日報・シマコ

演劇のある暮らし

劇つくる人 中嶋悠紀子です。
劇作・演出・俳優・ワークショップデザイナー
プラズマみかん 代表

演劇のある豊かな暮らしを目指して、2016年10月より「暮らしの演劇」クラス始めました!

関連記事:http://ameblo.jp/shimako1011/entry-12202423743.html



テーマ:

NPO APM Network とKobe Education Network が共催する高校演劇のイベントのご案内です。

 

毎年1月に舞台技術講習会の講師で読んで頂いているイベントの成果上演会です。

今回の上演会で私が直接関わることはないのですが、「高校生たちが自力で自主公演が打てる」「ここで培った力を社会で使えるようになる」を目標に頑張ってますので、お時間ありましたら是非、神戸電子専門学校ソニックホールに足をお運びください~。

 

 

K-ENプロデュース in Sonic Hall 
第33回ソニックホール高校演劇上演会
高校演劇 はるぷれ ’17
 
【上演校一覧】
県立西宮高校
3月28日(火)開演13:00
「友人Eの文言」(生徒作品)
作 横山優香  演出 高岡志帆
 
滝川第二高校
3月28日(火)開演18:00
「三酷史」(生徒顧問作品)
作 いぐりんとその仲間達  演出 滝川第二演劇部
 
神戸高校
3月29日(水)開演13:00
「卒業写真」(生徒作品)
作 松岡美里  演出 松岡美里
 
神戸常盤女子高校
3月29日(水)開演18:00
「白バラ女学院」(既成作品)
作 光武太郎  演出 宮永リョウ
 
御影高校
3月30日(木)開演13:00
「チェリーくんの憂鬱」(顧問作品)
作 福田成樹  演出 御影高校演劇部
 
六甲学院高校
3月30日(木)開演18:00
「ロマンチストH」(生徒作品)
作 宗行正一郎  演出 宗行正一郎
 
【会場】
神戸電子専門学校地下1階ソニックホール
※ 開場は開演の30分前
※ 入場無料
 

実は私もこのイベントの卒業生です。

毎年私がこのイベントに関わることも、「ここで培った力を社会で使う」なのです。

頼りないこともたくさんあるけれど、これもひとつのロールモデルとして、良い影響になれば良いな・・・と思いながらやっています。

 

最近は中高一貫校が増えているのか、中学生も一緒になってプランを考えたり、場当たりを仕切ったりしてるんですよ。毎度講習会での成長ぶりに胸を打たれるばかりです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
2月13日、コワーキングスペース往来にて、1回目の「劇読み!!!」が開催されました。
 
★「劇読み!!!」とは
 
この日は、男性2名、女性2名の4名でスタート。
最初に即興演劇の基本「イエスアンド」や、「ワンワード」というゲームで身体
と頭をほぐしてから、新聞を広げて「今日の記事」を選びます。
 
候補になった記事は3つ
・介護ロボ特需、現場とズレ
・紅白歌合戦結果、不満は78%
・猫が先生になる
 
この中から今日は「介護ロボ特需、現場とズレ」を選んで劇づくりをしました。
 
 
最初は創作前の下ごしらえです。
 
・もし自分がこの記事の登場人物なら、どんな立場(役割)で登場する?
・介護ロボット導入賛成?反対?
・どんな場所が舞台になる??
 
これらをざっくり決めて、シーンスタート。
 
介護施設に介護ロボットのセールスにやって来た営業マン
導入検討に態度が曖昧な所長。
積極的に導入を検討する介護士。
 
この3役でシーンが演じられました。
2回ほど繰り返して、この日はおしまい。
2回目は不必要なものが取り除かれて、より見やすいものになったと思います。
笑えました~。
 
上手く劇創作が出来るようになることももちろんですが、
劇づくりを通じて、自分ならどうする?(どう考える?)を皆で想像するのは、
いつもとは違う新聞の味わい方で、とてもいい時間になったと思います。
 
次回は3月13日(月)19:00~21:00です。
是非一緒に楽しい時間を過ごしましょう~。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月より、月1回、空堀(谷町六丁目)にあるコワーキングスペース往来さんで、

「「劇読み!!!~新聞を体感しよう~」というワークショップを行います。

 

 

「劇読み!!!~新聞を体感しよう~」

皆さん、新聞を読んでいますか?
毎日読んでいるよ!という人も、そうでない人も、
今日はいつもと違った読み方をしてみませんか?

その名も「劇読み!!!」

そう、演劇仕立てで新聞を読むのです。

もしも記事の中に「自分」がいるとしたら、どんな風景が広がっているでしょうか?
そのまさに現場、またそれを見ている人たち、関係者、、、
実際にその場面を演じてみることで想像してみましょう。

このワークショップは、新聞記事を題材に、小グループで短いシーンを作って遊ぶ演劇創作のプログラムです。
演技力を試したりするものではありません。
創作のコツも遊びながら身に付けていくので、
演劇をやったことがなくてもお気軽にご参加頂けます。

紙面の出来事を他人事ではなく、自分のこととして想像することで、
社会との関わりをいつもより少しだけ、意識出来るようになるかもしれません。

 

 

往来さんは、コワーキングスペースとしての営業以外にも、イベントやワークショップ企画をたくさん開催されています。

今、空堀で最もアツイ!スポットだと言っても過言ではありません。

 

 

「劇読み!!!~新聞を体感しよう~」は、往来さんの数ある企画の中の

「暇活」というプログラムの一つとして参加しています。

 

暇活」とは「暇つぶし活動」の略で、仕事帰りの空いた時間などの余暇を「全力で有効に使う」ための活動です。

 

 

 

暇活」とは「暇つぶし活動」の略で、仕事帰りの空いた時間などの余暇を「全力で有効に使う」ための活動です。

 

飲みに行ったり、カラオケなどに遊びに行ったり、資格取得の勉強するのもいいけど、


「やったことのない、面白くて新しいことをしてみたい」
「普段の仕事だけだと出会わないような人と出会ってみたい」
「自分の世界をもっと広げたい」


そんな貪欲な大人の方にぴったりな、面白くて質の高いワークショップが「暇活プログラム」の中にたくさん集まっています。

 

「劇読み!!!~新聞を体感しよう~」も、ガツガツ演劇をするというよりも、ゆったり、演劇に触れて遊ぶことを目的として進めていきたいと思いますので、演劇に触れた事がない方も皆様是非ふらっとお立ち寄りください~。

 

コワーキングスペース往来 暇活ワークショップ

『劇読み!~新聞を体感しよう~』

 

【日程】

2月13日(月)19:00~21:00

*各回完結です。連続講座ではありません。

 

【参加費】

1000円/回

 

【お申し込み】

空きがあれば当日の飛び込みも可能ですが、できるだけ事前のお申し込みをお願いします。

お申込みフォーム⇒コチラ

 

 

【詳細】

コワーキングスペース往来さんのWEBサイト

https://ourai.jimdo.com/himakatsu/gekiyomi/

 

Facebook

https://www.facebook.com/events/975371322596786/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「暮らしの演劇」2月号ができました!
東大阪にあるアイスルホームさんのふれあい通信と共に配布してもらっています。
その他にも水面下でひっそりと配布中!

お手に取られた方、是非ご覧ください!
正月太りの解消に、演劇で身体を動かしませんか?

温かいお飲み物を用意してお待ちしております!!
 
 

◆「暮らしの演劇」(12月・1月)

 

【内容】

・体操、発声などの基礎練習(約30分)

・シアターゲーム、シーンづくり(約90分)

 

【日程】

2017年2月11日(土)10:00-12:00

2017年2月25日(土)10:00-12:00

2017年3月11日(土)10:00-12:00

2017年3月25日(土)10:00-12:00

 

 

【会場】

プラズマみかん劇団稽古場 (東大阪市若江東)

(近鉄奈良線「若江岩田駅」より徒歩15分)

 

【対象】

高校生以上

 

【定員】

8

 

【料金】

初回1000円

2回目以降、12000円(都度支払い)

 

【お問い合わせ・お申込み】

参加日の2日前までに下記連絡先に①~⑥の内容を送付ください。

追って詳細をご連絡致します。

①お名前②年齢③性別④お住まいの住所⑤連絡先(電話番号・メールアドレス)

⑥参加日

 

お申込みフォーム(プラズマみかん 劇団お問い合わせフォーマット)

http://plasma-mikan.com/contact/

090-9854-2295(プラズマみかん)

plasmaikan★yahoo.co.jp (@に変えて送信)

 

 

 

劇作るひと 中嶋悠紀子

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の2016年。
 
【1月】
・神戸の高校生と舞台技術講習会。今年より、ワークショップの要素を多く取り入れた内容に大幅チェンジ。
・「C.T.T.セレクション2016 in 大阪」事務局員として奔走。劇場と、アーティストのそれぞれの立場に寄り添いながら「表現を守る」とは何ぞや?と頭抱えまくる。
名古屋、愛媛、京都の民間劇場支配人を招いてのシンポジウムはとても良かった。でも、大阪から登壇者が出せなかったことは今でも悔やまれる。
・近代戯曲リーディング「古い玩具」稽古。
・劇団倉庫移転。
 
{7AA88CF6-EE85-4659-8782-D4230DC9445D}


 
【2月】
・近代戯曲リーディング「古い玩具」の演出。プラズマみかんとはまた違うメンバーで刺激的。稽古場近くの日本酒とうどんとおでんが美味しすぎた。また行きたい。
・公共施設の閉館に伴い、劇団倉庫を改装して稽古場に。若江岩田の新稽古場でオープン稽古スタート。寒い。

【3月】
・C.T.T.大阪事務局「ZOMBIE criation」事務局員としてサポート。ここで事務局としての活動は一区切り。
・プラズマみかんの次回公演に向けて始動。


【4月】
・プラズマみかん10周年。同時にパートナーとして10年劇団を支えてくれた屋鋪柚佳が退団。やしきロス。
 
【5月】
・吉本新喜劇作家の徳田博丸先生の脚本教室モニターに選出して頂く。プロットの書き方を重点的に見直し。プラズマみかんには書かないコメディにトライ。結構良いものが書けたと思うが未上演。誰か上演してくれないかな。
 
【6月】
・プラズマみかん「みかんせいのくだもの」稽古開始。
 
【7月】
・プラズマみかん「みかんせいのくだもの」稽古
・HPFの講評委員
 
【8月】
・プラズマみかん「みかんせいのくだもの」稽古。超絶難産。超絶辛い。でも楽しい。
・saTomahワークショップ「五感で読む楽しいえほんの会」
・DOORSワークショップ「初めてつくる!台本のないえんげき会」
・神戸高校演劇部「宇宙に消える~旋回するアタックギフト」脚本提供。本当は2015年に書き下ろししたものの、演劇部の諸事情でお蔵入りしてしまったのを、今の高校生の手で見事上演。高校生の想像力と工夫が台本を越えていった。泣けた。

{C02957F5-4C9D-41E3-89D1-6A44E821058B}


 
【9月】
・プラズマみかん「みかんせいのくだもの」演劇人生の転機となる作品になる。
 
{E6336079-008A-496A-ADFC-F697FDAF54AA}

【10月】
・「暮らしの演劇」ゆるゆると始動。
・東京旅行。劇場見学と観劇。

 
【11月】
・高校演劇コンクール審査委員。
・劇団太陽族「大阪レ・ミゼラブル」稽古開始。岩崎さんの演出を受けるのは高校2年生の時以来。ここまでたどり着くのが長かった…。
・演劇ユニットAwhooo!(あうー)神戸でフライヤー撮影。
 
{44734B5F-E0E9-45E3-8224-CAAC3CBBEEA0}

【12月】
・サントリー「1万人の第九」出演。
・「暮らしの演劇」第1回目開催。
・劇団太陽族「大阪レ・ミゼラブル」稽古。劇団太陽族の劇団力と、懐の深さは勉強になることばかり。
・大掃除と忘年会など。合間で恋ダンスを練習する。

「あーよかったー!!」と心から思える1年でした。
今まで悩んだり迷ったりしていたことが嘘のようにに吹っ切れて、自分自身が作るものに対して、自分自身が楽しんで、価値を感じて、納得することが出来ました。
自分が追い求めてきた姿はこれだなあと、確実な手応えを感じました。自分の劇創作に強度が出て来たと思います。

きっかけはプラズマみかんの「みかんせいのくだもの」です。
このことは公演直後に自分が既に書いてます。→
 
最大の転機が、自分が1番大切にしているプラズマみかんであったことも本当に良かったし、
そうなるように力を貸してくれた周囲の人にも感謝の気持ちでいっぱい。

同時に、「関西小劇場」とやや距離を置いた1年でもありました。
学生の頃から「関西の小劇場を考えたい」という気持ちがあり、その気持ちの延長線上にC.T.T.での活動がありました。

しかし、活動を続ける中で、それらが次第に、「地方の小劇場」→「まちと演劇」または「暮らしとアート」という方向に興味が移っていって、「関西の小劇場」という狭い範囲の中だけで演劇を考えることへの興味が薄れていきました。作り手や観客のことだけでなく、もっと広い意味で演劇が人に齎す可能性などを考えたい。C.T.T.の事務局での活動が一区切りついたこともあり、それらの気持ちは一気に加速していったようにも思います。
 
そこで新しくスタートさせたのが「暮らしの演劇」。初めて演劇に触れた時から、いつか自分はこういう活動をするのだと漠然と思っていました。
それをやろうと決意したのが2015年。諸々下準備をしたりしながら、ようやく今年、始動させることが出来ました。
正直なところ、まだまだ上手くいっているとは言えないのですが、引き続き改良を加えてかたちにしていきたいです。
 
来年は、今年掴んだものに磨きをかけていける1年になればいいなと思います。
その話はまた次回にでも。
ありがとうございました。

2017年もよろしくお願いします。

 
中嶋悠紀子

{98CE5BA7-F6E3-46C5-A091-CE5852EDE997}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。