shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:
28日放映。これぞ!ニッポン流! 外国人も超ビックリ!?こだわり抜く日本人、ということで特集したのは、日本の台所と道路。とりわけ、切りやすい日本のラップの秘密を紹介したコーナーは印象的でした。ラップ大手の(株)クレハ。その会社でラップ開発リーダーの職にあるのが関孝幸さん46歳。25年間でラップパッケージの改良は120か所。8年前に担当者となった関さんは、うち96か所を開発したというラップおたく。毎日1箱はラップを切り、常に開発・改良を考えている、という、まさにこだわりぬく日本人でした。関さんの仕事に取り組む姿は素晴しいもの。道徳で活用できないか、と視聴しました。
・番組評価~☆☆☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
学活や学級・学年便りのネタになりそうな話題を・・・。
「社会生活」に関する話題です。
-----------------------------------------------------------
  事故で気づく通常運行の便利さ  教育団体職員 (神奈川県 47歳)

 通勤に使う小田急線で事故があり、一時不通になった。復旧には長くかかりそうだとのアナウンスに、夕刻の混雑した車内にため息がもれた。間もなく振り替え輸送の車内放送が流れた。ある駅まで行くのに乗り換えが3回必要で、約1時間かかるという。あちこちから舌打ちが聞こえてきた。
 私もイライラが募ってきたそのとき、隣にいた女子高生たちのあっけらかんとした会話が飛びこんできた。「マジ?いつもだったら15分じゃん」「うちらこの線なかったらヤバイよ。感謝せねばっすね」と笑う。
 ハッとした。何げなく使っているものが故障するとつい文句を言いたくなるが、それだけいつも平常運転に助けられているということなのだ。
 ほどなぐ電車は少しずつ動き出した。イライラは消えていた。
------------------------------------------------------------
その時、文句を言いたくなるか、「感謝せねばっすね」と笑うか。
幸せに生きるコツ、のようなものを教えられるようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
26日放映。スマホの広がりで深刻さを増す“ネット依存”。ネット依存の実態、依存の弊害、依存を図るチェック、依存からの脱却等を伝える。ネット依存のパターンは2つ。ゲーム性の依存と、ネット系の依存。自分の生活リズムの問題だけでなく、金銭問題や人間関係のトラブルに発展するケースが多々あり、深刻さがうかがえました。高校生がチャレンジした、という1日ネット断食。やはり携帯はなくては、という逆のメッセージが伝わってしまったようにも受け止めました。
・番組評価~☆☆☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
14日放映。いま、子どもたちの6人に1人が「貧困」にあり、「学び」に影響を及ぼしていることがわかってきたという。そのような現実に対し、学びの場を提供し、貧困にある子どもや少年を支援しようという元高校教師の取組みを伝える。このような支援により、学ぶことに前向きになる少年たちの姿が印象的でした。貧困による学習環境の格差が不登校につながるケースも少なくなく、そのような状況にある女子中学生が支援を受け、高校合格を果す様子は心に残りました。貧困、それに近い状況にあり、進学に不安のある中学生は少なくないでしょうか、この番組を視聴することで少しでも不安が解消されることにつながるのでは、と思いました。
・番組評価~☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
学活や学級・学年便りのネタになりそうな話題を・・・。
「いじめ」に関する話題です。
-----------------------------------------------------------
 級友を無視 今も後悔 (東京都 会社員 44歳)

 6月が近づくとよみがえる苦い思い出がある。
 小学6年の時、クラスで男女6人の班に分けて掃除や給食当番を一緒にしていた。6月3日、帰りの会が始まる頃、班の誰かが「明日は6月4日で無視の日だから無視しよう」と、たまたまその時いなかった男子を標的にした計画を言い出した。「無視」という言葉は覚えたてで、特に反対もなく決まってしまった。
 翌朝「おはよう」と登校してきた彼を私たちは無視した。「何? 何で?」と戸惑う彼に、言い出しっペが「今日は何月何日だ?」。彼は「……無視か」とつぶやき、机に突っ伏してしまった。
 たまたま不在で標的となっただけで、それは私だったかもしれない。傷つけてしまった心を思うと、これだけの時を経ても深い後悔がわき上がる。いじめの自覚はなく、みんなまだ人の痛みを思いやれない子どもだった。寂しそうな表情が忘れられない。
 ごめんなさい。心から謝りたい。3人の子の母となった今、思いが強まる。どうかあの出来事で自信をなくしたりネガティブな気持ちを持ったりせず優しい大人になっていてほしいと、勝手ながら願うばかりだ。
------------------------------------------------------
大人になっても、「深い後悔がわき上がる」いじめ。
子を持つことで、思いが強まる、とのことでした。
そういう苦い思い出を残さないで、と思います。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
13日放映。失敗を恐れずイノベーションを起こしている人々を革新者とよび、その生き様を紹介していく、というこの番組。W杯開催直前、今回紹介したのは、日本代表・長友佑都も絶賛というホペイロ(用具係)・山川幸則さん38歳。現在はFC東京所属のホペイロ山川さん。試合終了後に選手のスパイクを手洗いすることから始まり、試合前にロッカールームにウエア等を整えるまでが仕事。スパイクのメンテナンスから用具・ウェア等に対する心配りに感心し、プロ意識が伝わりました。裏方の仕事の大切さを伝えるすばらしい映像でした。
・番組評価~☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9日放映。様々な障害で生きる壁にぶつかった時、一歩前に進むためのヒントを探るこの番組の企画「ブレイクスルー」。この回は、レズビアンカップルの2人をスタジオに招き、その素顔と生き方を紹介する。昨年、このお2人は結婚式を挙げるも、日本では同性婚が認められていない。それでもセクシュアルマイノリティーに対する社会の理解を深めるため、ともに前向きに生活している。まずは親・家族からどう理解を得るか、そして学校・職場・・・。そして子どもはどうするか。現在の日本では大きな壁がいくつも立ちはだかっていることが伝わりました。学校でもセクシュアルマイノリティーに対する啓発を進めることが早急の課題です。こういった番組を道徳に活用しては、と視聴しました。
・番組評価~☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
学活や学級・学年便りのネタになりそうな話題を・・・。
「世界平和」に関する話題です。
-----------------------------------------------------------
  9条の意味 世界に広めたい  中学生 (東京都 14歳)

 今、日本国憲法が危機にあります。第9条に「戦争放棄」について書かれてある国際平和主義の憲法です。戦後の日本が戦争をせずにこられたのは、この9条が大きな働きをしていたからです。なので、もし9条がなくなってしまったら……と考えると不安だけが頭をよぎります。
 そんな状況をなんとか避けるため、憲法9条をノーベル平和賞にする取り組みが始まり、候補になりました。さらに驚いたことは、9条自体が候補になっだのではなく、9条を守ってきた日本国民が候補になったことです。つまり、受賞した場合は日本国民一人一人が受賞者ということになります。
 私にとって憲法は今まで遠い存在で、自分には全く関係ないと思っていました。でも、今回のことで、決してひとごとではないと思い始めました。9条は日本にとっても世界にとっても失ってはならない存在で、世界平和の希望です。ノーベル平和賞を受賞できたら、戦争をしないことの意味の大きさを、世界に広めることになります。私は、このような憲法が日本にあることを誇りに思います。
 日本のためにも、世界のためにも、ノーベル平和賞を受賞できたらよいです。
----------------------------------------------------
3年生公民的分野では、憲法平和主義の学習を終えたころでしょうか。
この話題は私も心が躍りました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6日放映。首都圏の情報特集番組。この回は、小児がんの治療や後遺症と向き合いながら前向きに生きる2人の少女の姿を伝える。最初に紹介したアイドル歌手を目指す16歳少女の姿は印象的でした。9歳の時から地元浅草のアイドルグループに所属し、歌手を夢見てがんばってきたが、2年前に小児がんを発症、転移を抑えるため、昨年右足切断を決断。片足を失いながらも夢をあきらめず、家族や仲間に支えられステージで歌う姿はすばらしいものでした。
・番組評価~☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5日放映。世界の子どもたちのとある日常を紹介する子ども目線のドキュメンタリー。この回紹介したのは、負けず嫌いの雄人くん小学3年生。大阪に住む雄人君が今夢中なのは卓球。放課後、地元のクラブに通い、同年代の子たちと腕を競い合っている。しかし、負けるといいかげんな気持ちになってしまい、「ザツ」くなる弱点がある。試合に負けると、残りの試合を放り出してしまい、周囲からもとがめられてしまう。そんな弱い自分を、どうにかしたいと考えている雄人くん。負けても弱い自分にはなりたくない、と自分を立て直し、次の試合に挑む姿でエンディングとなりました。弱い自分から逃げず、しっかり向き合うことで次のステップが始まる。そんな大事な教えが伝わる小学生ドキュメントでした。
・番組評価~☆☆☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。