shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:

31日放映。各界で活躍する若手著名人に対するロングインタビュー番組、3人目のゲストは、個性的2枚目ちょっとエロい人気俳優・沢村一樹さん、1回目の今回は少年時代のお話。1967年生まれ40歳、鹿児島出身の沢村さん、その明るく実直なキャラからして、裕福なのどかな少年時代だったか、と思いきや、小学校の時に両親が離婚、その後母が入院したこともあり、妹と2人で過ごした経験など、とても困難の多い子ども時代だったようでした。その思い出を何気なく、なんのことなく話す沢村さん。ちょっと不思議さが残る1回目でした。沢村さんのこの切ない少年時代のお話、インタビューではなく、NHKhi「わたしが子どもだったころ」で見たかったです。

・番組評価~☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

31日放映。暴走族からの脱退を支援する脱退ボランティア活動、その活動を展開する広島市で活動に打ち込む男性の日々を伝える。過激な活動が市民の大迷惑を買った広島市の暴走族、8年前に警察は取締まりを強化、市民も取り締まりに協力し、暴走族の若者は5分の1にまで減少。それでも家にも学校にも居場所のない若者は、徒党を組んで商店街を練り歩き座り込む徒歩暴走族に姿を変え。この暴走族からの脱退を支援する活動を8年間続けているのが吉川水貴さん47歳。もともとはPTA役員だったという吉川さん、さりげなくグループに近づき声をかける。叱ったり、注意するようなことは一切無く、会話の成り立った少年に自分の携帯番号を教える。そして暴走族をやめたい、学校で勉強しなおしたい、という少年から電話が入り・・・。そしてさらに続く親身な修業・修学支援。ここでも叱ることは一切無く。時に無視されながら、約束をやぶられながら、裏切られながらも、親身に寄り添う吉川さんの姿に感動しました。そして立ち直りを見せる少年たち。これまで30人以上も脱退させてきたとか。夜まわりの水谷先生を髣髴とさせる、神様のような方でした。立ち直りを見せる元暴走族の若者の姿を中学生のみなさんに見せたいものです。

・番組評価~☆☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

31日放映。今回紹介する仕事は、急な車のトラブルを解決するロードサービス隊員。カメラが密着したのは、JAF(日本自動車連盟)九州宮崎市支部勤務・隊員歴3年中玉利寛さん22歳の仕事。JAF九州には260人の隊員がおり、1日1000件のSOSが入るという。宮崎市支部にいる隊員は11人で、中玉利さんは1日10件ほどの処理にあたる。トラブルの多くはバッテリーがあがったり、車内にカギ忘れ、など。はまって動かなくなった車の移動や、事故車の牽引も多い。たいていの隊員は自動車整備士免許を持つも、車の牽引資格を持っていない中玉利さん、牽引試験に臨む様子も伝えておりました。なかなかりりしいロードサービス隊員さんでした。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30日放映。デビューして半世紀になるギャグマンガの神様、赤塚不二夫72歳。当時のスタッフ、漫画家仲間、幼なじみの証言や、大学教授らのマジメなキャラクター分析等を交え、その作品と生き方に魅力の秘密を探ろう、という興味深い内容。いきなり登場した古田新太さん扮するバカボンのパパに笑えました。これはスゴい内容になる予感、で視聴スタート。各漫画やその登場キャラクターの紹介、「おそ松くん」~チビ太、ハタ坊、デカパン、ダヨ~ン、そしてイヤミ。長嶋選手やジョンレノン、ゴジラのシェー。いきなり超弩級写真。「天才バカボン」~バカボン、バカボンのパパ、はじめちゃん、「モーレツア太郎」~デコッ八、べし、ケムンパス、そしてニャロメ(元となるネコが実在していた!)・・・。子どものころ慣れ親しんだオモシロキャラクターの今感ずる圧倒的存在感。バカボンのパパの素晴らしさを精神科医・斎藤環さんがマジに語り、しりあがり寿さん、みうらじゅんさん、喜国雅彦さんがフリートーク。せつな的に楽しんでいた子どものころ、当時にはうかがい知れない赤塚不二夫さんという人の歴史的マンガ革命の概要をようやく今になって知ることができた、という感じです。ホント、面白く圧倒されながら視聴できました。平成14年に脳内出血で倒れられ、意識が戻らないという現在に混乱します。

・番組評価~なし

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年7月21日放映のこの番組 、親子関係をどううまく保つか、その方法を紹介・議論する内容でした。内容的にどうかは置いといて、家族と過ごす時間が長くなる夏休みを前に、家族関係を考える道徳の授業に活用してはどうか、とワークシートを作成 しました。授業の導入にもってこいの内容だと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。感動のアンビリバボー、今回は男性ストリートミュージシャンとユニットを組んだ先天性難聴の女性、2人の音楽づくり7年間の奮闘と奇跡の物語。北千住駅を拠点に路上ライブを行っている佐々木厚さんに声をかけた女性・中村清美さん、山形県米沢市出身、小さいころから音楽が好きで松田聖子にあこがれていた。歌が歌えなくとも、サインボーカル~歌に合わせて手話でおどる、で共演させて欲しい、とユニット「アツキヨ」誕生、2001年11月のこと。その後、厚さんが清美さんの熱意に感動し作詞・作曲したのが「kiseki~もうすぐおこる奇跡を信じて」。そしてこの曲を清美さんに歌ってもらうことを思いつき。清美さん、夢が実現する、と挑戦を始めるも、音が聞こえない状況で歌を歌うのは至難の業、音階発声に数ヶ月を要し、なかなか音程が合わず、挫折しそうになることは数限りなく。それを厚さんが支え、練習・ライブを続け、それが新聞で紹介され、話題となり、2004年CDデビュー、05年NHKみんなのうた登場、06年その挑戦が高校英語の教科書で紹介され。そして清美さんの歌は少しずつ上達し・・・。今でも全国各地を回り、イベントや学校のステージで歌を歌い続ける姿を紹介しておりました。1つの歌をひたすら練習し続けて7年、アンビリバボー久々に大感動の奇跡の物語でした。7年前からの実映像を交えた再現ドキュメントに説得力がありました。よく取材を続けたものです。

・番組評価~☆☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
平成14年8月27日放映、というずいぶん前の番組になりました。NHKなつかしのプロジェクトX、日本の歴史的カリスマシェフ・帝国ホテル顧問・村上信夫さんの東京オリンピック選手村料理長時代の奮闘を伝えるものでした。現代の子どもタチは東京オリンピックがあったことを知っているでしょうか。北京オリンピックにでも関連させて活用できるのでは?とそのワークシート です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

28日放映。真珠の養殖を成功させ、貴重な宝石を多くの女性の手の届くものにした御木本幸吉。その激動と奮闘の年月を伝える。三重県志摩地方出身、もともとうどん屋だったという御木本さん、真珠の養殖を思い立ち、多くの財産を投入するも、養殖がなかなかうまくいかず借金まみれ、支えてきた奥さんにも先立たれ、ようやく成功するも外国宝石商からイチャモンつけられ営業を妨害され、ようやく裁判で勝利し成功を手に入れる、という御木本さんの苦労と功績そして何よりもあくなき探究精神が伝わる内容でした。養殖真珠のつくり方も良くわかり興味深く視聴できました。世界的に認められるもその後太平洋戦争に突入、ゼイタク品をゆるさない時を越え、ようやく手にした営業面での成功は高度経済成長期、という半世紀におよぶ奮闘の物語でした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月4日放映のこの番組 、昨年7月世界陸上大阪大会競歩誘導ミス失格を気にせず努力を重ね北京オリンピック出場を果たした山崎選手のことがよくわかる内容でした。競歩に対する愚直ともいえる姿勢がよかったです。この映像をオリンピック前の道徳に用いてはどうか、とワークシートを作成 しました。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

27日放映。今回紹介するのは、難民支援の最前線で活躍するUNHCR国連難民高等弁務官事務所・ウガンダリラ事務所長・高嶋由美子さん38歳。ウガンダ北部にある人口9万の町・リラ、昨年起こったケニアの国内暴動で多くの避難民が発生し、そのキャンプがこの町にある。高嶋さんは事務所長としてその支援に当たっている。おもな仕事は、キャンプの整備、水、食料、生活用品の支給に加え、政府と交渉し今後の方針を模索する一方で、避難民の自助努力を促している。UNHCRに入り9年、アフリカでの仕事は6年、そして事務所長として2年。過酷な地で危険と隣り合わせの仕事ながら笑顔と明るさを大切に仕事にあたる姿が輝いておりました。こういう仕事にあたる若い日本人女性に圧倒され頭の下がる思いです。プロフェッショナルとは?に「自分にいつも疑問を呈じることができる人、それからチームの中でモチベーションを高められる人、そしてきっと終わることがないと思うのですが、その終わらない道を前に行く努力を少しでもできる人、そういう人だと思います」でした。高嶋さんの働く姿を中学生に視聴させ、考えてもらいたい思いです。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。