牡羊座が疲れた時

ある人と「疲れを取るために12星座ごとにその対応は違う」ということを話したのですね。

 

たとえば牡牛座だったら「わけのわかんないことをして(叫んだり、作業に没頭したり、エキセントリックな世界に入ったり」とか、そうやって「いつもの自分を壊して違う世界に行く」ということで疲れをとります。

 

これは水瓶座もそういうところがあるけど、水瓶座は「ギャー、楽しい! 」という叫び声はあまりあげません。本当に夢中になって我を忘れて楽しい時って水瓶座はすごく無言で熱中している印象があります。

 

山羊座とかは疲れを取るためにやっぱりひとりの時間が必要とします。

 

山羊座って「ごく身近な人を除いて、ひとりで部屋にいる時」。つまりアウェイから帰ってきて自分を整理している時が疲れを癒すための必須行動なのです。だから余談になるのですが、山羊座って親しい人には「ただいまー」って心の中で声をかけた方が良いですよ。そうすると頭のなかで「この人には業務対応しなくて良い」ってなって、変な気のつかいかたがなくなるから。

 

こういう話も続けたいのですが、ちょっと今回は趣旨が牡羊座に関する記事なので話を元に戻します。

 

牡羊座が疲れを癒すのって実はけっこう難しかったりするのです。

 

どうしてかというと、ほら、「疲れを癒す」っていう言葉で連想されるのって大体「お風呂に入ってホッとする」とか、そういうことじゃないですか。

 

でも、牡羊座に関しては「走れなくなった自分にすごく不安を感じる」という本能を強く持っています。つまり、「このまま休んでしまったり、気を抜いてしまったらずっともう私は走れなくなってしまうんじゃないか」って、自分の活動を止めて「疲れを癒す」という行動をすることに不安を感じるんですね。

 

ほら、旅先を決める時でも「ゆっくりしたい派」と「ハワイ弾丸なんでも詰めこみツアー。2日目の午前中だけちょっとゆっくり」というのがあったら、牡羊座は断然に弾丸ツアーの方が疲れが取れます。なぜならそこに「冒険」という性質が入るからです。

 

牡羊座って疲れたら「弾丸」を! ってキャッチコピーにしても良いです。「弾丸焼肉ツアー」とか。

 

そして、牡羊座って実はけっこう疲れやすい人たちなんです。この人たちほど「他人のことを気にしてなさそうでいて、ものすごく細かく観察し、気にしている」という人はいないからなのです。

 

「他人のことを気にする」、「細かく観察する」って乙女座とか牡牛座もそういうところがあるのですが、

 

牡牛座は観察しながら実はちょっとキレてるんです(笑) 「いや、私がやろうとしていることを全部の人に理解してもらおうとは考えていないんで。結果で納得させるようにやっていきますんで!」って。はじめからちょっとキレていることによって他人に自分のテリトリーに入ってこられないようにしておく癖があったりします。

 

それに対して牡羊座は自分の本気の姿とか、どこか泥臭い姿を見せることを嫌がり「あー、こんなことけっこう簡単にできちゃったよー(ぜーぜー←息切れ音)」ということをやります。「どんな時でも苦しい顔ひとつ見せずにやってくれる」というヒーローやヒロインの姿から降りてしまうと力が発揮できないのです。

 

ちなみに乙女座は細かく観察しながら、間違いが起こらないようにコンセンサスをとります。「このやり方でいいかね?」って。でも乙女座は自分が細心の注意を踏まえてやったことが後から蒸し返されたり「本当はこうして欲しかった」と言われるとブチ切れます。「いや、確認しつこいぐらい取っただろうよ?」って。

 

話を戻すと、牡羊座はなんていうか、絶対に自分を悟らせない人たちなんです。

 

つまり

 

「自分のことだけを考えている人なのか、それともかなり強く周りのみんなのことを考えているのかわからない」

 

これは多分牡羊座本人たちもすごく扱うのが難しい性質だと思うのです。

 

だって、すごく他人に対してやさしいんだけど、そうは見られてない。「あの人は自分で勝手にやっている」と思われることも多い。でも、「みんなと仲良しだけの関係もやりたくない」という激しい部分も持っている。

 

でもこの「矛盾」とか「葛藤」とか「みんなのことを気にかけて、いつでも力を貸すけど、本人はちょっと孤独なところがある」というところが牡羊座の美しさだと思います。

 

最後に牡羊座の「疲れを癒すため」に。

 

牡羊座が本当に疲れてくると「誰かにやさしくしてほしい」と強く願うようになります。もちろん、それは人情としてしょうがないです。でも、その「甘えん坊モード」に入ってしまうと、すごく悲しいことに輝きが失われていってしまうことも事実なんです。

 

別に常に喧嘩を売ったり、強がって生きた方が良いというわけではないのです。

 

牡羊座が疲れた時には「あなたの話を聞きたいな」って逆に他人の愚痴を聞いてあげたりした方が輝きますよ。どこか姉貴分だったり兄貴分だったりすることが多いから。「頼りにされる」っていうことがあなたに自信を与えてくれるから。

 

その上で「ねー、きいて」というのを少数の人には出す。それで「面白いことやっていこうぜ」というエンジンに火をつけていく。

 

暖かくなったり寒くなったりの微妙な天気が続きますが、ご自愛し、これからも爆走してください。

AD