1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2012年11月30日(金) 10時03分13秒

冬空です。

テーマ:お散歩です。

2012年11月30日(金)友引/曇り

非番ですが…、

習慣とは恐ろしいもので、ちゃんと5時半に目覚めてしまいます。

でも…もうちょっと、もうちょっとと、8時までウトウトしていました。

温々で気持ちよかったぁ(笑)。

布団の中で頭が冴えてくると、ふと、多摩川を見たくなりました。

曇り空なので、富士山や丹沢の景色は望めませんが、久し振りの「お散歩」です。

何故か嬉しい。


ちゃぱです。 (08時40分/多摩川大橋へ)

ちゃぱです。 (こんな曇り空です)

ちゃぱです。 (富士山も丹沢を見えません)

ちゃぱです。 (寒そうな景色)

ちゃぱです。 (灰色の水面)

ちゃぱです。 (暖かさの欠片も感じられない)

ちゃぱです。 (もっと頑張れ!太陽!!)

ちゃぱです。 (紅葉も何処か寂しい)

ちゃぱです。 (枯れてきた芝)

ちゃぱです。 (冬空です)


久し振りの多摩川は、静寂な雰囲気に包まれていました。

夏のような躍動感など微塵も感じられません。


明日から12月です。

速いなぁ(溜息)。

ここから先は、フル加速で駆け抜けてしまいますね。

いよいよ今年も終わりだ。


■おまけ。
ちゃぱです。 (クライマーのホームレスか?)

ちゃぱです。 (毎年恒例の無駄遣い)

ちゃぱです。 (通りすがりの柿の木)

ちゃぱです。 (そういうことです!)

ちゃぱです。 (街路樹/国道1号線)


■ブログ内の関連記事/炎天下の多摩川(2012年8月17日)。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11330760509.html

AD
同じテーマ 「お散歩です。」 の記事
2012年11月29日(木) 23時55分55秒

一応、紅葉と東京タワーです。

テーマ:港区の風景。

2012年11月29日(木)先勝/晴れ

情けないくらい、こ汚い画像です(苦笑)。


ちゃぱです。 (11時29分/港区某所にて)


偶然にも、11月29日11時29分の撮影でした。

それがどうした?(笑)

AD
2012年11月28日(水) 09時24分11秒

元気バッチリⅡ

テーマ:食の巻。

2012年11月28日(水)赤口/雨

今日は、大嫌いな夜勤です。

しかも…雨。


■元気バッチリⅡ(正式名称/内服液クロンミンバーモント-Ⅱ)

ちゃぱです。 (なんか、それっぽいデザインだな)

ちゃぱです。 (タウリンは入っていません)


先日、プリウスさんから貰ったコイツ(↑)を飲んで、頑張るしかありませんね。

コイツは、自衛隊の中でしか買えない品物だそうです。

ありがたや~(笑)。

AD
2012年11月27日(火) 00時02分18秒

三俣山荘

テーマ:山の巻。

【この記事は、2012年10月の山行記録です】


双六小屋の広場で小休止した私は、あきらめかけた気持ちを振り払い、三俣山荘に向けて双六岳の急斜面を登り始めました。

足が怠い…久し振りに実感しました。

息が上がる…ペースがつかめません。

これはいったい?どうしたことか?

腑に落ちぬまま、少し登っては立ち止まり、また登っては立ち止まります。

こんなことで、「双六岳→丸山→三俣蓮華岳」を踏破できるだろうか?

あれほど良かった天気も、少しずつ陰り始めてきました。


三俣山荘(みつまたさんそう/2550m/富山県)

■2012年10月3日(水)晴れ

■単独

■行程/新穂高温泉→(わさび平小屋)→小池新道→鏡池(鏡平山荘)

      →弓折岳分岐→(双六小屋)→巻道分岐→三俣峠(2750m±)

      →(三俣山荘/泊)

■標高差/新穂高温泉→三俣峠(1700m)

■歩距離/20.3㎞(万歩計測)

■時間/03時40分~13時45分(10時間05分)

※上記データは、鏡池(鏡平)、双六小屋と共通です。

※部分行程③/双六小屋→(巻道ルート)→三俣山荘(所要時間/2時間30分)

■参考/走行距離(603.2㎞)

      高速道路(調布⇔松本/\4,250)

      安房トンネル(往復/\700)

※上記参考データは、10月3日~5日の山行全てに共通です。


ちゃぱです。 (思いがけない急登に意気消沈)

ちゃぱです。 (11時22分/天気も怪しい)

ちゃぱです。 (11時33分/双六岳は霧の中)


巻道ルートの分岐点。

ここで急遽、「ひとり作戦会議」を開きました。

即ち、ここが「運命の分かれ道」なのです。

決断を導く要素は、さまざまに絡み合っています。


①疲れている(自覚症状)。

②双六岳に登っても景色は望めない(天候不良)。

③三俣山荘の予想到着時間(余裕はない)。

④三俣山荘へ向かう道は3つ(稜線ルート or 中道ルート or 巻道ルート)。

⑤双六岳、丸山、三俣蓮華岳は、復路でも登頂できる(チャンスは2回)。

⑥戦闘意欲の有無(意気消沈)。


結局、山の鉄則どおり、無理をしないことに決めました。

往路での三座登頂を断念した時、自分の中で一瞬「ほっ」としました。

そして、安堵と引き換えに、今日という日が「一座も登頂できない一日」になったのでした。…まぁ、仕方ないです(苦笑)。


ちゃぱです。 (11時42分/巻道をテクテク歩く)

ちゃぱです。 (突然、燃え出しました)

ちゃぱです。

ちゃぱです。

ちゃぱです。 (11時52分/丸山?)

ちゃぱです。 (ファイヤー!笑)

ちゃぱです。

ちゃぱです。 (11時58分/樅沢の谷)

ちゃぱです。 (紅葉真っ盛りです)

ちゃぱです。

ちゃぱです。 (綺麗でしょ?)

ちゃぱです。 (足下のこの実?なんの実?)

ちゃぱです。 (12時31分/硫黄岳?)

ちゃぱです。 (12時43分/もう嫌だ!休憩!)


紅葉に感激しながらも、足の疲れは蓄積する一方です。

「これのどこが巻道なの?」

けっこうな登り下りに苦戦していました。

歪な形の三俣蓮華岳を正面に見据えて、「まだこんなに登るの?」とガックリ。

目に留まった平らな大石に腰掛け、思わず足を投げ出してしまいました(笑)。


ちゃぱです。 (13時09分/やっと三俣峠です)

ちゃぱです。 (三俣蓮華岳を振り返る)

ちゃぱです。 (祖父岳~ワリモ岳~鷲羽岳)

ちゃぱです。 (13時30分/ゴールが見えたぞ!)

ちゃぱです。 (水晶岳が顔を出しました)

ちゃぱです。 (黒部源流域と水晶岳をズーム!)

ちゃぱです。 (堂々たる鷲羽岳/左奧はワリモ岳)

ちゃぱです。 (13時43分/三俣山荘と鷲羽岳)


無事に辿り着きました。

「疲れたぁ~」の一言です。

万歩計のカウントは、20.3㎞。

敗北感の強い一日になりましたが、「終わってみれば…すべて良し」です。


双六小屋から、ずっと霧に隠れていた鷲羽岳が、今はクッキリと見えています。

堂々とした山だなぁ。さすが日本百名山の一座です。

振り返ると、ゴツゴツとした三俣蓮華岳も、なかなかの存在感があります。

お目当ての槍穂は?…残念なことに霧で見えません。


「さてと、小屋に入って『黒部の山賊』でも読もうかな?」

時間は、たっぷりあります。


…つづく。

2012年11月26日(月) 09時48分00秒

双六小屋

テーマ:山の巻。

【この記事は、2012年10月の山行記録です】


■ブログ内の関連記事/鏡池(鏡平)

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11386626218.html

からの続きです。


「北アルプスで最も美しい景観」と称される鏡池からの槍穂の眺め。

その鏡池と槍穂を背にして、尾根(弓折岳分岐/弓折乗越)に取り付きました。

素晴らしい青空。素晴らしい紅葉(黄葉)。そして、小池新道はあくまでも快適です。

ただ、前夜の睡眠不足が祟っているのか?

ハイテンションの頭とは裏腹に、身体は(足は)少しずつ重たくなってきました。


双六小屋(すごろくごや/2600m/岐阜県)

■2012年10月3日(水)晴れ

■単独

■行程/新穂高温泉→(わさび平小屋)→小池新道→鏡池(鏡平山荘)

      →弓折岳分岐→(双六小屋)→巻道分岐→三俣峠(2750m±)

      →(三俣山荘/泊)

■標高差/新穂高温泉→三俣峠(1700m)

■歩距離/20.3㎞(万歩計測)

■時間/03時40分~13時45分(10時間05分)

※上記データは、鏡池(鏡平)、三俣山荘と共通です。

※部分行程②/鏡池(鏡平)→双六小屋(所要時間/2時間10分)

■参考/走行距離(603.2㎞)

      高速道路(調布⇔松本/\4,250)

      安房トンネル(往復/\700)

※上記参考データは、10月3日~5日の山行全てに共通です。


ちゃぱです。 (この景色だもんなぁ…溜息)

ちゃぱです。 (青空も黄葉も眩しいくらいです)

ちゃぱです。 (09時10分/歩きやすい小池新道)

ちゃぱです。 (信州側から雲が流れ込みます)

ちゃぱです。 (大キレットから溢れ出す雲)

ちゃぱです。 (ぐんぐんと高度が上がります)

ちゃぱです。 (09時27分/弓折中段)

ちゃぱです。 (足下の妖精)

ちゃぱです。 (緩い坂道を登っていきます)

ちゃぱです。 (眼下の鏡池と雲に覆われる槍穂)

ちゃぱです。 (押し寄せる分厚い雲の塊)

ちゃぱです。 (09時54分/弓折岳分岐)

ちゃぱです。 (ついに槍も隠れてしまった)

ちゃぱです。 (眼下の弓折乗越と弓折岳)

ちゃぱです。 (左前方に優しい山容の双六岳)

ちゃぱです。 (あれ?次々と抜かれてしまう…)

ちゃぱです。 (10時13分/足が重くて振り返る)

ちゃぱです。 (見守ってくれるような双六岳)

ちゃぱです。 (10時19分/突然、砂礫の広場)

ちゃぱです。 (快適な道なのに…足は重たい)

ちゃぱです。 (10時28分/樅沢岳へ続く尾根)

ちゃぱです。 (背中には笠ヶ岳へと連なる尾根)

ちゃぱです。 (10時32分/双六小屋が見えた!)

ちゃぱです。 (双六岳も近付いています)

ちゃぱです。 (独特な深緑色が何とも美しい)

ちゃぱです。 (足下の妖精たち)

ちゃぱです。 (いんだよなぁ…この雰囲気)

ちゃぱです。 (足下の妖精)

ちゃぱです。 (ここまで来れば着いたも同じ)

ちゃぱです。 (11時13分/双六小屋に到着)


ようやく双六小屋に着きました。

小屋に着くと「ほっ」とします。安心が保証されている場所だからでしょうか?

まだ、今日一日の行程が終わったわけではないのに、不覚にも緊張の糸が緩んでしまいました。

「ここで終了しようかな?」

「いや、三俣山荘まで頑張らないと、明日からの行程が全て狂ってしまうぞ!」

「うわぁ~、これを登るの?」

小屋の先には、思いもしなかった急登が待ち構えていました(泣)。

「無理をすると、とんでもないことが起きるかも知れないぞ?」

「でも、ここで止めるわけにはいかない!」

弱気な自分と、そうでない自分とが、押し問答していました。

「行くなら、大休憩なしだ!腰を降ろしたら最後、きっと心が折れてしまう…」

まだ決断してもいないのに、立ったままパンを囓っている私がいました。

…ということは、

「行くんだな?」

「それでいいんだな?」

「行く!まだ歩ける!頑張る!」

力づけに、小屋の蛇口から水を頂きました。美味いっ!


…つづく。

2012年11月25日(日) 20時54分16秒

仕事なんかしてる場合じゃない!

テーマ:記の巻。

2012年11月25日(日)先負/晴れ

日曜日に相応しい気持ちの良い「お天気」でした。

あ~あ、なんでこんな日に限って仕事なんだろう?

呪いたくなります(笑)。


ちゃぱです。 (11時36分/雲ひとつない青空)


ちくしょう!今頃、山を歩いてるヤツがいるんだろうな?

どうせ私は仕事。

仕事ですよ。

しごとぉ~。


明日は「休み」ですが、天気は崩れるらしい。

はい、はい、こんなもんです。


2012年11月24日(土) 23時25分03秒

洗濯が大変だって?

テーマ:記の巻。

2012年11月24日(土)友引/曇り

今日は残業に縛られて、帰宅時間が遅くなりました。

とっくに夕食を済ませた母は、横になってテレビを見ていました。…と言うのは見せかけで、実は恐らく、ぼ~っとしていました(笑)。

一方、夕食の世話が済んだ父は、茶の間でテレビを見ながら酒を飲んでいました。


母は、私の顔を見るなりテレパシーを送ってきました(決して口には出しません)。

私の方は、テレパシーを受け取る前から鼻で察知していました。

父は、知ってか知らずか、テレビに夢中になって酒を飲んでいます。


そして私は、いつもより1時間遅れで、母の世話を開始しました。

私は、母の身の周りの物(衣類やタオルなど)が、少しでも汚れていたり、少しでも濡れていると、即座に交換してしまう主義です。それは、母に少しでも気持ちよく、清潔な環境で過ごしてもらいたいからです。

ところが、酒飲みの考えは違います。今夜も横から文句を言われました。

まぁ、だいたいの見当はつきます。…ゆっくりテレビを見ていたいのに、そばでガタガタやってるのが気に入らないのでしょう?


「お前は何でも替えすぎじゃないか?」

「濡れてるから替えるんだよ」

「ちょっとくらいいんだよ!」

「よくないよ。濡れてるところは冷たいんだよ」

「ちぇ、神経質なヤツだな!」

「お母さんのためにやってることだから」

「お母さんのため、お母さんのためって言うけど、洗濯だって大変なんだぞ!」


(私)ピキッ!…それでも感情を抑えて、ただただ母の世話を続けていました。

(私の胸中)何言ってんの?酔っぱらってんのか?洗濯をしてるのは洗濯機だろ?

しかも、1日の洗濯の半分は俺がやってんだよ!

人のやることに一々文句をつけなくていいから、黙って酒でも飲んでろ!!


ちゃぱです。 (再び登場の洗濯機君)


ねっ、洗濯してるのは君だもんね~(笑)。

いつも、ありがとう!


■ブログ内の関連記事/洗濯機…様々です。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11410204238.html

2012年11月23日(金) 00時00分00秒

リラックママグ…その後。

テーマ:食の巻。

2012年11月22日(木)赤口/曇り

幹事長さんが…ポツリと言いました。

「あと7枚あれば、もう一個いけるんですが、さすがにシールはありませんね」

シールの貼付期間は11月19日まで。

つまり、19日に入荷した商品の売れ残りがあれば、シールをGet!できるのです。

職場付近のローソンは3店舗。

どの店も回転が宜しいようで、売れ残りが見つかりません。

こうなると、私は意地になる性格です(笑)。

あと7枚!あと7枚!あと7枚!………


おっとぉ~!ありましたぁ~!

帰宅途中のローソンに、お宝(シール)がたくさん眠っていました。

「あるところにはあるもんだな?」

かなり悩みましたが、日頃、何かとお世話になっている幹事長さんのためです。

「え~い!何でもいいから7個買ってしまえ!」


ちゃぱです。 (シールの付いたUchi Cafe'たち)


・ふんわりワッフル カスタード&ホイップ(上段左)

・ぎゅっとクリームチーズ(上段中)

・ぎゅっとショコラ アーモンド入り×2(上段右)

・生どら焼き つぶあん×2(下段左)

・純生クリーム大福 つぶあん(下段右)


こんなことでは、せっかくのダイエットが元の木阿弥ですね(苦笑)。


■追記。

シールが貼ってある商品を見つけた瞬間、気持ちが高ぶりました(笑)。

そして、新しい商品を除けて、わざわざ古い商品をかごに入れました。

普段と真逆の行動です。

店を出て、ふと思いました。

「このローソン、大丈夫か?」

こんなにも、売れてないわけで…。

2012年11月22日(木) 20時35分52秒

リラックママグ。

テーマ:品の巻。

2012年11月22日(木)赤口/曇り

今回は、4シート(4個分)貯まりました。

期間中(9月4日~11月19日)にシール120枚ですか…。

我ながら、よく貯めたもの(食べたもの)だと思います。

こんな調子じゃ、ダイエット効果もリバウンド必至ですね(苦笑)。


ちゃぱです。 (お見事!4シートです)

ちゃぱです。 (リラックママグ4個Get!)
ちゃぱです。 (サイズもデザインも気に入りました)

ちゃぱです。 (マグ底にはリラックマの鼻と口が)


このマグで飲めば、誰もがリラックマになれる!

確かに私の顔も、リラックマになっていました(笑)。

ナイスなアイディアだと思います。

2012年11月21日(水) 23時55分55秒

日本をなめるなっ!

テーマ:評の巻。

2012年11月21日(水)大安/晴れ


ちゃぱです。 (写真はイメージです)


早朝の静かな通勤電車。

私の右隣には、音を出して直に見ている(聞いている)バカ女が座っていました。

ヘッドフォンの音漏れもイラつきますが、このバカ女は大胆不敵なことに…直です。

「まぁ、この程度の音なら我慢してやるか!面倒だし…」

見ているうち(聞いているうち)、己の世界に入り込んでしまったのか?このバカ女。

他人の迷惑を余所に、どんどん音量が上がっていきます。

いくら温厚な私と言えども(←大嘘?笑)そろそろ限界が近付いてきました。


相手は女性なので、いきなり怒鳴るわけにもいきません。

(私)「あのぉ、スミマセンけど、ヘッドフォンで聞いてもらえませんか?」

キョトンとしたバカ女の目は、無言ながら「なんなの?オッサン?」と挑戦的でした。

(私)ピキッ!「おいっ!何か文句あんのか?」

(女)「べつに…」

(私)「べつにじゃねんだよ!音を出すなって言ってんだよ!」

(女)「今止めます」

(私)「おいっ、まだ音が出てんだよ!?」

(女)ツェッ!「今止めます。これでも文句ありますか?」


迷惑をかけている方から「文句ありますか?」というセリフが飛び出してくるのも変ですが、それ以前に、「これでもぉ、もんくぅ、ありますかぁ」というイントネーションがおかしい…。


(私)「お前、○○人か?」

(女)「…」

(私)「ふざけんじゃねぇぞっ!」

(女)「…」

結局、最後まで謝ることができないバカ女は、私に聞こえるように「ツェッ!」と吐き捨てて立ち去りました。


なるほど?

これが噂に聞く、成り上がり富裕層の「甘やかされて育った若者」ってやつだな?

朝っぱらから、見たくもない不愉快なものを見てしまいました。

○国○人っ子政策の、生きた「負の遺産」ですね(溜息)。

1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Amebaおすすめキーワード

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。