shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:

30日放映。感動のアンビリバボー今回は、病を乗り越えてホノルルマラソンに挑戦した3人の日本人男性のお話。ガンや難病を持つ人たちのコミュニティーで知り合っていた男性3人、昨年12月に行われたホノルルマラソンに参加。互いに支えあい、励ましあい、そして周囲の人たちの支援を受けて走りぬき、ゴールする姿が印象的でした。20000人ほどが参加し、その半数以上が日本人、というこの大会。その多くの人がさまざまな決意や思いを胸に秘め、参加しているんだろうな、としみじみ視聴しました。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

28日放映。今回紹介する職業は、「スカウト」。プロサッカーチームのスカウトの仕事を紹介。カメラが密着したは、プロサッカーチーム・J2サガン鳥栖のスカウト、都丸善隆さん29歳、この仕事4年目、という方。サガン鳥栖のスタッフは30名。営業・運営・広報、そしてスカウト都丸さんの属する強化部。1年中、日本、時には海外まで足を伸ばし、学生のサッカー試合や練習を視察、目を引く選手を探す。見学試合は1年間で数百試合、目をつける選手は2000人!とのこと。といっても、スカウト費の経費は年20万円。ガソリン代や宿泊代を少しでも節約する姿が印象的でした。そして目にとまる選手がいると、監督を通して接触開始、時には熱き思いを込めた手紙を書くことも。そのようにして特別指定選手(学生の身分でチームに所属)として大学生を獲得するまでを追っておりました。その選手がチームで活躍できるか。1人の人間の生き方を左右する仕事とあって、期待と責任感が伝わりました。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

28日放映。今回紹介するのは、このたびの国宝・阿修羅立像輸送の責任者でもあった文化財輸送のスペシャリスト、海老名和明さん62歳の仕事。大手運送会社(日本通運?)の大阪・美術品事業部勤務の海老名さん。その道の名工とも言われる人で、技術を買われ、定年後も依頼され勤務を続ける。半年前、その海老名さんに転がり込んだのが、このたびの国立博物館で開催される阿修羅像展のための同像の輸送。美術品梱包のスタジオ実演も紹介されました。それにしても阿修羅像輸送のための下準備の念入りさ。梱包から輸送、そして到着展示までの時間を追ったドキュメンタリーでも見てみたいものだと思いました。プロフェッショナルとは?に、海老名さん、「ま、仕事に対して逃げないってことが一番大事でしょうか。たえず前向きにすすめるってことが一番重要じゃないでしょうか」でした。

・番組評価~☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月17日放映のこの番組 、オードリーの春日さんが、過去の苦い思い出を友人にぶちまける、という、どうなるのか、という内容でしたが、友人関係を考える上で、含みのあるエンディングとなりました。今人気の春日さん出演する、こういった映像を道徳素材にしてみては、とワークシートを作成 しました。こういう映像を用いた道徳に、生徒のみなさん、引き込まれることでしょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月17日放映のこの番組 、命の危機にある病の母を気づかうも、何もできないことに思い悩む青年。小児がんを克服した少女と対話し、アドバイスを受ける、という内容でした。青年の思いと命の大切さが伝わる良い内容で、この映像を前に、中学生のみなさんには、命の大切さを打ち消すような言葉を安易に使って欲しくない、とワークシートを作成 しました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

27日放映。北海道・利尻島で行われている海浜留学制度でホームステイした中学生3人の1年間の記録。今年で10年になるというこの制度、行っているのは利尻島の仙法師地区で、日本各地からやって来た中学生が里親の元から仙法師中学校に通う。昨年この制度で来島した中学生は3人。その生徒と里親、地元の中学生との交流等の1年を伝えておりました。親御さんや出身地区の中学生とうまくいかないなどの理由でこの制度への参加を決め、やってきた子どもたち。最初のうちは島の暮らしや里親にうまくなじめず、内気な様子でしたが、夏のコンブ干し・相撲大会・冬の雪遊びといったイベントを通して、明るくたくましくなる様子が印象的でした。エンディングは、1年間の留学を終え、フェリーで島を出る涙の別れ。シャイな年頃の男子中学生が涙する表情が心に残りました。この留学に参加した生徒は3人。親子関係・友人関係等でいろいろ問題を抱える中学生が多い昨今、こういう制度を利用する中学生がもっと多くてもいいのでは、と思うのでした。そういえば・・・今年2月22日深夜フジTV放送、「せんせいさようなら みなさんさようなら~学校に行きたい子供たち利尻島ある中学校の1年」 、なんてのもありました。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

27日放映。今回は、コメディアン・小松政夫さんの子どものころのお話。本名・松崎雅臣さん、昭和17年福岡博多生まれ。思い出の中心は、厳格で怖かったという父親の思い出。実業家で家電や菓子販売を手がけ、櫛田神社近くに4階建てのビルを建てたという父。住まいはそのビルの3階部分で、ウチはお金持ち感があったというも、その父が中学1年生の時に多額の借金を残して急死。以降、ビルを出て極貧の生活が続いたという。そのきびしい生活を陰で支えてくれたのは友人やその家族。学校ではみんなの前で演芸に興じていたという小松さん、中学校同窓生の飲み会で、しみじみと思い出を語っておられました。

・番組評価~☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

26日放映。今回は、21年前に日本に帰化したカンボジア人姉弟の依頼。30年前、ポルポト政権下武装勢力による命の危機を救ってくれた現地にいる叔父に、手動ランプを届けたい、というもの。ポストマン2度目となる中尾彬さんが現地に赴き、無事ランプを届けたのでした。なぜ一緒に国外に逃げなかったのか、という姉弟の疑問を、中尾さんが質問。うまく言えない、という素朴な叔父に、涙、の中尾さんでした。国外逃亡から、日本に気化、そして現在に至る姉弟の状況説明等が欲しかった感じです。

・番組評価~☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

26日放映。今回は、振付師のパパイヤ鈴木さんが、母校の東京都東久留米市立第三小学校で授業、テーマはダンス。結成10年というおやじダンサーズで颯爽とダンスを披露したパパイヤ鈴木さん、子どもたちに課したテーマは、全校児童の前でダンス。うまい、へた、ではなく、「イイ」ダンスをして欲しい、と鈴木さん。クラスを6つに分け、一班1分のダンスを創作。子どもたちのダンスを振り付けすることなく、子どもたちの個性・自主性にまかせたダンスになれば、と。女子は乗り気で、パワフル。一方、男子は消極的で、恥ずかしがっている感じ。それでもそれなりにがんばり、無事ダンス披露となりました。パパイヤ鈴木さんの指導の活躍がもう少し見たかった、ようにも。

・番組評価~☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

24日放映。「グッとくるオールスターズ」今回は、戦後日本を卓球王国にのし上げ、国交正常化前の中国に卓球のすばらしさを広めた元卓球世界王者・荻村伊智朗さんのお話。1954年に卓球世界チャンピオンになり、以降15年間、卓球王国を築いたという荻村伊智朗さん。反日感情が冷めやらない1950年代、身を挺して転倒しかけた外国選手を助け賞賛されたとのこと。国交正常化前の中国にわたり、卓球指導にもあたり、卓球王国中国が築かれていく土台になったとか。その後、国際卓球連盟会長の職も務め、卓球のすばらしさを世界に伝道し、スポーツによる国際交流を推し進めたという、立派な方でした。日本の卓球界にこんな立派な方がおられたのですね。ところでこの荻村さん、生年・出身地や現在どうされているかの情報が出てこなかったような。その辺のところを忘れず紹介してもらいたいところです。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。