資格試験合格ルールのHYです。



◆このブログは、王道の勉強法をベースに、最短最速の勉強法の要素も取り入れています



前回の記事(【王道VS最短1】 )では、



王道の勉強法最短最速の勉強法



使い分けについて解説しました。



では、


「このブログで述べている勉強法は、王道の勉強法最短最速の勉強法、どっちなのか?」



といいますと、



王道の勉強法」がベースになっています。



これは【合格ルール15】【合格ルール16】【合格ルール17】 の辺りで、



資格試験の勉強は


①インプット
②アウトプット+再インプット

③再アウトプット


の順番で行うべき…



と記載していることからも明らかです。



前回の記事(【王道VS最短1】 )でも記載しましたように、



最短最速の勉強法は人によって



実行可能であったり、そうでなかったりします。



これに対して、王道の勉強法は誰でも実行可能です。



このブログでは、



「誰もが合格にたどり着けるノウハウの開示」



を軸にしていますので、



こちらがベースとなっています(^^)



そして、王道の勉強法をベースにしつつも、



最短最速の勉強法の要素も取り入れています。



それは、上述しました「②アウトプット+再インプット」



の部分にあります。



通常の勉強法は


①インプット

②アウトプット


といった手順が多いです。



このブログでは、「②アウトプット」を



「アウトプット+再インプット」としていますが、



ここに最短最速の勉強法(①アウトプット②インプット型)



の要素が入っています。



具体的には、


①インプット
②アウトプット+再インプット

③再アウトプット


のうち、「①インプット」を取り除いて



「②アウトプット+再インプット」からスタートするのが



最短最速の勉強法(①アウトプット②インプット型)になっています。



つまり、このブログで解説している勉強法は



王道の勉強法をベースにしつつ、最短最速の勉強法の要素も取り入れているのです。



ただ、



王道の勉強法にせよ、最短最速の勉強法にせよ



どちらであっても重要なのは、



アウトプットを通じて、あやふやな知識を再度インプットし直したり、


アウトプットの場で新しく得た知識をインプットしたり



することです。



従来の


①インプット

②アウトプット


という手順では、



「アウトプットして終わり」のように思えますが、



それでは実力はなかなかつきません。



アウトプットを通じて(再度)インプットを行うようにすると



よい結果につながっていきます(^^)



皆さんが王道の勉強法最短最速の勉強法



どちらで資格試験にのぞむとしても、



「アウトプットを通じて(再度)インプットを行う」



ことをオススメいたします。

AD