山羊座にとって2016年はどういう時間だったかと振り返ると

 

「ある運命に出会う」

 

という一言になるのだと思います。早速なのですが、以下の話を聴いてみてください。

 

週間でも上半期・下半期の占いでも山羊座という人たちを執筆させて頂いている時に、山羊座ってちょっと天秤座的なところがあるんですよ。つまり

 

「やりたいことはやるけど、やりたくないことはやりません。さようなら」

 

というようなところなのですね。天秤座に関しては「やりたくないこと」に関しても結構上手くかわしたりもするのですが、山羊座って苦手なことややりたくないことを突きつけられた時にかなり追い詰められた笑顔をすることが多いのです。

 

ちょっとですね、この話をもう少し続けていきます。

 

山羊座にとってのひとつの信念って

 

「ちょっと時間を下さい。必ず何とかしていきます」

 

というひとつのプロフェッショナルとしての姿勢、もっと崩した言葉であらわすと「自分でやる」という意地がかなり強い人たちなのです。

 

山羊座にはおそらくなんですけど、自らに一種の「ヒーロー意識」とか「ヒロイン意識」、つまり「自分がすごく全力を尽くしてみんなを救う。そして自分のことは自分で徹底的に何とかする」という気持ちがあると思うのです。

 

だから、自分自身を振り返っても、身近にいる他の山羊座の人を少し観察してもらうと面白いのですが、山羊座が自分で熱中しているプロジェクトって、ひとりでドンドン進めていくじゃないですか。ブルドーザーみたいに一人で荒地を整地して、基礎工事をして、建物を建てていくみたいな。ただ、もっとよくみると山羊座って「やりたいことしかしない」。つまり「その一点しか」やっていないのです。

 

ただ、それってすごいことで、山羊座の一種の偉業達成能力って「一度そこに向き合ったら、そこだけをやりきる異様な集中力」に支えられているとも言えるのです。

 

それで、ちょっとだけ話を戻したいのですが、山羊座って人生が「私がやりたいことをやれる」という証明もしていきたいです。だから、時間をかけてちゃんと調べて、ちゃんと興味を持っていけば「自分は何でもできる人間である」ということを証明したい気持ちってどこかであると思うのです。だからさっき言ったこととちょっと矛盾するんだけど、「苦手なこと」も、いずれ苦手じゃなくなるように克服したい気持ちってすごいあります。

 

だから、どうしてもそこに「自分の世界を強く持つ山羊座」という人には他人との人間関係をどう扱っていくかという課題が出てくるのです。

 

山羊座って「ちょっと待って。これは私の問題だから」と言って、どこか孤高の壁を作って他人を自分の領域に立ち入らせたくないのだけど、そんな山羊座が成熟していくと「全部をひとりで抱え込まない」ということをやっていきます。「これについて、ごめん。意見をきかせて。(助けて)」とやれるともっと色々なことがやりやすくなっていきます。

 

もうひとつだけ切り込んで良いですか?(笑)ちょっと気分を害したらごめんなさい。山羊座ってかなり「王様意識」を持っています。つまり、自分でも意識していないところで自分以外の人間をどこか「下」に見ちゃう時がポロッと出ます。山羊座の弁護のためにちゃんと言っておくと、いつもじゃないんですね。でも、山羊座ってかなり自分をいつも追い込んでいる人でもあるから、人にやさしくしたりとか、きちんと向き合ってお礼を言うというような余裕がなくなりがちな人たちなのです。

 

だから、自分が追い込まれると「なんでここまで私がひとりで背負って、周りの人は理解してくれないんだ!」と暴発するようなこともあります。

 

話が長くなってしまったのですが、そんな山羊座にとっての2016年ってやっぱり

 

「ある運命に出会う」

 

というところになっていったと思います。あなたなりに力を込めて「ひとりでここまでできた」という完成があった年なのです。

 

「ある運命に出会う」ってどういうことなのか。

 

それってちょっとまた違うところに書いて良いですか?後日このブログに。(えー!?という声が今聞こえました)

 

人が「ある、自分が向き合ってきた運命に一区切りをつけて、まったく新しい運命の日々に出会っていく」って、ちょっとそれなりに行数をかけて説明していかなければいけないし、これは山羊座の人以外にも適用されることでもあるのです。ご協力お願いします(笑)

 

新しい運命に出会っていった山羊座は、今までの自分の「こういうのが私だ」という自分の固定化されたイメージを2017年に変えていきます。「こんなの苦手だよ」と思うのではなくて「あ、こういうことにもチャレンジできるんだ私。ラッキー」と思って欲しいのです。

 

新しい体験は、自分の身体の奥底にある炎が燃え上がって喜んでいるというイメージで。生命力って新しい展開を受け入れていくと喜んで、そして強くなります。

 

ではでは。「ある運命に出会う」はまた今度で。ごめんなさいね。

AD