shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:

28日放映。日本のクールを探すこの番組、今回のテーマは、「恥」。「恥」の文化と言われる日本人。実際のところどうなのか、外人さんに日本人の恥ずかしさぶりはどう映るのか、という。で、まずは街頭インタビュー舞台裏披露。マイクを向けるとどれくらいの人が恥ずかしがらずに応じてくれるのか。なんと、応じたのは、30人中9人。外人さんは30人中24人。この違い。また、日本人はほめられると、そんなことない・・・、と否定、というか、謙遜する傾向もハッキリと。こういった日本人のシャイぶりに、外人さん、幼い・もったいない。日本以外の国では、恥ずかしがりは損なことだということ。その他の調査でも、日本人はささいなことに恥ずかしがる、という傾向が。いかに日本人は恥ずかしがりな、人目を気にする民族かが、よ~くわかる調査でした。で、最後は恥ずかしさ防止グッズ探訪。水洗トイレ水の音擬音装置、ケータイ覗き見防止シール、ブックカバー、などいろいろ。日本人の恥ずかしがりを大いに指摘していた外人さんも、こういった他人への気配りも感じさせるグッズは評価しておりました。確かに恥ずかしがり、恥の文化の日本人。極度に人目を気にしすぎることは残念ですが、人への気配りや責任感は恥の文化が生んだ美徳でもあるようです。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

25日放映。NHK3夜連続・日本の今を伝えるドキュメンタリー3日目の今回は、過疎の島で生活をともにする日本人小学生とインドネシア人小学生。その心の交流と別れを伝える。長崎市の沖合いにある池島。かつては炭鉱でわいたが、今世紀初頭の廃鉱で8000人いた島の人口が現在は300人まで減少したという。廃墟となったアパートが林立する島にいる小学生は3人。ところが8年前に炭鉱技術習得を国が事業化、そしてインドネシア人を受け入れることに。やってきたインドネシア人小学生5人。8人となった島の小学生はその後兄弟のように仲良く生活するも、昨年でこの事業も終了、この3月の卒業式でインドネシア人小学生は島を去ることになるのでした。それまでの様子と別れの日々を伝えておりました。今では日本人のように話をし、漢字を書くインドネシア人小学生。別れがとてもつらい様子。10年後、島での再会を約束しエンディングとなりました。こんな島があるのだなぁ、としみじみの視聴でした。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

24日放映。NHK3夜連続・日本の今を伝えるドキュメンタリー2日目の今回は、全校児童5人、この春統合による廃校を迎えた小学生の音楽に奮闘する姿を伝える。愛知県岡崎市立千万町小学校。山あいにある千万町木下地区は過疎による人口流出が続き、現在の住民約200人。その地区にあるこの小学校も在校生5人。伝統的に取り組むのが全校音楽。近年はマリンバの演奏で、全国大会で好成績をおさめたこともあるという。その最後の演奏となるのが3月の統合記念式典。その場に向けて取り組む様子を伝えておりました。学年構成は、6年生2人・4年生1人・1年生2人。リーダーとなる6年生の荻野航平君のリーダーの役割に悩む姿と成長ぶりが印象的でした。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月10日放映のこの番組 、小学校高学年向けの道徳番組ですが、電車等の優先席の現状をテーマに、社会のマナーや公徳心を問いかける充実した内容でした。これなら中学校でも使えるのでは?とその番組のワークシート です。年度始めの道徳にどうでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

23日放映。今回紹介する仕事は、照明デザイナー。カメラが密着したのは、大阪市の中心街にある大手照明器具メーカー本社勤務川上靖代さん29歳、この仕事4年目、という方。川上さんは、本社のデザイン課に所属、そこには26名の照明デザイナーがおり、約半数が女性という。川上さんが担当するのは、主に飲食店。店舗の照明器具の選定に始まり、現場で、方向等を確認、半分はヘルメットをかぶって脚立に乗るという現場のお仕事のようでした。カメラは、名古屋市で開店した大規模飲食店での照明器具設置に密着。華やいだ照明にご満悦のご様子でした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

23日放映。日テレ夕刻ニュースバラエティ・Newsリアルタイムと深夜のニュース番組ZEROで6月から始まった普通の公立中学校1年間密着取材の7回目最終回、卒業式までの様子を伝える。カメラが入ったのは、福岡県北九州市立湯川中学校。4月の始業式の様子から始まり、途中、生徒指導に苦悩する場面などなどこれまで6回、とうとう最終回、卒業式、となりました。カメラが伝えたのは、入試面接試験の練習風景、公立校入試、卒業式合唱練習、そして式当日の様子。就職するという茶髪女子生徒の指導場面等ありましたが、今回はどこの中学校でも同様であろう、卒業式に向けての日常場面を短時間に伝えました。長期密着取材の最終回としてはあっけない終わり方で、取材を決断された島田校長先生はメッセージのみのご参加。それはそれとして、この長期密着取材は画期的でした。本当によくぞ学校が受け入れたものです。その映像から伝わるのは、中学校の先生はこんなに苦労されているのだ、という現実の学校の姿、などなど。今後もこういった企画に積極的に取り組んでもらいたいものです。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

23日放映。1時間SP。今回紹介するのは、Jリーグ出場最年長記録を更新し続けるプロサッカー選手・三浦知良さん43歳。15歳で単身ブラジルに留学しプロデビュー、23歳で帰国しJリーグ草創期から日本のサッカー界をけん引、43歳にしてピッチに立ち続けている、という強靭な肉体と精神力。キング・カズの称号で呼ばれながら、現在所属するJ2・横浜FCでレギュラー争いに奮闘する必死な姿に圧倒されました。本当のサッカー人生が始まったのは、12年前のワールドカップ日本代表落選から、という三浦さん。サッカーを通して、生き方を問うている、といった修行僧のような方でした。プロフェッショナルとは?に「んー、何か1つっていうととても難しいんですけど、僕が思うのは、やはりどんな状況になっても全力を出し切る、出せる人ではないかな、と思います」でした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

23日放映。宮崎県にある小学校で毎年出されている不思議な宿題に奮闘する親子の姿を伝える。宮崎県小林市立三松小学校で6年前に始まった宿題とは・・・2月14日のバレンタインデーまでの1週間、親子で抱き締め合ってレポートを提出する、というもの。できた日は○、できなかった日は×。最後に、親子の感想。カメラは恥ずかしくてこの宿題にうまく取り組めない5年生の男の子と、なんとか抱きしめようと苦心する父母の姿を伝えておりました。うまく宿題に取り組めなかったのは、トラック運転手だった父が長期間家を空けることが多かったため。宿題があることさえ伝えない息子にお母さんも残念な様子。そして今年は、と奮闘する父母。あの手この手でようやく宿題最終日に実現、の様子を伝えておりました。お母さん、嬉し涙。なかなか味な宿題を出す小学校でした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3月16日放映のこの番組 、命の大切さを伝えたい、とこの授業を実践する長崎県立島原農業高校・山田善光先生。ニワトリをヒナから育て、自分たちの手でさばき調理し食べる生徒たち。先生の思いと、受け止め実践する生徒たちの姿が心にしみました。この授業から多くのことを学んで欲しい、とワークシートを作成 しました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

17日放映。笑ってコラえて3時間SPの、日本列島ちょっと昔の旅SP。1996年5月3日賞ということで、その日の新聞で特集されていたのは、GHQ職員として日本国憲法草案に携わったアメリカ人女性、ベアテ・シロタ・ゴードンさん、当時72歳。というと、男女平等や結婚に関する条文の草案を起草した方として、NHKのドキュメンタリー等で紹介された方。その方をこの番組で、日本列島ちょっと昔の旅SPで取材だなんて、興味深いです。で、現在86歳となられたシロタさんはアメリカにご健在。なんと、ゲストとしてスタジオにお招きし、憲法草案のいきさつを再現ドキュメントで紹介しておりました。シロタさん、当時なんと22歳。まさに時代の生き証人。こういう方の奮闘もあって日本国憲法が誕生し、人権が守られているのだなぁ、と。この番組の、この映像、道徳素材にどうか、と思います。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。