shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:
22日放映のこの番組 、左手のピアニストとして注目される舘野泉さんのこれまでと現在の思いを伝える内容でした。大河ドラマテーマ曲の演奏などで活躍中。時の話題として道徳への活用はどうか、とこの番組のワークシート です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30日放映。今回はご依頼おじゃマップ、ということで、香取慎吾さん・ザキヤマさんそしてゲストの道端アンジェリカさんが訪問したのは畜産科学科がある都立瑞穂農芸高校。1日体験入学ということで、生徒さんに案内され、農業実習を体験することに。豚舎のそうじ、牛の乳搾り・散歩、重機の運転、小動物の研究、バイオ実習、そして子豚の誕生、とこれが農業高校、という場面満載でした。その実習についていくのに3人は大奮闘。何よりも心に響いたのは農業高校で学ぶ生徒のみなさんが真剣に実習に取組み、それぞれが将来の夢を語る姿でした。おじゃマップ、ということで気楽に視聴に入りましたが、これは中学生のみなさんの道徳・進路学習に活用すべき、とじっくり見入ってしまいました。

・番組評価~☆☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年4月18日放映 、と少々前の放送番組ですが、3きょうだいでロンドンオリンピック出場を決めた田中理恵選手、競技に臨む際の元気な返事と明るい笑顔の素晴らしさを伝える内容として、今こそ中学生のみなさんに紹介したい、とこの番組のワークシート です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。トリハダ学校訪問ということで今回密着したのは「高校生レストラン」でおなじみの、三重県立相可高等学校食物調理科。新入生が加わり、調理実習、週末のレストランに備えての放課後の仕込み、そしてレストラン開店準備、という場面で次週に続く、でした。この番組でも印象的だったのは授業に臨む生徒たちの真剣さと将来の夢を語る活き活きとした姿。高校生はこうあるべきだなぁ、と視聴しました。次週が楽しみ。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月30日放映のこの番組 、部員が1人ながら部活動に地道に取り組む高校生の姿が印象的でした。間もなく部活動最後の夏季大会を迎える中学生。この番組を視聴し、仲間の大切さを深めて欲しい、とワークシートを作成 しました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

27日放映。今回は、お笑い芸人・カンニング竹山さん41才が母校の福岡市立七隈小学校で授業、テーマは、「親友」。かつての相方、カンニング中島さんを病で亡くした竹山さん。小学校からの同級生であったが、未だに親友かどうか自分でもわからない、この授業で自分も考えたい、と教室へ。子どもたちに課したのは、竹山さんが用意した街の人へ訪問しての「親友」聞き込み調査。祭のライバル、中学校からの同級生女性、視力障害者ランナーと伴走者、かつての戦友、などなど。親友とはどういうことか。オトナのお話を聞き、子どもたちも考えることがあったようです。なかなか素晴らしい竹山さんの授業でした。ところでカンニング中島さんはどうだったのだろう・・・。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

27日放映。全国で唯一、中学生の団員がいる明治大学附属明治中学校・高等学校応援団。昨年入団した中学1年生はたったの一人。その成長の1年間に密着。楽しそうという軽い気持ちで入団した1年生高松君を待っていた地獄の特訓、涙・涙の日々。そして真夏の5日間の地獄の合宿。という全国でも唯一の同校応援団を追ったこの番組のドキュメンタリーもこれが3回目。さらに応援団を襲った大事件は、この春高校3年になった部員に男子がいない、ということ。数年前に共学化し、応援団に加わったチアリーディング部の女子生徒を幹部にすべきかどうかという問題。そういった荒波に立ち向かう中1高松君と高2女子部員の成長が胸を打ちました。こんなのアリ?という理不尽な伝統に疑問を感じることも多々ありましたが、再び道徳の素材にどうか、と視聴を終えました。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

学活や学級・学年便りのネタになりそうな話題を・・・。

「社会生活」に関するお話です。


A新聞 4月7日 読者の「声」より
------------------------------------------------------
 ポイ捨てで環境を壊さないで  中学生  (東京都 13歳)

 芦ノ湖周辺の森を散策した時のことです。天気も良く、木々の葉の隙間から暖かい春の日差しが差し込み、小鳥のさえずる音と土を踏む足音、湖の音が聞こえていました。自然いっぱいで、都会っ子の私は、いつもの東京のにぎやかさから解放された気分で楽しんでいました。
 しかし、これほど気持ちよい森の中にも、ペットボトルや空き缶、お菓子のポリ袋などが捨てられていたのです。自然に満ちた気分が台無しになりました。
 人は、生活に便利なものをたくさん開発し、今では私たちの日常で欠かせないものとなっています。けれどもそれらは、この地球が提供してくれている環境がなければ作られることはなかったのです。その環境を汚すことは、これからの新しい発明や技術の進歩を妨げることにもなります。今後の私たちの生活のためにも、自然と触れ合う機会を台無しにしないためにも、ポイ捨てはしないでほしいと思いました。
--------------------------------------------------
このような思い持つ中学生は少なくないと思います。
こういった投書を目にし、共感の輪が広がることを願いたいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

9日放映。Rの法則「ぶっちゃけしごトーク」、今回紹介する仕事は、声優。キャリア3年の若手声優15人をスタジオに招き、スタジオ高校生からの質問に答えながら、ぶっちゃけ話を展開。内容は、声優になるまで~オーディションなど、声優の日常、声優の給料、などなど。終盤には、声優の大御所・野沢雅子さんをお迎えし、盛り上がっておりました。全般から伝わったのは、声優という仕事のキビしさ。アニメが好きなだけで声優になるのはムリ、という若手声優さんの言葉が重く響きました。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

22日放映。「左手のピアニスト」として著名な舘野泉さん75歳。これまでの歩みと現在の挑戦する姿を伝える。今年注目されたのは、NHK大河ドラマテーマ曲の演奏。10年前にフィンランドでの演奏会中に脳出血で倒れ、右半身の自由を失った舘野さん。2年のブランクを経て8年前に左手のピアニストとして復活。それ以降の精力的な活動と音楽に対する姿勢は周知の通り。この5月から始まったのが2年間に及ぶというコンサートツアー。これまでの舘野さんの歩みを伝えるとともに舘野さんをスタジオに招きお話をうかがう、という内容でした。困難を乗り越え、可能性を追求する姿勢の素晴らしさ。道徳の素材に、と視聴しました。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。