shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:
昨年10月22日放映のこの番組 、フェイスブックやツイッターといったソーシャルメディアに熱中するあまり、ネット依存に陥る問題を指摘しておりました。自分の時間が多くなる夏休みを前に、こういった問題を中学生のみなさんにも伝え、ネットへの向き合い方を考えよう、とこの番組のワークシートです
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
7日放映のこの番組 、国民栄誉賞受賞の松井さんに寄せる同年代のあふれる思いが伝わりました。この機会に、ぜひ中学生のみなさんにも松井さんの人柄に触れてほしい、とこの番組のワークシートです
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月31日放映のこの番組 、サッカー日本代表GK川島永嗣選手の人柄と素顔を伝える内容でした。物事に対する準備を怠らない姿勢、語学に対する積極的な取り組み、健康食に対するこだわり、など中学生のみなさんに伝えたい内容でした。ワールドカップ地区予選終盤の時の話題に道徳にどうか、とワークシートです

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月20日放映のこの番組 、今年30周年を迎えた東京ディズニーリゾートを特集する内容でした。番組に招かれたキャストのみなさんのやる気・笑顔の素晴らしいこと。働くことについて考える良い教材では、とこの番組のワークシートです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月27日放映のこの番組 、帯広のあの智華子さんがロンドンパラリンピックに出場、入賞を果していた、とは感慨深かったです。大きな夢を果した智華子さん。そのがんばる姿や生きる姿勢から大いに学んで欲しい、とワークシートです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

学活や学級・学年便りのネタになりそうな話題を・・・。

「地球環境問題」に関してです。


A新聞 5月25日 読者の「声」より
------------------------------------------------------
  アルプス氷河の消滅防ごう 中学生  (東京都 14歳)

 アルプスの氷河面積が、地球温暖化の影響で1960年代後半~70年代前半に比べ4割近くも減少していることを知った。温暖化対策を取らなければ、美しいアルプスの氷河が消える恐れもあるそうだ。アルプスは、どんどん地球温暖化が進んでいると叫んでいる。
 現代を生きる生物の一つである人間が、美しい自然を自分勝手に破壊して許されるわけがない。地球温暖化は、人間が石炭や石油などのエネルギーを好き勝手に使いすぎて、二酸化炭素(CO2)を排出してしまったから起きた。それでもまだ人間は、エネルギーを好き勝手に使い、今度はアルプスの氷河を消滅させるのか。
 私たちが自然とアルプスの氷河のために、今からできることは、エコな暮らしを心がけることだ。これから夏が来るが、クールビズなどによって冷房の使い方を工夫し、エネルギーを好き勝手に使いすぎないようにする必要がある。そうすればアルプスも喜ぶだろう。
--------------------------------------------------------
地球環境問題への取り組みは、
生き方や幸福観にかかわる道徳的なこと。
地球環境問題に敏感でありたいものです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

学活や学級・学年便りのネタになりそうな話題を・・・。

「時の話題」です。


A新聞 5月4日 読者の「声」より
------------------------------------------------------
  全聾の佐村河内守さんに学ぶ  高校生  (兵庫県 15歳)

 被爆2世の全聾作曲家・佐村河内守さんについて最近知った。実は私も中2のころ耳鳴りがして難聴と診断された。「いずれ治る」と思っていたが、医師に「治らないと思う」と言われ、悲しくてしかたがなかった。症状は今も続き、時々布団の中で泣いている。
 そんな中、彼の交響曲「HIROSHIMA」を聴き、その素晴らしさに驚いた。耳が聞こえないのに、人々に音楽で感動を与えている佐村河内さんに感動した。「私よりひどい症状でありながら頑張っている人がいる。泣いてばかりじゃだめだ」と思った。
 私は将来、耳が聞こえない人の支えになる仕事に就きたい。そこで佐村河内さんのように頑張るのだ。夢に向かって進むわよ。
---------------------------------------------------
「夢に向かって進むわよ」。
交響曲「HIROSHIMA」。震災被災地では「希望のシンフォニー」とよばれているようです。
佐村河内さんの存在、音楽にどれだけの人が勇気づけられていることでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

学活や学級・学年便りのネタになりそうな話題を・・・。

「家庭生活~母」に関するお話です。


A新聞 5月11日 読者の「声」より
------------------------------------------------------
  働く母に感謝、家事やろう  高校生 (千葉県17歳)

 僕の母は宅配の仕事をしている。最近は女性でそのような仕事をしている人も増えているらしいが、まだ比較的、少ない方だと思う。母から仕事の話を聞くが、僕の家に来る宅配業者の人はみんな男性ということもあり、なかなか母が働いている姿を想像するのは難しかった。
 しかし先日、学校の帰り道で母と同じように宅配の仕事をしている女性を見かけた。男性と同様、重い荷物を運んでとても忙しそうにしていた。僕はその姿を見て、働いてお金を稼ぎ、帰ってきたら料理などの家事をする母の大変さと、ありがたみを強く実感した。
 これまで僕は、色々な言い訳をつけて家事には非協力的であったと思う。それでも母は仕事に行き、家では食事を作ってくれた。僕は高校3年生になり、受験勉強や部活で遅い時間に疲れて帰宅することも増えると思う。しかし、働く母の姿を思い浮かべ、家の仕事もやれることから少しずつ始めていきたい。
------------------------------------------------------
明日は母の日、
母の大変さとありがたみを思う男子高生でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9日放映。フジTV深夜放送の老舗ドキュメンタリー。今回取材したのは、東京都で唯一「畜産科」がある都立瑞穂農芸高校、そこで家畜と奮闘する女子高生の姿を伝える。全校生徒500人、園芸や畜産等4つの学科のうちの1つ、豚や牛といった畜産を学ぶのが「畜産科学科」。生徒の8割が女子、というから驚き。都心から通う生徒もいるという今どきの女子高生。育てたニワトリをさばき、豚を去勢し、牛の出産に立会い、育てた子牛にキスし出荷する、・・・。ひるむことなく家畜に向き合う姿に圧倒されました。育てたニワトリや豚を全校生徒で食す収穫祭。気持ちのこもった「いただきます」「ごちそうさま」の声が響きました。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7日放映。長嶋茂雄さんとともに国民栄誉賞を受賞した松井秀喜選手。その引退を機に、同世代の人たちによる共感のメッセージがネット上にあふれているという。松井選手の生き方や人柄に共感を寄せ、生き方を問い直す同世代を紹介する。松井選手と同世代の30~40代が共感するのは、松井選手の謙虚さやひたむきに努力する姿。バブル崩壊後の困難な時に社会に出て生きてきた世代。松井選手の全盛期よりも晩年の苦労する姿に共感し、今を生きる力になっているようです。そんなこともあるのか、と改めて松井選手の姿勢や人柄に打たれました。ゲスト・伊集院静さんのコメントもよかったです。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。