1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2012年02月29日(水) 23時55分55秒

屋根の雪に思う。

テーマ:記の巻。

2012年2月29日(水)先負/雪

何事もなく、無事に帰宅しました。

それにしても…午前中の仕事は、おっかなくてビビリっぱなしでした(汗)。

右膝の調子も最悪でした。

ツルっと滑った時、身体は反射的に踏ん張ってしまうので、その瞬間、カッツ~ン!

脳天まで電気が突き抜け、思わず悲鳴が漏れます(3回もやってしまった)。

どんなに注意していても、この積雪ではやってしまいますね。


ちゃぱです。 (自宅にて)

ちゃぱです。

ちゃぱです。


唐突な話ですが、私は…殉職はもちろん、労災すら絶対に嫌なのです。

自分を犠牲にできるほどの価値観を、これっぽっちも見いだせないからです。

道路の雪は溶けてしまいましたが、屋根の雪は積もったままです。

東京では珍しい大雪でした。

今日一日の無事を、何に感謝したら良いのでしょうか?


■追記/日が長くなりました。

貼付写真は、17時40分頃に撮ったものです。

「早く撮らないと暗くなってしまう…」

焦りながらも、ギリギリセーフでした(笑)。

AD
同じテーマ 「記の巻。」 の記事
2012年02月29日(水) 23時50分55秒

東京大雪。

テーマ:港区の風景。

2012年2月29日(水)先負/雪

4年に一度の“うるう年”の土壇場で、東京が大雪になりました。

今回の雪は、未明からの降雪でなく、明るくなってから降り始め、雪の気合いは昼前まで持続していました。


ちゃぱです。 (14時02分/泉岳寺)

ちゃぱです。 (頭の積雪がお茶目な大石さん)


写真を撮った時刻は、既に雪がやむ手前でした(ポチポチの霙状態)。

午前中の積雪のピークは、見た目で10㎝くらいかな?

そして、一旦雪が収まると、見る見る溶け始めました。

今から溶けてしまえば、深夜の凍結は大丈夫そうです。よかった…。

AD
2012年02月29日(水) 00時00分00秒

鮎やき

テーマ:食の巻。

■ブログ記事/亀甲山(かめのこやま)へ。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11186408736.html のつづきです。


2012年2月13日(月)仏滅/晴れ

突然思い立った、多摩川台公園までのウォーキング。

「ちょっと歩いてくるね~」にしては、頑張ってしまった距離かも知れません。

懐かしい場所を、この目と足で確かめながら、気持ちの良い散歩ができました。

そして、懐かしさの最後は、多摩川名物の「鮎やき」です。


ちゃぱです。 (多摩川の鮎やき/大黒堂)

ちゃぱです。 (12匹入り/品が良くて美しい包装)

ちゃぱです。 (3匹ずつパックしてありました)


写真は、贈答用の箱入りです。

多摩川の銘菓として趣もあるので、お土産にしたら喜ばれそうです。

もちろん、1匹からのバラ売りもしてくれます。

また、運良く焼きたてに出くわすと、さらに美味しい状態で食べられます(笑)。


ちゃぱです。 (東急多摩川駅/帰りは電車で)


今でこそ、多摩川駅ですが、

昔の駅名は「多摩川園」と言って、その名のとおり、遊園地がありました。

当時、多摩川園の「お化け屋敷」と「菊人形展」は、けっこう有名でした。

絶叫マシンのない小さな遊園地が、ドミノの如く倒れていった時代の象徴かも?

せめて、多摩川の「鮎やき」だけは、いつまでも消えないで欲しいと思いました。

どこか…寂しい話です。

AD
2012年02月28日(火) 00時00分00秒

亀甲山(かめのこやま)へ。

テーマ:お散歩です。

■ブログ記事/多摩川から多摩川台公園へ。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11184747877.html のつづきです。


2012年2月13日(月)仏滅/晴れ

虹橋を(多摩川の下流方向へ)渡ると、亀甲山(かめのこやま)は直ぐそこです。

ジモティーとして「かめのこやま」に親しみを持っている私は、亀甲山と多摩川台公園を「別もの」として認識しています。

ところが正確に言うと、多摩川台古墳群と亀甲山古墳は、多摩川台公園に包含されています。つまり、「亀甲山に行く」ということは、「多摩川台公園に行く」ということに他なりません。←却って分かり難いですか?(苦笑)

何れにしても、懐かしすぎる亀甲山の散策は、ワクワクして気持ちが高ぶります。


ちゃぱです。 (15時59分/虹橋を振り返る)

ちゃぱです。 (第5号墳と綺麗な道)

ちゃぱです。 (多摩川台古墳群の案内図)

ちゃぱです。 (多摩川上流の景観)

ちゃぱです。 (好天なら素晴らしい景色が…)

ちゃぱです。 (第1号墳)

ちゃぱです。 (味のあるワンコ)

ちゃぱです。 (かめのこやまです。)

ちゃぱです。 (長閑な眺めです)

ちゃぱです。 (浄水場の跡地利用?)

ちゃぱです。 (洋の雰囲気があります)

ちゃぱです。 (閑散…)

ちゃぱです。 (本当に静かな公園です)

ちゃぱです。 (東横線の鉄橋が見えます)

ちゃぱです。 (このカタツムリ…欲しいです/笑)

ちゃぱです。 (東急多摩川駅界隈の街並み)


本日の「お散歩」は、ココまでです。

多摩川台公園も亀甲山(かめのこやま)も、十分すぎる満足感を与えてくれました。


子供の頃に遠足で来た場所が、大人になった今では「お散歩エリア」に過ぎません。

時間のものさし、距離のものさし、何もかもが変わってしまったということでしょうか?

でも…、喜んだり、笑ったり、はしゃいだり、時には悲しんだり、そんな「ものさし」だけは、昔のままであり続けたいと思いました。

さぁ、「鮎やき」を買って帰ろう(笑)。


…つづく。

2012年02月27日(月) 00時00分00秒

多摩川から多摩川台公園へ。

テーマ:お散歩です。

■ブログ記事/丸子橋から旧巨人軍グランドへ。

http://ameblo.jp/shigeru3648/day-20120223.html のつづきです。


2012年2月13日(月)仏滅/晴れ

旧巨人軍のグランドあたりから、多摩川の河川敷は再び広がります。

せっかく広くなっても、今回の「お散歩コース」は、ここで多摩川とお別れです。

土手を走る「多摩堤通り」を渡って、多摩川台公園に向かいました。


ちゃぱです。 (15時48分/丸子橋を振り返る)

ちゃぱです。 (多摩堤通りを渡って坂道を登る)

ちゃぱです。 (赤い欄干の“虹橋”が現れます)

ちゃぱです。 (多摩川台公園の整備された階段)

ちゃぱです。 (丘の上に広大な公園があります)

ちゃぱです。 (掃き整えられた地面)

ちゃぱです。 (懐かしすぎる広場)

ちゃぱです。 (公園脇は閑静な超高級住宅街)

ちゃぱです。 (再び階段を下りて“虹橋”へ)

ちゃぱです。 (そして、亀甲山へ向かいます)


久し振りに訪れた多摩川台公園は、静まり返っていました。

人影も少なく(ほとんど居ません)、都会の喧噪とは無縁の空気を満喫できました。

樹間からは多摩川を眺められ、広場を走り回った子供の頃が思い出されました。

完璧なまでに整備の行き届いた公園です。地面の石は拾われ、ゴミはもちろん、雑草の類も目に留まりません。素晴らしい環境でした。


■徒歩遠足の思い出。

私が通った小学校では、毎年、多摩川を歩く遠足が催されました。

学年によって目的地が異なり、当然、高学年になるほど歩く距離が延びました。

私の記憶が間違ってなければ、

●1年生/ガス橋を回って川崎の御幸公園まで。

●2年生/多摩川台公園まで。

●3年生/蓬莱公園(宝来公園)まで。

●4年生/浄真寺(久品仏)まで。

●5年生/等々力渓谷まで。

●6年生/二子玉川まで。

多分、こんな具合でした。楽しかったなぁ…。

今でもやってるのでしょうか? もし、やってるとしたら、凄いことだと思います。


さて、今回は多摩川台公園まで歩いたので、レベルとしては小学2年生ですね(笑)。


…つづく。

2012年02月26日(日) 12時38分38秒

東京マラソンの日。

テーマ:記の巻。

2012年2月26日(日)赤口/曇り

「東京マラソン2012」の日です。

この時間、既に結果は出ていますが、一般ランナーの方々は楽しんでる真っ最中。

私も、いつかは参加してみたい…。

ただその前に、足腰の体質改善と、体力増強が絶対命題ですね(苦笑)。


ちゃぱです。 (梅と久し振りに洗車したチャパⅡ)

ちゃぱです。 (開花チームが増殖中です)

ちゃぱです。 (巨大金魚も高活性)

ちゃぱです。 (ボケの蕾は開かない…まさにボケ)

ちゃぱです。 (美しくはないけど、強さを感じます)

ちゃぱです。 (※犯人はアイツだっ!)


梅が咲き始めたというのに、メジロちゃんの来訪は減ってしまいました。

不思議なものです。

どこか別の遊び場に、浮気しているのかな?


(※)犯人はアイツだっ!/ブログ内の関連記事。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11158072288.html


2012年02月25日(土) 20時44分32秒

多重人格?

テーマ:記の巻。

2012年2月25日(土)大安/雨

今朝起きた時から、否、睡眠中からずっと、右膝の激痛が治まりません。

外は、意地悪な「冷たい雨」です。そして…、

頑張って出勤、「負けてたまるか!」の一心で仕事、シルバーシートで帰宅(笑)。

重病・重症で苦しんでおられる方々から見れば、私の右膝痛など「笑っちゃう類のもの」かも知れません。でも、身体の痛みに優劣を付ける必要はなく、痛いものは痛い、曲がらないものは曲がらない、まともに歩けないものは歩けない…のです。だから私は、今日一日の自分に対して、(有森裕子さんのように)自分で自分をほめたいと思います。その一方で、「仕事って、こんなになっても、やらなきゃいけないの?」、そんな疑問を投げつける「もう一人の自分」がいました(苦笑)。

とにかく、今夜は安静にしよう!


「痛風じゃない?」

同僚の冗談が気になっています。…それはマズイだろ?(汗)

2012年02月24日(金) 21時32分42秒

例し歩き。

テーマ:お散歩です。

2012年2月24日(金)仏滅/晴れ

先週の月曜日(13日)から患っている喉痛・咳の症状が、ようやく和らいできました。

ところが、それと入れ替わるように、一昨日の夕方から右膝の激痛に苦しんでいます。

思い当たる直接の原因は、仕事で右膝ばかりを異常なほど酷使していること(経年疲労の限界か?)。遠因としては、過日の塔ノ岳バカ尾根下り(※)が考えられます。

階段の上り下りはもちろん、何かを跨いだり、普通に歩くことも困難な状態です(泣)。

ただ、時おり(その理由は謎)、ふと…右膝の痛みが軽くなることがあります。

今日の昼時がそうでした。ならばと…ゆっくり、ゆっくり、「例し歩き」をしてみました。


ちゃぱです。 (11時42分/多摩川大橋より)

ちゃぱです。 (丹沢も富士山も見えません)

ちゃぱです。 (霞んだ空は春色?)

ちゃぱです。 (干潮です)

ちゃぱです。 (川底は汚い)

ちゃぱです。 (岸辺の草むらも、この有様です)


例し歩きの印象は?ハッキリ言って「良くない」です。

炎症が進行中なのか?軽い歩行もマッサージも逆効果みたい(痛みが増すだけ)。

そしてトドメが入浴。楽だったのは湯船の中だけで(浮力の作用で関節に負荷がかからない)、出てみたら完全に逆効果でした。右膝が鉛のよう(大泣)。

明日の仕事がかなり心配です。生半可な根性では無理だと思います。

そもそも明朝、布団から起きられるのか?そっちの心配の方が先ですね(笑)。


(※)塔ノ岳バカ尾根下り/ブログ内の関連記事。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11155996540.html

2012年02月24日(金) 10時37分37秒

梅が咲いたよ!

テーマ:記の巻。

2012年2月24日(金)仏滅/晴れ

蕾がパンパンに膨らんでいる梅の木。

今朝、数えるほどですが開花していました。

昨日はチェックしなかったので、もしかしたら昨日咲いていたのかも知れません。

でも、昨日は「冷たい雨」だったし、ポカポカ陽気の今日の可能性が高いです(笑)。


ちゃぱです。

ちゃぱです。


蕾か?花か?

時間の流れからすれば、そこに大した違いはないかも?

ただ、人の心象は、明らかに異なります。

蕾を見るたび募っていたワクワク感が、開花を見とどけた瞬間にパッと弾ける。

「春よ来い!」でなく、「春が来た!」と感じます。

そして、妙に嬉しい…のです(笑)。

2012年02月23日(木) 00時00分00秒

丸子橋から旧巨人軍グランドへ。

テーマ:お散歩です。

■ブログ記事/JR横須賀線・東海道新幹線の鉄橋へ。

http://ameblo.jp/shigeru3648/entry-11170607383.html のつづきです。


2012年2月13日(月)仏滅/晴れ

JRの鉄橋をくぐると、中原街道の「丸子橋」は、もう直ぐです。

私が小さかった頃、この丸子橋と東急線鉄橋の間を縄張りにして、ボートに備え付けた特大四手網の川漁師さんが居ました。今思うと、そこで捕れた鯉や鰻は、何処かの店に卸していたのかも知れません。そして、引き取り手のない雑魚(値が付かないザコ)を、子供相手の商売にしていたのでしょう。私は川漁師のオジサンから、鯉っ子や鮒っ子を売って貰うのが楽しみでした。もちろん、10円、20円の買い物です(笑)。


ちゃぱです。 (15時19分/丸子橋が見えます)

ちゃぱです。 (JRの鉄橋を振り返る)

ちゃぱです。 (架け替えられた新・丸子橋)

ちゃぱです。 (う~ん?昔の方が良かったなぁ)

ちゃぱです。 (東急東横線・目黒線の鉄橋)

ちゃぱです。 (海から最初の堰/歴代の水位が)

ちゃぱです。 (散策路専用の通路)

ちゃぱです。 (陽が傾いてきました)

ちゃぱです。 (堰の上は鏡のようです)

ちゃぱです。 (15時47分/旧巨人軍グランド松林)


多摩川大橋から旧巨人軍グランドまで、大雑把に5㎞くらいの行程です。

それを2時間かけて、ゆ~っくり歩きました。…楽しいです(笑)。

東急線鉄橋下の大田区側河川敷は極めて狭く、昔は遊歩道などありませんでした。

従って、この間だけは一旦車道に出て、巨人軍グランドの松林から再び河川敷に入ったものです。今は「専用通路」のお陰で、川通しの通行が可能になりました。とても良いことだと思います。


…つづく。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。