2008-11-18

一隅を照らす

テーマ:着物
いよいよ秋本番、

京都の中央を通っている

烏丸(からすま)通も車で込み合う季節です。



ここを走ると、

私はM先生を思い出します。



もう10年近く前のことでしょうか―

当時はとにかく己の思いや伝えたい事を

着物に表現しようとしていました。



自分の心の中を表現してみる、

そしてそれを図案におとしてみる、

しっくりこない、着物にならない…

の繰り返し。



そこへM先生からのご提案、

「山本さん、足が3本あるカラスをご存じですか?」

「いえ、存じ上げません。」



「月にはウサギがいますよね。

 月の神のつかいです。


 太陽には3本足のカラスがいます。

 太陽の神のつかいです。」



太陽の神のつかいとして

地上に舞い降りた3本足のカラスは、

高貴な方を大切な場所までご案内したそうです。

道中は夜の闇。

3本足のカラスは、2本の足で歩き

もう1本の足に太陽の光の欠片を持って、

暗闇の中で自分の姿をその光で現しながら

進んだといいます。



闇の中を進む道先案内…大切な場所まで…



「この着物、つくってみませんか?」

とM先生。いつもながらの優しい表情。

「やりましょう。やらせて下さい。」



頭の中が迷路になりかけていた私にとって

ふとカラスがどこかへ導いてくれるような、

不思議な感覚にとらわれました。



それからのものづくりの楽しいこと。

生地はこの糸でこの組織、柄の大きさはこう、

配置は、色は、とトントン拍子で進み…

完成。



業界内では「カラス?」と嘲られた小紋。

しかし、このカラスの小紋が

静かなヒットを生みました。



「一隅を照らす」

私は、この言葉の本当の意味を知りません。

しかしあの時に3本足のカラスに導かれ、

現在に至っていると感謝しております。







一説には、冒頭の「烏丸通」の「烏」は

この太陽の神の使いを表すともいわれています。

高貴な方を大切な場所へ…

「烏丸通」は京都御所に通じています。


至峯舎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。