繁忙月とか閑散月とか

テーマ:
こににちはー

昨日の夜はちょと肌寒いくらいで
秋なのか台風のせいなのかわかりませんが
体調崩しそうな気候ですねー


夏バテからのすぐ冷え性とかつらすぎる。。。

まずは↓


最強のアンチエイジング イベントページ

さて
タイトルの繁忙月と閑散月
皆様いかがでしょうか?

うちも例にもれずありがたいことに7月は繁忙月でございました。

じゃあその反動で
8月はよく閑散月かと言うと
意外とそれはないのですよ。

一般的にはよく8月は閑散月などと言われがちではありますが
技売りベースで見たら7月と8月
1日当たりの売り上げはほとんど変わりませんのです。

夏休みとってる分営業日数は3日ほど少なくなるので
その分は下がる感じだったりするわけですが
所謂、季節変動ってので見ると
あくまで平常月での売り上げペースでございます。

こうやって見てみるとここ最近
閑散月っていうものがほぼありませぬ。

あえて言うなら1月が当たるくらいことでしょうか。

あとは平常月と繁忙月。

平常月も昨年の季節変動指数のベースで見てみたら
かなり上がってたりしまする。

まー繁忙月って言っても全員週休2日とってますし
お昼飯もちゃんと食べてます。
夜もほぼほぼ7時頃までには終わってます。

スタッフ数、セット面、営業時間から考える
稼働率で言えば85%くらいでしょうか?

回転率で言えばおよそ3.5回転くらい。

これで生産性100万は達成できたりします。

えー
気合や根性から最もかけ離れた位置にいますからねwww

あっ生産性100万とかはあくまで結果であって
目標とかではありませぬ。

生産性100とかよりもスタッフ増やすのがうちの課題なのは
重々承知。。。

なのであくまで結果なのですよ。。。

なぜ現在そんな感じで売り上げが推移してるかと言いますと
結局うちの場合はご存知の方もいらっしゃるかと思うのですが
売りはヘッドスパとトリートメントだったりするのですが
それぞれ単品でもでますが
結局一番多いメニューは
「カラー・カットトリートメント・ヘッドスパ」

この組み合わせが1番出るメニューだったりするのですよ。

因みに7月の
カラー・カットをしたお客様を見てみたときに
総客、技売りに対して

カラー・カットのみのお客様 7.3%
売上構成比 5.4%
客単価 9000円

カラー・カット・トリートメントのお客様 5.5%
売上構成比 6.3%
客単価 14000円

カラー・カット・スパのお客様 6.9%
売上構成比 7.7%
客単価 13430円

カラー・カット・トリートメント・スパのお客様 23.3%
売上構成比 44.1%
客単価 22930円

となっておりましたです。

これカラーのみでカットなしの方は含んでおりませぬ。

まー見ての通りってか当たり前の話なのですが
客単価という視点て見た時
カラー・カットのお客様が低く
カラー・カット・トリートメント・スパのお客様が
一番高かったりします。

って考えたらこれまた当たり前ですが
当然カラー・カット・トリートメント・スパの
お客様が増えたら売り上げが増えますよね。

さてどうやって増やしましょうか?

そしてタイトルの繁忙月と閑散月
これもこの構成比と大きく関わってきたりすわけです。

そう来店周期ですね。

売り上げって
客単価×客数
あとは大事な来店回数です。

順客数を増やすのももちろん大事ですが
やっぱりリピートビジネスですから
来店回数による延べ客数増やすほうがもっと大事だったりするのです。

そのあたり見ても
カット・カラーのお客様よりカット・カラー・トリートメント・スパのお客様の方が
来店周期が短かったりするのですよ。

理由は大きく分けて2つ。

なんだと思いますかね?




まー答えはこのセミナーでの内容だったりしますwww

最強のアンチエイジング イベントページ

こういうカラーのお話に関しましては
Boss氏のお話と合わせてお聞きいただければ
おもしろいかと思われます。

まだ色々打ち合わせの段階ではありますが
目的は同じでも手段は間逆のところもあったりしそうなのですw


まだまだ日程的にお時間ございますが
ありがたいことに
ぼちぼち参加人数増えてきておりますので
ご興味ございますれば
参加してよねーーー





AD