

■ 社長のための「組織力」養成講座 ■

社長として組織をつくり、信頼を集め、メンバーを動かして
成果をあげるための「3つの力」を身につける!

http://



━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

こんな悩みを抱える「社長」や「組織のリーダー」は
ぜひご参加ください!

● 自分では成果が出せるが、
 チームとなるとうまくいかない。

● 社員や部下と、うまく
 コミュニケーションが取れない。

● 優秀な社員から辞めていってしまう。

● 成長を思って言った言葉が伝わらず、
 やる気だけを奪ってしまう。

●「自分でやった方が早い」
 という気持ちを捨てきれず、
 仕事を任せきれない。

● 自分のリーダーとしての在り方
 に迷いや不安を感じている。

社長は日々、「人と組織」の悩みと向き合い続けています。

□ 言ったことを、何でやってくれないんだろう…

□ この「危機感」や「焦り」が、
 なぜ伝わらないんだろう…

□ うるさく言えばやる気を無くすが、
  放っておけば基準が下がる。
  どうすればいいんだ…

□ 自分の前だと社員が
 緊張しているのがわかる。
 本音を話してくれない…

悩みは尽きないですよね。

「社員の世代が変わった」
「景気が変わった」
「社長の気持ちは、社長にしかわからない」

様々な理由が頭に浮かぶと思いますが、
そういった「外部的な要因」を
嘆いていても、現実は変わりません。

時代がどんなに変わっても、
「社長の器が会社の器」と
いうことは真実。

会社の成功も、社員の成長も、
すべては社長のリーダーシップと
組織づくりにかかっています。

その証拠に、

どんなに時代が変わっても、
組織を成長させるリーダー、成功へと導く
リーダーは存在するものです。

それでは、そういった
「優れたリーダー」は、何が違うのか?

今回のセミナーでは、
それをお伝えしていきます。


▼ プログラム ▼

●「組織力」養成講座で
お伝えする3つのテーマ

1.社長の人間学

- 社長と部下の影響の連鎖
- 仕事の成果を変える3つの要素
- 部下の成果の創造 など

2.社長の関係学

- ダメなリーダーがよく犯す過ち
- 優れたリーダーが
 大切にしているたった一つのこと
- チームを弱体化させる
 リーダーがよく犯す勝手な思い込み
- 上司の成長の尺度は一つしかない など

3.社長の組織学
   
- 組織の成功循環モデル
- 強いチームを作るために
 部下に明確にすべきこと
- チーム内でリーダーの果たす役割
- チームコミュニケーションの
 質を高めるために など

―――――――――――――――
■社長のための「組織力」養成講座■
      


詳細とお申し込みはこちらから

↓↓↓
http://
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-22 10:00:00

貧乏からの大脱出

テーマ:■ 自己啓発
今日はアホなくだらない話なので、興味のなさそうな人はスルーしてください(汗)


よく自信がもてないという人がいますが、

自分の人生を振り返って見てください。

必ず成長している自分が発見できると思います。

その発見した自分の些細な成長を、ぜひ認めてあげてほしいと思います。


私は社会人になりたてのころ、38,000円の風呂なしのアパートに住んでいました。

一言でいうとお金がなかったのです。

お金がなくてどうしようもないときは、社会人になっても

少しだけ親のすねをかじったこともあります(汗)


当時私が配属をされたビルの隣に銀行があり、

そこで、毎日3,000円をおろして、

1,000円が交通費、1,000円が昼食費、1,000円が夕食やジュースなどその他、

という内訳で使っていました。

家に帰ると財布に残ったお金を取り出して、そのお金がたまると飲みに出かけていました。

飲みに行くといっても1,500円程度で飲めることが条件でした。

家に帰る途中でビールの一本でも買って帰りたいと思うことがありましたが、

そんなお金はなかったので我慢していました。


それから、10年・・・・。


30歳くらいの時に、何のためらいもなくコンビニでビールを買っている自分に気が付いたとき、

「俺も成長したんだな」

と思いました。

みなさんにはどう聞こえているかわかりませんが、

コンビニで冷えたビールを持った瞬間、お金がなかったころを思い出し、

涙が出るくらいに頑張ってよかったと思いました。


よく、「値札を見ずに物を買う」という言い方がありますが、

まさしく、ビールの値段を見ずに買っている自分を素直にほめてやりたくなりました(笑)


それから10年・・・・・


値札を見て洋服を買っています(笑)

ワインを買う時も値札は見ます(汗)

でも、よっぽど場違いな高級店に行かない限り、

食事をするのに値段を気にすることはほとんどなくなりました。

経験からどんなに高いお店に行っても、

私が行くようなお店は高くてもこれくらいだというのがわかってきたからです。


それから10年・・・・・


子供の教育に値札はみません。

習い事、塾、体験、思い出づくりの旅行など、

子供に笑顔と学びを提供するためだったら気にしません。


そう考えてみると人って成長していますよね(笑)


何の能力もない、才能もない、入りたい会社があったわけでもなく、

バブル期に就職活動をして、どこも受からない典型的なダメ学生だった私がこうしていられるのも、

営業という仕事にであったこと、

素晴らしい人たちと出会い支えられたこと、

部下育成と経営で血反吐を吐くくらい苦労をしてたくさんの学びを得たこと、

そして、自分が凡人だという自覚も持ち続け、努力を惜しまなかったこと。

そんな気がします。


あなたも自分の人生を振り返って発見した自分の些細な成長を、

ぜひ認めてあげてほしいと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆セミナー開催情報◆
----------------------------------------

【社長のための「組織力養成講座」】
http://www.leadersac.net/seminar/

10年後も輝き続ける未来であるためにあなたの会社は何をしていますか?

~10年後も成功し続ける社長の「人」と「組織」の作り方~

イノベーションの激しい未来であるがゆえに、

今のあなたの事業が10年後も生き残ることができるかはわかりません。

そのために、なんとしても生き残れる準備を今からする必要があります。

「社長の器が会社の器」とは、よく言われるもの。

会社の成功も、社員の成長も、

すべては社長のリーダーシップと組織づくりにかかっています。

社長のための「組織力」養成講座では、

「10年後の会社の未来」を決める

・優れた社長のリーダーシップ

・組織のコミュニケーションの質の高め方

・組織の成功循環モデルの作り方

・組織力の発揮の仕方

・組織での成果の作り方

など、そのマインドとノウハウをお伝えします。

http://www.leadersac.net/seminar/
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-15 14:00:00

受講生が妻の中学時代の先生?!!

テーマ:■ PR
あなたは、全世界約70億人と一人1秒ずつ会ったとしたら、

何年かかるかご存知ですか?

約220年かかるんです。

日本総人口1億2千万人に一人1秒ずつ会ったとしても、約4年かかります。

そう考えると、日々繰り返される人々との出会いで、

一人1秒のコミュニケーションなどありえないわけですから、

毎日のいろいろな人との何気ない出会い全てが、実は奇跡なのです。


先日某都市の教育委員会主催の教職員様向けセミナーを

やらせていただきました。

終了後、車で私を送ってくださった方がいらっしゃいました。

たまたま開催都市が私の妻の出身だったので、その車の中で、

「実は私の妻がこの地域の出身なんですよ」

とお話したところ、偶然にもその方が私の妻の出身中学に

8年くらいいたことがわかりました。

年齢から計算して、たぶん◯年ごろから3年間在籍していたのではないかと

お話をしたところ、その方も計算を始めて、たぶんそのころであれば、

ダブっている可能性があるとおっしゃいました。

「ちなみにお名前は何というのですか?」

と聞かれたので旧姓でお伝えしたところ、残念ながら

ちょっとわからない様子でした。

先生は、たくさんの生徒さんに囲まれて何年も過ごしているわけですし、

学年が違っていればわからないのも無理はありません。


その後、たまたま中学時代は

卓球部に所属をしていたという話を妻から聞いたことがあるという話を

お伝えしたところ、

「私卓球部の顧問をしていたんですよ!」

という話になり、

「であれば、学年関係なく、もしダブっていれば、印象には残っていますよね」

という話になったので、私の妻は少し名前の読み方に特徴があったので

その件を話したところ、突然思い出されて、

妻の中学時代の卓球部の顧問の先生だったことが発覚しました。

なんという奇跡でしょう!!!


さっそくその方と別れた後、妻に連絡をしたところ、

間違いなく同一人物であることが分かり、懐かしがっていました。

こんなことってあるんですね(笑)


あなたは昨日どんな人と出会いましたか?

今日どんな人と出会いましたか?

明日はどのような人と出会う予定ですか?

目の前にいるすべての人との出会いが奇跡だと思ったら、

もっと一つ一つの出会いを大切にしようと思いませんか?


「出会い」という奇跡を大切にして下さい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆セミナー開催情報◆
----------------------------------------

【社長のための「組織力養成講座」】
http://www.leadersac.net/seminar/

10年後も輝き続ける未来であるためにあなたの会社は何をしていますか?

~10年後も成功し続ける社長の「人」と「組織」の作り方~

イノベーションの激しい未来であるがゆえに、

今のあなたの事業が10年後も生き残ることができるかはわかりません。

そのために、なんとしても生き残れる準備を今からする必要があります。

「社長の器が会社の器」とは、よく言われるもの。

会社の成功も、社員の成長も、

すべては社長のリーダーシップと組織づくりにかかっています。

社長のための「組織力」養成講座では、

「10年後の会社の未来」を決める

・優れた社長のリーダーシップ

・組織のコミュニケーションの質の高め方

・組織の成功循環モデルの作り方

・組織力の発揮の仕方

・組織での成果の作り方

など、そのマインドとノウハウをお伝えします。

http://www.leadersac.net/seminar/
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-15 10:00:00

7月開催決定!『怒らない技術 ~人生・仕事の成果を変えるアンガーマネジメントのススメ~』

テーマ:■ PR
早稲田大学エクステンションセンターで講座を受け持っていますが、

その夏講座

▼『怒らない技術
~人生・仕事の成果を変えるアンガーマネジメントのススメ~
https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/36360/

を開催します!

一般の方でも参加可能ですので、ご興味のある方はぜひいらしてください!
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。