しげやんの好き勝手

しげやんが色んなことにいて話します(現在、漫画・ゾイドが中心)


テーマ:

さあ久々のゾイド編。
ライガーゼロ 再開一発目は「ライガーゼロ」


この機体は、CAS(チェンジングアーマーシステム)という新要素も盛り込まれ、ゴジュラス・ギガほどではないが、開発陣は結構な意気込みをもって世に送り出したシリーズと言えるでしょう。
私は、このシリーズの最大の注目点は、その「ネーミング」にあると考えます。

まず、ベースとなるライガーゼロ。この「ゼロ」は、有名アニメ「ガン●ムの某シリーズ」を模倣しての事だと思われ、メーカーのオリジナリティ意識の欠如、あるいは安定路線を示している事柄です。


しかし一方で逆に、こちらは意欲的オリジナリティ溢れるものになっています。
イエーガー

イエーガー[JAGER]は、狩人を意味し、
ミリタリー系で、よく耳にする言葉です。
そしてこれは、ネコ科の猛獣であるジャガー[JAGUAR]と引っ掛けてるのでしょう。




パンツァー

パンツァー[PANZER]は、装甲や戦車を意味し、
これもやはりミリタリー系で、よく耳にする言葉です。
そしてこれも、ネコ科の猛獣であるヒョウ[PANTHER]と掛けてるわけです。




シュナイダー

シュナイダー[SCHNEIDER]は、服を切り仕立て直す人の事で、
意味こそその通りなのですが、ミリタリー系用語という訳ではありませんし、残念ながら、ネコ科の猛獣とは引っ掛かりません。
クーガーとか、ピューマとかにできたら、完璧だったのにね。
(最終的に拘りより、早さとウケをとったと言うことかな)



デザイン的にも、後発2体の完成度がちょっと低い…というのは皆さんも感じてるようで、
それは人気にも反映されていますね。


イクス&フェニックス こういった辺りの詰めの甘さが、シールドライガー、ブレードライガーほどの満足度には至らない原因でしょう。

ハイクオリティなデザインを基盤としつつ、安定路線がチラリと見え隠れし、一方で意欲的なアイディア溢れるネーミングセンスを持ち、しかしそれに徹しきれない弱さがあり、そして時間的制約もあってのデザインの煮詰めのブレ、
…といった、実に様々な要素が入り乱れたシリーズなのですが、

イクスやフェニックスといったアフターバージョンもカッコ良く、相当に魅力的なシリーズであったと言えるでしょう。


ただ実際に活用する場合、同じ機体でありながら、その用途に応じて、機動・砲撃・格闘と、それぞれに志向特化した換装に変えていくというコンセプトは、一見、理に適っている様にも見えますが、搭乗員ひとりひとりこれをやるとなると、贅沢過ぎ、手間がかかり過ぎ(逆に、ひとり1形態オンリーになってしまっては換装にする意味がないし、任務に不適合な装備を強いられる者がいては、本末転倒)。
それこそガ●ダム宜しく、圧倒的戦闘力を持ち、選別された者のみに許される、エリートパイロット専用の武装・機体にならざるを得ないでしょう。


次回は、今回と同様、換装型のゾイド。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
本来なら、ゾイド編を始める所ですが、
相当、忙しくなるので、更新はしばらくお休みします。申し訳ありません。
ゾイド編は、5回程を予定していますので、
このブログは、残り15回ほどで終了という事になります。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「進撃の巨人」
「嘘喰い」    漫画

この2作はこのブログの「良作」カテゴリーの中で、紛れもなくトップ2です。
後々になって、やっぱり「珠玉の名作」でした…と泣き付く事になるかもしれません。
両作ともまだ話は続いてますし、今後如何では、名作への変更も十分ありえます。
まさに〝珠玉の良作〟な訳です。


進撃の巨人

進撃の巨人。この近年、

最も話題となったと言っても差し支えないとすら言える作品が、某少年誌に蹴られたことは有名ですが、

意外にも、決してスタンダード系でなく、非常に個性的な作品と言えます。
その独特の世界観は、これはいったい何時の時代の話なのか? …と誰もが首をかしげる所ですが、 
かといって全くの架空世界という感じでもなく、ファンタジー色は、薄い。
巨人関係を除き、人を超越した力を表現している訳でも、

この世の物理法則を無視してる訳でもありません。
こういう作品は非常に珍しい。
漫画のベスト本なんかでも、そのジャンル分けを困らせる存在です。
しかも、アナザーワールド的な割には
まるで、日本の戦時中を思わせるような、絶望的深刻さを表現しており、いたってヘビーな内容です。
普通、現実との整合性が低くければ、もっとご都合主義になっても良さそうなのに。 


この作品は序盤のクオリティからすると、完全に名作確定か、と思われましたが、
しかしその後 失速、マンネリ、多分に期待はずれでした。
名作に返り咲くか否かは、これからの追い込み次第ですが、
ただ力のある作家さんなので、このまま終わるとは到底思えません。
名作までには届かないまでも、最後に魅せてくれるでしょう。


嘘喰い

嘘喰いは、ちょうど、
以前紹介した遊戯王のカードバトルに傾倒する前の、
様々なゲームで戦いを繰り広げていた時の感じの作品です。
遊戯王がカードに落ち着いた(逃げた?)とすると、
この作品は(広い定義の意味の)ゲームで戦い続けている作品なのです。
しかもそれらのゲームは、なんと「イカサマが暗黙的に公認」であり、
そのせめぎ合いが、この作品の醍醐味となります。
特に主人公が、相手のトリックを暴きだす瞬間が、最大の見せ場。


最終的に敵のトリックを解明するという主目的のため、綿密な推理を巡らせる紛れもない頭脳系なのですが、同時に合間合間にバトルシーンが出てくるというのも特徴のひとつとなっています。
しかし、この部分はどちらかというと、頭脳戦のつなぎとしての意味合いが濃いと思われます。
そしてその本題の頭脳戦において、惜しむらくは一箇所だけ、キレ味が悪い箇所がありました。
(それで名作落ちは、厳し過ぎるかもしれません。含めなかったのは、単純に私の趣味かも?
よって、名作に含めなかった事の異論は甘んじて受けます)
この作品はこれまで紹介してきた良作の中では、最も名作に近い作品で、
そういう意味で、良作シリーズラストを飾るにふさわしい作品と言えました。


さて今後の漫画(アニメ)編は、
あれから、私がかき集めた正真正銘の珠玉の名作〝のみ〟をどどんと10作品紹介して、本ブログのフィナーレを飾ろうと思います。
しかし、その前にゾイド編。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「YAWARA!」
「MONSTER」  漫画
「20世紀少年」
「MASTERキートン」

以上4作品と、私的に良作ばかり量産している作家さんがいます。
浦沢直樹先生です。


そして彼の作品は大きく分けて、3つのタイプに分かれます。
1つはスポ根モノ。2つめはサスペンス物。3つめは他の方が原作、という物です。

前出の4作に限らず彼の作品は、すべからくハイレベルですが、

タイプごとに共通している残念な点があります。
まずスポ根モノは、スポ根度合いの低さです。キャラたちはそのスポーツに全精力を傾けてやっていません。命懸けでやらずとも勝ち抜ける、天才ばかりが出てきます。
サスペンス物と他の方が原作の作品は、野蛮さです。必ずと言っていい程、物騒な話になります。
この点は、クソ作品のBANANA FISHに通じる、私の最も嫌悪する所であります。


スポ根モノは、柔道物「YAWARA!」とテニス物「Happy!」の2作。


YAWARA!
YAWARA!は、まさに一大ブームを巻き起こした作品ですが、いかんせんスポ根度が低い。
話自体も、そして柔道の試合も、まずまず面白いのですが、肝心の主人公が本腰入れて柔道をやってない。にもかかわらず、世界的に見ても圧倒的に強いです。
それに、始めて僅か数ヶ月でワールドクラスの活躍をする選手もいるし、柔道ってそんなに甘いもんですか? 他の部分は全体的に面白いんですが、その辺が致命的でしたね。
とはいえ、アニメの主題歌も流行ったし、ちょっと、これ以上の柔道漫画はなかなか出ないかも。


一方、Happy!の方は、YAWARAと比べ、絶対的に骨子の煮詰めが不十分でした。
そして、やはり主人公は本道のテニスを、情熱を込めてやってません。
ただし、テニスの奥深さを相当に描けているとは思えるので、もっと時間をかけて煮詰めていれば、YAWARA並みの作品に引き上げることも、決して不可能ではなかったので、ちょっと勿体なかったかな。


スポ根モノは「柔道」「テニス」という漫画としては、決してポピュラーではないジャンルを、
一定のレベルで描いたと言う事自体は、それだけで非常に価値のある事だと思われます。


サスペンス物は「MONSTER」と「20世紀少年」
こちらはどちらとも良作と言えます。


MONSTER
MONSTER。
この作品は、中盤までという但し書き付きなら、おそらく彼の作品の中でも、最も評価が高い作品なのではないだろうか?
およそ漫画とは思えない程、基本クオリティが高く、読者に圧倒的完成度で迫ります。
まして、舞台がずっと外国なのである程度、精通していなければ、描くこと自体ままなりません。
欠点は、中盤までの大業な大風呂敷のわりに、終盤からラストが地味で消化不良に陥いるという所…

というのが世間の大方の見方でしょうが、やはり、私的には他の作品の例に洩れず、野蛮さが目に付く事です。なぜ、すぐ殺すとかいう発想になるのか…


20世紀少年
20世紀少年は、そのMONSTERの反省からか、全人類を巻き込むという大変に派手な展開になっていて、終盤、盛り上がります。
映画も大成功でした。
それにしても、正義の側も、悪の側も、ごく狭い同じ地域出身という事で、非常にはた迷惑な少年グループと言えます。
特に主人公は、犯行に関する重要な手がかりを有しながら、それなりの機関、それが無理でも、信用できる人物にそれらを開示し、助けを求めなかったのは、人類にとって重大な過失です。おそらくそれをしていれば、ともだちの犯行は実行不能に陥ったはず。


…というそんな2作ですが、例えばMONSERと20世紀少年を足して2で割るような…

つまりMONSTERのような序盤・雰囲気で、20世紀少年のような展開・結末。そんな作品が存在したら、空前のブームを巻き起こすような作品になっていた事でしょう。
もっともそれは、私が最も嫌うような代物となりますが。でも、もしあったら「私個人は嫌いとはいえ、名作にせざるをえない」というような作品となったかもしれません。


最後に、他の方が原作、という作品。
「パイナップルARMY」「MASTERキートン」「PLUTO」辺りがそうです。


MASTERキートン
MASTERキートンは、やはり殺し合いばかりしている野蛮な作品です。
主人公は、丸腰でしかもたった一人で、敵を打ち倒そうとするので、却って事を難しくしている事に気付いていない。必要とあらば、武器も使うべきだし、なにより、そういったなにがしかの団体を頼るべきです。
出来合いの武器はダメで、手作りの武器なら良いという論理は、わかりません(その割には、撃ちたくないとか相手を煽って、撃ってるし)。
武器を使ったほうが簡単なのは明白で、その方が、より良い解決策を模索できる。
例えば彼は、正当防衛で何人か、殺してますが(息の根をとめる所の描写をしてないのは不誠実この上ない)、それをゼロにする事だって可能だったはずだ。
さらに殺人を異様な程、嫌ってるかのように見えて、自分の手を汚しさえしなければ、意に介さないふしがある点もおかしい。そういった数多の屍を築いた上で、自分の知識をひけらかす事に成功しています。

彼は周囲に、本分は考古学であるかの様に振舞っていますが、怪しいものです。
研究資金が必要なら、軍隊の経験を活かし、かつオプの実績をアピールして稼ぐべき(相当稼げるはずですよ、命張ってるんだから)。
そうすれば腰掛けの考古学のポジションも確保し易いし、まとまった資金が貯まったらあとは早々足を洗って、発掘の博打に専念すればいいのです。
そうしないって事は、実はドンパチの方が水があってるって事じゃないの?
そして彼はある意味、平時の軍人よりもよほど危険な生き方をしてると言えますが(生きてるのが不思議)、あんな本来なら成立しないような生活以外、知識欲を満たし、経済的にも成り立たない人物は、この世に居場所はないですね。
その辺、クソ作品BANANA FISH宜しくホントに頭にくるのですが、
まさに日本漫画版マクガイバーのごとし、あらゆる物を武器とする造詣の深さに舌を巻き、
一方の考古学も大変に高度な内容です。だから「認めざるをえない」のです。


「パイナップルARMY」、「PLUTO」も、同様に野蛮なところがある作品ですが、それ以外はノーコメントで。この中から最高の作品を選ぶとすると、やはり最初の「YAWARA!」でしょう。

次回は、良作シリーズ最終回。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ハチワンダイバー」
「医龍」     両方漫画


これまで、紹介してきた良作の余りです。
別に、この2作品に何か共通する要素があるわけではありません。ただ、余った2作を並べただけです。
まあ、敢えて共通点を挙げれば、両作ともドラマにもなっていて、それなりに売れた作品

…という事ですかね。


ハチワンダイバー

ハチワンダイバーは、第2次(平成)将棋ブームに貢献した作品で、
いい意味で単純明快、漫画チックに描かれているので、
この手の物が苦手な人以外は、非常に読み易い作品となっています。


しかし、これだけのスペックならば、天下無双の将棋漫画になる力も、可能性も、

充分あったように思うのですが、どうも作者当人にその自覚がなかったようで(なればいいなと言う感じですか)、それでは叶うべくもありません。


どうせなら、究極の将棋漫画を目指して欲しかったですが、
まず、この作品は基本的な骨子がさほどしっかりしていず、場当たり的で、
場合によっては、迷走することにもなります(特に敵味方の対立する根拠が曖昧な所にそれが顕著に表れている)。ただその分、基本的に作品が低姿勢なので、大抵の事は赦せますし、
作り手に、毎回、なんとか面白くしようとの努力を強いることにも繋がります。


ただ将棋漫画を描くならば、もっと純粋に将棋を愛するべきです。
「力将棋」とか「頭脳格闘技」とか、やたらとバトル系の表現を使いたがる嫌いがありますが、
力将棋は勘や感性のスタイルで別に腕力とは無関係だし、格闘技って。将棋は純然たる頭脳戦でしょう?
ましてその言葉を入れることは、ジャンルとして負けを宣言してるに等しいのでは?


どうにか、面白おかしく演出しようとの意志の現われだと思いますが、そんなことしなくても、「DEATH NOTE」や「遊戯王」のように、純粋な頭脳戦でも十分、魅力的な作品になるはずなのですよ。
いずれそのような漫画が現実に出現し、「空前の将棋ブーム」を巻き起こすかもしれません。
残念ながら、その時は、この漫画は歴史の隅に追いやられてしまうでしょう。仕方のない事です。
プロ棋士の方たちを見ればわかるでしょう? 将棋に体力的な要因が入り込む余地はありません。
そんなものは盤外戦術として、すぐ除外されます。むしろ彼らは体を使った仕事はしない…と腹を括っている人たちなのです。そしてそのくらい事は、もし究極の将棋漫画を目指し、将棋を愛していたならば、当然、気付くはずの事なのです。


医龍

医龍は、医療とそして医療現場の権力闘争という非常にハイレベルなテーマを、
ものの見事に消化している傑作です。通してみると、ほぼ完璧な作品のように映ります。
最高の医療漫画だ! という気概が感じられ、骨子が非常にしっかりしている。


しかし皮肉にも、唯一の欠点は、その完成度の高さが鼻につくことです。
作者が半ば確信してしまっていて、ちょっとした油断と慢心がある。
だから作品に対し、ある意味懐疑的というか、自信の無さというか、まあ穿っていえば、謙虚さですかね、

必要なのは謙虚さ、それと足掻き(大抵の作品には良きに付け悪きに付け、それがある)です。
それがあれば、珠玉の名作になった可能性がある作品です。
この作品も多少足掻いてる部分はありますが、あまりに極端な展開で、足掻きというより体裁を立てるという感じで、むしろあとあと自分の首を絞めてしまっていますね。


土台、完璧な作品などありえないのです(実際、珠玉の名作ですら、欠点だらけです)。
完璧を放棄しているハチワンダイバーと比べても、明確にこちらが優れた作品と言い切れない事が、

何よりの証拠でしょう(まあ、さすがにこちらが上ですが)。


あくまで読者に媚びず、提供する側主導なので、その分、出来る限り面白いものを提供する、と言う意識が不足しています。

鼻につく所は、中盤以降の主人公のヒーロー然とした姿に表れています。回を追うごとに主人公は完璧になり、最終的に、あたかも彼の思惑通りに事が運んでいるかの様相です。
元より、理想とも言える結果を残し続けてる物語ですが、現実はこうはいかないでしょう。
私は何も、こういう展開が不可能だという、ロマンのない事を言っているのではありません。

このように主人公1人に頼った形では、実現できないと言っているのです。
他の登場人物は、見てる方が恥ずかしくなるくらいの人間味を出すシーンがあるのに対し、

主人公は、最後の最後まで気どっている。これでは、最大限のチームワークは望めません。
だから例えば、主人公の悪さや弱さを描き、周囲がそれを諌める、フォローするような展開があれば、

良かったですかね。


こういったことを始めとした登場人物の精神描写の未熟さや、現実との隔たりがこの作品の欠点です。
特に序盤は、善人と悪人の描写がはっきりしていたのに、徐々に不明瞭になっていったことが、その代表格です。しかし前述したように、このくらいの欠点は、当たり前の事なのです。
ただ、こう確信的に、リアリティを基盤として描かれると、見る目が厳しくなって、つい粗を探してしまうのです。
これが、低姿勢で漫画チックに描かれていれば、素直に感動できると思うんですが…
作品に確信を持たない事で、作り手は油断できなくなる。
しかしそれと同時に、欠点を克服したり、軌道修正したりする柔軟性も生まれてくると言う物なのです。


ハチワンは、完全無欠の将棋漫画を作るというプライドがなく、出来るだけ面白く、と漠然と描いているので、当然、隙も多いし、覇気がないため、せっかくの可能性をふいにしてしまっている。
医龍は、逆にベースは最高クラスなのですが、尊大なプライドが邪魔をして、柔軟さや必死さを欠くため、やはり可能性に届かない。
ハチワンは最初の方は、少なからず、究極を目指す雰囲気は感じられたし、
医龍は、序盤ではまだ主人公は不完全な人間の一人として描かれていました。

要するに両作とも、序盤のノリで最後まで来れれば、名作だったのです。
両作ともエピローグに執念を感じないのは、作品が究極でも完璧でもなかった…ということに作者自身が気付いてしまったからですね。
こうして見ると思ったより、対照的で、いい組み合わせでしたね。


良作を紹介するのも、残す所あと2回です。
もちろん、他にも良作はたくさんありますが、全てを紹介することは不可能です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。