shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:
12月14日放映のこの番組 、障害者の方々が願う「究極の」バリアフリールールを話し合う、という障害者サミットバラエティでした。私たちがなかなか気づかない障害者のご苦労を知り、障害者の方が願う究極のバリアフリーに思いをはせる、という内容だったかと思います。福祉学習に関連させてこの番組の道徳使用はどうか、とワークシートです
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
11月1日放映のこの番組 、ご出産を控えた熊田曜子さんのマタニティトークとMC有吉さんの絶妙なつっこみで楽しく視聴しながら「妊娠・出産」、そして命の尊さを学べる素晴らしい内容でした。この番組でぜひ道徳の授業を、とこの番組のワークシート です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。今回は、ロンドン五輪ボクシング金メダリストの村田諒太選手26歳が、母校の奈良市立伏見小学校で授業、テーマは、「出会い」。ロンドン五輪ボクシングミドル級で48年ぶりとなる金メダルを獲得した村田選手。ボクシングとの出会いは、やんちゃな中学校時代。先生に導かれてボクシングを始めるも、2週間でリタイア。その後再びボクシングを始め、南京都高校ボクシング部に入部。そこで生涯の師となる武元前川先生との出会いがあった。先生の言葉、「努力したからって 報われるわけじゃない でも努力しないと 報われない 苦しい時こそ前へ出ろ」に支えられた金メダルとのことでした。授業では子どもたちが「出会い」や「心に残っている言葉」の作文を発表。その内容に涙する村田選手の姿が印象的でした。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。東日本大震災で注目された「釜石の“奇跡”」。大人顔負けの判断と行動で大津波を生き延びた岩手県釜石小の児童184人。その日の避難の様子をアニメで再現する、というもの。その日、小学校は午前中で授業を終え子どもたちは下校。震災発生時、ほとんどの子どもたちが学校にはいず、やがては津波の被害を受けることになる地域にいたにもかかわらず、自主的な判断で高いところに避難し、全員が被災をまぬがれた、というからまさに奇跡です。その背景や実際の様子は、3月11日にNHKEテレ「シンサイミライ学校 いのちを守る特別授業 “釜石の奇跡”片田敏孝教授と子どもたち」で放送 されましたが、そのアニメ版、でした。学校では避難訓練を実施していることと思います。自分の命を守るために大切なことは何か。避難訓練にあわせて活用すべき映像、と視聴しました。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月27日放映のこの番組 、全国で唯一中学生の応援団部員がいる、という都私立中学高等学校応援団。そのたった一人の新入部員・中学1年生の過酷な練習、涙の日々に密着。1年後の成長の雄姿が胸に響きました。この映像をきっかけに、部活動この1年をふり返ることになれば、とこの番組のワークシート です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
14日放映のこの番組 、亡きお母さんとの約束で、毎朝お父さんにみそ汁をつくるはなちゃんの姿が心を打ちました。はなちゃんの姿はどう映るでしょうか、中学生のみなさんに家庭における役割を反省して欲しい、とこの番組のワークシートです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

23日放映。パラパラ漫画で突然大ブレークのお笑い芸人・鉄拳40歳。その素顔と「情熱大陸」に書き下ろした今一番伝えたい新作パラパラを紹介。3月に公開された「振り子」は動画再生回数300万を超える大ヒット作に。4分半のこの作品、1500枚のイラストを3か月かけて完成させた。下書きなし、近所の文房具屋で買ったサインペン1本、普通のコピー用紙に描くという超アナログな作風に驚きます。1972年長野県大町市生まれ。スケッチブック漫画ネタで活動する芸人にパラパラ漫画の作成依頼が殺到している、とのこと。番組のための書き下ろし作品、「いつも心に太陽を」も温かなものでした。番組取材中、素顔もさらした鉄拳さん。とても個性的で、大変に温かな心の持ち主、とこのドキュメンタリーを道徳素材にしたく、視聴を終えました。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

22日放映。公式戦通算成績が1勝24敗という南国高知県のアイスホッケークラブ。負けても負けてもアイスホッケーに熱中し必死に取り組むメンバーの姿を伝える。スケートリンクができたことを機に、44年前に誕生した高知県アイスホッケークラブ。毎年、冬季国体出場をかけて予選に挑むも、これまでの成績は1勝24敗。24年前にスケートリンクは閉鎖し、クラブ存続が危ぶまれるも、駐車場や県外のスケートリンクを練習場に、クラブを維持し、地道に取り組んできた。メンバーの平均年齢は42歳。そしてこの12月、公式戦2勝をかけて挑んだ国体予選。結果は残念ながら引き分け延長シュート戦での惜敗でした。すぐに来年の公式戦に向けて取り組みを始めるメンバーの姿が印象的でした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
学活や学級・学年便りのネタになりそうな話題を・・・。

「生き方」に関するお話です。


A新聞 12月22日 読者の「声」より
------------------------------------------------------
 見えない努力の大切さを知る  小学生 (愛知県 12歳)

 少し前から、元プロ野球選手の桑田真澄さんが書いた「心の野球」という本を読んでいます。そこには「表の努力」と「裏の努力」があると書いてあります。表の努力とは、キャッチボールなどの技術や体力をつける努力のことです。裏の努力とは、掃除やあいさつや返事などの野球とはまったく関係ない努力のことです。自分は裏の努力をしたって意味がないと思っていました。野球が上手になりたいなら、表の努力だけすればいいじゃないかと思いました。
 でも、桑田さんは「表の努力がすべてではなく、目に見えない裏の努力もふくめて、その人の実力になるのだと思う」と書いています。表の努力は自分だけの努力、裏の努力はみんなのためにがんばる努力だと思います。みんなのためにという思いがあれば、神様が認めてくれ、その努力は報われるのだと思います。
 自分は、表と裏の努力を両立できる人になりたいです。
------------------------------------------------------
「表の努力」と「裏の努力」。
桑田さんも良いことを言うな、と読みすすめました。
中学生のみなさんにとって、「努力」は、
1年の反省、新年の目標、どちらにもキーワードになることと思います。
新しい年、すばらしい「努力」ができるとよいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

20日放映。世界遺産と日本人のかかわり、日本の世界遺産に魅せられた外国人といった視点から特集したこの番組。見どころの1つは、スペインの世界遺産、古都サラマンカ大聖堂のパイプオルガン修復に挑んだオルガン製作者の秘話でした。200年もの間、修復されずに放置されていたサラマンカ大聖堂のパイプオルガン。理由は職人がいないため。このオルガンを目にし、修復したいと熱望したのが日本のオルガン製作者、辻宏さん(1933~2005)。修復を申し出るも、得体の知れない東洋人は教会に相手にされず。あの手この手で自分を売り込んだ辻さん。許可を得るまでに15年かかった、というから驚き。そして修復に挑んだのが1989年のこと。8か月かかって修復を成し遂げ、そのよみがえった音色に教会はびっくり。いまだに辻さん追悼コンサートがおこんわれているとのことでした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。