ひさしぶりの更新。

わたしが働いているSow Experienceの代表の琢君は、
日経ビジネスオンラインで「未来の仕事」を考えるⅡという連載コラムを担当してる。

なんと、今回はわたしのことを紹介していただきました。

「二足のワラジ」を軽やかに履きこなす女性
片方を犠牲にしない。そもそも両方あるのだから


最近、このブログの更新を怠っていますが、
日々のことは、Tiwtter( @shiho_hirasawa ) をチェックしてもらえたらうれしいです。

あと、まだまだ途中ですが、ホームページを作成中。
http://shihohirasawa.com/

日々の出来事もこれからはこまめに更新していきます!
記事の反響があまりにすごくて、ドタバタ報告でごめんなさい。

わたしのブログにきてくれてありがとう!
AD
2日目の夜、
上海にすむの友人にさそわれ、
まず、上海万博期間中のみオープンするBarのレセプションへ。

普段は人が住んでいるアパートメントの3階とロフトに作られたBarは、
アンティークの家具でまとめられた落ち着いた空間。

一軒家を改築したカフェのような雰囲気のBarは、
東京にもこんな場所があったらとおもう、ステキな場所。

ただ、レセプションパーティーということもあり、人が多かった。。。
なので、残念ながら落ち着いた空間は満喫できず、次へ移動。

ちなみに上海は、地震がないので、古い建物がたくさん残っている。
なので、古い建物をうまく利用したおしゃれなお店が多い。
そういうお店をまわるたのしさも上海にはあるよ。

っと、話はもどし、
続いてむかったのが、MINTというクラブ。

ここが、とにかくすごかった!

長くのびた列を抜け、24階へあがった扉のむこうには、
1000人を超える人がいたんじゃないかな。

たくさんの欧米人。

これは途中で気づいたんだけど、
アジア人がおそらく会場には私と一緒にいった友人しかいなかったような。。。

夢なのか?現実なのか?

50Mほどある、サメが入った水槽。
DJブースの横のお立ち台では女の人が踊り、
窓からは、外灘の景色、そして東方明珠電視塔が見えるのに、
アジア人がいない空間は、上海というより、NYやヨーロッパの都市にいる気分。

途中から、上海万博のつかれと
雰囲気に圧倒され、溶け込んでいるような?いないような?状態に。

Justin BieberやB.O.B.など、ヒットチャートが流れ、おどる人々。
深夜24時をまわっているのに、疲れなど感じることなくたのしんでいる。
例えるなら、パリス・ヒルトンやリンジーローハンをパパラッチした写真でみた世界。笑。

このブログを更新している今でも、夢をみていたようにかんじるほど、
今回の上海旅行で、っというか今までの上海旅行で1番の刺激的な夜でした。

なんだったんだろう。。。

ホテルに戻ったのは、4時すぎ。
上海万博のつかれもあり、意識もうろう倒れ込むようにベットへ

平澤志帆 *SHIHO Talkin'*-MINT
























AD

In Shanghai Day2

テーマ:
2日目は、
今回の旅の目的でもある上海万博へ。

テレビのニュースなどでみた、
整理券の奪い合いや、パビリオンに並ぶたくさんの人の映像。

この場所に朝から行くのは、体力も気力もなさすぎると、
お昼すぎまで、買いものや、ともだちとお茶。

夕方から入園しました。苦笑。

ちなみに、夕方16時ぐらいで、
すでに来場者数は、40万人以上!?

ちょっと尻込みしつつ向かった園内。

しかし、園内はお正月の初売りセールのような、
行きたい方向に進めないほどの人手はなく、

平日の東京ディズニーランドみたい。
(わかるかな?この表現。)

うーん。

人気のパビリオン周辺に人が集中しているので、
道などは、人を押しのけなくても通ることができる程度。

ただ、ほとんどのパビリオンは1時間以上ならばないと入れず、
中には、わたしが行った時間には、すでに入場を断っているところも。

なので、今回はパビリオンには入らず、会場内を歩いてまわって、
世界各国のパビリオンを外観のみ堪能。

建物を見ているだけでも、各国の様々な工夫というか、
アイディアが満載なので、世界旅行にでかけた気分。

ただ、とにかく会場は広い!!びっくりするほど広い!!

会場面積は、およそ5平方キロメートル。
会場の真ん中には、渡るのに船で5分ほどかかる河も流れている。

残念ながら、夕方からでは、
半分もパビリオンを見ることができませんでした。

感想は、とにかく全部の大きさの規模がちがう。
広大な面積。壮大な建物。数えきれないたくさんの人。

すごいです。。。すごかったです。。。

平澤志帆 *SHIHO Talkin'*-上海万博/中国館
























AD

In Shanghai Day1

テーマ:
6月3日から6日まで、
中国・上海に行ってきました。

今回で4回目の上海。

前回は、去年。
皆既日食をみるために訪れたのが記憶にあたらしい。

その時は、万博開催にむけて、
地下鉄やホテル、道路の整備などいたるところで工事が行われ、
すこし砂ぼこりが舞い、慌ただしい感じがしたけど、

今回訪れた上海は、万博開催中ということもあり、お祭りムードに近い、
どこに行っても、さまざまな国、たくさんの人がいて、とにかくパワフルでエネルギッシュ。

そして、街のいたるところにメインキャラクター「海宝」が。

はじめて上海を訪れたときは、「どうなの?」っと思っていたキャラクターも、
4度目の滞在ではかわいく思えてきました。

平澤志帆 *SHIHO Talkin'*-海宝

































初日は、午後到着したので、新天地を散歩した後、
昔のお金持ちの邸宅をリノベーションしたレストラン「福一零八八」へ

上海はその昔、イギリスやフランス、そして日本の租界地があり、
アジアとヨーロッパの文化がうまく溶け込んでいる。
行くエリアによって、ちがう街の表情がある。

そこが、上海の魅力の1つ。私が上海を大好きなところ。

ヨーロッパの雰囲気を感じる邸宅レストランで上海料理。
久しぶりに会った両親と友人達とゆったりとした時間の中での食事。

すごく贅沢な時間でした。

平澤志帆 *SHIHO Talkin'*-福1088

































週末は、MERRY( http://merrybirds.com/ )
midoの Birthday・BBQ・Beach Partyでした。

場所は、逗子からバスで2.30分程の立石公園。

公園というと、緑豊かで広大な敷地を想像するけど、
ここは目の前に相模湾がひろがるとても気持ちのいい海岸。

BBQは、何年ぶりだろう。

気持ちのいい日差しと開放感あふれる景色。
たのしいメンバーにおいしい食べ物とお酒、そして心地のいい音楽。

しあわせな要素がたくさんあつまった
すごく贅沢で、たのしい時間。

そして、梅雨は終わっていないけど、
すこし肌にはりつく空気と太陽の香り、夏の気配が。。。

これから、夏にいいことが起こりそうな予感がする、
たくさんの笑顔があふれるステキな会でした。

mido、おめでとう。

平澤志帆 *SHIHO Talkin'*-立石公園