shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:
29日放映。8年間続き、何と300以上の職業を紹介してきたこの番組、とうとう最終回を迎えました。最後は職業の紹介ではなく、番組を見て自分の仕事を決めたという3人の若者を紹介。その職業とは、家電量販店、ヘアーメーキャップアーティスト、工作機械メーカー営業マン、の3つ。この番組の意義を再確認しました。ああ、終わってしまって残念。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

27日放映。新進のディレクターが自ら企画し自らカメラを持ち制作する(たぶん)、というこの番組。今回は、母親がガンで余命の短い事を知った若手ディレクターが、1年間母に密着、今聞いておきたい10の質問を母に投げかけ、答えを引き出す、というもの。東京在住のディレクターが、実家の大阪に通い、質問。死ぬのか怖くないか、に始まり夫婦のこと、親子のこと、自分のこと、などなど。それにしてもこのディレクターさんのお母さんの気丈な、というか、しっかりしたお考えの生き方に感動しました。この問答をするうちに夫婦の意味を問い直し、付き合っている彼女と結婚を決意する、という思わぬ展開にも感動をもらいました。ドキュメンタリー、というか、映画に引き込まれているような心境でしみじみ視聴を終えるのでした。田野裕哉さんというディレクターに素晴らしかったの賛辞を送りたいです。

・番組評価~☆☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10日放映。おお、ずいぶん前にフジTVアンビリバボーで紹介された 熊本県立盲学校アンサンブル部。その現在の様子を紹介する内容でした。全日本アンサンブルコンテスト。一般の人が参加するこのコンテストでかつて2回金賞を獲得したまさにアンビリバボーの実績を持つアンサンブル部。新部長になる予定の女子生徒を軸に、引退公演に臨む同部の奮闘する姿を伝えておりました。現在の部員は小学3年生の9歳から21歳の7名。今後の活躍を期待いたします。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4日放映。6年前に単身アメリカに渡り、メジャーリーグの審判に挑み続ける平林岳さん44歳の挑戦を伝える。メジャーの審判になることが夢だった平林さん、25歳で渡米し、審判学校に学び、優秀な成績で終えるも、結婚を控え、帰国、27歳でパリーグの審判に。それでもメジャー審判の夢をあきらめることができず、奥さんにも背中を押され、6年前に渡米、そしてこれまでをかけてマイナー最底辺からメジャー寸前まで審判の道を登りつめるのでした。そして勝負の今年、ジャッジに対する査定委員の注文、ジャッジに対する不安、そして首筋をいため休養、と最後の最後でメジャー昇格の夢が遠ざかるのでした。それにしても過酷なメジャー審判への道。メジャー昇格を果たす審判は、100人に1人とのこと。早くも来年に向けて動き出した平林さん。ひたむきに挑戦する姿に打たれました。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

20日放映。毎年5歳児が富士登山に挑んでいるという保育園の挑戦を伝える。29年前から年長園児の富士登山を続けている神奈川県秦野市若木保育園。園児は日ごろから登山靴をはき、2時間15000歩の散歩を日課としている。丹沢の練習登山を経て、迎えた今年の本番は8月22日。2日かけて頂上を目指すというその様子を伝えておりました。日ごろから鍛えつつも、途中から泣き出す子どもたち。それでも全員(10数人)が立派に登頂を果たしたのでした。子どもたちの後ろについて登頂を果たした親御さん。頂上で子どもたちと抱き合い、涙、涙のエンディングでした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

22日放映。今話題のダンサー・上野隆博さん28歳、通称TAKAHIROの現在を伝える。独自のヒップホップダンスを追求しようと単身23歳でニューヨークに渡り、努力を積み上げてきたTAKAHIROさん。アポロシアターでの勝ち抜き記録は有名なお話。昨年はマドンナのバックダンサーにも抜擢されるなど、名声はうなぎのぼり。そんなTAKAHIROの素顔と現在の挑戦を伝えておりました。現在挑んでいるのは、自ら率いるダンスチームの日本公演。コンテンポラリーなども織り交ぜたオリジナルなダンスプログラム。自分を信じNYにわたり、ひたすら努力し結果を出してきたスゴい若者のドキュメンタリーでした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

20日放映。50歳を過ぎてアメリカで移民相手の金融ビジネスを立ち上げ、世界から注目を集める元銀行マン・枋迫篤昌さんの素顔と挑戦を伝える。日本の大手銀行マン時代、中南米の貧困層を目の当たりにし、ショックを受けた枋迫さん。この人たちの力になりたいと、50歳を過ぎて移民向け送金ビジネスで起業、やがて移民向けのマイクロファイナンスも手がけることに。気持ちは常に弱者のための金融サービス提供。枋迫さんの志の高さ、意志の強さと忍耐力、そして表情からもにじみ出るやさしさ。職業人はこうあるべき、というすばらしいお手本を目にし、そして圧倒され、感動しました。大人たちが視聴すべき大人たちの道徳映像でした。枋迫さんの仕事がうまくいくよう願わずにいられないエンディングでした。さすがNHK、すばらしい素材を見つけ取材するものです。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

24日放映。親から虐待を受けた子どもが多く入所する長崎の児童養護施設。その施設で指導員に反発しながらも自立していく少女と指導員の密着500日を伝える。長崎県大村市にある大村椿の森学園。親の元を離れ生活する子ども36人が生活している。その多くが親から虐待を受けた子どもたち。カメラは6年前に入所した少女の施設を出る日まで500日の様子を伝えておりました。親からの虐待で心に傷を負い、他人と人間関係がうまく結べず学校生活もトラブルを抱え施設で爆発、指導員に八つ当たりする少女。それでも忍耐強く地道に人間関係を結ぶ女性指導員。施設で生活する子どもたちの厳しい状況と、指導員の方々の肉親以上の親身な地道な指導する姿に頭が下がりました。いま、こういった子どもたちが国中で増加し、施設の対応も限界にある状況に胸が重くなりました。施設を出て自立した少女に送った指導員のメッセージ、「あなたの幸せを心から祈っています」、がそんな心に響きました。

・番組評価~☆☆☆☆


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

18日放映。今年で51回目となる外国人による日本語弁論大会。6月に新潟で行われた大会の様子を伝える。1960年から始まったこの弁論大会。今回は、26の国と地域から104人が参加。決勝のこの大会に挑んだのは8か国12人の外国人のみなさん。例年通り、今年もすばらしい弁論の数々を聞くことができました。今回の参加者の特色は、中国の方の多いこと。中国4人、韓国2人、インドネシア、インド、バングラディシュ、アメリカ、ブラジル、ジンバブエ、などなど。ヨーロッパ系の人が近年少ないようです。内容は、日本での生活の違和感、国際交流、日本での発見、などなど。日本に対する提言型よりも日本での体験発表的なものが多かったか・・・。中学生にも聞かせたい、同年代の外国人の発表が多くなるといいのですが。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

17日放映。筋肉が衰えていく進行性の病、筋ジストロフィー。その専門の病院に入院する高校生たちの院内特殊支援学校の命の授業の様子を伝える。北海道八雲町にある国立病院機構八雲病院。筋ジストロフィーの患者120人が入院・療養生活をおくり、うち院内学校に通う小~高校生は25人。その高校生に対し、病と向き合い今後の生き方を考えるという「命の授業」を行っている。その様子と、授業を受ける高校生たちの様子を伝えておりました。自分がこの病にあることを知り、おそらく絶望的な気持ちを持った時のこと。その時の自分の気持ちを整理し、話し伝える、というあたりから授業がスタート。大学進学を果たし、前向きに生きる先輩を招くなどして、今後の人生の設計図を描く、という課題に取り組む様子を伝えておりました。それでもうまく自分の気持ちを話すことができない男子。若くしてこの病と向き合う心情を垣間見る思いで、胸がふさがれました。それでも少しでも積極的になろうとし、それを温かく支援する先生方。北海道の地で、こんな教育の現実があるのだなぁ、と心揺さぶられながら視聴しました。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。