shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:

31日放映。シリーズ・にっぽん夏紀行の最終3回目、今回は高知県南端の柏島で橋の上から海に飛び込むことに挑戦する小学生の奮闘する姿を伝える。高知県大月町にある周囲4kmの柏島、島民500人。小学校には児童20人が在籍、うち高学年5・6年生は9人。この高学年の児童が挑戦するのは、島にある高さ6mの橋の上から海に飛び込むこと。飛び込めないと恥ずかしい、と6年生までに飛び込めるようになることが伝統になっている。6年生は全員飛び込めるも5年生で飛び込める子はゼロ。この夏、次々に飛び込めるようになり、最後に残ったタクヤくん。このタクヤくん、どうしても飛び込むのがコワいようで・・・。というタクヤくんの挑戦と奮闘を伝えておりました。それにしてもきれいな海と元気な子どもたち。きっと良い思い出になることでしょう、こういうところで小学校時代を過ごす子どもたちがうらやましい限りです。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

31日放映。昔あった出来事・事件がその後どうなったかを取材し、その今をスタジオでゲストがコメントする、という興味深い内容。その後の今を追った3つの事件とは・・・3年前の耐震強度偽装問題、1970年大阪万博で登場した人間洗い全自動洗濯機、そして4年前の白骨温泉入浴剤事件。人間洗い自動洗濯機「ウルトラソニックバス」が介護用の入浴機械として再登場したり、白骨温泉問題のホテル若女将が語る今、など興味深く、何よりも耐震偽装問題でマンションを手放し離婚した男性・田中拓さんの今見つけた生き方のお話が胸を打ちました。スタジオゲストのテリー伊藤さんらのお話も聞かせるものでした。こういった事件、その時以上にその後の展開が人間のドラマなのだと思うのでした。NHK新しい番組にチャレンジする「番組たまご」の一環としてのこの番組、前日放映の「たったひとりの反乱~食品偽装告発、『さきがけ』となった男」 といい、可能性を思わせるものが続きました。この番組、レギュラー化してもよいのでは?

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年5月19日放映のこの番組 、ローティーンが、どういった時にどのように「いい子」を演じているのか、という番組かきこみに対して、「いい子」を演じるのも大切といったオトナのアドバイスが良かったです。友人関係に気を使うことが多くなっている今どきの中学生、自分の出し方と人づき合いを考えて欲しい、とワークシートを作成 しました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

31日放映。太平洋戦争を生き延びた旧日本軍兵士たちの証言を伝えるシリーズ。第4話は沖縄戦直前に沖縄本島に送り込まれ、壮絶な沖縄戦を体験し住民との間に重い軋轢を残した陸軍歩兵の証言記録。何度も伝え聞いた沖縄戦の悲劇と集団自決をめぐっての軍隊との問題。送り込まれた旧歩兵連隊員のとつとつと語る証言のすさまじいこと。想像を絶する、現実に起こったこととは思えないような証言の数々。このシリーズ番組を続けて視聴するのが非常にしんどいですが、視聴しなくてはいけない義務感に駆られます。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

31日放映。太平洋戦争を生き延びた旧日本軍兵士たちの証言を伝えるシリーズ。第3話は絶対国防圏の最前線でアメリカ軍と戦い、その戦中絶対国防圏をはずされることで後続を断ち切られたビアク島の悲惨な戦いの証言記録。赤道直下・ニューギニア島北西の島・ビアク島。この島に送り込まれたのは岩手の歩兵第222連隊。絶対死守を命じられ、上陸してきた米軍と戦うも、米軍の重装備の前にさんざんな苦戦、そして後続補給も中止され、まさに見捨てられた部隊。そして壮絶な攻撃にさらされ、言葉を絶する状況に。帰還できた兵はわずかに3.9%、今でも10000体が島に眠っているという、昭和19年4~6月の知られざる悲劇でした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30日放映。シリーズ・にっぽん夏紀行の2回目、今回は、高校名門マーチングバンド部で奮闘する1年生部員の姿を伝える。全国大会優勝あり、連続15回出場記録という茨城県立大洗高校マーチングバンド部ブルーホークス。少子化に伴う生徒数の激減で全国から生徒を募集、北海道からの入学者もマーチングバンド部に在籍。カメラはその生徒と、挑戦することで自分を変えたい、という女生徒、2人の奮闘する姿を伝えておりました。入学して最初の大舞台は、高校野球県大会予選での演奏。課題を克服し、無事演奏を終えた2人の表情がさわやかでした。

・番組評価~☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30日放映。下請けの立場から食品偽装を告発し、大手食品会社崩壊へと発展した事件。その後波瀾万丈の運命を体験した下請け倉庫会社社長の足どりを再現ドラマで伝える。2001年に起こった雪印食品牛肉偽装事件。悩んだ末偽装を告発したのは下請けの冷蔵倉庫会社社長・水谷洋一さん。マスコミへの通報が突端となり偽装が発覚、翌年雪印食品は解散へ。ところが水谷さんの顧客が一斉に取引を控えることになり、冷蔵会社も倒産に。正しいことをしたはずが思わぬ方向に発展、そして水谷さんの涙の復活劇が始まる、というそのあたりのドラマよりもよっぽど見ごたえのある実録ドラマでした。その後続くことになる偽装問題の内部告発や通報、その先駆けとなったこの事件、今さらながら衝撃の内容でした。この実録ドラマ、道徳内容項目4-(4)正義を重んじ,だれに対しても公正,公平にし~、の素材として、中学生にも説得力がある内容ではないか、と思います。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30日放映。太平洋戦争を生き延びた旧日本軍兵士たちの証言を伝えるシリーズ。第2話はアメリカ軍と初めて本格的な戦闘となった昭和17年8・9月のガダルカナル島の無残な戦いの証言を伝える。この戦いに派遣されたのは北海道・旭川歩兵第28連隊。米軍を見くびった隊は、たいした装備や食料も持たずに上陸、結果、弾を打たずに銃剣で突撃するという白兵突撃を命令されることになる。その結果、米軍の圧倒的兵力の前に8割の兵が倒れ、生き延びた兵も飢えと病で次々に死んでいったという。今回も想像を絶する証言が次々に紹介され、あまりにも無残な記録写真・記録映像に胸がつぶれる思いでした・・・。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30日放映。太平洋戦争で想像を絶する悲惨な戦いを生き延びた旧日本軍兵士たちの証言を伝えるシリーズ。第1回は、1945年2・3月に起こったマニラ市街戦海軍防衛隊の証言。上陸する重装備の米軍に対し、沈没艦船の乗組員や在留民間邦人からなる海軍防衛隊は、無謀・理不尽な戦いを強いられたという、その証言記録。攻め寄せるマッカーサー司令官の米軍に対し、海軍防衛隊は武器に乏しく、情報も伝わらず、抗日フィリピンゲリラにも苦しめられ・・・。最後は機銃掃射の米軍に竹やりを持って切り込んだという・・・。半世紀も前の戦闘を涙ながらに語るお年寄りに心が痛みました。申し上げにくいのだけれども、と前置きして語る内容の壮絶なこと・残酷なこと。旧日本軍兵士の高齢化がすすむ中、こういった証言記録を今残すことの重要さをかみしめながら視聴しました。米軍の記録映像でしょうか、時折流される映像のむごさに息が詰まる思いでした。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。日本の夏、各地の表情や小さなエピソードを紹介するこのドキュメンタリー番組、NHKが毎年夏に3回程度のシリーズで放送していたような。で、初回の今回。6月に北海道サロマ湖で行われた100キロマラソン、その過酷な大会に挑んだ夫婦の奮闘する姿を伝える。今年は6月22日に開催されたサロマ湖100キロウルトラマラソン。エントリーしたのは2811人で、その7割が40代以上とのこと。スタートは朝の5時。13時間以内にゴールしなければならず、途中時間制限関門が6か所設置されている。約3割の人がリタイアする、という過酷さ。カメラはこの大会に挑んだ中高年夫婦の姿を伝えておりました。奥さんは数々のマラソン大会経験者で、夫は昨年リタイアの再挑戦。奥さんが夫を気づかいながら、婦唱夫随で頑張ってゴール。この大会で人生が回っているような中高年の方々の勇姿が印象的でした。

・番組評価~☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。