仁塾 塾長 島崎 仁 のひとりごと

思ったこと、感じたことを適当に綴っていきます。失言等あると思いますが、ひとりごとだと思って許してやってください。仁塾のfacebookページもよろしくお願いします。


テーマ:



ハロー!!!!!


・・・実に約9ヶ月ぶりの更新という…


皆さま本当にお久しぶりで御座います。


不肖島崎、何とか生きながらえておりました。


ブログをサボっていた間、銀行の担当者から「更新しないんですか?」とか、採用面接で「塾長のブログを読んで応募しました!」とか有り難いお言葉を頂きましてとても嬉しかったです!


でも、2015(年度)はのっけから(4月から)色々なことが重なり、メンタル的にとてもではないがブログに自分の思いを綴るなんて考えられませんでした。


一番ココロに深い痛手を負ったのは、信頼していた大好きな相棒が会社を去ったことです。


それはもうハートブレイク的に相当ショックで、目の前が真っ暗になった瞬間でした。


それに追い打ちをかけるように、親父の経営している会社を引き継ぐことになり、同時並行で仁塾伊勢崎校オープンに向けて東奔西走。


そんな中、7月に左足の小指を骨折しました(T_T)


普段の仁塾の授業や業務(経営管理)、引き継いだ会社の立て直し、そして伊勢崎校の開校準備でテンテコ舞いだったので、恐らく色々と自覚していないような疲れが溜まっていたのかも知れませんし、あるいは舞い上がっていたのかも知れません。


とにかく、生まれて初めての「骨折」でした。


「俺の骨は一体成型品だから、強度が違うぜぇ~!」とか言って調子づいていた私の小指は、本当に簡単にパキっと折れました・・・_| ̄|○


40歳が目前に迫る今日このごろ、よく思い、そして社員に対してもよく言うことがあります。


「相手の立場を考えろ」ということです。


今まで生きてきて、それはもう散々言われてきたことですし、自己啓発系のビジネス書を読めばかなりの確率で書いてあることですよね。


でも、あえて最近それを強調しています。


思い返せば30数年前に保育園の先生だか小学校の先生に言われた「自分が嫌だと思うことをお友達にしてはいけないよ!」という言葉。


人生の経験値が増すにつれ、人はその経験値を他人にひけらかしたくなるものです。


そして、知らない人を上から見下すようになったりします。


「は?お前、そんなことも知らねーの?」


的なスタンスです。


やっかいなことに、その言葉は自覚症状のないことが多く、いつの間にか他人を傷つけていることがあります。


そして、その上から目線を繰り返す人からは次第に人が離れていき、優秀であるにもかかわらず仕事で結果が出せなくなったりします。


私は知識量的な頭の良さが他人よりも優れているという自覚は全くなく、むしろそこにコンプレックスがあり、そのおかげで今でも「教わる」スタンスで何事にも取り組めるので、今では自分のそんなところに感謝しています。


「怪我の功名」ということわざがあります。


失敗したり、何となくしたことが、偶然にも良い結果をもたらすという意味で使われます。


今まで沢山の失敗を経験してきましたが、若い頃は失敗することがとてもダメなことで、とてもカッコ悪いことだと思っていました。


だから、いつも失敗しないように、カッコ悪く思われないようにそつなくこなすことが重要だと思っていました。


でも、違いました。


「失敗を笑って語れる」こと、これが人を惹きつけるんだと思います。


何でも出来て、その全てにおいて結果を残す人がたまにいたりして、そりゃあカッコイイですけど、そんな1パーセンターを目指しても自分が嫌になるだけです。


だって、ムリだもんそんなの。


それよりも、与えられたチャンスに対して、まずは思い切りぶち当たって、気持ちいいほどに失敗して、怒られて、「なぜ失敗したのかを検証し」、「同じ失敗を繰り返さない」こと、これが人生の財産になる。


そして、そんな財産を持っている人は、自分と同じような失敗をした人に対して、いい意味で優しくなれるはずです。


「甘やかす」のと「優しくする」のは全く違います。


甘やかすのは「ストレスフリーで好きにさせる」ことであり、優しくするのは「ストレスを抱えつつ懸命に頑張っている人の憂い(痛み)を理解してあげる」ことです。


小指を骨折し、足が不自由な人の苦労を初めて理解しました。


かがめないので、トイレ掃除さえ出来ないんですから…




当たり前は、実は全然アタリマエなんかじゃない。


必ず誰かに支えられている、ちゃんと見守っていてくれる人がいる。


私も、憂鬱なあの時を、色々な方の支えに助けられ、今やっと、少しずつではありますが自分を取り戻しつつあるように思います。


「怪我」の功名という言葉のとおり、たまには頭の「毛が」抜ける位に悩み、そこから這い上がろうともがいてみるのも大切な人生の営みだと思います。


あ、でも最近、冗談なしに髪の毛が薄くなりましたよ…(;_;)(笑)


「神」は試練を与えなさるのぅ…


今度は「髪」の試練(笑)


でも俺は、負「毛」無い(@_@;)




………はい、久しぶりに思い切りオヤジギャグを言い放ったところでオシマイです!




アディオスアミーゴ!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ひとりごと」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。