1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2013年06月30日(日) 21時50分39秒

トマトの収穫です。

テーマ:食の巻。

2013年6月30日(日)友引/晴れ

時の流れが速すぎます。

今日で、1年の半分が終わってしまいました。

頭に描いて来たことの、たった半分でさえも実現していません。

今日が終わってしまった…の繰り返しでなく、自らの意思で明日を迎えられる毎日。

何とかしないといけませんね。


■頑固オヤジ農園のトマト。

ちゃぱです。 (収穫の先取りです)


収穫前のトマトは、まだまだ鈴なりになっています。

私は、ほとんど興味がありません。

しかし、父にしてみれば、楽しくて仕方ないのでしょう(笑)。


■母の部屋の水槽。
ちゃぱです。 (現在の住人はコメットです)


とりあえず今日は、母の身の回りのこと以外に、水槽の水替えをしました。

日常のノルマとは違った何かを、一日ひとつずつでも消化したいと思っています。

それが、どうしてどうして、なかなか出来ないものなのです(苦笑)。

AD
2013年06月30日(日) 01時00分00秒

燕Tシャツ。

テーマ:品の巻。

2013年6月25日(火)先負/曇り

色は?

初めから↓この色に決めていました。


ちゃぱです。 (燕山荘のオリジナルTシャツ)


とても気に入ってます(笑)。


AD
2013年06月30日(日) 00時30分00秒

合戦尾根のギンリョウソウ。

テーマ:山の巻。

2013年6月25日(火)先負/曇り

合戦尾根の第二ベンチと第一ベンチの間に、ギンリョウソウが咲いていました。

もともとの情報は、燕山荘のブログ記事から得たものです。

その写真が、あまりに神秘的だったので、本物を見てみたいと思いました。

この手の探索にかけては、格さんの十八番です。

格さんに任せておけば、きっと見つけてくれるでしょう(笑)。


■合戦尾根の第二ベンチから下っています。

ちゃぱです。 (12時27分/発見!)

ちゃぱです。 (ニョロニョロみたいな奴らだ)

ちゃぱです。 (繭玉のような蕾も発見!)

ちゃぱです。 (12時45分/こちらはパラダイス)


格さん曰く、

ギンリョウソウは「目玉おやじ」だそうです。

花を下から覗いてみると、確かに大きな目玉が付いていました。

そのことに気付いてしまうと、神秘的に思えたギンリョウソウが、何やら不気味。

ギンリョウソウは、上から愛でるのが宜しいかと思います。

決して、下から覗き込まないでください。

大きな目玉に吸い込まれてしまいますよ(笑)。


■追記。

下から覗き込んだ目玉写真は、薄気味悪いので貼付しませんでした。

AD
2013年06月30日(日) 00時00分00秒

合戦尾根の森。

テーマ:山の巻。

2013年6月25日(火)先負/曇り

合戦尾根の樹木たちです。

合戦尾根は、「北アルプス三大急登」などと呼ばれていますが、コースの整備や休憩場所が万全なので、「厳しいコース」の実感がありません。むしろ、安心して歩くことができます(関係者の御苦労に感謝!)。


■合戦尾根を下る。

ちゃぱです。 (10時17分)

ちゃぱです。 (10時26分)

ちゃぱです。 (11時26分)

ちゃぱです。 (11時26分)

ちゃぱです。 (11時26分)

ちゃぱです。 (11時41分)

ちゃぱです。 (11時56分)

ちゃぱです。 (12時10分)

ちゃぱです。 (12時14分)

ちゃぱです。 (12時15分)

ちゃぱです。 (12時51分)

ちゃぱです。 (13時23分)


美しい森は、退屈な「下り」の、目と心を和ませくれます。

2013年06月29日(土) 23時55分55秒

燕岳の妖精たち。

テーマ:山の巻。

2013年6月25日(火)先負/曇り

プリスタ夫妻の初めての北アルプス。

この御題目(テーマ)が明確すぎたのと、終始、天気の動向に気を揉んでいたので、高山植物のことは…正直、頭になかったです(苦笑)。


ちゃぱです。 (08時19分)

ちゃぱです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。 (イルカ君の周辺は…)

ちゃぱです。 (コマクサの群生地です)

ちゃぱです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。 (思い思いに…)


燕岳の頂上を踏んで、大きな目的が達成されたあとは、景色を見たり、足元の妖精と戯れたり、雷鳥を探したり(残念ながら叶わず)、岩の上に仁王立ちしたり(笑)、

静かで緩やかな時間が流れていました。

2013年06月28日(金) 23時55分55秒

燕岳

テーマ:山の巻。

今朝(?)は、01時30分に有明荘をチェックアウトします。

いったんチャパⅡに乗って、登山者用駐車場まで移動して、そこからスタートです。

私は00時30分頃に起きて、いつもの如く念入りなストレッチを始めました。

睡眠中に固まった(ダレた?)腰を、ほぐしていくのは大変な作業です(苦笑)。

隣りの部屋のプリスタ夫妻も、どうやら起きてる様子で、生命反応(笑)を感じます。

前日は、宿で何もすることがなく、プリウスさんは、飲んだ、飲んだ。

アルコールが残らないかと心配でしたが、これくらい早起きできれば大丈夫!

・・・・・

ところが、

あとでプリウスさんから聞いた話ですが、アルコールは残っていたようです。

アルコールを抜くために、早起きして朝風呂に浸かっていたとか…。

だから、あんなに早起きだったのか?

呆れたものです。

山をなめたらいけませんよ!(厳重注意)

・・・・・

夜中に降っていた雨は、霧雨に変わりました。

カッパは着なくても、何とかなりそうです?

ヘッドランプを点けて、さぁ、出発しよう!


燕岳(つばくろだけ/2763m/長野県)…4回目

■2013年6月25日(火)曇り

■メンバー/格さん、プリウスさん、アシスタさん、ちゃぱ

■行程/中房温泉⇔(合戦小屋)⇔(燕山荘)⇔頂上

■標高差/1,369m

■歩距離/13.6㎞(万歩計測/22,756歩)

■時間/02時05分~13時30分(11時間25分)

■参考/以下のデータは、鉢伏山・高ボッチ山(6月24日)との合算です。

      走行距離(617.5㎞)

      高速道路(往路/調布IC→塩尻IC・塩尻IC→安曇野IC

             復路/安曇野IC→調布IC/合計\6,100)


ちゃぱです。 (02時01分/逸る気持ちを抑えて)

ちゃぱです。 (02時42分/第一ベンチ)

ちゃぱです。 (03時17分/第二ベンチ)

ちゃぱです。 (03時55分/第三ベンチ)

ちゃぱです。 (04時38分/富士見ベンチ)

ちゃぱです。 (04時43分/嬉しい御来光です)

ちゃぱです。 (大天井岳を眺めるアシスタさん)

ちゃぱです。 (あと少しです。頑張れ!)

ちゃぱです。 (05時17分/合戦小屋に到着)

ちゃぱです。 (妖しい雲の中に槍様の姿が…)

ちゃぱです。 (06時04分/ご覧のとおり/笑)

ちゃぱです。 (06時07分/一変!残雪歩きです)

ちゃぱです。 (大天井岳/頑張れ!太陽!)

ちゃぱです。 (目指す燕岳/頑張れ!太陽!)


06時40分頃。

行く手には、ハッキリと燕山荘が見えています。

妖しい雲の勢いは止まりませんが、雨の心配はなさそうです。

アシスタさんをビビらせた、残雪歩きからも解放されました。

燕山荘へは冬道を辿るので、小屋を時計回りに迂回してテラスに向かいます。

ここまで来れば、もう安心!

プリスタ夫妻の「初めての北アルプス」は、もはや成就されたも同じです。

「よく頑張ったね!もう大丈夫だから、ここから先は先頭を歩こう!」

ずっと守ってきた「ちゃぱ・アシスタ・プリウス・格」の隊列を崩しました。

そして、プリスタ夫妻が先頭を歩きます。

・・・・・

「おぉぉっ!」

距離を開けて最後尾を歩く私の耳に、プリウスさんの歓声が聞こえました。

プリスタ夫妻が、尾根に着いたようです(笑)。


ちゃぱです。 (06時56分/目に飛び込む裏銀座)

ちゃぱです。 (燕岳/燕山荘のテラスで)

ちゃぱです。 (裏銀座を背に/ちゃ・プ・ア・格)

ちゃぱです。 (07時15分/さぁ、次は頂上だ!)

ちゃぱです。 (07時54分/貸切の燕岳頂上)

ちゃぱです。 (槍は見えないね~)

ちゃぱです。 (意地悪な雲です)

ちゃぱです。 (08時09分/燕山荘に戻ります)

ちゃぱです。 (イルカと遊ぶ御三方です)

ちゃぱです。 (へばり付いて動かない雲野郎)

ちゃぱです。 (腹ごしらえを済ませて…)

ちゃぱです。 (裏銀座はご覧の有様に…)

ちゃぱです。 (燕岳は辛うじて…)

ちゃぱです。 (太陽君の頑張りもココまでか?)

ちゃぱです。 (09時37分/表銀座を横目に下山)

ちゃぱです。 (10時12分/残雪を抜けて「ほっ」)

ちゃぱです。 (10時44分/合戦小屋に到着)

ちゃぱです。 (お勉強しましょう/笑)

ちゃぱです。 (11時19分/富士見ベンチ)

ちゃぱです。 (11時46分/第三ベンチ)

ちゃぱです。 (12時21分/第二ベンチ)

ちゃぱです。 (12時53分/第一ベンチ)

ちゃぱです。 (第一ベンチの道祖神)

ちゃぱです。 (13時26分/無事に下山しました)

ちゃぱです。 (お疲れ様でした/笑)


いろんな山に登ってみたい!

どうせ登るなら百名山に登りたい!

山にハマってしばらくは、このような呪縛を自分自身で課していました。

もちろん、初めてならウキウキするし、百名山を潰せるならそれに越したことはない。


4回目の燕岳。

同じ山に登ることの楽しみが、ようやく分かってきたように思えます。

過去の記憶と現実とが入り混じり、脳が活性化して本当に楽しい…。

燕岳は、私を山の世界にハマり込ませた重罪人(笑)です。

燕岳の山容は独特で、まるで「お気に入りの絵画」を眺めているようです。

優しいけど甘くない、居心地いいけど侮れない、そんな微妙な距離感がたまらない。

登るたびに新たな感動を与えてくれます。

そして、もう、また登りたいのです。

ただ、5回目の時は、表銀座の道に吸い込まれたい…と思っています(笑)。


■追記。

プリスタ夫妻が、初めての北アルプス(燕岳)で、何を思い、何を得たのか?

それはそれぞれの胸の内にあることで、敢えて言うなら、私にはどうでもよいこと。

しかし、燕岳が二人にとっても、ターニングポイントになってしまったのではないか?

そのことが心配でもあります。中毒にならなければよいのですが…(笑)。

最後に、プリスタ夫妻に付き添って、自ら指導役をかってくれた格さんに感謝します。


■ブログ内の関連記事。

→(2005年6月24日)http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10521367628.html

→(2008年9月8日)http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10580700844.html

(2012年6月25日)http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11295574809.html

2013年06月27日(木) 23時55分55秒

有明荘

テーマ:山の巻。

2013年6月24日(月)友引/雨

いつもなら、麓の穂高有明にある「お食事処 かわせみ」に立ち寄るのですが、事前に連絡したところ、珍しく「連休中」とのことでした。

山入り前に、信州サーモン、馬刺し、天ぷら、名物のカツ丼(ソースカツ丼も玉子とじカツ丼も絶品)をたらふく食べて前祝い…という目論見は、完全にボツ!(泣①)

ならばと、私にとっては懐かしい「一休庵」で、「大ざる蕎麦」でもたぐろうと思いました。ところが間が悪いことに、こちらは「月曜定休」でボツ!(泣②)

3枚目のカードは持ち合わせていなかったので、コンビニでサッサッと買い出しを済ませて、今宵の宿となる「有明温泉 有明荘」に向かうことにしました。


ちゃぱです。 (結局、お昼もココで食べました)


有明荘の御好意で、早い時間から入館させていただきました。

有明荘の露天風呂も、内風呂の檜風呂も、最高なんです。

有明荘の少し先には、温泉好きにはたまらない、憧れの「中房温泉」があります。

でも私は、有明荘が好きなのです。

燕岳の登山口からは離れていますが、敢えてこちらに泊まりたいのです。


ちゃぱです。 (いびき防音装置/笑)


さぁ、明日は01時30分にチェックアウト。

みなさん、良い夢を見ましょう!

外は…雨です。


ちゃぱです。 (明けて、01時01分)

ちゃぱです。 (奇跡的な天気予報です)


外は…霧雨です。

最新の天気予報を見て驚きました。

絶望的と思われた天気が、どうしたことか? 行動時間帯だけ雨が止んでいます。

しかも、頂上に居るであろう時間には、「晴れマーク」まで付いていました(感激)。


プリスタ夫妻の「晴れ伝説」は、いよいよ本物です。

このドンデン返しには恐れ入りました。

いや、これこそ、まさに「曇天返し」ですね(笑)。


どうやら、カッパの出番はなさそうです。

ヤル気が漲ってきました。


■有明荘のHPは↓こちら。

http://www.enzanso.co.jp/ariake/

2013年06月26日(水) 23時55分55秒

高ボッチ山

テーマ:山の巻。

鉢伏山から高ボッチ山に移動しました。

本来ならば歩くべきでしょうが、今回は景色もないことだし、車でサッとワープ(笑)。


高ボッチ山(たかぼっちやま/1,665m/長野県)

■2013年6月24日(月)曇り

■メンバー/格さん、プリウスさん、アシスタさん、ちゃぱ

■行程/高ボッチ高原駐車場(1,646m)⇔頂上

■標高差/19m

■歩距離/未測定

■時間/08時55分~09時25分(30分)

■参考/以下のデータは、燕岳(6月25日)との合算です。

      走行距離(617.5㎞)

      高速道路(往路/調布IC→塩尻IC・塩尻IC→安曇野IC

             復路/安曇野IC→調布IC/合計\6,100)


ちゃぱです。 (08時57分/頂上を目指します)

ちゃぱです。 (景色は期待できません)

ちゃぱです。 (09時04分/頂上です)

ちゃぱです。 (仲の良いプリスタ夫妻)


ココは、山歩きと言うよりも、いわゆる散策コースです。

登山靴に履き替えるのが面倒だった私は、反則攻撃と知りながら「サンダル履き」で歩いてしまいました。そのようなことでは…いけませんね!(反省)


高ボッチ山の駐車場は広大で、綺麗なトイレや休憩施設もあります。

天気が良い時に、再訪したいと思いました。

その時こそ、大パノラマを堪能したいものです。

2013年06月25日(火) 23時55分55秒

鉢伏山

テーマ:山の巻。

チャパⅡ(愛車エブリイ)のナビは、本当に使えないヤツです(クラリオン製)。

とんでもないヤツと分かっていても、不慣れな土地では頼らざるを得ません。

そして、またしても…やられました。

どうしてこうも、細い道や裏道が好きなのでしょうか?

地図上は最短距離かも知れませんが、実走行の場においては、返って時間がかかるでしょ?…と言いたいのです。神経も消耗するし(苦笑)。

まっ、そんなことはどうでもいいや。とにかく到着しました。


鉢伏山(はちぶせやま/1,928m/長野県)

■2013年6月24日(月)曇り

■メンバー/格さん、プリウスさん、アシスタさん、ちゃぱ

■行程/鉢伏山荘(1,840m)⇔頂上⇔展望台

■標高差/88m

■歩距離/未測定

■時間/07時25分~08時35分(1時間10分)

■参考/以下のデータは、燕岳(6月25日)との合算です。

      走行距離(617.5㎞)

      高速道路(往路/調布IC→塩尻IC・塩尻IC→安曇野IC

             復路/安曇野IC→調布IC/合計\6,100)

      鉢伏山荘駐車場(\500)

      鉢伏山荘駐車場トイレ(\100)


ちゃぱです。 (07時25分/出発します)

ちゃぱです。 (07時28分/分岐を頂上方面へ)

ちゃぱです。 (なだらかな道をテクテク歩く)

ちゃぱです。 (レンゲツツジが見事でした)

ちゃぱです。 (07時47分/早くも頂上です)

ちゃぱです。 (残念!景色はありません)

ちゃぱです。 (展望台でイマジネーション)

ちゃぱです。 (08時23分/下山します)


北アルプスの展望台と言われる鉢伏山ですが、この天気では仕方ありません。

それでも、仲間と歩いていれば、それはそれで楽しいものです。


実は、頂上に向かう途中で、乗鞍岳から槍ヶ岳のパノラマを拝むことができました。

僅かな時間だったので、目で見るだけが精一杯。カメラに収めることはできませんでした。あれはきっと、山の神様からの御褒美だったのでしょう?

「こんな天気にせっかく来たのだから、ちょっとだけ見せてあげるよ!」ってね(笑)。

2013年06月24日(月) 01時40分03秒

02時10分 出発します!

テーマ:記の巻。

2013年6月24日(月)友引/曇り

天気は良くありません。

しかし、前後の状況からして、雨を回避できそうなだけでも、マシだと思います。

要するに、中止にならなかっただけ、マシだと言うことです。


オプション(食)の楽しみは、行く前から2件も消滅してしまいました。

それも仕方ありません。

山を歩けるだけでも、ヨシとしなければ…ネ。


チャパⅡはガソリン満タン、空気圧OK!

まずは、川崎のプリスタ夫妻を拾って、その後、横浜の格さんを拾います。

これも、単独行にはない楽しみです。


ワクワクしてきました(笑)。

1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。