shima-tの 中学校道徳研究

テレビ番組を活用した中学校の道徳授業を提案しています。

道徳の授業に使える番組は?そのワークシートは?

道徳の授業に悩む中学校の先生ぜひご覧ください。

中学・道徳・資料・指導案。


テーマ:

30日放映。ネットワーク54、2番組紹介の2本目は9月8日に四国地方で放送された「四国羅針盤」。相撲にかけた子どもたちのこの夏の戦いを紹介。昔から相撲が盛んだった高知県土佐清水市、5年連続で全国大会に選手を送り続けている土佐清水相撲少年団、現在17名が所属、週2回の練習で大会を目指している。カメラが追ったのは4年生2人・良き友だちそして良きライバル。時には先輩高校生や大学生の胸を借り、泣きながらがんばっていました。過疎化がすすみ、現在土佐清水の少年相撲はこのクラブだけとのこと。地域や先輩方の期待を一身に受け、大会に臨む姿がちょっとかわいそうでもありました。

・番組評価~☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30日放映。NHK地方局制作のドキュメンタリーを紹介する番組。8月25日に中国地方で放映された「ふるさと発」を放映。バトントワリング全国大会で20年連続金賞という驚異的な成績を修める広島山陽女学園高等部バトン部の夏合宿に密着。高校からバトンを始める生徒が多いというこの部、率いるのが顧問の山岡昭江先生25年間指導を続けてきた。今年度の部員は23人、7月22日から始まった9日間の夏合宿、例年この合宿で部員たちは大きく成長するという。その合宿の様子に密着、熱血山岡先生のキビシイご指導と部長さんの重責が伝わりました。しかし20年連続金賞、というのはスゴすぎる。

・番組評価~☆☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。生身の人間付き合いが大切と主張する体育会系男子学生と、こういう世界に偏見は持って欲しくないと主張するアニメオタク男装喫茶経営者の若き女性。その2人の出会いと激論を伝える。香川県の体育系男子大学生は初めて上京、いきなり男子禁制の男装アニメオタク喫茶へ。ずいぶんとまどっている様子。2日目は女性経営者ご自宅訪問、3日目激論、4日目しんみりお話。でした。お互い全く理解できないヒト同士の議論平行線でしたが、こういう人もいてそういうこともあるんダ、ということがわかったような無難なエンディング、別れとなったようでした。う~ん、香川から上京した男子学生クンところで東京で4日間ほかに何をしていたんだろう・・・。

・番組評価~☆☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。シアター創造堂、今回は日本語ワードプロセッサーを初めて開発した東芝総合研究所・森健一さん(1938~)のお話。開発で課題になったのは、変換時の同音異義語問題。解決させたのは学習機能。その辺のことは相当の苦労があったものと思われます。現在のケイタイ等の日本語変換機能の先進性などを考えると、このときの発明は相当画期的といえるものでしょう。この番組毎度のことながら、このコーナーもう少し時間をかけて詳しくやって欲しいと思いました。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。古い着物を日傘に仕立て直す傘職人・鎌田智子さんと日傘に込められた家族の思いを紹介する。東京・三鷹で洋傘店を営む鎌田智子さん75歳、全国から日傘にするための着物が届く。15歳で傘職人に弟子入りし、23歳で独立、着物で日傘を創るようになったのは4年前。これまでに仕上げた日傘は1200本。この夏も250本を製作した。日傘にする着物には家族の思いが込められている。番組ではいくつかの家族のエピソードを紹介。大好きだった祖母への思いや入院中の母親への思い、大きな恩を感じている姉への思いなど。それぞれのエピソードが感動的で、何度も胸を打たれました。そういう日傘を日々黙々と作りつづける鎌田さん、「この仕事は楽しくて全然疲れない。1日48時間欲しいくらい」。まさに天職ですね。鎌田さんの心を込めた仕事ぶりと感動的な家族のお話に、すごく穏やかで温かな気持ちになれました。良質な大人の道徳ドキュメント。殺伐としたニュース報道が続く中、心のオアシスのような内容でした。ところで番組の中で祖母が孫娘にアドバイスしたという言葉「この世で出来たことはこの世で解決できるよ」はすばらしい言葉だった!

・番組評価~☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。絶滅の危機にある野生のチーターを救おうと、アフリカ・ケニアで活動する日本人のプロジェクトに女優の菅野美穂さんが密着。かつてアフリカにいた野生のチーターは100万頭、それが現在では3000~5000頭にまで激減、絶滅危惧種だという。ケニア・マサイマラ国立保護区でチーターの保護に当たる民間の日本人プロジェクトJWC、マサイ人の支援を受けながら活動に取り組んでいる。菅野さんがこの活動に密着、南アフリカやナミビアのチーター保護施設の様子も取材、という内容でした。チーターの現状と保護活動を知ることができました。チーターの現状だけではなく、保護活動に当たる日本人スタッフのこれまでのいきさつや思いをもっと伝えてくれると良かったかも。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29日放映。言わせて掲示板、今回のテーマは「陰口」。集団生活につきものの陰口、それが原因で人間関係の大きなトラブルに発展することもあり、特に女子、願ってもないテーマ、と視聴。紹介メール・議論の流れ、陰口が止まらない~目立たないために~陰口はストレスの解消~陰口で成り立っているヘンなカンケイ~陰口対策~陰口を聞く側は?。興味深い内容で、良い議論もありましたが、陰口はなくならない、という前提で、陰口容認の流れもあり、せっかくの議論でしたが道徳に使うにはちょっと、という感じでした。やはり陰口はよくない、陰口はソン、という流れで議論してもらえると良かったと思うのでした。ちなみに番組メンバーローティーンのアンケート結果、「陰口やめられる?やめられる58.2%、やめられない41.8%」だそうな。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

28日放映。膳場貴子アナによる内戦にゆれたアフリカ・ウガンダの取材報告。拉致され少年兵として内戦に駆り出され、戦地から戻ってきた子どもたちの現在を伝える。1986年から20年にわたって続いてきたウガンダの内戦、死者50万人、難民200万人、子どもの拉致被害2万人といわれている。今でも子どもたちは拉致にあわないために、NPOの保護施設で夜を過ごす。恐怖心を植えつけられむごい行為を強制させられてきた元少年兵の言葉に胸が詰まりました。何ができるか考える前に、とにかくこういう現実をもっと伝え、知る必要がある、と思いました。しかしこういうことが現実に地球上で今おこっていることに呆然・・・。

・番組評価~☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「学活や学級・学年便り」のネタになりそうな話題をこのブックに掲載させていただいてます。

「運動会」に関してこんなお話がありました。


 A新聞 9月28日  読者の声より
------------------------------------------------
  娘の全員大縄跳びで (埼玉県 英会話講師・43歳)
 娘が通う中学校の運動会で、毎年の恒例が、全員大縄跳びだ。
 でも、いつも、「どうして続かないの?」という周囲の保護者たちの声に、立ち去りたい気持ちになった。
 娘は幼児のころから、何をするにも動作がゆっくりだった。3歳児検診で耳の聞こえの悪さを指摘され、病院で右耳難聴と診断された。
 言葉も遅く、いつまでも「パパ」「ママ」とはっきり言えず、もどかしかったのを覚えている。
 今年は、そんな娘が迎えた中学校最後の運動会だった。3分間の競技終了の笛が聞こえた。娘のチームは合計31回。ダントツの最下位だったけど精いっぱいだったと思う。
 思い起こせば、中学1年のとき、大きくまわる縄を怖がる娘が、3分間に跳べたのはたったの1回だった。
 3人の男子が大縄の練習を娘に持ちかけ、あきらめずに励ましてくれていたと、運動会の直前に知った。当日の応援に二の足を踏んでいた私は、恥ずかしさでいっぱいになった。
 「がんばったね」。娘の成長を喜ぶと共に、3年間、娘につきあってくれた友人たちに本当に感謝したい。
 「どうもありがとう」。縄を回してくれた男子生徒に声をかけた。そのときの彼のすがすがしい笑顔は、いつまでも私の心に残るだろう。
--------------------------------------------------
ここでポイントになるのは、こういう男子のようなハートの持ち主が、
クラスにいるかどうか、ということですね。
1人でもいれば、そして行動すれば、
ドラマチックな展開が期待できますね。
ハートの持ち主は多分いることでしょう。
問題は行動にうつすことができるかどうか、でしょうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

27日放映。深夜のニュース番組内の特集。罪の意識の低い少年が増えているといわれている少年院の現状、少年たちと格闘する教官、その日常をレポート。取材先は小田原少年院、現在入所している少年は70人。罪の重さを自覚させるための指導法や取り組みが紹介されていました。少年院の現状を伝える貴重映像でしたが、時間が短く、部分的な取材でした。もう少し時間をかけて取材報道して欲しいところです。

・番組評価~☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。