shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:
6月19日放映のこの番組 、とりわけ横浜DeNAベイスターズ中村紀洋選手と家族の物語が印象的でした。2度の戦力外通告、グランドに立てなかった8か月間。お父さんを支えたお母さんと娘たち。記録達成の場面は大変ドラマチックでした。このお話から家族・親子のあり方を考える時間になれば、とこの番組のワークシートです
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

31日放映。アジア60の国と地域の放送局がつながるABU~アジア太平洋放送連合。それぞれの放送局が作成した子どもドラマを放送する特集番組。この日紹介したのは、日本のNHKによる「折鶴」。足を骨折して入院した少年と入院中の少女との淡い交流の物語。入院したサッカー少年たける君は、折紙をしている少女さやさんと出会い、ほのかな恋心を。2人は病気やケガが治るよう祈りを込め、千羽鶴を折り始める。が、病気が治ってさやさんが退院してしまうのでは、とたける君。千羽を目前に、ある晩、一緒に折った鶴を窓から捨ててしまう。が、その後さやさんの病状が悪化、急きょ手術をすることに。さあ、困ったたける君、あわてて鶴を折るも・・・。という劇的な展開でした。小さな2人の好演も光っておりました。道徳で活用してみたい味のある子どもドラマでした。

・番組評価~☆☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30日放映。昨年暮れに亡くなられた中沢啓治さんによる「はだしのゲン」。原爆という重いテーマにも関わらず、世界中で翻訳が続けられ読者が広まっているという。「はだしのゲン」創作の秘密と読者の広がりの現在を伝える。6歳のときに爆心から1.2kmの所で被爆したという中沢さんの自伝的漫画。ジャンプ掲載当時の状況、その後の読者の広がり、そして漫画に込めた中沢さんの思いが伝わりました。そして今、世界で広がる読者。アメリカの教育現場での広がり、核開発問題でゆれるイランで出版されたのが先日のこと。ボランティアの力などで世界20の国で翻訳出版され、原爆の恐ろしさを伝えている、ということでした。中沢さんの業績の偉大さを改めて知るとともに、閲覧制限問題の残念さを思いました。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7月1日放映のこの番組 、ワールドカップ出場を決めた日本代表チームの柱・本田選手のドキュメンタリー。ケガで、ロシアのチームで苦闘・葛藤するも、自分を追い込み克服してきた姿が印象的でした。道徳で本田選手とは、中学生のみなさんも興味深く、説得力があることと思います。その番組のワークシートです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月14日放映のこの番組 、悲しい過去を乗り越え、タレントとして明るく活躍するサヘルさんの授業が印象的でした。悲しみや困難の克服、マイナスからプラスを引き出す思考、など中学生のみなさんの参考になるのでは、とこの番組のワークシートです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月9日放映のこの番組 、ヤンキーのみなさんを相手に、勉強することの意義を熱く、体当たりで語る「今でしょ!」の林先生の姿、講義が印象的でした。なぜ勉強するのか、今やっている授業が将来役に立つのか。中学生のみなさんが感じる疑問にこの番組を活用して道徳の授業はどうか、とワークシートです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

26日放映。障害者のための情報バラエティー、今回のテーマは「きつ音」。話す時にうまく言葉が出ず、同じ音を繰り返したり、言葉につまってしまう、という人たち。スタジオに集合し、その悩みや「きつ音」とどう向き合ってるか、などを話してもらう内容でした。就職活動の面接でうまく話せず不採用が続いているという大学生、高校生の時にクラスメートにいじめられて学校を中退、それから引きこもりになってしまったという男性、など「きつ音」の人たちのきびしい現実が伝わりました。原因がはっきりしておらず、効果的な治療法もないとのこと。「きつ音」をもつ人の悩み、その人たちとのつきあい方など、考えさせられる内容でした。この番組に出ることにとても悩んだという男性。友人に、何かが伝わるからと背中を押されて出演した、という言葉に打たれました。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年12月29日放映のこの番組 、東日本大震災で大津波を生き延びた岩手県釜石小の子どもたち。「釜石の“奇跡”」とよばれる大人顔負けの判断力と行動力によるものでした。人任せ、人に流されやすい中学生のみなさん。釜石小の子どもたちから多いに学んで欲しい、とこの番組のワークシート です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

23日放映。様々な理由で子どもを産んでも育てることができない女性たちが駆け込む母子寮がある。そこで出産を迎えるまでの女性を追ったドキュメンタリー。茨城県土浦市にあるNPO法人Babyぽけっと。予期せぬ妊娠をして子どもを産むことになった女性たちがNPOのHPを見て駆け込む。NPOは彼女たちに無料で住まいを提供し、出産までをサポート。生まれた子どもは特別養子縁組を仲介され、不妊に悩む夫婦に引き取られる。カメラが追ったのは、風俗店で働いていて妊娠したという23歳の女性。父親はわからない。お腹の中で大きくなる赤ちゃんに少しも愛情は感じられず、早く産んでもとの生活に戻りたい、という言葉は本当なのだろう、と思いました。このNPOを2年前に立ち上げたのは岡田卓子さんという方。これまで70人の妊婦を世話してきたという。このような団体・NPOは現在日本に15あり、相談は5年で5倍に増えている、ということでした。悲しい運命のもとに生まれてきた赤ちゃん。それでも別れの時に涙ぐむお母さん。現代の日本の一面を伝えるなかなか重いドキュメンタリーでした。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

14日放映。かつて「死の川」とまで言われた多摩川。その多摩川に清流が戻り、現在約1200万尾ものアユが遡上するまでになったという。いかにして清流を取り戻したのか、その秘密に迫る、という内容。東京と神奈川の間を流れる多摩川。流域人口400万人の大都市を流れる河川。大都市を流れるロンドンのテムズ川、パリのセーヌ川よりもずっと水質は良く、四万十川にはいかないまでも、最上川に近い水質だというから驚き。水質が向上したのは、この30年ほどのこと。その秘密は、中流にある下水処理施設と上流の森林資源回復のおかげ、とのことでした。いや~、素晴らしい多摩川の水質向上。環境悪化をネタに環境学習に取り組むことが多かったですが、こういた輝かしい成功事例で環境問題に取り組むことの大切さを思いました。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。