1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2014年09月30日(火) 19時45分37秒

ピオーネ

テーマ:食の巻。

2014年9月30日(火)先負/晴れ

私がピオーネのことをチラッと書いたら、その筋の御方から回答が届きました(笑)。

それによると、

ピオーネの殆どが、ジベレリン処理をされているのが現状らしい。
つまり、ピオーネは「種なし」が主流になります。
名称で判別するなら、ニューピオーネは「種なし」ですが、ただのピオーネは「種あり」の場合もあるので、心配だったらニューピオーネを買うのが無難です。
へぇ~、そうなんだ?

勉強になりました。

そして、満を持してのピオーネです。


(ただのピオーネ/山梨県産)


本当だ!

ちゃんと「種なし」でした。

あぁ、美味しかった(笑)。


■ブログ内の関連記事。

→(2014年9月26日)http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11930678515.html

AD
2014年09月30日(火) 06時31分02秒

約束だよ!?

テーマ:記の巻。

2014年9月30日(火)先負/曇り

今朝も母は、起きていませんでした。

布団にくるまっていると、気持ちがいいんだろうな?

優しそうな寝顔です。

穏やかな寝息です。

しかし、そんなことは言ってられません。

私の方の都合もあるので…、


「お母さん、朝だよ!」

「・・・・・」

「起きた?」

「ぅぅん」

「布団の中、気持ちいい?」

「ぅぅん」

「でもね、もう、薬を飲む時間だよ!」

「・・・・・」

「薬を飲まないと病気になっちゃうよ!」

「・・・・・」

「ねぇ、布団とってもいい?」

「ぁあ!」←鬱陶しがってる否定の「ぁあ」です(笑)。

「薬を飲むんだから、お母さん、布団とるよ!」


ちゃぱ(布団を握って抵抗している手を解いて、そぉっと、静かに布団をずらします)

  母 (黙って布団を首まで戻します)


「お母さん、薬を入れるんだから、布団を戻しちゃだめだよ!」


ちゃぱ(布団を握っている手を解いて、母の機嫌を読みながら布団をずらします)

  母 (黙って布団を首まで戻します)


「お母さん、いい?布団をとらなきゃ薬を飲めないよ!」

「・・・・・」

「こんなことしてたら、俺、仕事に行けないよ!」

「・・・・・」

「仕事に行けなくなったらクビになっちゃうよ!」

「・・・・・」

「いい?やるからね!」


母は、ようやく諦めてくれたようです。

やっと、投薬と栄養を済ますことができました。


(06時05分/気持ちよさそうな母)

(曇り空です)
(柘榴 と もみじ)


全てが終わって、母は気持ちよさそうです。

再び、うつらうつらしています。

私だって、そうしていたい…。


「お母さん、気持ちいい?」

「ぅぅん」

「布団にくるまってるのが一番だよね?」

「ぅぅん」

「じゃあさ、明日は、こうしない?」

「・・・・・」

「起きたらさっさと薬をやって、直ぐに布団にくるまろうよ!」

「・・・・・」

「ね?その方がいいじゃん?」

「そうだね」←(言葉は不鮮明でしたが、同意してくれたようです)

「でしょぉ?約束だよ!?」

「ぅぅん」


まったく期待はしていませんが、とりあえず、明日の朝が楽しみです(笑)。

AD
2014年09月29日(月) 06時38分35秒

今日は留守番だよ!

テーマ:記の巻。

2014年9月29日(月)友引/晴れ

母の早朝対策が急務です。

ぬくぬくの布団が気持ちいい季節ですから、その布団を如何にしてめくるか?

そこが思案のしどころでしょう。

「今朝はタイマーで暖房を入れておこうかな?」

そう思っていたのですが、昨夜、就寝前に部屋の温度計を見たら24℃。

意外に暖かだったので「タイマー作戦」は中止しました。

・・・・・

そして、今朝になりました。

いつもの時間に母の部屋に行くと、母の気持ちよさそうな寝息が聞こえます。

「やべぇ!起こさなきゃいけないなぁ?へたに起こすとキレるなぁ?」

とりあえず隣りの仏間で御線香を上げて、チ~ン♪チ~ン♪と手を合わせます。

経管投薬と栄養の準備を始めます。白湯が必要なのでお勝手にも行きます。

「まだ起きないなぁ?」

私の気配を察知させようと、母の外堀(仏間・お勝手)からアプローチしていたのですが、なかなか起きてくれません。

「仕方ない、本丸を攻めるか!」

母の傍らに行って、まずはゆぅ~っくりカーテンを開けて外光を入れました。

「まいったなぁ?起きねぇよ!じゃあ仕方ないな!」

母に声をかけました。

「お母さん、起きてよ、朝だよ、おはよう!ベッドが動くよ」

ベッドの高さとリクライニングを調整します。

「お母さん、おはよう!薬の時間だよ!」

目が覚めた母を刺激しないよう、気長に説き伏せること10分。

ようやく頷いてくれました。

・・・・・

父が起きて来ました。

「おっ?今朝は静かだなぁ?おはよう!」

と、挨拶のつもりなのか?ひょいと右手を上げながらトイレに直行しました。

例によって、いい気なものです(笑)。


(06時12分/良い天気です)

(朝の介護メニューを無事終えて)

(建物の隙間から朝陽が射します)


今朝はバトルにならなかったので、私としても「ほっ」としました。

穏やかな表情の母に話しかけました。

「今朝はスズメが来ないねぇ?」

「・・・・・」

「いい天気になりそうだねぇ?」

「・・・・・」

「眠い?」

「・・・・・」

「あったかくて気持ちいい?」

「・・・・・」

「今日はね、お父さんは病院に行くんだってさ」

「・・・・・」

「今日はね、お母さんと二人で留守番だよ!」

「そうなの?」

ようやく言葉が返って来ました。

しかも、的確な返事でした(笑)。


母は、(自分の)朝食の準備にせわしない父の動きを、目で追っていました。

AD
2014年09月28日(日) 19時28分29秒

もう、滅茶苦茶です。

テーマ:記の巻。

2014年9月28日(日)先勝/晴れ

またしても、クレンメ 絡みの話です。

遅いか?早いか?

いずれにしても、いつかは言わなければならないことです。

それを言ってしまったら、とんでもないことになる…それも承知しています。

でも、母のことを考えると、やっぱり有耶無耶には出来ませんでした。


(拾ってきた画像です)


父は、野球を観ながら焼酎を飲んでます。

しかも、ソフトバンクの雲行きが怪しいようで、さっきからテレビに向かって激を飛ばしています。こんな間の悪い時に自殺行為と思いましたが、私の時間は無尽蔵にはありません。勇気を出して切り出しました。


「お父さん、ちょっと聞いてくれる?」

「つぇっ!何だよ?」

「ここ10日間くらい、お母さんの介護について考えていたんだけど、胃瘻にかかっている時間が問題なんだよね」

「どこがよ?」←既にド怒りモードです。

「胃瘻は3時間で落とすのが理想なんだけど、人がやることだから30分くらいの誤差は仕方ないと思うんだ?」

「だから?」←目つきが完全に怒ってます。

「朝は誤差の30分を見越して、俺が06時00分までにセットしてるんだけど、そうすると09時00分から09時30分の間に終わってればいいわけだよね?」

「そうだよ!だけど、そこが難しいところなんだよ!」

「そんなに難しいかな?30分も誤差を見込んでるんだよ!何とかならない?」

「難しいな!」

「でも、そこを何とか3時間で切り上げないと、あとに控えてるヘルパーさんが仕事にならないからね」

「胃瘻が間に合わなきゃ待たせておけばいいだろっ!」←ケンカ腰です。

「それはダメだよ。ヘルパーさんだって次があるんだから」

「おまえは理屈っぽいよ!」←早くも十八番のセリフが飛び出しました。

「だからさ、話を広げないでさ、要は胃瘻を予定の時間で落とせるように注意してくれればいいだけの話だから」

「俺のせいか!?」←激怒!

「ちょっと待ってよ。じゃあ、誰の仕事なの?」

「おまえだっているだろ?」←私に責任を押し付けてます。

「介護を始める時に役割を決めたよね!お父さんと俺の二人しか居ないんだし」

「それがどうした?」←またまた十八番のセリフです。

「どうしたじゃないよ!朝の胃瘻の後始末は、お父さんの仕事だって決めたよね!そもそも俺は仕事をしてて家には居ないんだから、やりたくたって出来ないよ!」

「居る時は、お前がやればいいじゃないか?」←子どものような思考回路です。

「お父さんが出来てるんなら俺がやってもいいけど、出来ないのに俺がやったら、お父さんは何時まで経っても出来るようにならないよ!それじゃ困るんだよ」

「やろうと思えば、そんなことくらいどうってことねぇよ!」

「だって、いつも4時間以上かかってるじゃん。だから、今、頼んでんだよ」

「4時間だって、5時間だって、栄養が入ればそれでいいんだよ」←あたま変です。

「うん、そうだね、仕方ないね」←もう、相手をするのがバカバカしくなりました。
「細かいこと言ったって、無理なものは無理なんだよ!」

「無理ならしょうがないよね」←戦闘意欲が失せました(溜息)


■追記。

経験のない方にはイメージすら浮かばないと思いますが、胃瘻を決められた時間で落とすことなど、実際には何でもないことなのです。頻繁にチェックして、その都度クレンメを調節するだけのことなのです。それだけのことなのに、私の父にかかったら、これだけ大事(おおごと)になってしまうのです。笑ってください。

2014年09月28日(日) 06時20分14秒

早朝介護バトル。

テーマ:記の巻。

2014年9月28日(日)先勝/晴れ

朝方の冷え込みが増すにつれて、早朝の介護がいよいよ困難になってきました。

先週あたりから…、

「布団をめくられるのが嫌なんだろうな?」

と感じながらも、母をなだめなだめ何とかやってきました。

ただ、母が朝の介護を嫌がる理由は?

(母は話せないので)あくまでも私の想像でしかありませんでした。

そして、今朝、私の想像が的中していたことを知りました。


「お母さん、布団をとらないと薬を飲めないよ!」

「・・・・・」←目をそらして無視する母。

「お母さん、薬を飲まないと病気になっちゃうよ!」

「・・・・・」←絶対に私と目を合わせない母。

「お母さん、怒らないでよ!やらなきゃいけないことだから、布団、とるよ!」

「・・・・・」←庭の方を見て私を無視している母。

「お母さん、とるよ!」←そぉっと布団をめくりました。

「このバカ がっ!寒いだろっ!!」

母が突然キレました。

般若の如き形相で怒ってました(笑)。

私が驚いたのは、言葉がハッキリしていたことです。

・・・・・

強烈に抵抗されたので、身体介護(オムツ交換、清拭)は断念。

その後、何とか機嫌をとりながら、薬と栄養だけはやり遂げました。

えっ?父ですか?

全てが終わった後に、平然と隣りの部屋から起きて来ました。

「おっ、起きてるね!おはよう!」と言いながらトイレに…。

人の苦労も知らないで、いい気なものです。


(05時56分/何もなかったように…)

(今朝も良い天気です)

(もみじの緑がくすんできました)


さてさて、この先、朝の介護をどうしたものか?

仕事が雑な父には、怖すぎて投薬を任すことはできません。

私は出勤しなくちゃいけないので、開始時間を遅らせるわけにもいきません。

本当に困った問題が持ち上がりました。

頭が痛いです。

・・・・・

試しに明日は、タイマーで暖房を入れてみようかな?


■追記。

父に一言。

おいっ!寝坊は一向に構わないけど、クレンメ だけはしっかりやれよなっ!


■ブログ内の関連記事。

→(2014年9月21日http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11927972028.html

→(2014年9月22日http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11928447334.html

2014年09月27日(土) 21時15分05秒

お願いだからクレンメいじって!

テーマ:記の巻。

2014年9月27日(土)赤口/晴れ

18時00分にセッティングした経管栄養は、21時00分に落とし終るのが理想です。

人がやることですから、21時10分くらいまでの誤差は許容範囲としましょうか?

さきほど、風呂と夕飯と洗濯が終わって、時計を見たら20時ちょい。

「おっ、今から行けば、21時00分までに帰って来れそうだな?」

そのような目論見で、プリウスさんが経営しているコンビニに顔を出して来ました。

プリウスさん、よっぽど仕事が好きなんでしょうね?

朝から今まで、いや、23時まで働くらしい。経営者は辛いですね!

・・・・・

「あっ、そろそろ帰らなきゃ。21時から胃瘻の後始末をしなきゃいけないんだ」

「大変だねぇ?」

「うん、プリウスさんも大変だね?」

「これをやっとかないと帰れないんだよ!」

(内心)俺はムシケラで良かったぁ。

・・・・・

帰宅して、さっそく母の経管栄養の落ち具合を確かめに行きました。

時計は、21時13分でした。

「ぇえっ!まだこんなに残ってんの?」

「ちょっと遅いよな?」

「これじゃぁ、まだ30分以上かかるよ!」

「そんな感じだなぁ?」

「毎晩そうだけど、これ、21時00分に終わるように調節したいんだよね」

「見てるんだけどな?」

「・・・・・」

「さらさらの液体とは違うから、どうしても詰まっちゃうんだろうな?」

「・・・・・」


なんか変じゃないですか?

さっきから父は、焼酎を飲みながら、

「ちょっと遅いよな?」とか、

「そんな感じだなぁ?」とか、

「見てるんだけどな?」とか、

「詰まっちゃうんだろうな?」とか、

その見物人のような物の言い方?おかしくないですか?

私の頭が割れちゃいそうなほど、どうにもこうにも訳が分かりません。


(拾ってきた画像です)


決して言えない私の言い分。

クレンメを調節するのは、お父さんの役目でしょ?

見ているだけじゃ意味ないでしょ?

マメに調節するんだよ!

詰まるって分かってんだろ?だったらなおさら調節してくださいよ!

今朝の上がりだって10時00分(1時間オーバー)だったじゃないか!

もう、毎回々々こんなふうにされたんじゃ、あとの仕事ができないんだよ!

頼むから、しっかりやってよ!(怒)

2014年09月27日(土) 14時43分18秒

ちっともボケてないボケナス。

テーマ:記の巻。

2014年9月27日(土)赤口/晴れ

ボケナス君の正確さを、父に見習ってもらいたいほどです。

父が行うクレンメ(胃瘻の点滴速度を調節する器具)の管理は、たかだか3時間。

ボケに実る(?)ボケナス君のスパンは1年。

時間の正確さを競うなら、ボケナス君の完勝です。

って言うか?父は100%予選落ちですね(笑)。


(12時42分/おや?)
(ボケナス君です)


昨年同日の写真を見れば、ボケナス君の正確さは一目瞭然。

驚きに値します。

それに引き替え、父の時間管理のずさんさときたら…(大きな大きな溜息)。


■ブログ内の関連記事。

→(2013年9月27日)http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11624019945.html


(おまけ①)

(おまけ②)


おまけ②は、動線の足元にあって、出入りに邪魔で仕方ありません。

しかも、足が当たると非常に痛いのです。

こんな邪魔なもの、見栄えだって良くないし、どうして置いてあるのだろう?

理解に苦しみます(またまた溜息)。

2014年09月27日(土) 06時36分23秒

理屈と現実。

テーマ:記の巻。

2014年9月27日(土)赤口/晴れ

物事には理屈というものがあって、その理屈どおりにはならない現実があります。

母の介護がまさにそれで、その元凶は?もちろん父なわけですが、父は筋金入りの被害妄想野郎だし、瞬間沸騰湯沸かし器なので、取り扱いが非常に難しい(溜息)。


(06時06分/朝の介護が一段落)

(まだまだお世話になってます)

(良い天気になりそうです)


ところで、朝っぱらから、どうして愚痴っぽい話なのか?

実は、不思議で仕方ないのです。

私が仕事に出かける日は、(↓以下は、あくまでも基本形です)


  ①05時00分~06時00分(身体介護、経管投薬、経管栄養開始/ちゃぱ)

●06時00分~09時00分(経管栄養中/母)

  ②09時00分~09時30分(経管栄養終了に伴う後片付け/ 父)

  ●10時00分~10時30分(身体介護/ヘルパー)

  ③10時30分~11時30分(洗濯及び清掃/父)

  ●14時30分~15時00分(身体介護/ヘルパー)

  ④15時00分~15時30分(左足裏の手当/父)

⑤15時30分~16時30分(洗濯及び清掃/父)

  ⑥18時00分~19時00分(身体介護、経管投薬、経管栄養開始/ちゃぱ)

  ●19時00分~22時00分(経管栄養中/母)

  ⑦22時00分~22時30分(経管栄養終了に伴う後片付け/ ちゃぱ)

  ⑧22時30分~23時00分(就寝介助/ちゃぱ)


そこで、私の理屈です。

私の休みや出勤に係わらず、このタイムスケージュールは同じなので、

私が休みの日には、からまでの時間、私はフリーになれるはずです。

その時間帯だけは、「私の私による私のための時間」が得られると思っていました。

ところが現実は?


  ①05時00分~06時00分(身体介護、経管投薬、経管栄養開始/ちゃぱ)

●06時00分~09時00分(経管栄養中/母)
  ②09時00分~09時30分(経管栄養終了に伴う後片付け/ちゃぱ)

  ●10時00分~10時30分(身体介護/ヘルパー)
  ③10時30分~11時30分(洗濯及び清掃/ちゃぱ)

  ●14時30分~15時00分(身体介護/ヘルパー)
  ④15時00分~15時30分(左足裏の手当/ちゃぱ)

⑤15時30分~16時30分(洗濯及び清掃/ちゃぱ)

  ⑥18時00分~19時00分(身体介護、経管投薬、経管栄養開始/ちゃぱ)

  ●19時00分~22時00分(経管栄養中/母)

  ⑦22時00分~22時30分(経管栄養終了に伴う後片付け/ ちゃぱ)

  ⑧22時30分~23時00分(就寝介助/ちゃぱ)


えっ?

なんで?

どうして?

なんかおかしくない?

父は私の存在を当て込んで、庭をいじったり、テレビを見たり、真っ昼間っからビールを飲んだり、終日リラックスしているのでした(爆笑)。

それを横目に働いている私としては、不満タラタラなわけです。


でも、きっと、若頭さんなら言うんだろうなぁ?

「ちゃぱさん、お父さんを介護しないでいい分、まだ恵まれていると思わなきゃ!」

それはそうかも知れませんが、この現実、なんか悲し過ぎるよなぁ?(泣)

2014年09月26日(金) 21時19分25秒

種なし巨峰

テーマ:食の巻。

2014年9月26日(金)大安/晴れ

巨峰って、美味しいよねぇ。

巨峰を食べると、溜まりまくりのストレスが、すぅっと消えていくようです。

し・あ・わ・せ(笑)。


(長野県産の巨峰です)


そろそろピオーネちゃんも食べたいのですが、

どういうわけか?

①「種なし」と表記されてないものばかり
②巨峰ちゃんの倍のお値段

なのです。


「種なし」と書いてなくても「種なし」なのかな?

それとも、書いてなければ「種あり」だろうか?

謎は深まるばかりです。


デラウェアも、まだまだ売ってますね。

2014年09月26日(金) 06時51分52秒

注射器

テーマ:品の巻。

2014年9月26日(金)大安/晴れ

母の栄養は朝と夜の2回、胃瘻(いろう)を使って、胃の中に直接入れます。

栄養を入れる前に欠かせないのが投薬で、もちろん投薬も胃瘻からです。

薬は白湯(さゆ)に溶かしておいて注射器で入れます。



この注射器。

病院では使い捨てにしていましたが、

「もったいないので、自宅では繰り返し使っても大丈夫ですよ!」とのことでした。

お言葉に甘えて繰り返し使っていた注射器ですが、ここのところどうも滑りが悪い。

クッ、ククッ、ククッ と、やけに引っかかります。

そして今朝、ククッの摩擦抵抗が一気に解放された瞬間に、薬が噴き出しました。

あ~あ。

朝っぱらから何やってんの?(溜息)


考えてみれば、

いくら「繰り返し使える」と言ったって、注射器そのものは劣化しますよね?

さっそく新品の注射器に替えてみたら、スムーズなことスムーズなこと。

滑りが良すぎて嬉しくなってしまいました。

これを教訓にして、次からはククッの摩擦抵抗が強くなったら捨てることにします。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Amebaおすすめキーワード

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。