ちょっと今回はこういうタイトルで書かせてもらおうかと思って、それは

 

「イケてる自分」を作る双子座

 

についてなのです。

 

この前ちょっと考えてみたんですけど、12星座ってそれぞれもちろん色々な特性があるのですが、

 

ダサい、イケてないという感覚に一番敏感なのが

 

双子座、牡羊座、そして獅子座

 

です。

 

何が言いたいかというと、この3つの星座って

 

「カッコイイ自分を保てていないとものすごく弱る」

 

という人たちなのです。

 

ほら、ちょっとだけ恥ずかしいけど、「自分、イケてる! 」って思うとパフォーマンスってあがるじゃないですか。そして、身近な魅力的な大人を見てもらえばわかるように、カッコイイ大人ってちゃんとカッコつけているじゃないですか。過度に、わざとらしくカッコつけるという意味ではなくて、

 

きちんと自分に自信を持つために、きちんと自分を普段からアゲとく

 

ということを特に意識してやっているのがこの3つの星座なのです。

 

「カッコイイ」っていう自分をどう個別に意識しているかというと

 

・双子座・・・「いつの間にか熱中タイプ」とか「憧れの人とかブランドのセンスを自分のモノにして吸収していく」

 

→他人の評価ではなくて、たとえば「このアクセサリーが大好きで、これを身に着けているとすごくテンションが上がるの! 」というものを勝手に身に着けている。そういう「大好きなモノ」とか「大好きな人」のセンスをすごく吸収していって、いつの間にかそれを自分のセンスにしていってしまう感覚

 

けっこう「憧れのモノへの片思い感覚」が強い。「いつかこういう暮らしができたら良いなぁ。よし、今日も頑張るぞ!」と夢に向かう姿勢がそんなに重くない。そしていつの間にか「イエーイ、夢がかなったぜ」って言っていることもよくやる。弱点としては一度ふてくされると「よし、面白くない。やめちゃおう」と明るくブチ切れる

 

・牡羊座・・・「いつの間にか熱中タイプ」だけど、双子座よりももっと真剣。双子座的な「お気軽さ」はもっとない

 

→「このアクセサリーが大好きで、これを身に着けているとすごくテンションが上がるの! 」という感覚を双子座同様持っているけど、双子座は変な話、そのアクセサリーが途中で飽きてしまうこともあったりする。でも、牡羊座は一回自分のステータスなり、「カッコイイ! 」と見られる私を作り上げたら、美学として絶対にそのステータスを落としたくない。つまり「ダサい自分」を絶対に演じない美学を持つ。

 

「カッコ悪いな自分」って思ってしまうとすごく凹む

 

・獅子座・・・「好きなモノ、好きな人、好きな空間にいる私」という理想像を必ず自分の現実に変えていくような努力をちゃんとする。「好き」とか「やりたい」と言いながら努力をしている姿勢が見えない人を信用できない(笑) 「言ったからにはやれよ。好きに命賭けろよ」という激しさも持ちます。

 

だから、「口にした以上やり遂げなければいけない」という自分ですごくプレッシャーを持ってしまうこともあります。「前に約束したことができなかった」という自分をすごくカッコ悪いと思ってしまうところがあるから。

 

「絶対にやり遂げていく。そのために自分をアゲていく。自分に自信を持っていく」という、「カッコイイ自分」というものが必須になってくる。

 

それで、今回は双子座の記事なので双子座のことを。

 

ふと思ったのですが、今の時代って「きちんと自分なりに、自分をカッコつける」ということがもしかしたらすごく難しいんじゃないかって思う時があるのです。

 

「カッコつける」っていうどういう感覚かというとですね、それは絶対に「誰かに嫌われない」とか「おかしいと思われない」という“周りに合わせていかなければいけない”というところからは生まれません。

 

「こんなことに命懸けになっている人間が、世界にひとりぐらいいても良い」

 

という自負心を持っている人がカッコいいのです。その自負心をですね、昔の人は矜持(きょうじ)と呼んだのです。

 

やっぱりですね、今の時代って「私はみんなと比べて自分はどうなのか」ということがものすごく意識され過ぎているような気がするのです。悪目立ちするとすぐにボコボコにされてしまうから。

 

だからですね、いつもの週間の占いとかでも双子座について書いている時って、そうやって

 

「きちんと自分をカッコつけること」

 

の大切さって教えられるのです。

 

だってね、なんで他の人にはなかなか理解されないようなセンスであったり、美点であったり、仕事であったり、作業であったりしても、それに手を抜かないのは、そこに手を抜かないで熱中している自分が「カッコイイ」と思えるからでしょう。

 

「カッコイイ自分」に嘘つかないでちゃんと向き合ってきた人ってやっぱり「カッコイイ」んですよ。

 

僕の知り合いで都会から田舎に引っ越した双子座の方がいるんですけどね、その人は田舎で収穫された野菜で規格外の傷がついていたりすると商品になれないみたいなんですね。

 

その人はその野菜を見捨てることができなくて、瓶詰めにしたり加工して売っちゃた。すごいカッコイイのです。この前渋谷のヒカリエでその瓶詰の野菜を売ってて、「カッコイイ」と褒めたらタダでレモンをくれました(笑)そういう姿勢があるのが双子座のカッコよさです。

 

それをやらなかったら自分がカッコ良くなくなってしまう

 

っていう感覚を強く持っています。だから、これからも双子座はカッコ良くあってください。

 

人の評価なんて水モノなんだから、その評価で「正しい/正しくない」自分なんて永遠に考え続けても答えなんて出ないんだから。

 

要は今の自分が「カッコイイかどうか」。以上。

 

 

 

 

 

 

AD

リブログ(37)

  • ”「カッコイイ自分」を作る双子座”

    顔の造作のせいもあるけど「可愛いね」より「カッコイイね」と言われたほうが嬉しい。外見より行動重視!? 「可愛いね」なんて言われたら柄にもなく照れちゃうけどね。うふふ。 美容院に行ったときは自分自身に鏡に向かって言っている。 「まー可愛い!!髪型が」「別人のように可愛いわ!!」 それを見た美容師さん…

    Shirleyシャーリー

    2017-03-07 23:00:00

リブログ一覧を見る

コメント(35)