蠍座の保護者性について

テーマ:

昨日の記事の「蠍座の愛の叶え方①」についての色々な反響とかコメントをありがとうございます。②についてもこの下半期の原稿が終わってちょっとしたら書きたいのですが、そして他の星座もちゃんとフォローするんですけど、コメント欄を色々見て笑ってしまったのです。

 

というのは、蠍座が詮索してきたり、こっちのテリトリーに入ってこようとしてきてしつこいというコメントっていくつかあったでしょう。

 

で、僕の立場としてはこういうコメントももちろん歓迎したいです。もちろん悪意しかなくて、他人を攻撃するだけのコメントはNGだけれども、僕も自分の星座とかについて書いて「いや、こういうところすごく面倒くさいですよね」って言われるとすごく助かります。だって、自分の面倒くささって、自分自身においては「そんなに面倒くさいかな」って自己評価ではそんなに感じていないんですよ。

 

で、もちろん蠍座だけではなくて、12星座それぞれに超面倒くさいところってあると思うし、それってやっぱり各個人の成熟度によって差が出ます。

 

で、蠍座のコメントを見て興味深かった、蠍座特有の面倒くささって、僕の表現で言わせてもらうと

 

保護者になっちゃうんですよね。蠍座って。

 

だからほら、蠍座に対して「正直ごめんなさい。苦手です」とコメントをくださった方たちってどこか「自分のことは自分でやるから放っておいてよ」という思春期で、親元から離れて独立しようとしている人の匂いってちょっとしませんか?

 

だから、逆から見ると、蠍座の人って「傷ついた人」とか「社会に出て自分なりの孤独を抱えて、多少は甘やかしてくれる人とか、自分を多少は特別扱いしてくれる人」とはベストマッチをします。その反面、「いやあ、ちょっと放っておいて欲しいな」って思う人とは距離の保ち方が必要。

 

蠍座の人って、田舎にいるお母ちゃんみたいなところがあるから、娘とか息子が疲れて帰ってきたら地元でとれたお料理のフルコースを用意して待っていてあげたい。フルコースを用意した後には厳しい部分もあるから急に崖から突き落として「自分の力で這い上がってこい」とかそういう無茶ぶりもします。蠍座と射手座ってそういう「異様に突き放して厳しいところ」ってあるんですよね。なんですかね。これはまた違うところで書きますね。

 

激甘と激辛って蠍座にはあります。射手座だとここに激ツンデレが入ります。虎がデレデレしてくるような印象。

 

だから逆に、蠍座が突き放した時は、情に訴えても全然配慮してくれないと思ってください。「その人が大人になられる人なのかどうか」を試してみてくるからです。つまり崖から突き落として「自分の力で生きてみなさい」って本当にやってきます。これは愛情とか気持ちじゃなくて、なんか蠍座が親密な人にそういう「崖落としチャレンジ」をやる時って、親代わりになってやっていることありますね。昔の昭和のお父さんが「自分に自信がつくまで帰ってくるな」ってやるような感覚。

 

話戻して、だから、サービス業とかやっている蠍座の人って完璧なサービスをしたりします。相手がお腹いっぱい、それ以上になるまでのサービス(=愛)をやりきったときにはじめて「よし、寝よう」って一日に対してエンジンが切られるから。

 

蠍座って前にもどこかに書いたように「自分だけの幸せ」なんてあんまり興味がないんです。自分と関わる人たちがお腹いっぱいに幸せとか満足感を持って欲しいという愛情の気持ちがあるから、その加減がわからなくなって自滅しちゃったり、挫折したり、不安定になったりすることはもちろんありますよ。

 

だから、そういう蠍座に対して「ちょっとなぁ。大きな声では言えないけどやり過ぎなんだよなぁ」と思った方は、正直に「思春期の娘(or 息子)」を演じてみてください。お母さん部屋に入ってこないで! って。

 

あ、人間関係において演技って必要ですよ。自分ではわかることが、相手にとってみたら全然察知できないことって本当にお互いにあることだから。

 

具体的には「ちょっとくどいな」とか「ちょっと距離感近すぎるよなぁ」と思った蠍座に対しては、ちょっとわざとらしく本人にわかるようにイライラして欲しいです。「あれさ!(←多少大声) いや、ごめんね。それは私の問題だから気持ちだけで大丈夫だよ」とか

 

「今日は友だちと外でご飯を食べてくるって言っているのにフルコースで晩御飯を用意しちゃう母親」

 

に対して接するかのような感覚で。でも、その後「ごめんね。あの日は色々重なっててイライラしてたの」って後日蠍座に言ってあげると助かります。それで距離感を徐々に感じていってくれるはずだから。相手に喜んでもらいたいと思ってサプライズでやり過ぎてしまう欠点って蠍座にはあって

 

「相手のために何かをやろう」と思うと、もうそこにしか集中が向かなくなったりします。

 

あとですね、蠍座は「この人はどの程度毒を持っているのか」って探りも入れてきますよ。だから、その「あ、察しようとしてきているな」と思ったら他人の悪口は言わないで、ちょっと毒舌をぶちかますとそれで良い距離もできます。仮面の裏側にある本音が見えないと、蠍座ってソワソワしちゃうから。本音を全部ぶちかまして欲しいというところがあるんですよ。でも、他の星座の人にとってみたら「自分のことは自分で。全部をそこまで関係性が浅い人に言うなんて考えられない」という人ももちろんいるわけで。

 

でも、蠍座の良いところって「本気の注入」があるところなのです。

 

蠍座と向き合う人って、その本気と愛情の深さについて「この人はここまでやってくれるなんてすごいな」って、その人自身が相手を信頼して全部を出す勢いでやらないと引き出されないものです。

 

僕はその蠍座の不器用さ好きです。だから、愛を続けてください。そしていつもありがとうございます。

AD