山羊座のドM性

お待たせしてごめんなさい! 「山羊座あるあるだけない」というご指摘を頂いて、山羊座について書いていきたいと思います。今回は「山羊座のドM性について」。

 

ちょっとこれも先日知人と話していたのですが、「水瓶座と山羊座ってドM性がある」という言葉が出たのです。

 

この「ドМ性」という単語を他の言葉で表すと、水瓶座と山羊座って多分かなりコスパが悪い人というか、採算が取れない人たちが多いのです(ごめんなさい)。それだけかなりエネルギー過剰な人たちなんですね。

 

たとえばですね、よくこういう話をするのですが、水瓶座って本当に接待のプロが多いのです。彼等・彼女等はなぜか「プロ意識を持って他人に喜んでもらう」ことを自分の生業(なりわい)にしていることがかなりあります。

 

そんな水瓶座がですね「この人に本当に喜んでもらいたい」と思ったとするじゃないですか。

 

そうすると、水瓶座は予算が8000円しかなくても自腹を切って16000円のサービスをしちゃったりするのです。しかもそこになんの後悔もないのです。

 

「人に喜んでもらうために、役に立つために、全然自腹をきったり、自分が傷ついたりすることをいとわない」

 

というのが水瓶座で、そういうところがドMなんですね。話がそれると蟹座もですね、そういう接待とかサービスとかするんですよ。自腹もきります。でも、蟹座の場合はもっと「やりくり上手」なところがある接待なのです。予算3000円で十分楽しめるツアー」とか企画するのが蟹座は得意なのですが、水瓶座にはどこか「一生記憶に残る特別な一日」という観点からの接待なり舞台設定が多いのですよ。

 

そして山羊座のドМ性ですね。

 

上のたとえ話ですると、山羊座は

 

「16000円か、0円の世界」

 

です。

 

水瓶座の場合は「相手に喜んでもらうために、あ、あの人はハンバーグが好きだから特別にこのお肉を取り寄せてハンバーグを手作りしよう。予算はオーバーしちゃうけど」という感覚に対して山羊座は

 

「ハンバーグといったらこの和牛しかない(10000円)」

 

です。

 

山羊座ってですね、本当「最高か最低か」しかないんですよ。もう、自分が好きなこと、関心があること、今取り込みたいものに関してはお金も労力もエネルギーに関しても糸目をつけないし、興味がないことに関してはそこに一銭の予算もかけません。

 

知り合いの山羊座の人がですね、ものすごい美食家なんですよ。ものすごくおいしいお店を網羅している。でも、話をよくきいてみると「ワインに合うおいしいお店だけ」なんですよ。執拗にピックアップしているのが。

 

山羊座の人の文脈ってよく聞くと

 

〇〇だけ

〇〇のみ

 

という世界観が強いのです。そこにのみ執拗に追及していく世界。

 

話を戻すと、その美食家の人は外の雰囲気と味の良いお気に入りのお店ではお酒を飲むけど、家では全然お酒を飲まないんです。山羊座の人って一歩彼らなり彼女らの生活圏の中に入って話を聞くと「え?」って聞き返すことばかり出てきて面白いのです。僕はその山羊座の話大好きなんですよ。

 

山羊座ってね、デリケートです。だから、自分がバランスが偏っていることをすごく気づいている。だってですね、さっきの人の例だと「おいしいお店にくわしい」っていう山羊座がいるとするじゃないですか。そうすると周りに「ね、今度新宿の方行くんだけどおいしい中華屋さん知ってる?」ってきかれるんです。だって、周りの人にとってみたらその人は「おいしいお店を知ってそうな人」として認識されているから。

 

でも

 

「え、知らない」。以上。

 

なんですね。本当に、自分がマニアックに追及している世界以外のことに関して知らない。これ、実は山羊座もけっこうそれで傷ついているんです。「なんでここまでバランスがとれないんだろう」って。

 

本人が山羊座の人、そして周りに山羊座の人がいたら聞いてもらいたいのですが、山羊座って傷つくと本当に身動きがとれなくなります。「こんなバランスのとれていない自分の行動って、こんなにも人に迷惑をかけていたのか」って思っちゃったときの山羊座って本当にショックを受けるのです。もし、周りの山羊座の人が元気がなかったら「バランスがとれていないあなたが好きで、あなたをフォローするために私(俺)がいるんだからそのままいけよ」と言ってあげてください。

 

それで、山羊座はデリケートだからこそ、暴走します。

 

射手座も暴走してますよ。でも、射手座はもっと要塞とかシステムを作るのです。「自分がこういう場面で傷ついたら、こういう行動をとって自分を回復させる」っていう回路とか脱出口を作っている。自分の取扱説明書について「私が傷ついたら」という回復方法を表すページがちゃんと記載されてあるのが射手座です。

 

でも、山羊座は逃げ道とか退路がないのです。家に帰って寝ちゃうということ以外に自分の防御法を作らず、どちらかというと「玉砕」に近い感覚で自分が命を賭けるべきものに対して向き合っています。不器用なんです。

 

だから暴走をして、みんなのことを、周りのことを、自分が引き受けるべきことを、「みんな私についてきて!」と言って引き受ける。山羊座こそ生身の人間だから、いっぱい傷を負っている。

 

山羊座は、立ち上がるべきです。あなたを好きな人たちは、あなたがバランスをとっていくことを多分望んでいません。あなたがあなたでいること。あなたがあなたで夢中になって楽しいことを応援したい人がたくさんいます。

 

だから、他人から学ばせてもらってください。失敗とか恥をありがたいと思ってください。

 

ということで山羊座、ガンバ。

AD