12 Guild 1980 G-312 NT

テーマ:
{9A7E59BA-45BF-4FDD-B839-366A3E29910F}
Guild 1980 G-312 NT

12本目の所有楽器の記録です。TACOMAについで2本目の12弦ギターです。個人的に12弦ギターはとても好きです。

2017年1月5日に某ウェブサイトで購入。弾かずにギターを買ったのは人生初でしたが、Guildのビンテージでしかも12弦なので、物が少ないからしょうがなく賭けに出ましたが、結果は大当たりでした。

GuildのG-312は1974年発売。1985年まで11年間製造・販売されていました。

スプルース・トップ、サイドバックはローズウッド、3ピースマホガニー・ネック、エボニー指板&ブリッジです。ペグはSchallerのミニタイプ。スケールは25.5インチ(648mm)。12弦としては長いスケールです。

Guildの12弦ギターは、6弦の流用ではなく専用に設計・開発されているのが特徴で、12弦ギターといえばGuildというくらい有名です。

最大の特徴はやはりダブル・トラスロッドでしょうか。1弦側と6弦側にそれぞれ1本ずつトラスロッドが入っています。(1995年からのFender/Guildで、2005年以降のTACOMAファクトリー・メイドの物はトラスロッド1本)

多くの12弦ギターは、12弦のテンションに対応する為に非常にファットなネックになっていて、弾きにくい物がほとんどですが、Guildは12弦にしてはスリム・ネックでナット幅も通常の12弦より狭く(46mm)、ストレスのない演奏性で素晴らしいです。トラスロッドを2本にしなければ、このネック形状は不可能ではないでしょうか。

先日購入したばかりなので弦高を下げた以外はオリジナルのままですが、サドル&ナットを象牙にしようか検討中です。

そして肝心のサウンドは、これぞ12弦!という感じの素晴らしいサウンドです。低音はコシがありながらもタイトで輪郭に優れていて、高音は華やかで拡がりがあり、弾いていて大変気持ちの良い音です。


1月26日のライブのお知らせです。

2017年1月26日(木)@渋谷 Last Waltz by shiosai

「始まりは再び」
出演:細井タカフミ/icoomy/重實信之

開場18:30 開演19:00
予約2500円 当日3000円(別途ドリンク)

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号 を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

AD