生涯学割 ☆ 一生涯資格道 ( ひとりキッザニア )

資格取得数100超!経験職種100超!資格マニア&検定☆試験☆大会&選手権☆肩書☆学食道☆ 受験時(不)合格体験談もあり。 テレビ観ながらナガラお勉強術の放送大学生。


テーマ:



何じゃこりゃ!?


失踪した2年前・・・

韓国への飛行機に乗った時から異変が。。。


耳の中が、「ツ~ン」としてるというか、
唾を飲み込んでも、違和感が消えない。

日本に戻って来ても、「ゴロゴロ」「ザワザワ」。

風呂でシャンプーした時に水が入ったからか?

そんな訳で、病院へ行きました。



ネットで、近所の耳鼻科を調べてチャリで5分ほど。

塾長 「風呂場で水が入ったみたいで・・・

    耳鳴りがあり、飛行機に乗ると違和感がある。」と説明。


医者 「どれくらい前からですか?」

塾長 「3週間ほど前。」


とりあえず、耳の中を見てもらい、聴力検査を受けた。

その結果、聞こえない音域があり、今は日常生活に問題はないが、

このまま放置すると難聴になり、どんどん聞こえなくなるという



医者 「この症状は、3~5年前からあったはずです。」

塾長 「えっ!? そんなに前から!? 水が入ったんじゃ・・・」

医者 「水も入ったか知れないが、これは・・・


 耳管狭窄症 【じかんきょうさくしょう】という病気です!



塾長 「病気!?ですか!!! (こんな病名知らんし・・・)

    どんな字なんですか? 」

医者 「これです。」と、漢字で書かれた病名を見せてくれた。


塾長 「どうなってしまったんですか?」

医者 「耳管が狭くなってしまい、弁の機能も悪いからです。」


塾長 「原因は何ですか?」

医者 「おそらく、体質と加齢によるものです。」


塾長 「どうしたら治るのですか?」

医者 「暇さえあれば、ここに来て治療を受けて下さい。」



治療とは、耳の中に器具を入れて空気を送り込む通気治療。

それと、写真の医療機器で鼻と耳に数分間蒸気?を入れる。



医者 「毎日でも来て下さい。回数が多いほど良くなります。」

塾長 「どれくらいで治りますか?」

医者 「3~5年ですね。放置していた時間はかかります。

    もっと早く病院に来てればすぐに治るのに!」


これは大変だぞ。 真面目に通わねば・・・





同じ写真なのだ


ってことで、写真の機器の使い方を看護師さんに説明してもらう。

今度からは、セルフサービスで勝手に使っていいと言う。



お会計 → 「お薬も飲んで下さい。」と看護師。

塾長 「薬は要らないです。」と言うと~

看護師 「先生! 薬は要らないと・・・」



あのね、耳の管が狭いのが問題やのに、

何で飲み薬飲んで治るんや!!??

副作用で、他の部分がおかしくなったらどうする!

さすがに、今回は口には出しませんでしたが。。。

薬嫌いの塾長は、病院でよく言い争います。



えらいこっちゃ。ただ水が入ったんやないんや。

そう言えば、何年も前から、飛行機はもちろん、

高層ビルのエレベーターでも耳に異変はあったのだ。



とりあえず、難聴にならんよう真面目に通って、

家では何か【独自療法】をしようと決意したのでした。


これから、数年? 一生涯? 耳医者通うのか・・・


つづく。




難聴・めまい・耳鳴りを解消する (健康ライブラリー イラスト版)/講談社
¥1,260
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(4)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇