1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2012年05月31日(木) 00時00分00秒

岩魚の渓…2010年/春⑤

テーマ:渓の巻。

【この記事は、2010年春の釣行記録です】


岩魚の遠征釣行。

昨日、「岩魚の渓」とは言い難い川で、幹事長さんは念願の尺岩魚をGet!

晴れて「岩魚道・初段」に昇進し、満面の笑みで一足先に帰京しました。

一人になった私は、10年くらい御無沙汰の、懐かしすぎる渓に入ることにしました。

ここは、その昔、43㎝の大岩魚を釣り上げた思い出の渓です。

ところが、大規模な採石場ができてしまったため、それ以来、一般車両は通行止め。

仮りに入れたとしても、重機が山を崩し、ダンプカーが行き交うような渓流で、思うような釣果を得られるわけがありません。

悪夢のような採石工事が終了して、そろそろ3年になります。

「もういいだろう? よしっ!例しに行ってみるか!」という心境でした。


■岩魚の渓…2010年/春⑤

ちゃぱです。 (採石場跡から、さらに上流へ)

ちゃぱです。 (その昔、釣り堀状態だったプール)

ちゃぱです。 (大堰堤は右岸を巻きます)

ちゃぱです。 (堰堤の上から下を覗く)

ちゃぱです。 (今回は左岸の沢へ)

ちゃぱです。 (ここから竿を出します)

ちゃぱです。 (さっそく綺麗な岩魚が釣れました)

ちゃぱです。 (惚れ惚れする渓相です)

ちゃぱです。 (次々に美魚が…)

ちゃぱです。 (プチゴルジュを慎重に抜けて)

ちゃぱです。 (倒木をくぐったり跨いだり)

ちゃぱです。 (高巻きはヤブを掻き分け)

ちゃぱです。 (核心部を目指します)

ちゃぱです。 (透きとおるような岩魚)

ちゃぱです。 (行く手を阻む倒木)


尺岩魚には逢えませんでした。

しかし、美しい天然岩魚が健在だったことに、釣果以上の喜びを感じました。

立ち止まっては振り返り、流れを覗き込み、渓を歩いているだけで…楽しい。

10年振りの渓で、岩魚を愛おしく思う自分を再認識しました。


ちゃぱです。 (本流の河原は陽当たり良好)

ちゃぱです。 (誰も採ることのないフキノトウ)

AD
同じテーマ 「渓の巻。」 の記事
2012年05月30日(水) 22時11分04秒

「ガツン、と みかん」の季節。

テーマ:食の巻。

2012年5月30日(水)先勝/曇り


■ガツン、と みかん/赤城乳業㈱

ちゃぱです。


このアイスがコンビニに並ぶと、「いよいよ夏だな!」と思います。

どういうワケか、寒い時期に見かけないからです。

それと…、姉妹品の「ガツン、とパイン」は、どこで売ってるのでしょうか?謎です。


■ブログ内の関連記事。→

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-10937412814.html

AD
2012年05月30日(水) 10時41分44秒

テーマ:鑑の巻。

2012年5月30日(水)先勝/曇り

大好きな「岳」の映画化。そのDVDです。

あれっ?

ブログアップしたと思っていたのに…していませんでした。

それでは遅ればせながら…。


■岳/2011年5月7日公開

ちゃぱです。

ちゃぱです。


標高3,190m 気温-25℃

命は、命でしか救えない。

生きる。

このキャッチコピー。

私が思うに「岳」のカラーとは微妙に異なります。

主演の小栗旬さんも、島崎三歩のキャラとは違うような?

期待ばかり膨らんでしまった映画化ですが、多くを望むことは所詮無理な話です。

原作(マンガ)にも、ノベライズ本にも、負けてしまったかな?


■追記/予約購入の罠。

DVDは発売前に予約購入しました。

発売日になると、何故か別封で2枚送られてきました。

楽天さんの発送ミスだと決めつけて、一瞬、「ラッキー!」と思いました。

あとで、念のために注文履歴を調べてみたら…、

何のことはない。別の日付で2回も注文していました。

予約したことを忘れて、後日もう一度注文してしまったようです。

このバカ!何やってんだか?(苦笑)

AD
2012年05月29日(火) 18時28分35秒

聖職の碑(いしぶみ)

テーマ:書の巻。
2012年5月29日(火)赤口/曇り

夏に備えてアレコレと山の妄想をしていたら、「聖職の碑」の記憶が蘇ってきました。

木曽駒ヶ岳かぁ…、今年こそ登ってみたいなぁ…。


■聖職の碑/新田次郎/講談社文庫

ちゃぱです。 (新装版)

ちゃぱです。 (私の蔵書は、こちらの旧版です)


…なぜ、「遭難慰霊碑」ではなく、「遭難記念碑」なのだろうか?

そんな、ふとした疑問がプロローグとなって、緻密な取材に基づいた物語(実話)が展開していきます。

「聖職の碑」に感動した私は、「木曽駒ヶ岳に登るなら、同じコースを歩いてみたい」と思うようになりました。ロープウェイで雲上の世界を堪能できる木曽駒ヶ岳ですが、敢えて自らの足で登ってみたいのです。感傷に浸りながら…。

2012年05月29日(火) 15時27分56秒

アメブロランキング…その28。

テーマ:ランキング。

2012年5月29日(火)赤口/曇り

爽やかな春が懐かしく思えてくるこの頃です。

もうすぐ6月。

いや~な梅雨が来て、その先に待っているのは「節電の猛暑」です。

そろそろ、気を引き締めてかからないと…。


[2012年5月28日付ランキング]


[総合ランキング]

デイリー : 37277位 up↑

月間 : 150134位 up↑


[ジャンルランキング]

アウトドア : 258位 up↑

釣り : 572位 up↑


「ちゃぱです。」は、私の、私による、私のためのブログなので(元来、ブログとはそういうものですよね)、基本的にランキングなどはどうでもよいのです。

でも、ランキングが上がったのを見て、「ちぇっ、上がりやがった!」と、不快に思う人はいないと思います。やはり…、嬉しいのです(笑)。

訪問してくださった皆様、ありがとうございました。

2012年05月29日(火) 04時00分25秒

岩魚の渓…2010年/春④

テーマ:渓の巻。

【この記事は、2010年春の釣行記録です】


岩魚の遠征釣行。

幹事長さんの滞在リミットが迫ってきました。

私にそそのかさせれて(笑)、こんなところまで来て、不発に終わってしまうのか?

幹事長は、大漁に満足している様子ですが、案内役の私は納得がいきません。

何とかしないと…。


■岩魚の渓…2010年/春④

ちゃぱです。 (実績のある小さな沢)

ちゃぱです。 (釣り上がる幹事長)

ちゃぱです。 (凍ってます)


この沢にも、主は居ませんでした。

優良ポイントの引き出しは、まだまだありますが、時間がありません。

これが、最後の移動になりそうです。

頭に浮かんだ渓(ポイント)の中から、とんでもない川を選ぶことにしました。

その川には、岩魚釣りの趣など微塵もありません。

しかし、大物実績は折り紙付き。入渓も楽勝。要するに、勝負が早いのです。

「ビックリするような川だけど、最後の賭けで行ってみましょう!」


ちゃぱです。 (渓と言うより、そこらの汚い川です)

ちゃぱです。 (15時50分/釣り開始)

ちゃぱです。 (16時20分/昇段審査合格/納竿)


幹事長さん、お見事ぉ~!!!!!

最後の最後で念願の尺岩魚(34㎝)を釣り上げました。

精悍な面構えの素晴らしい個体です。羨ましい個体です。来た甲斐がありましたね。

私も…こんなに嬉しいことはありません。本当におめでとうございます!

幹事長の感激した表情が、口元から想像できると思います(笑)。


■追記。

幹事長の尺岩魚は、「証拠の品」として、奥方様に献上しなければなりません。

そんなこともあって、「お持ち帰り」することにしました。

捌いた後に写真を撮ったので、主役のお腹が妙にへこんでいます(笑)。

本来、私のスタイルは、ビクなど持たない完全リリースです。

幹事長さん、またの折りにはリリースしてくださいね。(ちゃぱ)

2012年05月28日(月) 16時42分41秒

ゲリラ?にわか雨?

テーマ:記の巻。

2012年5月28日(月)大安/曇り

外が急に暗くなったと思ったら、風が湿っぽくなりました。

これは、来そうだな!?


ちゃぱです。 (15時35分)

ちゃぱです。 (突然、大粒の雨が)

ちゃぱです。 (15分くらいで止みました)


俄雨(にわかあめ)と言えば日本的に聞こえますが、こいつはゲリラでしょ?

おかしな天気です。やはり、日本の気候全般が変わってきましたね。

地球温暖化も、原発も、とっとと何とかしないと、取り返しがつかなくなります。

あれ?話が大きくなってしまいました。


庭の水やりの手間が省けました。

えっ?今度は小さすぎる?(笑)

2012年05月28日(月) 15時08分45秒

岩魚の渓…2010年/春③

テーマ:渓の巻。

【この記事は、2010年春の釣行記録です】


岩魚の遠征釣行。

幹事長さんの尺上成就の道は、なかなか厳しい状況です。

本命の沢が不発に終わったので、本流の堰堤をピンポイントで狙うことにしました。

目的の堰堤は、林道終点のその先にあります。

春先の荒れた林道は、冬の間に斜面が崩れていたり、大きな岩や倒木が道を塞いでいたりで、例え4WDであっても、思うように乗り入れることはできません。

ふかふかの雪道を、テクテクと踏んでいきます。

外気は冷たくても、身体は熱いくらいです。


■岩魚の渓…2010年/春③

ちゃぱです。 (林道終点の広場)

ちゃぱです。 (堰堤上流域にも岩魚は居ます)

ちゃぱです。 (プールの深みを探る幹事長)

ちゃぱです。 (プールの主は居ないようです)


どうも…、期待どおりの釣果が得られません。

思いきって、渓そのものを変えることにしました。

いったん車に戻って大移動します。


ちゃぱです。 (気持ちの良い青空)

ちゃぱです。 (ここも堰堤下をピンポイントで)

ちゃぱです。 (良い型ですが尺はありません)

ちゃぱです。 (ここの主も不在でした)


相変わらず私は、道具も持たず、案内役に徹しています(けっこう楽しい/笑)。

言い過ぎでなく、この辺の渓の良否は、すべて私の頭にインプットされていて、尺岩魚が捕れたポイントの数々も、ぜ~んぶ具体的に記憶しています。

その「引き出し」のひとつひとつを辿っていくことが、幹事長昇段の近道なのです。

幹事長は、私よりも一足先に帰京しなければなりません。

幹事長に残された時間は、既に3時間を切りました。

「幹事長!移動しましょう!!」

2012年05月27日(日) 22時50分52秒

白い巨塔

テーマ:鑑の巻。

2012年5月27日(日)仏滅/晴れ

白い巨塔(原作/山崎豊子)。

(フジテレビ/1978年6月3日~1979年1月6日/全31回)。

もちろん、主演(財前五郎)は田宮二郎さんです。

録画した概ね24時間に及ぶビデオテープを、3日かけて見直しました。


ちゃぱです。 (貧乏人の3倍モードです/笑)


■ドラマの場面(出演者/敬称略)

ちゃぱです。 (田宮二郎)

ちゃぱです。 (上村香子/島田陽子)
ちゃぱです。 (中央・清水章吾/右・小鹿番)

ちゃぱです。 (山本学/太地喜和子/島田陽子)


名だたる俳優さんたちに紛れて、4枚の全てに私も出演しています。

どいつだ?(爆笑)


ちゃぱです。 (右・小鹿番)

ちゃぱです。 (左・河原崎長一郎)


写真(上)には、友人の弁天さんが、

写真(下)には、友人の菩薩さんが紛れています。


田宮二郎さんの迫真の演技。

脇を固める名だたる大物俳優さんたち。

太地喜和子さん、曽我廼家明蝶さん、金子信雄さん、小沢栄太郎さん、渡辺文雄さん、河原崎長一郎さん、などなど。名前をあげたらきりがありません。

どなたを見ても、「当時の俳優さんたちは凄かったなぁ…」と、つくづく思い知らされます。今時のドラマ(タレント上がり、お笑い上がり、アイドル上がり)とは、まったく比べものになりません。比較すること自体が失礼なほどです。


■追記。

全ての撮影が終了した後、1978年12月28日に田宮二郎さんは自殺。

スタジオで行われた打ち上げパーティーの末席から、田宮二郎さんの「ほっ」とした表情を見ていた私には、信じられない衝撃的な事件でした。

白い巨塔は、田宮二郎さんの遺作になりました。

2012年05月26日(土) 19時54分08秒

格さんの毛無山。

テーマ:格さんです。

2012年5月26日(土)先負/晴れ

格さんの「登りたい病」が、かなり重症になってきました。

休みのたびにブラブラしているようです(失礼!笑)。

今回は、静岡・山梨県境の毛無山(けなしやま/1,946m)。

標高もそれなりにありますが、ひたすら急登で、予想以上にハードだったとか…。


ちゃぱです。 (不動の滝/二合目)

ちゃぱです。 (富士山と朝霧高原)

ちゃぱです。 (頂上の豆桜)

ちゃぱです。 (赤石岳~悪沢岳/東岳)


残雪の南アルプスが、とても綺麗です。

いつかは歩いてみたい憧れの稜線ですね。


格さんの山写真を見ると思います。

羨ましいなぁ~ってね。


ギックリ腰の原因は、ハッキリしています。

どうしてあの時、膝を落とさなかったのだろう?

注意一秒ケガ二週間(苦笑)。

一瞬の代償は、あまりに高すぎました(溜息)。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。