西尾の「ごみ減量を考える会」の皆さんのご意見を聴きました。同じ市内なのに、旧幡豆郡ではビン・カン・金物類など分別されますが、旧西尾市では全て「燃えないゴミ」扱い。半分は資源ゴミなんだから、分別すれば埋め立ては半減するはずです。
===
「燃えないゴミ」は、大別すると、

 

・ビン・カン、11%
・鉄くず、20%
・小型家電、8%
・その他の資源ゴミ、9%

 

で半分を占め、埋め立てゴミは残り半分だけなのだそうです。

 

これを同会の皆さんはとても分かりやすい図表で啓発しています。
でも市民に広く「もったいない」意識を高めるのはなかなか大変なことです。
分別を面倒、と感じる市民感情もありますしね。

やはり、分別のシステムのあり方をしっかり制度として導入するのは、政治・行政の役割です。
こうした声に耳を傾け、課題解決していきたいと思います。

 

 

さて、今日はイベント三昧。

 

岡崎でソーラン節を100曲、8時間踊り続ける「あんたもどうだん、はずかしがらんと踊らん会」(素晴らしいタイトル!)に参加しました。

また、悠紀の里の福祉イベントでは、野菜だけをはさんだ「ベジタブルバーガー」を発見!美味しかったです。

格闘技大会「S・Battle2016冬の陣」は、鍛え抜かれた肉体の真剣勝負でした!

AD