星のストーリー。

テーマ:

こんばんわ(*´ω`*)

Weaving Feelings Singe
柳 詩穂です💕




今日は先日出演させていただきました
《AOS〜数多の星の世界で〜》のお話!

久々にセットリストをストーリー仕立てにしたので、そのストーリーを紹介したいなぁと💕

全ての曲を紹介してから、後半にストーリーを載せたいと思いますので…ぜひ最後まで読んで見てください(*´꒳`*)💕


こういうステージをもっとたくさんしていきたいな(*´ω`*)💕

聴いてくれた人はどう感じたかな?
楽しんでもらえたかな?






ORION/中島美嘉

泣いたのは僕だった
弱さを見せないことが そう
強いわけじゃないって
君が言っていたからだよ
I Believe

息が冷たくなる帰り道に
ただ星が揺れている
確かめたばかりの淡いぬくもりさえ
もう忘れそう

人を好きになれることに
初めて気付いた 今は

泣いたのは僕だった
つながった冬の星座
この空に消えてかない様に
見つめていたんだよ
I believe


✴︎・✴︎・✴︎・✴︎・✴︎・✴︎

小さな片想い/詩穂

夜空に流れる流星に
君への幸せを1つ
願いは言葉に乗せたから
君に届けばいいのに

巡り来る季節の中 君の優しさに触れた
色づいた私の心の奥
繋いだ手の温もりも 何気ないその笑顔も
この胸に溶けてゆく

奏でた声の熱で七色の虹を駆け上る
私の手を引くその指先
胸に秘めたこの想いが君に届くまで
泣いて泣いて泣いて…


✴︎・✴︎・✴︎・✴︎・✴︎・✴︎

心拍数♯0822/ボカロ

僕の心臓はね、1分間にね 
70回のね、「生きている」を叫んでるんだ
でも君と居ると、少し駆け足で 
110回のね、「愛している」を叫ぶんだ

いつか僕をやめるときまで 
あと何度「好き」と言えるのだろう? 
ここに居られることに感謝しよう 
ただ生きていることにありがとう。

高鳴る鼓動が伝えてく 
重なる音と流れる想いを 
愛し続けると約束しよう 
心拍が止まってしまうまで

✴︎・✴︎・✴︎・✴︎・✴︎・✴︎

トロイメライ/ルルティア

ガラスの星 瞬く夜 二人 そっと溶け合った
生まれたのは 秘かな夢 甘い永遠を願った

変われないよ まだ消し去れない
一つを思い出せば すべてが蘇ってしまう

さよならって言えなかった事
いつか許してね
同じ夢を生きられないけれど
ずっと見守ってるから

✴︎・✴︎・✴︎・✴︎・✴︎・✴︎

Winter Blossom/詩穂

ありふれた言葉でいい
私を包む君の気持ちを伝えて欲しいだけ

my dear 囁く君の吐息
「幸せを送りたい 迷いはない」

永遠の愛を誓う二人 見つめ合い
言葉はいらない
誓いのキスで叶う夢 
二人なら 輝く時の中 歩けるから






✴︎・✴︎・✴︎・✴︎・✴︎


ストーリー。


余命宣告をされてから数ヶ月。

強くありたいと願っていました。
涙を見せるなんて情けなくて
周りへ心配なんてかけたくなくて
だからいつだって笑っていたんです。
そんな私に君が言葉をくれました。

「弱さを見せないことが強いわけじゃないよ」

君が泣いてもいいよと言ってくれた気がして
今まで我慢していた涙が溢れて…
そんな君に初めて恋心を抱きました。


君を好きになってから
病院の窓から見える景色が変わりました。

流れ星溢れる流星群の日。
自分の幸せよりも君の幸せを願いました。

私に触れてくれた手の暖かさも
私に向けてくれる笑顔も
何もかもが愛おしく感じて
誰よりも幸せになって欲しくて…

なのに、私の気持ちが届いて欲しいなんて
そんな愚かなことを願ってしまうようになったんです…。


「私は居なくなってしまうのに」


泣いて、泣いて…
抑えようとしたこの気持ち。

なのに君は私の気持ちに応えてくれました。
君からも同じ気持ちを聞かせてもらいました。

嬉しかったです。
生きてきた中で一番幸せな時間でした。

ベットの上では1分間に70回しか鳴らない心臓も、君が隣にいるだけで40回も早くなるんです。

この心臓の音が、私が君の隣にいる証。
「神様、ありがとうございます。
彼の隣にいさせてくれて」






ゆっくりと眠りについた日。
君が「また明日ね」って言って帰っていく背中を見送りました。
「うん、また明日ね」
そう返したはずなのに、朝になっても私の瞼は開いてくれません。
心臓も、君が隣にいるのに、高鳴ってはくれません。

君が私を抱きしめて泣いてくれているのに
抱きしめ返すことも、もう私にはできません。


「さよなら」って言えなかったね。
君を一人にしてごめんね。

私はずっと、君を見守っているから
寂しくなったら…空を見上げて欲しいです。


本当は同じ夢を生きたかった。
君のそばを歩いていたかった。

…さよならって言えなかったこと
いつか許してね。







とある日。
私は夢を見ました。

二人の幸せな姿がそこにありました。
君が隣にいて、笑顔で、
手を繋いでくれています。

そんな幸せな夢でした。











(*´꒳`*)


読んでいただきありがとうございました。

ライブ中にはここまで詳細は話してないし、話せないし…でも、私の中ではこういうストーリーだったんだよって知ってもらいたくて書いてみました!!!



貴方の心のほんの一部にでも
詩穂のストーリーが響いてくれたら嬉しいです。


今後もっとこういうストーリー仕立てのステージをしていきたいので、ぜひ今後も目を離さずみていて欲しいな(*´꒳`*)💕


ありがとうございました!!!