shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:
29日放映。東日本大震災から4年、震災のつらい記憶に向き合い、命の授業に取り組んだ中学校と生徒の1年を伝える。月1回、年間を通してこの授業に取り組んだのは、宮城県東松島市立鳴瀬未来中学校。1000人以上が犠牲になった東松島市。被災した2つの中学校が統合し、この中学校が生まれた。授業に取り組んだのは3年生3クラス82人。被災したのは小学校5年生の時で肉親を亡くした生徒も少なくない。授業は、震災体験の作文から始まり、本人がOKすればみんなの前で紹介する。その内容に対して、みんなから文章が寄せられる。親を亡くし、その悲しみや自分の弱さををようやく文書にできた生徒。その気持ちに共鳴し、励ます作文が多数寄せられ。被災地の中学校でこのような授業があったのか、と映像に引き込まれました。エンディングは3月、涙の卒業式。命の授業は生徒の絆も育んだのだろう、と感動しました。
・番組評価~☆☆☆☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月18日放映のこの番組、ノーベル賞受賞山中教授大推薦のプレゼン、オーストラリアのシンガーソングライター、ミーガン・ワシントンさんのものでした。教授推薦のものとあって素晴しく、人前で話すこと、困難の克服など学ぶことが多いのでは、とこの番組のワークシートです
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
学活や学級・学年便りのネタになりそうな話題を・・・。
「日常生活」に関する話題です。
--------------------------------------------
  「恩送り」を五輪で広げたい  高校生 (東京都 18歳)

 東京マラソンのボランティアに初めて参加しました。担当はスタート地点近くにある給水所。ランナーの笑顔や周りのボランティアに支えられ、終えることができました。
 外国人ランナーの多さに驚きました。英語を話せるボランティアのまねをしていくうちに、なんとかコミュニケーションが取れるようになりました。ある外国人から「PAY IT FORWARD」と書かれたブレスしツトを頂きました。調べると、自分がもらった恩を受けた相手ではなく、次の人へ渡すことを意味する「恩送り」という言葉でした。その人も以前に他の方から恩をもらい、今度は私に感謝の意を表してくれたのだと思うと心が温かくなりました。
 私は周りの人たちに「恩送り」という言葉を伝えたいと感じました。 2020年の東京五輪・パラリンピックでは、恩送りの輪も広がるといいと思っています。
---------------------------------------------------------
「PAY IT FORWARD」。「恩送り」。
恩を送る、ということは、善意の輪が広がる、ということだな、と思いました。
「PAY IT FORWARD」。新しいクラスのスローガンに、いいなあ、と思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月24日放映のこの番組、ソフトバンクグループ代表・孫正義さんの実業家としてのこれまでを伝える、すごすぎるエピソード満載の内容でした。人生を切り拓いていくのに中学生のみなさんもヒントを1つでももらうことができるのでは、とこの番組のワークシートです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
26日放映。NHK夜のニュース番組内で紹介したのは、離島で中学校卒業式を迎え、島から離れることになる子と親の姿。那覇から船で1時間、島民580人の北大東島。島に高校はなく、中学校を卒業する生徒は島を出て沖縄の高校に進学することに。番組は、14日に卒業式を迎えた女子中学生の家族、親子の様子に密着。家を出て親から離れることに寂しさを隠せない子、その日を前にどことなくよそよそしい父親。そして迎えた卒業式・・・。中学校を卒業し、親から離れなくてはならない、という離島の事情。同じ中学生として、卒業式をどのような気持ちで迎えるか道徳として用いても良いのでは、と視聴しました。
・番組評価~☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月26日放映のこの番組、反抗期の娘に対する母なりの愛の詰まった「嫌がらせ弁当」の興味深いお話でした。思春期の親子関係を考える道徳にどうか、とこの番組のワークシートです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
25日放映。探検バクモン、今回爆笑問題のお2人が探訪したのは、「アールブリュッド」。?。アールブリュッドとは、生の芸術、専門的な技術を学んだことのない人が自分のために打ち込むアート、といったところでしょうか。アウトサイダー・アート呼ばれてもいるでしょうか。で、突然登場したのは、「帽子おじさん」こと、宮間英次郎さん80歳。デコデコに装飾した帽子を製作し、かぶり、そのいでたちには引いてしまいますが、これがフランスなどで評価されている、というから驚き。その後訪れたのは、障害者がアート製作に取り組む川口市にある施設。自分の世界に、自分のやり方に没頭し、時間をかけて、理解できなくとも、スゴい作品をつくり上げる様子に圧倒されました。表現したいという欲求、そして人間の可能性を思い知る視聴となりました。
・番組評価~☆☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月20日放映のこの番組、ホテルニュージャパン火災「伝説の消防士」の手に汗握る救出劇。NHK「プロジェクトX」の感動がよみがえりました。今でも十分に道徳的意義あり、とこの番組のワークシートです
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
24日放映。東日本大震災から4年の3月11日、岩手・宮城・福島3県の6か所で震災復興支援ライブを行ったAKB48のドキュメンタリー。震災直後から被災地訪問ライブ行っているAKB48。今回が47回、というから立派です。今回訪問したのは、岩手県宮古市藤原小学校、釜石市イオンタウン釜石、宮城県石巻市広渕小学校・南三陸町志津川中学校、福島県南相馬市はまなす館・さくらホール。メンバーのみなさん、早朝に東京を出発し、2時46分にそれぞれの場所で黙とう。その後、同時刻にライブスタート。今回もライブが始まり大盛り上がりの子どもたち、大人たち。一生懸命なAKB48のみなさん。最後は東京の劇場もつないで、243名で歌う「掌が語ること」にじんわりでした。被災地に思いを届けるAKB48のみなさんの姿やライブの様子は、中学生の心に響く最良の道徳素材では、と今回も視聴しました。
・番組評価~☆☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
14日放映のこの番組、ようやく実現することができた、というフィギュアスケート・浅田真央さんの被災地訪問ドキュメンタリーでした。悲しみ、悩む子どもたちに寄り添う真央さん。道徳内容項目「思いやりの心」にどうか、とこの番組のワークシートです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。