Wの悲劇

テーマ:

薬師丸ひろ子のWの悲劇も見たことがなかったし、原作も読んだことがなかった。


でも、薬師丸ひろ子のWの悲劇で彼女が深々と頭を下げるシーンはどこかで見て印象的だったし、~Woman~は好きな曲だったからなんとなく舞台の話なんだろーなーなんて勝手なイメージを持ってた。


違ったのねо(ж>▽<)y ☆


今度原作読んでみよう。


たぶん、原作と今回のTBSのドラマも違うんだろうけど、時代が違うものを無理に変えるのは現代物にしちゃうか、完全に昔の話として描くかしかないから仕方ないと思うし。


いい例が中途半端に現代の設定にしたがる松本清張作品。(昔の設定で描かれてるものは結構好き)


基本的には興味のあるものはドラマや映画を見てから原作を読む。


そうするとイメージとか雰囲気が合いやすいから…まったく合わないものは…もう同じ題名の違う作品だよね(笑)


欝がひどかったとき…大好きだった本も読めなくなった。


今はバイトを探そうと努力するくらいには回復した。


本を読むと誰か一人(主人公とは限らない)に感情移入して読んでしまうんだけど、最近はまた昔のように読めるようになってきた。


原作があるドラマやってくれるとちょっと興味がわくから、誰かの生誕何年とか記念って結構好きかも。


先に本読んじゃうと、結構ドラマとかがつまらなく感じちゃうから先に本読んだのって見ないけど。


この先どんなドラマや本に会えるのかな~。


Wの悲劇(DVD) ◆20%OFF!
¥3,948
楽天

※モバイル非対応


Wの悲劇新装版
¥660
楽天

※モバイル非対応


古今集+4/薬師丸ひろ子
¥1,500
Amazon.co.jp

AD