2017年6月16日 グランド居酒屋富士 にて 志向塾 定例総会が開催されました。

この総会は1年間の活動報告及び会計報告。そして、次年度新体制の審議承認及び活動計画の発表をする会です。

2015年より2年間続いてきた男澤会長から本総会で、塩尻会長にバトンタッチ。新体制の会長は株式会社シオジリプラスの塩尻さんが会長に選任されました。

この2年間は本当に男澤会長、志向塾会員拡大に力を入れてきたので新しいメンバーかなり増えました。参加者が増えると会は活性化するものです。本当に勢いのある2年間になりました。

なんといっても今年3月の男澤会長の集大成ともいえる100人例会を開催しました。

男澤会長挨拶。2年間の想い語っていただきました。印象的なのは、2年間の肩の荷がおります。みんなのおかげですという言葉が本当に印象的でした。お疲れ様でした。

さて、次に総会で承認されました塩尻新会長の挨拶となりました。年間テーマと会長初心を語っていただきました。そして、年間テーマ:「Visionを描く(目標、夢、志、方向性)」ということで今年度も勉強中心に、ビジョンを描ける為の勉強をしていこうという方針発表がありました。

とても楽しみです。

今回塩尻さんが会長になったことで第6代目会長の誕生です。志向塾にも受け継がれる歴史がまたひとつできました。志向塾創業14年目が始まりました。

 

長く続けられていることは良いのですが、課題としては「若手異業種勉強会」ではじまった会も14年続くとメンバーはどんどん「若手」ではなくなってきているのが課題だね!という話が出ていました。確かに・・・

まぁ~しかしながら、経営者として学ぶべきことに終わりはなく、学びは永遠であると感じているのは確かなのですが・・・・そろそろ若手というネーミングは考えたほうが良いかもしれませんね。

 

誇りに思えることは、これまで志向塾のメンバーはみんな企業を継続しているということです。様々な大変なこと、良い時期、悪い時期、あるのですがそれぞれにフォーメーションや形を変えたり、試行錯誤しながらですが長年一緒に学び続けられている仲間であるということです。私はこれはありがたいことだと感じます。

 

世の中で、10年継続できる会社が3%と言われる時代に志向塾で学ぶことで今でも続けられていると感じます。これからも良き仲間と共に学ぶ会でありたいと改めて感じる総会でありました。

 

また、今回このブログを読んでいただき、参加したいというご要望をメールでいただいた方がいらっしゃって参加してくれました。アロマ教室&草花のお店 美花草 代表 貞尾さん、オブザーブ参加いただき、また次回から正会員としてご参加いただくことになりました。ありがとうございます。そして、よろしくお願いします。

 

新体制で、新しい人も増えて、うれしいニュースばかりです。今後も真面目に経営について学べる会。志向塾 新年度、新体制で進めて参ります。どうぞよろしくお願いします。

AD