ふれあい

テーマ:

こんにちは~いつもご訪問ありがとうございます。近所に水仙の花が咲き、寒いのに水仙は綺麗に咲いてくれて道に彩りを添えてくれる!なんとも愛らしいです。

 

オリンピック始まりましたね!4年前8年前は育児もまっただ中で「え?始まった?!終わっちゃった?!」とニュースでメダル報道を見るという寂しさがありました(笑)昨日はリアルタイムにスキージャンプを観れて、あ~やはりオリンピック、なんとも感動的でした。

 

高梨沙羅ちゃんも身長が同じなせいか、親近感!ちびっこの星!と勝手に応援していました。

なので銅メダル確実になった瞬間はうれしい気持ちいっぱいでした^^おめでとう~~!満足の笑顔が美しくかわいい!

 

勝手に観てしまう視点として、選手のメンタルや流れている空気感、サポートを自分に取り込む能力・・・などなど。どんな状態で挑んでいるのかな~と観察して結果に結びつくのが面白いです。

上位の選手に共通していたのは「自分への信頼」の強さと思いました。これまでの練習の積み重ねや調子もあるかもしれませんが、とにかく自分と向かうあう強さ、

現場が悪かろうよかろうがそこに振り回されない「今を楽しむ力」、ここに行きつくまでが感情や思考を持つ人間としての大変さかもしれませんね。

 

 

今日書きたかったのは、「ふれあい」というテーマです。

SNSや遠方の人とつながりが広がる時代に??と違和感があり、もちろんそれがいいこともあります。

外食しても必ずいるのが小さい子供たちにスマホタブレット渡して親はのんびり・・・。ちょっとせつない光景だな。と感じてしまいます。コミュニケーションの場、マナーを教える場、我慢する訓練すらも機会を与えれないのは、おかしいでしょう?と話しかけたくなります。楽だし騒がれずに済むのは良い面なのはよくわかります。親業はのんびり、なんて出来ることはほぼないですから。

 

でもね~子供は想像力の塊、暇やきっかけがあればテーブルの上でも遊んでくれますよ。お話ししたいことも溢れた存在です。面倒と感じても、10年後20年後、大変さ、面倒を重ねた子はそれだけの心が育ってくれます。

 

外食といえば家族でおめかししてすごくうれしいイベント!という感覚は遠い昔の日本人のお話しなのかな。

 

だからこそ生身の関わりを大切に、強みにしたい時。

レイキもセッションもわざわざ来ていただいて、ゆっくりした時間をもっていただくこと。

遠隔に重きをおくこともせず、顔を合わせて直接触れ合うヒーリングの一回一回を大切にしていたいです。

 

活動している表現活動も、子供たちの心を育てる大切なこと。まだまだ私がいなきゃいけないのね。と必要とされている気がします。

結局自分が楽しんでいるから続けていけるのもありますね^^

 

今週末は家族で街中へおでかけ、でしたが、歩き疲れ、休憩で屋上デパートのゲームセンター立ち寄ったものの、(お金は使わず開催しているクイズやイベントを楽しみました)なんだか空しいし、こんなところで子供の何が育つの?と旦那と話しあい、今後は時間つぶしの経験ではなく、自然やわくわくとした遊びの中で子供を育てたい、なんて自分たちの育児を考えなおす期間にもなった週末でした。

こんなに空も綺麗だから、せめて小さいうちは画面を見せて育てたくない!と今後のことも話しました。しかしまぁ・・・私も世代としてはテレビやゲームがある中育ちました。でも兄がいて一緒に楽しんだり、リアルな経験が主であることはどこか解っていました。自分の中にどこかむなしさがあったからこそ、自分の子にはそうじゃない教えたいことがたくさんあります。

 

それには計画的に休暇を過ごすこと、まだ一緒に遊びにいける時期を出来る限り手間もかけよう、感性を育てることを目的に。アイデアがもくもく!わくわくと出てきます!

昨日は学校、幼稚園が終わり子供の合気道の稽古前に公園で遊んでいましたが、子供は上着もきないで元気いっぱい。私は寒い~!春が恋しいです。

 

 

 

AD