大人の資格術 - 合格(モテ)るあなたのつくり方

70以上の資格をもつモテ資格研究家の資格取得応援ブログ。IT,FP,宅建,アロマ,色彩,語学etc。資格取得はテクニック。資格の取り方教えます!


テーマ:
資格は1試験合格で1資格取得と思ってませんか。案外そうでない試験もあるんです。うまく使えば履歴書の資格を充実させることができますよ。

たとえば税理士試験なんかは5科目合格しないと税理士資格がもらえない難関資格。逆に、難易度がそれほど高くなくて、複数とるとひとつおまけが付いてくる資格なんかもあります。

たとえばマイクロソフト系のオフィス資格。マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト(MCAS )なんかはWord, Excel, PowerPoint, Outlook の4科目合格すると オフィス 2007 マスターという資格(称号?)がもらえます。Outlookのスキルは認定してもらう価値があるかどうか微妙ですが、履歴書も資格欄を埋めるには手っ取り早いかも。

もう一点マイクロソフトから。技術系資格のマイクロソフト認定資格プログラム(MCP )は1科目取るとMCTS(マイクロソフト認定テクノロジースペシャリスト)。これを2~4とると上位資格マイクロソフト認定テクロジープロフェッショナル(MCITP)とかマイクロソフト認定テクノロジーデベロッパー(MCPD)になれます。これなら履歴書にかける資格です。

まあ、主催元を儲けさせるだけになりかねませんから、費用対効果は考えることにしましょう。

ちなみに1試験取得で2称号手に入ったケース。色彩検定に受かると色彩コーディネーターに自動的に認定されました。証拠はこちら 。この扱いは難しい。色彩検定と色彩コーディネータ、どちらを履歴書に書けばより有効でしょうか?疑問です。

みなさんも一石二鳥な資格があったら教えてくださいね。


ペタしてね


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

モテ資格研究家 資格リッチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント