facebook 利用しています~keep in touch してくださいね
四国暮らしスタート3年間のブログはこちら→【楽しもう♪四国の自然派ぐらし】
2012年04月20日(金)

三津のワニナルバザールと四万十川新聞バッグ@松山

テーマ:四国の食農イベント
ようやく訪れた春の陽気に誘われ、テディ4歳も幼稚園年中となり
ブログを再開しようかと腰が上がってきました。
約10か月ぶりの更新!!

私たちが家族になり松山に来てからこの3月でちょうど5周年。
夫の仕事もひと区切りつきつつあり新しいステージへ。

松山暮らしはじめの5年のを振り返りつつ
新しい一歩を歩もうという私とわが家です。

さて、今年の1月に松山中心部から車で15分の港町・三津の商店街に
毎週土曜開催の・新しい自然派マーケットがオープンしました

松山でははじめてではないかと思われるオーガニック系マーケットです。

再開のトピックはこのマーケット「みつはまワニナルバザール(以
下バザール)」紹介から~
四国 自然派ぐらし日記-かんばん
さてこのバザールの良いところの一つは場所が公園であるところ
そして地元の無農薬の農産物と加工品が手に入る貴重な場であるところ

バザールを呼びかけたのは内子で「丘の上の日曜市」を開いている
自然農の和田さん一家と大崎さん一家です

和田雅美さん →ブログ【菜月自然農園】
↓お客の背中は久しぶりに登場の相談役
四国 自然派ぐらし日記-まさみさん

大崎桃子さん(天然酵房やまそだち)
↓チェック柄のテーブルクロスを敷きお店を準備中
四国 自然派ぐらし日記-ももこさん


内子で育てた野菜や卵に梅干しやみそなどの加工品、
それに地粉ケーキや全粒粉パン、おにぎりに卵焼きなどなど…
地元の農産物で作ったお惣菜が並びます 
本場インド仕込みの萩さんのベジカレーもありますょ


お昼ご飯やおやつをいただきながら、子どもたちは公園でも遊べて
数時間のんびりできます。

同じく内子・うたたね農園さん製の卵巻きをほおばるテディ・
左はあとで以前にも紹介した
「四万十川新聞バッグ」インストラクターのパートナーさんです。
四国 自然派ぐらし日記-のりまき
冬場は寒さで大人にはちょっと長居は厳しかったけど、
これからの季節、特に5月に過ごす土曜の昼下がり…
そよ風の中でいただくごちそうは最高じゃないでしょうか
~愛媛版オーガニックマーケットともいえる市の出現、
私たちは相当気に入っています。


そして、基本的にお客さんとして楽しみたいバザールなのではありますが
先週は「四万十川新聞バッグ」のお店とワークショップを
バザールにて初めて開催しました。
四国 自然派ぐらし日記-出店
最初のお客さまは三津浜のカフェ【田中戸】オーナーで
バザールの事務局でもある田中さん。
白シャツに映えるブルーの小バッグを作成
四国 自然派ぐらし日記-田中戸さん

午後からはバザール初訪問のお客様も参加して
オリジナル新聞バッグづくりを楽しみましたょ
四国 自然派ぐらし日記-てづくりバッグ

時々テディの幼稚園の友達も来てくれ、
遊びながら食べながら心身開放の半日が過ごせましたょー

そうそう時間は
10時~15時です

まだ雨に降られてないそうで毎週土曜日開催されているとか。
雨天時や真夏の開催時間等については事務局「田中戸」さんに
問い合わせをしてみてくださいね

◆「みつはまワニナルバザール」
場所 JR三津浜駅前の住吉商店街にある住吉公園にて
日時 毎週土曜 10~15時
問い合わせ 商店街にあるカフェ「田中戸」さん 
      電話090-6280-3750
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年09月05日(月)

松山市学校給食 「安心で持続可能な食材調達のためのスキーム」スタート

テーマ:四国のモノ・情報・組織
わ~3か月近くもブログをご無沙汰してしまいました!!!

今日はちょうどこの3か月の間、私なりに出来ることをしようと関わった、松山市の学校給食の改善についてご報告します。福島原発事故後の、松山市の学校給食の食材について、心配されている方、あるいはどう変わったのかな?と思っている方(2日に市の通知プリントがあったので)に向けて書きますね。

より問題が深刻であろう関東以北の給食とは状況が違うと思いますが、おなじ西日本のほかの市町村なら、これからの学校給食の安全確保にもつながる話かな、と思っています(話すと長くなりますが、うまくまとめられるかな)

まずはじめに8月に出た「よい結論」から~

●8月19日(金) 松山市 教育委員会保健体育課が発表した報道資料

「2学期以降の学校給食食材の調達に係る基本的な考え方」
 http://www.city.matsuyama.ehime.jp/houdou2/1206635_2828.html
 これを、概念図で示したのがこちら:
「安心で持続可能な食材調達のためのスキーム」
 http://www.city.matsuyama.ehime.jp/ICSFiles/afieldfile/2011/08/18/tennpusiryou.pdf

プチ解説
<1学期までの状況> 
松山市の学校給食(4万食、センター方式)では、基本的に、地元産を中心に、賄えないものはできるだけ近くから調達していました。たとえば、米、牛乳、卵、鶏肉は、愛媛産。豚肉は四国産です。
品目数ベースの県産地産地消比率は、2010年度で30%ですが、重量ベースではもっと高いはずです(松山市問い合わせ中)

野菜も、基本的には西日本産ですが、猛暑の夏場の葉もの野菜(キャベツ類)は、茨城、群馬、長野産の高冷地のものを調達していました。

また稲わらによるセシウム汚染が7月に問題になった牛肉については、愛媛産は約2~3割。メーンは北海道産で、栃木も主力産地でした。

そのほか一部果物やニンニクなどの薬味野菜、過去に異物混入があった干シイも関東・東北産が調達されていました。

<2学期から:松山市取材メモより>

上記の生鮮品、および干物については、すべて西日本産(基本は四国&九州産)になります
 (九州にも、夏秋によい葉モノが取れる高冷地があるんですね)
加工品や調味料については、原材料を調べ、西日本産のものに切り替える作業を進めます
食材の自主測定について:
特定の放射能測定機器を、状況により即時導入できる予算と体制を整えているとのこと。


これについて
明日9月6日(火)7時52分~ NHK「おはようえひめ」で4分のミニ特番が放映されます
朝日、読売、毎日新聞の地方版では、すでに記事掲載されました。

松山市役所と、今回一緒に給食改善に取り組んだ、宮田容子さんの視点からニュースが報告されるはずです。松山の方、愛媛の方は、ぜひご覧になってください!
全国放映の可能性もあるとのことなので、決まったらまた報告します。


●松山の母親たちの動き

この3カ月たらずをふりかえると。。。
(宮田さんはじめ、関心のあるお母さんたちが松山の給食の食材について気になり、調べ始めたのが4月)

関東産の野菜が使われていることに、友人の斉藤智子さんの情報でようやく私が気がつき、何ができるか考え始めた6月半ば。
【子どもたちの未来を放射能から守る愛媛の会】 そして【こどもたちを放射能からまもり帯】の徳永さんとの情報交換。
周囲の同じ関心を持つ友人たちと合流した7月はじめ。

私は、市役所と市場、栄養士の取材と、母親のアンケート調査、要望書作成を担当しました。

8月5日、「松山市 わいわいトーク」開催(池田美恵さん代表)、同様の活動をされている、たぶちのりこさんと対面。

8月12日、「松山市の学校給食をよりよくするための要望書」文書を作成し、4人で提出。
そして同19日、松山市から上記の発表がありました。

松山市は、今回の件、7月15日に発覚した牛肉汚染の問題を受けて、迅速に対処したと思います。
今回の取り組みは、基本的には、行政が進めたことですが、
担当の方は「皆さんの声がなければ、今回(の発表)はなかったです」とのことでした。

アンケート調査票や要望書の文は、何かの参考になるかもしれませんので、
別HP【http://www.harvestpress.jp/】に近日中にUPしたいと考えています。
→UPしました!【松山市学校給食の取材と提案】http://www.harvestpress.jp/index.php?recentproject

お母さん、いい結果につながって良かったね!!(テディ@石鎚ふれあいの里)
$四国 自然派ぐらし日記-ishiduchi

本当に今回は、アンケート調査(大学の専攻)、取材(市場流通担当記者)、要望書文作成(これも記者職が生きたかな)と、これまでの自分の経験を生かさせてもらった点でもありがたかったです。

また友人たちが、内部被ばくについて調べたり、行政にかけあったり、お母さん方にマメに声をかけたり、と、それぞれの得意分野も見せてもらいとても勉強になりました。千葉にすむゆう子さんから地元しか見られない参考記事を送ってもらったり。NHK松山支局の女性ディレクターの有馬未来子さん(入社2年目だそう)も、いかにも将来有望!なよい方でした。

おかげですっかりブログアップが滞りましたが、今年は沢山テディとも遊べ、相談役も仕事が順調で、とてもよい夏でした!あっそうそう、2年ぶりに私の食育ひろばも開講して、3回開きました(これもブログアップはこれからだ~)

みなさん、秋からもよろしくお願いします!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年06月15日(水)

ライヴアースまつやま 高岡大輔&笑子さん

テーマ:四国のひと
バンの中には…
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-かとりせんこう
蚊取線香に、うちわは5000個ほど。
5月に開かれた松山の環境ライブイベント「ライヴアースまつやま」で集めたものです。
昨日、同イベントの実行委員長の高岡大輔さんたちが、これらを被災地に配るべく、
松山を出発したそうです。。
くわしくは奥様の、笑子さんのブログ⇒【日向ぼっこ日記】
ライブアース松山のブログ⇒【LIVE EARTH MATSUYAMA】


笑子さんは、2歳の日向くんのママ(写真左です)でもあり
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-えみこさん
わが家にもときどき遊びに来てくれますが

本職は、ヘア&メイクアップアーティスト
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-まさとカット
(テディ、カット中)
旦那さんと一緒に、市内で美容院「track time」も経営しています。
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-だいすけ氏カット

二人ともまだ30代前半と若く、忙しい毎日でありながら、
大きなイベントの運営に加え、はじめに書いたような被災地へのさまざまな支援活動にも
骨身を惜しまず取り組んでいます。。。本当に頭が下がります。

今年、わが家は、、、
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-ライブアース3人
義理妹のブラジル自然派雑貨のお店「Nossa Bosssa」

四万十川新聞バッグ

わたしの四国まるごと食育ひろばの四国産豆と新玉のマリネ
を同じお店で出店してきました

当日は、これまで同様、マイ皿、マイ箸&コップ持参で
ごみゼロのイベントにしています。
豆マリネを、素敵な曲げわっぱに入れて買ってくれた方も。
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-三津の岡田さん

テディが大好きな、幼稚園の先生も来てくれたり、
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-なつこ先生
今年もすばらしいイベントでした。
最後はUAのライヴで締め・・・
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-夕方
当日は3000人が参加したそうです!
運営はすべて20~30歳代の松山の若者たちがしています。
皆様おつかれさまでした。内容の濃いイベントに参加できて感謝しています!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年05月08日(日)

「弁当の日」を始めた竹下和男さん

テーマ:四国のひと
「お弁当だけが、主人がいまだ感謝してくれる家事なのよ~」
松山に来た当初に、こう先輩ママが言ってました。
最近のわが家、早くも、そんな状況になっております(;^_^A

さてさて、弁当といえば、春のはじめに、香川県綾川町の竹下和男さん(元・同町立滝宮小学校校長)を
取材する機会がありました(写真のちほどUPしまーす→UPしました5/22)
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-竹下元校長
「弁当の日」については、食育に関わる方はすでにご存じな方が多いと思います。
10年前に始まったこの取り組み。子どもたちが朝、自宅で弁当をつくって登校するというもの。
ルールは、「親は手伝わないこと」。いまは全国500校に広がっています。
発祥の地o(^-^)o滝宮小学校でも脈々と続いています(小学校も取材でき貴重な機会でした)
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-弁当1
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-食事1

※詳しくは「広がれ!弁当の日」見てください
→【http://www.bentounohi.com/
※取材した記事は、「栄養と料理」4月号の弁当特集で掲載しました
→【http://www.eiyo21.com/eiyo/detail00050.shtml
よかったら見てくださいネ。

竹下さんは、これまで講演取材はありましたが、直接お話しするのは初めて。
弁当の日で成長した子どもの話、について多く聞かせてもらえるのではと思っていましたが、
予想を裏切り、
子どもの食の問題、そして母親の問題の現状がいかに深刻であるか、
そのことを終始、話されていました。
その、問題から目をそらさない姿勢に、胸を打たれました。

連休明けから、テディのお弁当も始まりました。
ひとつだけ、苦手な緑黄色野菜を入れています。
得意そうに、食べたよ~というのがカワイイです(笑)
弁当作りは、感謝されることもあって好きな家事ですが、
ときどき手抜きになるので気をつけよう。

さて、この記事は、昨日曜の母の日の書きかけでした。
遅れましたが、、、
世界中のお母さんに、相談役のお母さんに、天国の母に、そして私自身に(笑)Happy Mothers Day!!!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年04月27日(水)

千葉からのゲスト砂ちゃん&P子ちゃんと棕櫚ほうき

テーマ:のざき家のゲスト
ようやくブログにたどりつけました!家族にも仕事でも行事やhappeningが詰まった1か月半でした。
今月中旬には、テディがW幼稚園にぶじ入園。テディ好みのかわいらしく(そしてわたし好みの落ち着きのある)素敵な先生のびわ組(←これまた渋い!)に入り、毎日楽しく通っています(ただし4月中は午前保育なので、母は休めな~い(^^ゞ)
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-入園

さて、3月15日から同月末までは、千葉の友人の砂ちゃんとP子ちゃんが、わが家で地震後の避難を兼ねた共同生活を送っていってくれました。放射能の飛散と余震から一時的にでも避難できればと、ほかにも実父や友人ののむが松山に滞在。少しだけですができることをした、と思えたこと、また、テディや相談役もみなで快適な生活を送れたことに感謝の一カ月でした。
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-うどん
ある日のわが家での夕食…香川県産小麦「さぬきの夢2000」を使ったうどんで釜玉を堪能

共同生活は、砂ちゃんがとても気のつく明るい友人で、かつ相談役も私も共通の友人だったことで、とても快適だったと思います。P子ちゃんは2歳11か月でテディと兄弟のように過ごしてくれました。
この間のタイムスケジュール
6時半ごろ     テディと私が起床、朝ごはんスタート
~7時半ごろまでに 砂ちゃんとP子ちゃんが、朝ごはんに参加
~8時ごろ     相談役が、子どもに果物、大人にコーヒーをサーブ
~9時半ごろ    私…可能なかぎり全員の弁当づくり、夕食下準備
          砂ちゃん…食器洗い、洗濯ほし、掃除、子どもたち二人の相手
        ~外出・公園など、昼は弁当~
午後
2時~3時ごろ   ドライブ・子どもたちを寝かす(写真・笑)
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-お昼寝
5時~6時ごろ   買い物を済ませて帰宅
          私…夕食準備
          砂ちゃん…子どもたちのお相手、風呂など
7時ごろ      みんなで夕食
          砂ちゃん…食器片づけ
          
~9時ごろ     テディ就寝、P子ちゃん就寝
10~11時ごろ  砂ちゃん、私就寝、相談役就寝

砂ちゃんという主婦がもう一人いるわが家は、とてもうまく回ってくれました。

そしていつも友人が来てくれると再発見するのは、愛媛ならではのよいモノ。
今回は、この内子の長生民芸店のしゅろほうきがそれでした(以前にもデッキの掃除で紹介したのもの、1200円)
ちょうど原発事故の影響で節電に関心が向いているときでもあり、砂ちゃんが気にいってくれてました。
このお店は、ネット通販がないので(ファクス注文はあるけど、カタログも事実上ない)地元で入手できることの付加価値もつく!?すぐれものです。
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-長生民芸店
右から二番目の茶色のほうき。わが家には、デッキ、寝室、居間に3本備えてます。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011年03月13日(日)

原子力資料情報室 記者会見

テーマ:お知らせ・ご挨拶・近況
原子力資料情報室】という、科学者・技術者による、脱原発を目指した原子力の研究・情報公開組織による会見です
http://www.ustream.tv/recorded/13269582

前の記事の高木仁三郎氏が中心になって設立した組織です。
福島原発・爆発事故の危険性について、真摯に調べ説明している。
私は、とても分かりやすいし、真実に近い分析と予測のように感じます。

二時間なるので、飛び飛びにしか見ていませんが。。。
だけど、市民に原発事故の情報を伝えたいために、
2時間も記者会見を開くということ自体、政府の対応とは間逆。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011年03月13日(日)

反原発の市民科学者・高木仁三郎の言葉

テーマ:お知らせ・ご挨拶・近況
松山に家族といる私が、この地震で何ができるか、少しずつでも行動していきたいと思います。
義援金など具体的で有益な支援方法の情報が届きはじめています。

反原発の市民科学者・高木仁三郎さんご存知でしょうか。
2000年に63歳で他界されたときの最期のメッセージが以下です。
1999年に東海村のJCO事故、2000年にロシア原潜の爆発事故があり、
高木さんは、「原子力時代の末期症状」「プルトニウム最後の日」がくるのは時間の問題、と話しています。

しかしながら、その10年後が、いまの日本です。
いま少なくとも日本の原発の危険性を誰もが恐怖と怒りをもって感じているけれど
それをたとえば10年持続し、自分なりに何らかの行動ができるかどうか
いま西日本にいる私は、考えつつ動いていきたいと思います。

高木さんの専門書ふくめ著作は多数ですが、
■『市民科学者として生きる』岩波新書、岩波書店、1999
おすすめです、

高木仁三郎 さいごの言葉 (【高木仁三郎の部屋】 より引用)
まず皆さん、ほんとうに長いことありがとうございました。体制内のごく標準的な一科学者として一生を終わっても何の不思議もない人間を、多くの方たちが暖かい手を差しのべて鍛え直して呉れました。それによってとにかくも「反原発の市民科学者」としての一生を貫徹することができました。

反原発に生きることは、苦しいこともありましたが、全国、全世界に真摯に生きる人々と共にあることと、歴史の大道に沿って歩んでいることの確信から来る喜びは、小さな困難などをはるかに超えるものとして、いつも私を前に向かって進めてくれました。幸いにして私は、ライトライブリフット賞を始め、いくつかの賞に恵まれることになりましたが、繰り返し言って来たように、多くの志を共にする人たちと分かち合うべきものとしての受賞でした。

残念ながら、原子力最後の日は見ることができず、私の方が先に逝かねばならなくなりましたが、せめて「プルトニウムの最後の日」くらいは、目にしたかったです。でもそれはもう時間の問題でしょう。すでにあらゆる事実が、私たちの主張が正しかったことを示しています。なお、楽観できないのは、この末期症状の中で、巨大な事故や不正が原子力の世界を襲う危険でしょう。JCO事故からロシア原潜事故までのこの1年間を考えるとき、原子力時代の末期症状による大事故の危険と結局は放射性廃棄物が垂れ流しになっていくのではないかということに対する危惧の念は、今、先に逝ってしまう人間の心を最も悩ますものです。

後に残る人々が、歴史を見通す透徹した知力と、大胆に現実に立ち向かう活発な行動力をもって、一刻も早く原子力の時代にピリオドをつけ、その賢明な結局に英知を結集されることを願ってやみません。私はどこかで、必ず、その皆さまの活動を見守っていることでしょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年03月07日(月)

地元パン食べ比べつき!麦を味わいながら考える愛媛の食

テーマ:四国の食農イベント
クイズ1:国内の小麦生産量トップは?→ だんとつで北海道
クイズ2:では、「はだか麦」はどうでしょう? 
     こたえは、だんとつで愛媛県。主に麦みその原料として使われています。

さて、きょう2011年3月7日 午後1時からの「麦」のイベントです。
場所は、愛媛大学南加記念ホールにて。
相談役と同僚の佐藤亮子さんが運営する
愛媛大学 食の地域学研究会の公開フォーラムです。

内容は、愛媛産の「麦」のフォーカスした講演、ディスカッション
そして、愛媛のパン食べ比べ
※パン食べ比べは限定50人で、残念!すでに締め切られています


詳しくはこちらから
http://www.ehime-u.ac.jp/society/open_project/detail.html?new_rec=7848

考えてみれば、相談役が主催する、地元・松山での初の本格的なフォーラムになるでしょうか('-^*)/
直前ですが、お近くの方、ぜひいらしてください。参加は無料ですよ~!

--------------------------------
追記:上記フォーラムは、約130人が参加して盛況のうちに終わったとのことです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月17日(木)

四万十新聞バッグ インストラクター

テーマ:四国のモノ・情報・組織
新聞でつくるエコバッグ、見たことありますか?
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-新聞エコバッグ
最近では全国で、サイズ色々、デザイン色々に工夫されているこの新聞バッグ
先日、この新聞バッグの中でも、さきがけであり、かつ
”地元紙でつくり、地元の商品を入れ、地元の活動とその自然を守り育てる”
というささやかな、でも志のあるバッグづくりで知られる

高知県四万十町・四万十新聞バッグ
http://shimanto-shinbun-bag.jp/

の作り方を習い、なんと?インストラクターになってきました
こちらが会場の小学校(あら?写真UPでエラーがでるので
またのちほどUPします→UPしました)いまは廃校になっていますが
地元のイベントなどで活用されている、木の香りがする素敵な学校です
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-ひろいしょうがっこう

新聞バッグのアイデアや作り方、普及をしているのは
道の駅とおわ、などを運営する会社「四万十ドラマ」
インストラクターになる際には、
四万十の産業や食べ物、地元の方との交流を通じ、
新聞バッグの生まれた背景も合わせて学ぶシステムになっています
同社の畔地履正社長とテディ
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-畦地社長

四万十新聞バッグ事務局で講師もつとめる黒田さん(後ほどUP→UPしました)
東京でメディアの仕事をされていた方だそうですが、
Iターンで四万十にいらしたそうですよ
とても分かりやすく教えていただきました
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-くろださん

さて、新聞バッグインストラクターになったそのココロは・・・
エコで折り紙文化にもつながるこのバッグが、
アメリカでの交流アイテムになればと
私たち家族の場合は、特に「食」ももちろん交流のカギですが、
ときに肩に力がはいってしまうので、
もっと気軽に広範に、アメリカでの友人づくりに活躍させようと思います

アメリカで教えられるようにと、先日、友人のつてで
新聞バッグづくりワークショップを開いてきました。
(ゆうき生協伊予ブロックにて、鶴間さんにお世話になりました)
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-会場

当日は、同じインストラクター講座で出会った松山のmarronさんこと和田尚子さんと講師役をつとめ
和気あいあい、一番はじめにあったような、バッグ(サイズは小)を作りました

松山からママ友同伴でいき、広い和室だったので、
テディもバッチリ楽しく遊んでくれてました
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-たーぼう
講師役の出来は…わたしが忘れていたところは、和田氏のフォローで救われました
ペアで教えるっていいですね・笑
当初は1月にあと2回ほど開く予定でしたが、忙しくなってしまい断念
今回時間ができて、よかったです!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011年02月04日(金)

四国産の玄米ずしで立春旧正月

テーマ:四国のローカルフードとレシピ
今年は、お正月のおせちをほとんど作らなかったので、
あらためて立春に初春をお祝いすることにしました。
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-かざりつけ2
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-かざりつけ
↑右の水彩は、テディ作のぬらし絵/エプロンは、母作です…20年ぶりの本格?裁縫
メーンは初めてつくった「玄米ずし」
高知産玄米と、愛媛産裸麦の押し麦ですし飯を炊き、
砥部産の梅干し入りのすし酢をつくって、すし飯を作りました。
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-玄米ずし
メーンの具材は、松山の共同農産の厚揚げを、愛媛産の麦みそに漬けてつくった、
豆腐チーズです。
北海道のスモークサーモンと合わせてみました。
(四国産自給率を上げるため、じゃこ天との組み合わせも考えたけれど、
今回は好み優先で、じゃこ天は次回ということで)

横のお団子は、今冬真人がハマっている、きび団子です。
もちきびと、サツマイモでつくります。

あ~がんばった!腰と肩がいた~い・笑。
のざき家の 大好き!四国の自然派ぐらし♪楽しもう!四国産100%生活♪-乾杯
でも、春がもうすぐそこという旧正月のお祝い、いいものでした。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。