資格スクエア代表鬼頭のブログ~司法試験・予備試験・法律関連~

資格スクエア代表の鬼頭がサイトの更新情報、法律系の勉強情報についてつぶやくブログです。


テーマ:
ロードマップ@大阪

憲法の論文対策講座についてサンプル講義をやっています。

題材は予備試験 憲法 平成25年の問題

[問題]

202*年時点では,衆議院小選挙区選出議員における,いわゆる「世襲」議員の数が増加する
傾向にある 「世襲」議員とは,例えば,国会議員が引退する際に,その子が親と同一の選挙区か 。
ら立候補して当選した場合の当選議員をいう 「世襲」議員には,立候補時において,一般の新人 。
候補者に比べて,後援会組織,選挙資金,知名度等のメリットがあると言われている。このような
「世襲」議員については賛否両論があるが,政党A及び政党Bでは,世論の動向も踏まえて何らか
の対応策を採ることとし,立候補が制限される世襲の範囲や対象となる選挙区の範囲等について検
討が行われた。その結果,政党Aから甲案が,政党Bから乙案が,それぞれ法律案として国会に提
出された。
甲乙各法律案の内容は,以下のとおりである。
(甲案)政党は,その政党に所属する衆議院議員の配偶者及び三親等内の親族が,次の衆議院
議員選挙において,当該議員が選出されている小選挙区及びその小選挙区を含む都道府
県内の他の小選挙区から立候補する場合は,その者を当該政党の公認候補とすることが
できない。
(乙案)衆議院議員の配偶者及び三親等内の親族は,次の衆議院議員選挙において,当該議員
が選出されている小選挙区及びその小選挙区を含む都道府県内の他の小選挙区から立候
補することができない。
政党Cに所属する衆議院議員Dは,次の衆議院議員選挙では自らは引退した上で,長男を政党C
の公認候補として出馬させようとして,その準備を着々と進めている。Dは,甲案及び乙案のいず
れにも反対である。Dは,甲案にも乙案にも憲法上の問題があると考えている。



[憲法の答案作成に至る思考基準]


①保護範囲の問題(保護される権利なのかどうか)

②制約の有無・程度(その権利が制約されているのか、その程度は)

③制約の正当性、違憲審査基準(①、②を踏まえて、どんな基準で判断することになるのか)

この手順に沿って、考えてみてください。

資格スクエア代表 鬼頭政人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。