2014年3月22日(土)
市川敦嗣&アンドウマユコ コンサート


↑クリックすると拡大します

全国的に数少ないマンドロンチェロ無伴奏独奏を中心とした活動を行っている市川敦嗣さんと、ピアノのアンドウマユコさんのコンサートです。市川さんは大阪国際マンドリンコンクールB部門(マンドラ・マンドロンチェロ・マンドリュート独奏部門)で優勝をした実力者です。是非ご来場よろしくお願いします。

2014年3月22日(土)
会場:嶋田ミュージック(会場へのアクセスはこちら
開場:18時00分 開演:18時30分
料金:¥2000

♪演奏予定曲♪

tomakomai, (アンドウマユコ)/inspiration (加賀城浩光)
Cello Sonata in A minor, Op. 36 (Edvard Grieg) ほか


【ご予約・お問い合わせ】
嶋田ミュージック 03-6272-9556
メール info@shimadamusic-mg.com
※メールでご予約の場合、タイトルに「3月22日コンサート予約」、本文に「代表者氏名・人数・電話番号」を記入してお送り下さい。折り返し確認のメールを送らせていただきます。


■奏者プロフィール■

市川 敦嗣 (マンドロンチェロ)
北海道函館市生まれ。中学生時代にギターを始め、高校生時代のバンド活動を経て北海道大学チルコロマンドリニスティコ「アウロラ」でマンドロンチェロを始めた。大学3年次に首席奏者をつとめ、4年次に大阪国際マンドリンコンクールB部門(マンドラ・マンドロンチェロ・マンドリュート独奏部門)で優勝。現在は北海道内のマンドリンオーケストラ団体で首席奏者をつとめるかたわら、全国的にも数少ないマンドロンチェロ無伴奏独奏を中心とした活動を北海道内外で積極的に行っている。ギタリストの吉住和倫氏に師事。マンドロンチェロの演奏は独学。

アンドウ マユコ (ピアノ・作曲)
群馬県前橋市生まれ。群馬県立前橋女子高校ギターマンドリン部在籍中に作曲、初演された「月を眺める(1999)」を皮切りに、マンドリン作品の作曲を開始。2005年東京藝術大学楽理科卒業。主に歌曲やマンドリン曲を中心とした室内楽の作・編曲を行っており、2010年にはアンサンブルテスタカルドの委嘱により、マンドリンオーケストラのための"airplane"を作曲、ドイツにて演奏され、好評を博す。一方、編曲についてはジャンル不問に行っており、親しみやすい編曲には学生から社会人まで定評がある。2011年12月、キーボードユニット「double drible(ダブルドリブル)」名義として初のCD「モノトーン」を発売、「類いまれな気持ちよい音楽」と各方面から絶賛された。第30回ぐんま新人演奏会出演(作曲部門)。群馬音楽協会会員。
http://mashroomlady.music-tbox.com/info.html
(「アンドウマユコ」でご検索いただけます)
AD