shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:

30日放映。日本の今を伝えるドキュメンタリー、今回はお笑いの本場・大阪でお笑い芸人を目指す若者が練習をしているというイベント施設前広場の様子と2組のペアの奮闘ぶりを伝える。大阪なんばの中心から5分、5年前にできたイベント施設「なんばHATCH」、この施設で若手芸人の登竜門となるお笑いライブが行われており、施設前広場は芸人を目指す若者たちの練習場となっている。お笑いライブに出演できるのは300組から選ばれた20組、そのうちレギュラー組との入れ替え本戦に出場できるのはわずか3組、というキビシさ。番組は本戦目指してがんばる2組のペアに密着。アルバイトでしのぐ苦しい生活、ネタがなかなか浮かばずシリアスな雰囲気、そしてライブ前の緊張感・・・、とお笑い業界の厳しさを垣間見る思いでした。若手といってもカメラが密着したのは30前後の人たち。人生の時間と闘いながら、すがるような思いで練習に励む姿にとても笑う気になれませんでした。カメラは2組に密着していましたが、広場全体の雰囲気や他の若手の声を聞きたかった感じ。

・番組評価~☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30日放映。TV東京の特別企画番組、3人のリポーターが厳しい生活環境に置かれている世界の子どもたちを訪ね、その現状を取材し預かってきた募金で支援する。そして100円でできることを考える、という内容。そういえば2年前の12月に同じくTV東京で「100円で地球を変えちゃうゾ!SP」 という好番組がありましたが・・・。城咲仁さんがケニアのマサイ族の村を訪れ井戸を掘り、ちはるさんがモルドバの恵まれない少女を訪れ、宇梶剛士さんがコロンビアを訪れ元少年兵だった子どもに会い、。それぞれの子どもたちの置かれている厳しい状況は全く性格の違うものですが、100円でできることの大きさが伝わりました。それにしても子どもが置かれた厳しい状況に胸がつまるばかり。私たちが募金するお金がどういう風に役に立ち、喜ばれるか。この番組がその役を果たしているかどうかは置いといて、募金の大切さ、お金の大切さ、安心安全に暮らせることのありがたさを感じる2時間でした。年末の歳末助け合いの時期などにこういう番組を活用すると良いかも。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「学活や学級・学年便り」のネタになりそうな話題をこのブックに掲載させていただいてます。


A新聞 7月22日 教育欄より
---------------------------------------------------------
  成功の反対は「何もしない」  起業家教育者
 「成功の反対は?」。静まり返った小学校6年生の教室で、講師である私が最初の質問をすると、1人の男の子が「失敗」と答えた。ほかの子もその通りという様子だ。私は続ける。「そうだね。でも、今日は違います。成功の反対は、何もしないことです」。子どもたちは少し戸惑った様子で、私の次の言葉を待っていた。 (途中省略)
 授業の最初に私が「失敗」を肯定するのは、必ずやる「儀式」の1つだ。初めて学ぶことには失敗がつきもの。でも、恐れず「やってみる」ことで、「できる」ことは増えていく。それは仕事でも同じ。授業を受けて、自分でもできるという自信を持って欲しい。そんな思いで、授業の最初は必ず、同じ問いを投げかけている。
-----------------------------------------------------------
「成功の反対は『何もしない』こと」。この言葉に同感し、
中学生に紹介したくなりました。
うろ覚えですが、「失敗とは経験の別名である」
という言葉も好きです。
新学期、中学生のみなさんには、
失敗することを恐れず何事にも前向きにチャレンジして欲しいものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

28日放映。今回紹介するのは、日本を代表する助産師の一人、神谷整子さん54歳。東京の下町・小石川に助産院を持つ神谷さん、24時間昼夜なくお産と向き合っている。いつどこでも出産に立ち会えるように、と荷物を詰め込んだ8kgのナップサックを持ち歩いている。自宅出産等、自然のお産を手助けしている、という神谷さん、東京と横浜2つの自宅出産が深夜に重なってしまい、携帯片手に刻々と状況を確認しながら双方の家をタクシーで渡り歩く映像に息をのみました。最新の技術とともに伝統的な出産を大切にしている神谷さん、なかなか陣痛が始まらない母親の横で、新聞の月の満ち欠け記事を眺め、大潮のときに出産が多いんだけど、と話す姿が印象的でした。プロフェッショナルとは?に「私の中では、その時その時最善を尽くすことができる者、という風に思ってるんですけど・・・はい」でした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

28日放映。子どもにとって身近なものになった携帯。今、その用い方によって子どもが犯罪に巻き込まれるケースが急増しているという。その実態を伝え、対策を考える。今や、小学生の24%、中学生の67%、高校生にいたっては96%が所持しているという携帯、子どもの安全のため、親の安心のために持たせるケースも少なくない。今急増している子どもをねらったワナは、ゲームや音楽、懸賞サイトなどにアクセスすると、高額請求画面に誘導されたり、出会い系サイトにつながってしまうという「釣り上げ」といわれるもの。この巧妙な手口にひっかかる若者が後を絶たず、詐欺や恐喝、性犯罪などに巻き込まれる事件が急増しているという。番組はその犯罪に巻き込まれた子どもたちの例を紹介していましたが、本当にオソロしい背筋が寒くなるような状況でした。対策として、フィルタリングソフトの導入、そしてソフトに頼らない使用者の意識の向上とそれを育てる社会環境・指導者の育成をあげておりました。子どもたちを取り巻く実社会に、こんなヒドイ状況が手付かずの状態にあることに気が滅入る思いでした。携帯の恐ろしいワナを伝えるこういう番組を子どもたちも視聴すべきでしょう。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

27日放映。日本ではあまり知られていない世界各国で著名な日本人を徹底調査・紹介する番組。調査したのはドイツ、キューバ、リトアニア、ケニアの4か国、それぞれ著名な日本人ベスト5を紹介し、現地レポートも交えクイズ形式も取り入れ面白く紹介しておりました。ドイツ人を魅了した天才歌手・石井健雄さん、キューバで人気のアイドル・石野真子さん、リトアニア代表野球チームの助っ人日本人、そしてリトアニアの爆笑王・フミトトモイさん・現在は日本に帰国し名古屋のホテルマン理由は給料が安かったから・・・、などなど、結構面白く視聴できました。道徳的には、ケニアで尊敬されている獣医師・神戸俊平さんみたいな人を中心に紹介してもらえるとよかったのですが。これは単発番組のようですが、毎週いろいろな国をリサーチしてレギュラー化しても良いのでは?

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

27日放映。今年5月、議論が高まる中で開設された熊本市慈恵病院の"赤ちゃんポスト"。開設を決めた理事長の蓮田太二さんのお話と現状、そして親に捨てられ乳児院で育てられている3歳の男の子、25年前に親に捨てられ現在2児の母親になっている女性の今を紹介する。赤ちゃんポストの是非は置いといて、乳児院で保育士に育てられている男の子の姿に胸がつまる思いでした。赤ちゃんポストの是非は?赤ちゃんポストが必要なくなるにはどうしたらよいのか?。中学生に問いかけてみたい大事な問題であり、その問いを発する時に是非用いたい映像でした。ところで5月10日に開設された赤ちゃんポスト、8月23日までに6人が置かれたとのこと・・・。

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

26日放映。シドニー五輪で金メダルを獲得するも、アテネ五輪でまさかの敗退、そして苦労を乗り越え今父親と二人三脚で北京五輪を目指す柔道選手・井上康生の闘いの日々と家族の物語を伝える。シドニー五輪の前年に母を病気で失うも圧倒的強さで金メダル獲得、そして金メダル確実視されて臨んだアテネ五輪で屈辱的完敗、翌年試合中に右胸筋肉を断裂全治6か月の大ケガ、その年長兄が急逝、絶望のどん底からのスタートとなりました。そして復活を目指し父親に指導を請い2人の二人三脚がスタート、苦労を乗り越え来月ブラジル・リオデジャネイロで行われる世界柔道に日本代表として出場、北京五輪の行方を占う大一番、ということで番組終了。それにしてもアテネ敗退後、ここまで井上選手が苦労や悲しみを乗り越え父親と共に努力してきたことを知りませんでした。ぜひ、ブラジルで良い成績を修め、北京出場を果たして欲しいものです。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

25日放映。今回のゲストは、今最も勢いのある注目の画家というか絵師というかイラストレーターというか、異才というか鬼才の山口晃さん38歳。中学生の意味不明な落書きが大芸術に昇華してしまったような作風、現在と過去、現実と空想が混在し、物語性のある絵が多い。スタジオでライブペインティングも行われ、興味深く視聴できました。とっても「日本」的な画家でした。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

25日放映。アジアの各国の放送局連合?のABU。そこが2年ごとに開催する各国の子どもたち参加の環境学習合宿、今回の舞台はモンゴルの大草原。7月下旬に行われたその合宿の模様を伝える。前回2005年の舞台はインドネシアの森林、そして今回はモンゴルの草原から砂漠化の現状を知り、環境を考える。参加したのは9か国から30人、日本からの参加は中学生・高校生の4人。まずは首都近郊の遊牧民のゲルにホームステイ。草原の砂漠化にビックリ。次に保護区の国立公園で動物観察、最後は再生に取り組んでいる草原地帯の観察。砂漠化の現状に触れ、モンゴルの人たちの温かなおもてなしに触れ、アジアの同年代の友だちと交流し、有意義なイベントだったようです。が、前回の報道内容に比べるとずいぶん縮小している感じで、次回2009年?でしょうか、その予告もなく・・・。今後の展開に不安を残すエンディングでした。

・番組評価~なし

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。